遮熱板として、鉄とアルミでは遮熱性能は変わるのでしょうか?(遮熱板の厚さ、熱源の温度は同じで、熱源~遮熱板~部品の距離は同じの場合、部品の表面温度は変わりますか?)
また、何か資料がございましたら紹介願います。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

熱源表面温度はいくらで


部品までの直線距離は何mmで
相対位置関係はどんな感じですか?

この回答への補足

熱源表面温度は380℃、部品までの距離は35mmです。
また、位置は地面に対し水平方向に並んでいます。
自然対流による熱ではなく、放射熱を遮るために遮熱板
を付けようとしています。
よろしくお願いします。

補足日時:2002/01/29 00:08
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遮熱カーテンの効果はどうでしょう?

マンション角部屋で西に大きな窓がある部屋が
3部屋あります。
あまりに暑いので遮熱カーテン(レース)を考えていますが
効果はあるでしょうか?
部屋が暗くなったり、視界が遮られるのは好まないので
遮熱性のレースのカーテンをと思っています。

他の対策でも構わないのですが、その窓の部分3/2位は
はめ殺しなので外側に何か対策することは不可能です。

今 候補としては遮熱カーテンか窓に吹き付けるスプレー(?)をと
考えていますが、スプレーは商品名や販売店がわからないので・・・。

レースの遮熱カーテンは効果あるんでしょうか?

Aベストアンサー

ずばり効果はあります!!カーテンを侮ってはいけませんよ!!
外からの熱を和らげるだけでなく、中の冷えた空気を逃がさない作用もあります。(カーテンの性能にもよりますが…)
さらに音漏れ等にも効果があるんですよ。かなりオススメです!!
スプレーに関しても遮熱効果は結構あります。「99%UVカット」などいろいろありますが、失敗してしまうと白くにごったり、
効き目にも有効期限があるので、塗りなおす手間がかかって結構大変です。
わたし的には、カーテンがオススメですね!!お近くのホームセンター等に相談するのもオススメします。
快適な夏生活を、楽しみましょう!!

Qプレート式熱交換器についておききします。 プレート式熱交換器のプレートはどのメーカーもステンレス板を

プレート式熱交換器についておききします。
プレート式熱交換器のプレートはどのメーカーもステンレス板を使用しています。
銅板やアルミ板の方が電熱が良いと思うのですが何故ステンレス製の板にするのでしょうか?

Aベストアンサー

耐腐食性と強度が理由でしょう。
必要な強度を確保する為には、銅版やアルミ板の場合は板厚が厚くなります。(引っ張り強度は、ステンレスはアルミの約10倍、銅の2倍です)
熱伝導率は、アルミがステンレスの約16倍、銅が同じく約26倍です。
耐腐食性は流速によりますが、一般的な流速範囲では、ステンレス>銅>アルミとなるでしょう。
なお、アルミに関しては、耐蝕処理が必要になりますが、耐蝕処理に欠陥がある部分は急速に腐食が進行します。
また、伸縮に関しては、ステンレス<アルミ<銅となります。
熱応力を考えると、厚みが薄くて、伸縮が少ないステンレスが有利になります。
コストは、ステンレス<アルミ<銅となります。
伝熱面積は、ステンレスが最も大きくなりますが、上記の理由やコストを考えると一番有利と言う事では無いでしょうか?

Qペアガラスに遮熱レースカーテンは不要?

リビングの吐き出し窓がペアガラスです。
夏は基本的に風を通したい派ですが、外からよく見えないように、レースカーテンを使っています。
気温が上がったら、窓を閉めてエアコンを使います。
窓を閉めている間は、レースも遮熱にするとよいと言われますが、ペアガラスの窓でも遮熱のレースを使うとさらに涼しく過ごせるものなのでしょうか?
もうひとつは、冬も明るさ確保と外から見えないようにする目的でレースカーテンを使う(寒いので当然ペアガラス窓は閉めています)のですが、これが遮熱だと外からの太陽光を防いで、かえって室内温度が上がらないような気がします。
窓がペアガラスの家は、遮熱レースカーテンをわざわざ取り入れるメリットはあるのでしょうか。普通のレースで十分でしょうか?
ちなみに、ペアガラスは一番安いグレードと聞いています。

Aベストアンサー

窓からの熱の侵入は二種類あります。

空気やガラスを伝わってくる「伝熱」と太陽光による「日射熱」です。

伝熱を防ぐためにペアガラスを、日射熱を防ぐために遮熱カーテンを使用されることになります。

夏の暑さをやわらげるためには、ペアガラスと遮熱カーテンの両方使用すると効果的です。

冬は質問文の通り、ペアガラスは断熱に効果ありますが、遮熱カーテンは日射熱が入らなくなるために逆効果となります。そのため、ペアガラスのみで使用したほうが性能的には良いことになります。

あとは視線を防ぐためや光の入り方等で選ばれれば良いと思います。最終的には住まわれる方の考え方だけのため、お好みの状態を選ばれれば良いかと思います。

Q電子部品の温度規格の所以

内外のメーカーさんの電子部品の温度規格で
最高85℃になっているものが多いようです。

100℃とか90℃とかきりのいい・わかりやすい温度に
なっていないのには、なにか理由があるのでしょうか?

