物理学の内容の英文のエッセイを和訳しなければならないのですが自分で訳すと変な日本語になってしまいます…どうか力を貸してください!!!
>>>Yet it was the product of less than a century's worth of progress in radiocommunication, which began with the discovery of radio waves in 1888 by the German physicist, Heinrich Hertz.(電磁波の話です)
>>>The wonders that X-rays have already performed for medicine represent the rip of the iceberg compared to what is in store for us.(X線の話です)
お願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.もっとも、無線通信技術は、1888年にドイツの物理学者ハインリヒ・ヘルツ氏が電波を発見した時から始まり、進歩・発展を遂げてきましたが、100年にも満たない歴史の中で生み出された成果なのです。



(1)less than a century's worth of progress in radiocommunicationというのは、「無線通信技術の進歩(それがどの程度のものかは、ここでは暗黙の了解として詳しくは触れていません)に費やした時間が100年に満たない」ということです。他の科学技術の長い歴史と比べて、短期間に大きな成果を挙げたことを示唆しています。
(2)which=radiocommunication この手のwhich節は、括弧書き(parenthetical)の用法と呼ばれ、読者向けの情報提供サービスになりますが、日本語では、多くの場合、先行詞の前に出すことになり、読み手の立場に立てば、寄り道しているうちに道に迷うことになりかねないので、処理としては厄介ですね。
最後に、itは、先行文脈の何かですね。こういうのは、事前に指示対象を明らかにしておいてもらえると助かりますね。

2.X線は、医学の分野において、数々の目を見張るような貢献をしてきましたが、それも、氷山に喩えれば一角に過ぎず、これからも大いに発展が期待されます。

(1)comapred toを手がかりに何と何が比較されているのか考えましょう。ここでは、X線の(現在及び)過去とX線の未来です。
(2)in store for~というのは、英和辞書で、通例、「(運命として)~を待ち構える」という説明がつくところで、LDCEによれば、about to happen to~です。what is in store for us(私たち人類の身にこれから起ころうとしていること)というのは、ここでのコンテクストでは((1)を思い出してください) the wonders that X-rays WILL perform for usとなります。人類の幸福・発展にまだまだこれから寄与できることを示唆しています。

 総じて、日本語の問題というよりも、書き手の意図に対する配慮が足りないことが、必要以上に難しく感じる原因となっていると思います。
 科学技術に限らず、ある発見がどの程度の発展性を秘めているのか、もう行き止まりなのか、常に見定めて追求する姿勢が大切であることを考慮して読めば、結果も変わってきたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
こんなに詳しく説明までしていただけるとは、思ってもみませんでした!早速このページをもうコピーしちゃいました。大学からの課題なんで送らなきゃいけないんですけど、ここの文だけ訳がちゃんとしてるって変に思われてしまうかも…(笑)これから大学生なのに、英語がこんなんじゃやばいですよね…頑張ります。

お礼日時:2002/01/27 18:13

上方だけ訳せました。



そう、ドイツの物理学者Heinrich Hertzが成し遂げた1888年のradio waves
の発見というものはradiocommunicationにおいて、世紀の進歩というものに値する成果だった。

お役に立てるでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
なんとなく言いたい事は分かるんですけど、ちゃんと和訳しないといけない…となると、綺麗な日本語に直せないんですよね(-_-)ありがとうございました!

お礼日時:2002/01/27 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe Prices for the Products と The Prices to be paid for the Products

こんにちは。

ある契約書の文章を読んでいますが、タイトル通り、以下の二文の違いが分かりません。

(1)The prices for the Products shall be・・
(2)The prices to be paid for the Products may・・

この2文の違いとは何なのでしょうか。税込み、税抜きのような明らかな違いがあるのでしょうか・・?わざわざ分けて記載しているので、理由があると思うのですが・・。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1) prices for the products === 商品の価格(商品価格)

(2) prices to be paid for tghe products === 商品に対して支払われるべき価格、例えその商品(市場)価格が一万円だとしても、債権債務や諸事情で、売り手買い手双方で取り決める価格は八千円だったり、時と場合によっちゃ1万五千円だったりします、、、、ですから、「商品売買価格」又は「商品買い取り価格」とでも仮訳しておきませんか、正確には全体を読まねば何ともかんとも申し上げられませんが、、、

Qslow downとslow up、fill inとfill out、in the week of とon the week of の使い分けのポイントをおしえてください

