社会保険の保険料を決定する標準報酬月額は
被保険者の5月、6月、7月の報酬額の平均額が適用されると聞きましたが、
この
「5月、6月、7月の報酬額」
というのは、
それぞれの月末(例えば5月で言うと、5月末)に受け取る給与の事なのでしょうか。
それとも「6月末、7月末、8月末」に受け取る給与のことなのでしょうか。
うちの会社の場合、その月の実績が実際に反映されるのは翌月の給与のためどっちなのか分らないんです。
何となく会社には聞きづらいのでどなたかお教えくだい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「月額算定で」で、「5月、6月、7月の報酬額」というのは、


それぞれの月末(例えば5月で言うと、5月末)に受け取る給与の事です。

なお、その他にも、3ケ月で2等級以上の変動が有った場合は、その3ケ月分で 、標準報酬月額の変更を行います。
これを「随時改訂」といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 22:09

 標準報酬月額は、その月の月末に支給する(支給される)給与のことですので、5月の報酬額は5月末に受け取る給与の額を意味しています。

前月分の実績に応じて給与を翌月に支払っていても、あくまでも支給した月の額を意味します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 22:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有給申請の翌月の給与

私は、一身上の都合で会社を10月31日付で退職しました。
その際有給が21日残っていた為10月5〜25日まで有給申請しました。

そして今月11月25日口座を確認した所、残業の4時間分(約6000円)しか支払われていませんでした。

会社に聞いたところ11月は退職済みなので、基本給は無いので残業手当てのみと言われました。

私は、てっきり有給で所定労働時間の168時間を満たしているので、基本給約20万円くらいは入ると思っていました。
違うのでしょうか?

どなたか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入社した月に一ヶ月分の給与をもらいませんでしたか?
うちの会社もそうですが、当月に当月分の給与と前月分の残業代が支給されます。

Q年休の1日あたりの給料は、所定給与額の6割を下回らない額を最低額にしな

年休の1日あたりの給料は、所定給与額の6割を下回らない額を最低額にしなければならないとありますが…。

アルバイトの年次有給休暇について調べていたら、以下のような記述を発見しました。

Q,年休の際の1日あたりの給料はどのように決まるのですか?
A,労基法12条により直近の給料の締切日から過去3カ月分の1日あたりの平均賃金になります。
具体的には、5月に年休をとる場合2,3,4月の給料の合計から交通費などを控除した額を2,3,4月の3ヶ月間の合計日数で割った額になります
(ただし、1日あたりの所定給与額の6割を下回らない額を最低額としなければなりません)。



私は以前、バイト先で年休を取得したのですが、その時の1日あたりの給料が、過去3ヶ月間の給料の平均の6割でした。

ここで疑問に思ったのですが、労基法12条では、過去3ヶ月の合計給料の平均賃金となっているのに、私のケースのように、店側が条文の但し書きの内容を採用し、平均賃金の6割を給与額とすることに、何か条件のようなものはないのですか?

なんの条件も無しに、店が勝手に平均賃金の6割にしていいということになれば、条文の「過去3ヶ月の平均賃金」というのは意味が無いと思うのですが。

年休の1日あたりの給料は、所定給与額の6割を下回らない額を最低額にしなければならないとありますが…。

アルバイトの年次有給休暇について調べていたら、以下のような記述を発見しました。

Q,年休の際の1日あたりの給料はどのように決まるのですか?
A,労基法12条により直近の給料の締切日から過去3カ月分の1日あたりの平均賃金になります。
具体的には、5月に年休をとる場合2,3,4月の給料の合計から交通費などを控除した額を2,3,4月の3ヶ月間の合計日数で割った額になります
(ただし、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず当初のご質問に対して
アルバイトの経験がないので推測ですが、ご質問者さまは「時給○○円」で労働契約していませんか?
この場合、労基法第12条第1項第1号に定める「百分の六十」が適用されます。