85℃まで耐えて欲しい特定の環境・条件がある?
「昔の規格」に85℃というのがあってそれが所以?
(今度はその「昔の規格」の根拠が気になりますが)

低温側についてもご存知の理由があればお教え下さい。

Aベストアンサー

>「昔の規格」に85℃というのがあってそれが所以?

日本の規格はMIL規格(ミルきかく)に
よっています。

MILとはミリタリー(軍隊)の頭文字、つまり米軍が
民間から部品調達をするために作った基準で、
温度以外にも振動や湿度などいろいろな
規格があります。

 一般には
MIL-STD-****
****は数字
で表され、電子部品以外にもいろいろな
ものの基準があります。

 高温を維持する高温試験や、
温度を変化させる温度サイクル試験が
あるのですが、その場合、室温(25℃)
を基準に20度づつ上下させるのがMILの
基準です。

 温度変化に対する電気特性を調べる
場合、25℃、45℃、65℃、85℃
と温度を上げ特性を調べたり、25℃、5℃
-15℃と温度を下げて特性が規格内に
収まることを確認するような内容に
なっています。

 電子部品は動作状態で60℃程度になるのは普通
ですから、それを多少超えても問題ないことを示
さなければなりません。
MILの温度上昇のやりかたで、余裕を見て
65の上の85℃としているのだと思います。

 コネクタなどもっと高い温度で保証されて
いたりしますが、いずれもこの25℃に
20度づつのステップアップ(又はダウン)した
温度であることが分かると思います。

>「昔の規格」に85℃というのがあってそれが所以?

日本の規格はMIL規格(ミルきかく)に
よっています。

MILとはミリタリー(軍隊)の頭文字、つまり米軍が
民間から部品調達をするために作った基準で、
温度以外にも振動や湿度などいろいろな
規格があります。

 一般には
MIL-STD-****
****は数字
で表され、電子部品以外にもいろいろな
ものの基準があります。

 高温を維持する高温試験や、
温度を変化させる温度サイクル試験が
あるのですが、その場合、室温(25℃)
を基...続きを読む

Q遮熱カーテンの生地ってどこで入手可能?

遮熱カーテン(遮光ではなくて,裏面に金属粒子がコーティングあるいはスパッタリングされているタイプ)の生地のみが欲しいのですか,大きな布地やさんに相談しても取り扱いがないようです。
カーテンや日傘になっている商品ならすぐ見つかるのですが,どうしたらロール状の生地そのものを購入することができますか?
お取り扱いのメーカなどご存知の方は教えてください!

Aベストアンサー

http://store.shopping.yahoo.co.jp/konpo/fd-kiji-59520.html
同じお店で、他の生地も見れますよ。
サンプルもあるようです。

Q比熱と熱伝導率の温度特性について

炭素鋼の比熱と熱伝導率をハンドブックで調べると、
   
温度[℃]、比熱[J/kgK]、熱伝導率[W/mK]
200、514、48  
400、586、41
500、648、38
600、707、34
800、623、25
900、548、27

とありました。
このように、温度によって比熱や熱伝導率はどうして変化するのですか?
極大値や極小値があるのはどうしてですか?
また、この数値をある解析に使おうと考えており、
各温度の間は最小自乗法で補間しようと思っているのですが、
このような場合、補間は普通どういったものを使いますか?
素人的な質問をいろいろ書きましたが、
詳しい説明を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

固体の比熱はDulong-Petitの法則として知られており、室温程度以上の領域なら定積モル比熱Cvは3Rで一定となります(結晶構造や原子間距離によらない)。ここにRはガス定数です。
ところがもし膨張を許すならその膨張により外界に仕事をするわけですから、もう少し余分の熱量が必要です(定圧モル比熱Cp)。具体的にはGrueneisen定数γを用いて
 Cp=Cv(1+γαT)
と表されます。γは物質ごとの値です。
γの温度依存性は小さいので定数とみなすと、定圧モル比熱が温度とともに少し大きくなることは理解いただけると思います。(ご質問の比熱は定積比熱、定圧比熱のいずれでしょうか? 通常ですと測定し易い定圧比熱の値だと思いますが。なお上記の説明では「モル比熱」を用いていますが、質量当たりの比熱([J/kg K])でも議論の本質が同じであることは申し上げるまでもありません)
さらに高温にした場合(ご質問の800℃以上)で比熱が下がっている理由は残念ながら分かりません、すみません。