同義語なのか反対語なのかよくわからない英語の表現について教えてください。できましたら例文で教えてもらえると本当にたすかります。

Aベストアンサー

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
あと、
in the week of

on the week of
の違いですが、inのほうがonより「漠然とした」感じみたいですよ。逆に言えばonはもっとその時点(week)にフォーカスした感じで使われている、ということです。うまく説明できなくて申し訳ないけれど。わたしが聞いたとき、ネイティブの人も「うまく説明できなくて申し訳ないけれど」といっていましたっけ。

こんにちは。
逆と思われる言葉で同じ意味を持つって本当に面白いですよね。私も、「馬鹿言え」と「馬鹿言うな」が同じ意味で使われるのはどうしてって外国人に聞かれたらどう答えてよいかわかりません。。
それはさておいて、
fill inとfill outですが、
fill in the form(用紙に記入する)

fill out the form
は同じ意味で使われますが、
fill in the blanks (空白を埋める)
とはいっても、
fill out the blanks
とはあまりいいません。googleでもヒットするので、ゼロではないと思いますが。
...続きを読む

Qin case of と in the case of

昨日、前置詞の勉強をしていたのですが、
in case of と in the case of
とがあり苦労しています。この問題は本質的には冠詞の問題になると思いますが、その観点から考えても冠詞がつくつかないがみえてきません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分も、以前疑問に思っていました。違いはtheがあるかないかですが、基本的に、具体化の程度の差と言うことだと感じています。

in case of は、具体化されていない場合、つまり、未来の一般的な事態について述べる場合です。例えば、「地震のときは」、「緊急事態のときは」などであり、いつ、どこでなどの情報が特定されていません。

in the case of の場合は、基本的に未来ではなく、今までに起きたことについて述べる場合です。「基本的に未来でない」とは、つまり未来でも使うということなのですが、今までの経験に基づいて事態のきりわけをしているということです。例えば、「トムの場合は」とか、「トムがアメリカへ行くといった場合は」のように、具体化が進んでいます。

同じことがof が取れても言えます。

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む

Q「3年間連続して」は、For the third year in a row かFor three years in a rowのどちらでもよいのか?

すごく急ぎの質問です。
「3年間連続して」は、For the third year in a row かFor three years in a rowのどちらでもよいのでしょうか?
(私は、前者のパターンは初めて見たのですがよく使う表現ですか?)

ではよろしくお願いします。正誤に関わらずインプレッションだけでもOKです。

Aベストアンサー

#9です。
#9の書きこみの末尾が
>客観的で正確な情報が手に入るような気もしますが。
と横柄な調子になっています。
投稿時に多少ともひっかかりを感じたはずなのですが、
そのまま押し切って貼りつけてしまったようです。
お気持ちを害ったのではないかと危惧しております。
すみませんでした。
上を
「客観的で正確な情報が手に入るような気もするのですが……。」
のようにあらためさせてください。
ご無礼の段、ご容赦いただけるとありがたく思います。

------------------------------------

*During the third year in a row
について質問なさっていることから、
質問者さんにとっては、
forの語法・意味の確定が関心事のひとつになっているのではないか
と推測しました。

以下、その推測のもとでのsuggestionです。見当外れのときはご容赦ください。

(1)前提
用例がたまたまrunningのほうに多く見つかり、
手を加えずそのまま引用したいので、
runningとin a rowはほぼ同義で十分に互換性がある、
つまりrunningの用例によって説明することはin a rowにもそのまま妥当する
ということを前提に説明します。
(ふたつの同義・互換性は英英辞書の説明、用例などによって明らかだと思います)

参照
Longman
http://pewebdic2.cw.idm.fr/
running 副詞
three years/five times etc running:
for three years etc without a change or interruption [= in a row]:
3年/5回etc変更や中断なしに続いて〔同義in a row〕

She won the prize for the fourth year running.
4年続けて優勝した

#たとえばこの用例中の
for the fourth year runningを
for the fourth year in a rowとしても
文の意味は変わらない、ということです。


(2)for three years runningとfor the third year running

#9のくりかえしになりますが、両者つまり
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>は基本的に無差別であると思います。

参照1
Longman http://pewebdic2.cw.idm.fr/
では
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>は基本的に無差別に扱われていると言えます。

runningの連語としての基本のかたちの説明には
three years/five times etc running
のように<普通の数詞+複数名詞>を用いながら、

具体的用例では、なんのことわりもなしに
She won the prize for the fourth year running.
4年連続で優勝した
と<序数詞+単数名詞>を用いているからです。

参照2
また、上と同じ、…年連続で優勝した、という内容の文が、
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
running(形容詞に分類されています)では

She's won the championship three years running.