次に、1番様に対する補足要求『賃金額の決定方法の違いにより、どうして「百分の六十」が適用されたり、100%のままなのか』についてですが
・100%としている労基法第12条第1項第2号
 これは完全月給制により、完全週休2日制[土曜と日曜が休み]の会社で月給21万円とした場合を説明例とさせていただきます。
 完全月給制は、労働日(稼働日数)に関係なく。暦日の全日が賃金支払の対象日なので、土曜日や日曜日に対しても給料を支払っている事になります[完全月給制とは何なのかの説明は致しませんが、そのような形の賃金制度です]。
 ですのである月の実際の労働日数(会社の稼働日)が21日[暦日は30日]の場合、労働日数による1日の賃金は1万円ですが、法による計算では7千円となります。
・60%としてる同条第1項
 こちらは完全週休2日制[土曜と日曜が休み]の会社で日給1万円とした場合を説明例とさせていただきます。
 この場合には労働日(稼働日数)が賃金支払の対象日です。ですから、法による計算は1日6千円となります。
これだけでは、2項の適用例と1項の適用例を説明しただけであり、60%が適用される事例は何となくわかるが、60%の説明になっていないので・・・
なぜ60%なのか?
無責任な言い方をすれば、次の複合説と聞いております。
a 旧労働省の中で計算した結果、完全月給制(2項適用事例)と日給制(1項適用事例)の間で、1日の賃金額が同一になるためには60%が妥当となった
b 改正前の健康保険[旧厚生省が管轄省庁]にも同様の率を書いた条文がありましたが、会社を休んで自宅療養していた場合、その日の通勤費用や外食費は発生しない⇒その分を支給すると、休み得になる⇒調査した結果、60%相当が妥当。

上手く説明できていませんが、私が社会保険労務士の勉強をしていたときに、実務家の先生方から聞いた事や、講義で教わった事を書かさせて頂きました。
僅かでも役に立てたのであれば幸いです。

先ず当初のご質問に対して
アルバイトの経験がないので推測ですが、ご質問者さまは「時給○○円」で労働契約していませんか?
この場合、労基法第12条第1項第1号に定める「百分の六十」が適用されます。

次に、1番様に対する補足要求『賃金額の決定方法の違いにより、どうして「百分の六十」が適用されたり、100%のままなのか』についてですが
・100%としている労基法第12条第1項第2号
 これは完全月給制により、完全週休2日制[土曜と日曜が休み]の会社で月給21万円とした場合を説明例とさせてい...続きを読む

Q毎月の給与に、ある月突然資格手当が付き、支給額が上がったんだと喜んでい

毎月の給与に、ある月突然資格手当が付き、支給額が上がったんだと喜んでいましたが、給与明細を良く見ると何とその分が基本給から同額減額されていました。支給総額は変わらないのですが、賞与や昇給、退職金の算定基礎には基本給を使うことに就業規則でなっており、このやり方では実質的に不利益変更になるのではないですか?

Aベストアンサー

>賞与や昇給、退職金の算定基礎には基本給を使うことに就業規則でなっており、
このやり方では実質的に不利益変更になるのではないですか?

まさしく、それを目的にされてます。
姑息な手段といいます。

Q昨年6月に口論の末怪我押して慰謝料請求

私の女房と92歳の老女がマンション駐車場の事で口論となり 女房曰く老女から腕を掴まれ振りほどいた。
ところが今月10日に突然裁判所から通知があり 通院治療費・介護タクシー代・将来に亘る慰謝料として総額280万請求訴訟を弁護士連名で送られてきました。

私の反論として
1.原告は5月にトラブルがあったとしていますが 女房曰く6月の事との事。
  期日が異なるので訴え其の物が成立しない。
2.女房は看護婦の為少しの常識は持っているので老人には手を出さない。
  一般人なら興奮したという事もあるだろうが女でしかも看護婦を職業にしている者で叩いたりは   可能性は低いと思う。
3.教員のカルテを添付されているが通院も夏場の7・8月は半分くらい休んでいる。
  病院に行く主になる他の原因があってその序に腕も痛いと言っているのでは?
  口にはしずらいが 一般的に老人は意味もなく病院へ行っている気がする。
4.診察所見に腰痛が最初に書かれ次に腕が痛いと書かれている。
  腰が痛い序に腕も痛いと言っていると思う。
5.基本的には湿布を出しているだけで治療の形跡がない。
  病院も碌な治療もせず湿布を出す程度の症状と思う。
6.湿布で腕がかぶれているのに更に湿布を出している。
  湿布を出すのが治療なのか。
7.原告が高齢で万が一訴訟の途中で死亡した場合どうなるのか。
  考えてはいけない事だがないとは限らないので。