熱伝導率の温度変化の説明には簡単な固体物性の知識が必要です。
固体中の熱は格子の弾性波に対応する量子(フォノン)によって運ばれます。熱伝導率κはフォノン1個の熱容量をc、固体中の音速をv、フォノンの平均自由行程をLとして
 κ=(1/3)c v L
と表されます。
高温ではフォノン同士の衝突機会が増えてフォノンの平均自由行程Lが短くなり、そのために熱伝導率が低下します。

補間は解析の種類や必要とする精度にもよりますが、大抵の場合(例えば有限要素法による熱伝導解析)は最小自乗法を持ち出すまでもなく折れ線近似で十分だと思います。比熱や熱伝導率の温度依存性の影響はそれで見ることができます。さらに詳細な変化まで追いたい、ということであれば改めて高次の近似をすればよいでしょう。

固体の比熱はDulong-Petitの法則として知られており、室温程度以上の領域なら定積モル比熱Cvは3Rで一定となります(結晶構造や原子間距離によらない)。ここにRはガス定数です。
ところがもし膨張を許すならその膨張により外界に仕事をするわけですから、もう少し余分の熱量が必要です(定圧モル比熱Cp)。具体的にはGrueneisen定数γを用いて
 Cp=Cv(1+γαT)
と表されます。γは物質ごとの値です。
γの温度依存性は小さいので定数とみなすと、定圧モル比熱が温度とともに少し大きくなることは理解いただけると思い...続きを読む

Q遮光遮熱カーテン+?で室温を3~5度下げられませんか?

こんばんわ。

私の部屋は2階にあり、6畳の洋室です。西日のせいでこのシーズン日中なら36度、
夜間でも風がなければ32度くらいで停滞します。
雨戸やシャッター雨戸はないし、
クーラーもないのでせめてもの気休めに遮光遮熱カーテンを使っていても
こんな感じです。

ブラインド他で、室温を3~5度下げられませんか?
階下にしかクーラーはないし、事情があってクーラーの設置はできないのですが・・・
なんとか日光の熱を遮断する方法はないものでしょうか。

情報提供をよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

ブラインドなど室内で光を遮る物はそれ自身が熱を帯びてしまうのでその熱が室内の温度を上げてしまいます。

出来れば窓の外に「すだれ」をかけてやると効果がありますよ。
ホームセンターなどに行くと小さな窓用から大きな窓用の物までいろいろな大きさの物が売られていますし取り付けようの金具も売っています。

これを取り付け、出来れば窓との間はどこかでひもなどですだれの下の所を引っ張るなどして窓との間に空間が出来るようにしてやるとより効果が出ますよ。

うちも今年初めてすだれをかけましたがクーラーの効き方が全く変わりました。かなり快適でクーラーなしでも大丈夫なときも多くなりました。

Q熱伝導解析において出力される温度へのメッシュの影響

有限要素法解析に関して初心者のものです。
有限要素法の力学解析において、出力される応力や歪みは変位とは違ってメッシュの形状・サイズによって値が大きく変化すると言われておりますが、では熱伝導解析において出力される温度の値についてはメッシュの影響はどのくらい影響するものなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

場の解析においては変化が激しいと予想されるところを細かくメッシュをきるのが常識です。いいかえるとそのような予想がつかないうちは有効な計算ができないと思ってよいでしょう。数値経験を積んでください。

QLow-Eガラス 遮熱タイプ?断熱タイプ?

私の実家で窓を日本板硝子のLOW-Eガラス(ペアマルチ)に改修するのを計画中です。
ペアマルチには、
・室外側のガラスの内側にフイルム装着の『遮熱』タイプ
(夏のジリジリ感をやわらげたい人向け)
・室内側のガラスの外側にフイルム装着の『断熱』タイプ
(冬に太陽の熱を取り入れたい人向け)
の2種類が存在するようです。
どちらも断熱スペックはほぼ同じで普通のペアガラスよりは優れているので、あとは、太陽熱を跳ね返すか、取り入れやすくするかの選択となります。

実家は2階建てで千葉県北部で東南角地で、南と東に窓が多くあり、比較的日当りがいい方の家です。
1階は2階のベランダのおかげでひさしがしっかりしているので、
夏の高角度から差す暑い日差しをさえぎれそうなので、
冬の太陽の暖かさを取り込みたいので『断熱』タイプにしようと思っていますが、問題は2階です。