と、<普通の数詞+複数名詞>のかたちであげられています。

参照3
#9であげた用例
<普通の数詞+複数名詞>
Lomgman
She's been out four nights in a row.
4晩続けて家にいない
I've beaten her three times in a row.
3回続けて負かした

<序数詞+単数名詞>
Oxford Advanced Learner's Dictionary
Inflation has fallen for the third month in a row.
インフレは3ヶ月連続して減速傾向にある


これらの他一般的な用例を見るかぎり、
in a rowまたはrunningの連語表現の
<普通の数詞+複数名詞>と<序数詞+単数名詞>の間に
ニュアンスや意味の違いが基本的に内在する
と考えるのはむずかしい、と私は判断します。

たとえば
Inflation has fallen for the third month in a row.

Inflation has fallen for three months in a row.
とも表せるはずですが、
この2文の通常の意味内容として、たとえば、
上はthird(3番目であること)に重きがあるが、下はそうではない
と読むことは不必要また不条理な〔意味がとおらない〕ことのように思われます。

for the third month in a row / for three months in a row
ともにconsecutively(切れ目なく連続して)を意味する連語表現であり、
かつ
どちらも、その連続した回数が2でも4でもなく3であるということを強調しているのであって、
この2つの間になんらかの意味内容の差をつけて読む・説明解釈する・和訳するetc.のは
ほとんど不可能ではないでしょうか。


(3)for three years runningのforとfor the third year runningのfor

しかし2つのforの間には、あえて言えば、文法面での違いはあるのかもしれません。

参照
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
for
15 used to show a length of time:
かかる時間の長さを表す

I’m going away for a few days.
2、3日留守にします。

17 used to show the occasion when sth happens:
ものごとが生じる機会・時間的な場を表す

I’m warning you for the last time, stop talking!
直訳:最後の機会として警告する。黙れ!



つまり
for three years runningでは
forは上の15:かかる時間の長さ

for the third year runningでは
forは上の17:ものごとが生じる機会・時間的な場
(直訳:連続3年めの機会としてetc.)

というようなことは言えるのかもしれません。

であるとしても、それはおそらく文法の感覚レベルにとどまる問題で、
意味解釈に差をもたらすような性質のものではないように
私には感じられます。
たとえば、ただの比喩ですが、
日本語の「3年連続して」と「3年連続で」について、
「3年連続して」の「して」:サ変動詞「する」の連用形「し」+ 単純接続の接続助詞「て」
「3年連続で」の「で」: 動作・作用の行われる時を表す格助詞「で」 
と文法的な違いを説明することは可能かもしれませんが、
意味解釈に著しい差をつけて説明するのは困難である
というのと似ているのではないか、
というようなことをふと想像しました。


(4)ちなみにどちらのforもduringでは置き換えられないように思います。

参照
Oxford Advanced Learner's Dictionary
http://www.oup.com/elt/catalogue/teachersites/oald7/?cc=global
during
1 all through a period of time:
ある期間の始めから終りまでとおして

during the 1990s
1990年代の始めから終りまで、1990年代全般

2 at some point in a period of time:
ある期間のある時点に

He was taken to the hospital during the night.
夜間(のある時点)に搬送された。


During is used to say when something happens; for answers the question‘how long?’:
duringはwhen?いつ?に対する答えに、
forはhow long?どのくらい長く?に対する答えに使う

I stayed in London during a week.
(いつだったか)とある週、私はロンドンにいた。
I stayed in London for a week.
1週間ロンドンにいた。

(5)どちらのforも省略することができます
(省略すると副詞的目的格:前置詞なしに名詞だけで、前置詞があるときとまったく同じように副詞の働きをする)。
Lomgman
She's been out four nights in a row.
I've beaten her three times in a row.

Oxford Advanced Learner's Dictionary
She's won the championship three years running.
It was the third day running that the train had been late.
No party has won an election four times running.


以上、長々失礼いたしました。

#9です。
#9の書きこみの末尾が
>客観的で正確な情報が手に入るような気もしますが。
と横柄な調子になっています。
投稿時に多少ともひっかかりを感じたはずなのですが、
そのまま押し切って貼りつけてしまったようです。
お気持ちを害ったのではないかと危惧しております。
すみませんでした。
上を
「客観的で正確な情報が手に入るような気もするのですが……。」
のようにあらためさせてください。
ご無礼の段、ご容赦いただけるとありがたく思います。

------------------------------------

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報