他いろいろと考えがまとまらないが 基本的には喧嘩両成敗で女房が手を出した証拠はない。
喧嘩して怪我したのなら警察を呼んで暴力事件にしないといけないと思う。
原告側が弁護士名で訴訟を起こしているので女房を守る方法があれば教えてほしい。

私の女房と92歳の老女がマンション駐車場の事で口論となり 女房曰く老女から腕を掴まれ振りほどいた。
ところが今月10日に突然裁判所から通知があり 通院治療費・介護タクシー代・将来に亘る慰謝料として総額280万請求訴訟を弁護士連名で送られてきました。

私の反論として
1.原告は5月にトラブルがあったとしていますが 女房曰く6月の事との事。
  期日が異なるので訴え其の物が成立しない。
2.女房は看護婦の為少しの常識は持っているので老人には手を出さない。
  一般人なら興奮したという事もあ...続きを読む

Aベストアンサー

今やるべきことは、
・弁護士を雇う
・事実を整理して弁護士に伝える
・今後の予定を指示してもらう
です。

あなたの想像や意見は裁判には必要ありません。
プロの意見を聞きましょう。

Q引越し後の敷金清算についての質問です。6年間住んでいたコーポを4月末に

引越し後の敷金清算についての質問です。6年間住んでいたコーポを4月末に引越しました。以前の不動産会社へ敷金の清算を申し出たところ、先日連絡があり「退去後の修繕費として敷金(3ヶ月分:171,000円)では不足が出たため不足分を振り込んで下さい」と言われました。明細を確認してから納得出来るものなら振込みますと返事はしたものの、郵送された明細書には納得出来ない項目が何点かありました。契約書には「煙草等でクロスが汚れた場合には掃除が出来ないので全額負担」とありますが、煙草を吸っていない部屋のクロス代の請求が記載されていました。また、「敷引き金」として57,000円(家賃1ヶ月分)の記載がありました。確かに契約書を確認したところ「明け渡し完了及び一切の債務を清算した後、敷金中より賃料1ヶ月相当額を差し引き、賃貸人は賃借人に残額を返還し、要する費用は賃借人の負担とする」との記載はありました。しかし、家賃の中には自然損耗の修繕費用等が含まれていると思っていましたので、このような請求は正当なものなのでしょうか?勿論、故意に破損した部分等は特に覚えがなく、確かに誤って襖を破ったとかはありますが、それについては仕方ないかも知れません。どうも納得がいかず支払いをする必要があるのかどうか迷っています。掃除費用等はしかたありませんが、それ以外はだいたい返還されると思っていたのですが。「敷引き金」などという金額を支払う必要があるのでしょうか。どうかこの件について詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答を宜しくお願い致します。

引越し後の敷金清算についての質問です。6年間住んでいたコーポを4月末に引越しました。以前の不動産会社へ敷金の清算を申し出たところ、先日連絡があり「退去後の修繕費として敷金(3ヶ月分:171,000円)では不足が出たため不足分を振り込んで下さい」と言われました。明細を確認してから納得出来るものなら振込みますと返事はしたものの、郵送された明細書には納得出来ない項目が何点かありました。契約書には「煙草等でクロスが汚れた場合には掃除が出来ないので全額負担」とありますが、煙草を吸っていない部...続きを読む

Aベストアンサー

最近の流れとしては、敷引き金の契約は無効になる判例が多い様です。
詳しくは、下記のサイトが参考になります。
http://www.bengo4.com/mm/20081015.html

通常使用で出来た汚れ等は貸主負担ですので、貴方が支払う修繕費は破った襖だけだす。
尚、襖の修繕費は全額負担にはなりません。
減価償却されますので、30%位です。(6年間住んで居たので)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報