2階は窓の上にひさしが全くないので、
夏暑そうです。『遮熱』にしようかと思いましたが、冬の太陽も取り入れたいし、すごい悩んでいます。
周囲の人に相談したところ、
『夏の日差しはレースカーテンでさえぎれる』
というのですが、リフォームやさんが言うには、
『カーテンは室内にあるので、熱は室内に入っています。なので、遮熱に限って言えば効果は薄いです』とのことでした。
また、別の人は、
『遮熱にしたら、せっかくの日当りのいい家がもったいない。』
との意見も。

非常に悩んでしまっています。
良きアドバイスをお願いします。

私の実家で窓を日本板硝子のLOW-Eガラス(ペアマルチ)に改修するのを計画中です。
ペアマルチには、
・室外側のガラスの内側にフイルム装着の『遮熱』タイプ
(夏のジリジリ感をやわらげたい人向け)
・室内側のガラスの外側にフイルム装着の『断熱』タイプ
(冬に太陽の熱を取り入れたい人向け)
の2種類が存在するようです。
どちらも断熱スペックはほぼ同じで普通のペアガラスよりは優れているので、あとは、太陽熱を跳ね返すか、取り入れやすくするかの選択となります。

実家は2階建てで千葉県北部...続きを読む

Aベストアンサー

専門家です。

この質問はよく受けるのですが、千葉県ということで比較的温暖な地域での回答例を挙げます。

次世代省エネ基準では真北±30°の方位にあたる窓とそれ以外の方位の窓で要求される日射遮蔽性能が区分されています。
北東から北西までの窓を対象に遮蔽性能を高める必要があります。

今回は1階ベランダ直下にある窓以外はすべて遮熱タイプで正解です。
1階ベランダ直下の窓は断熱タイプで正解です。但し付属品を追加する必要があります。

しかしながら、冬季日射取得を考慮すると断熱タイプの選択もベストとは言えません。

温暖地域では夏季日射遮蔽が最優先。冬季日射取得は最優先としなことが原則というか鉄則です。

断熱材や窓の断熱性能を高めると、暖房機器の消費エネルギー&ランニングコストは大幅に低下しますが、冷房機器の場合は断熱ではあまり効果は得あられません。
冷房機器の場合は、日射遮蔽を行うことによって高い効果が得られるのです。
このことが夏季日射遮蔽を最優先とする最大の理由です。

日射遮蔽効果の高い順に並べます。
軒、ベランダ>庇>外付ブラインド>遮熱ガラス、複層ガラス内臓ブラインド>紙障子、遮光カーテン>内付ブラインド>レースカーテン
要はガラスの外側での遮蔽が有効で、次にガラス本体、次にガラスの室内側となります。ガラスの室内側では極端に効果が低くなります。

夏季日射遮蔽率と省エネ効果ですが
外付ブラインドで80%カット(省エネ効果60%)、内付ブラインドで50%カット(省エネ効果20%)、単板ガラスで20%カット(省エネ効果0%)となります。

太陽の角度を方位別に考えてみると
・南側ベランダ直下の窓は断熱ガラス(冬季はカーテン等をオープンにできるようプライバシーの確保に配慮)
・南側のそれ以外の窓は遮熱ガラス+簡易庇+室内カーテン、ブラインド(採光して室内を明るくすることとの両立を目指すと外付ブラインドは選択しにくい)
・北東から北西までの窓は遮熱ガラス+簡易庇+室内カーテン、ブラインド
・北北東から北北西までの窓は遮熱ガラス+レースカーテン
という仕様が最善とされる。

ガラスタイプのみならず、庇の取付や室内側の障子、カーテン、ブラインド等の取付にも深く関係してくるので、気を付けるようにして下さい。
目指すのは冬に寒過ぎず、夏に暑過ぎず、室内に十分な採光が得られ明るい家だと思います。

参考になりましたか?私が協力できるのは、今のところこの程度です。

専門家です。

この質問はよく受けるのですが、千葉県ということで比較的温暖な地域での回答例を挙げます。

次世代省エネ基準では真北±30°の方位にあたる窓とそれ以外の方位の窓で要求される日射遮蔽性能が区分されています。
北東から北西までの窓を対象に遮蔽性能を高める必要があります。

今回は1階ベランダ直下にある窓以外はすべて遮熱タイプで正解です。
1階ベランダ直下の窓は断熱タイプで正解です。但し付属品を追加する必要があります。

しかしながら、冬季日射取得を考慮すると断熱タイ...続きを読む

Q熱工学について教えて下さい。 人体による熱負荷には、潜熱と顕熱の両方があるらしいのですが、人体の潜熱

熱工学について教えて下さい。
人体による熱負荷には、潜熱と顕熱の両方があるらしいのですが、人体の潜熱って何なのでしょうか?

Aベストアンサー

呼吸や発汗による加湿が潜熱負荷となります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報