つけている方がお肌がキレイになるという、美容液ファンデなるものの購入を検討中ですが、以前に本で読んだ〔ほとんどの化粧品は石油が成分に入っているので、長年使い続けるとお肌が黒ずんだり、しみができてしまう〕という記事をふっと思い出し、躊躇してます。
基礎化粧品は無添加のものを使っております。でも、ファンデーションも何時間もお肌につけているものなので、やはり無鉱物油のものがいいに決まっているのでしょうか?
購入を考えているファンデはちなみにお値段は2万円するクリームファンデ、コスデコAQミリ○○○ィで、成分には9万円のクリームがふんだんに使われているということです。
使い心地もよく(サンプル使用)確かにお肌もモチっとします。でも石油成分のことを考えると長い目でみるとよくないのでしょうか。
できたらその2万円のファンデが買いたいのですが、10年後のお肌のためにファンデも無添加のものにしたほうがよいでしょうか?
どなたか化粧品の成分に詳しい方のアドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鉱物油が肌に悪いというのは、誤りです。

自然・無添加化粧品メーカーの一方的な宣伝です。

厳密には、鉱物油に含まれる不純物質が肌に悪いのであって、鉱物油そのものは、動植物油よりも化粧品に適した油です。どの程度不純物質を取り除くかは、化粧品メーカーの良心によります。中には超高純度に精製された鉱物油しか使っていないメーカーもあります。

又、自然・無添加化粧品であれば肌に優しく、安全かというとそうではありません。

実は自然・無添加化粧品の正体は、以下のいずれかです。


1.「合成樹脂の透明な水溶液」をそのまま、乳液と称するか、
2.「合成樹脂の水溶液」に「鉱物油と合成界面活性剤」を加えて白濁させる

この2点が無添加化粧品の基本的な構造です。

2の場合の鉱物油はほんの微量を使います。これらの合成樹脂の水溶液には独特の粘りけがあります。

1を少し薄めれば美容液にもなります。2を少し濃くすればクリームになります。

合成樹脂は、酸化も腐敗もすることはありません。だから酸化防止剤も防腐剤も必要ではないし、「無添加」と表示できるのです。自然のものを使って、酸化も腐敗もしない。そんなことは現実に存在する話しではありません。皮膚は親油性、脂の環境です。合成樹脂を基剤とした化粧品を連用することで、皮膚環境を破壊してしまいます。

最後に、シミ、シワ、の最大の原因は、メイク化粧品に含まれるタール色素、レーキ類が、洗顔フォーム、クレンジング類に使用されている合成界面活性剤の浸透作用で、皮内に浸透してしまうことから起こります。

乾燥肌の原因も、合成界面活性剤が持っている強い洗浄力とタンパク溶解性が、皮膚のバリアゾーン(角質層+顆粒層)を不健康にしてしまうことが最大の原因です。

化粧品選択にあたっては、宣伝広告やキャッチコピーなどに惑わされずに、肌の仕組みと、お肌と化粧品の関係を知ることが大切です。又化粧品の歴史と現状もぜひ知って頂きたいと思います。

一番避けなければいけない化粧品は、鉱物油を使用している化粧品ではなくて、皮膚のバリアゾーン(角質層+顆粒層)を不健康にする合成界面活性剤、皮膚環境を悪化させる合成樹脂(合成ポリマー)を乱用している化粧品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。さすが専門家の方の詳しい説明で大変勉強になりました。鉱物油がお肌に悪いというのは間違った知識だったんですね。メーカーの良心でどこまでの精製がなされているかは消費者側にはわかりづらいですね。お値段が高い化粧品ならそれだけ手間がかかっていてそれなりに配慮がされていると考えてよいのでしょうか?
もちろん希少な成分を配合している、ネームバーリュー、容器の豪華さ等からの高額というのもあるんでしょうが…。
成分表などをもっと良く見ないといけないですね。有難うございました。

お礼日時:2006/04/02 12:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアスカ化粧品って石油成分を一切使ってないって本当でしょうか?

アスカ化粧品って石油成分を一切使ってないって本当でしょうか?
一応、アスカ化粧品のホームページや通販ページを見たのですが、敏感肌なので、不安です。

Aベストアンサー

本当みたいですね。
ただ、アレルギーで気を付けた方がいいのは石油成分だけではなく、
化粧品の防腐剤、フェノキシエタノール、着色料のタール色素、
紫外線防止剤、防腐剤などに使われるオキシベンゾン、
マスカラやリップなどに含まれる油分、乳化安定剤のラノリン
などがあります。
ほかにも化学合成物質は約2万種類もあるそうです(!!)

アスカコーポレーションさんの化粧品はすべて天然成分でできているみたいです。
化粧品の裏の表示を見ると、天然成分はその由来まで表記されているようなので、見てみてください。
ちなみにアスカコーポレーションさんはサンプルが無料でもらえたりしますよ。

Q敏感肌用の化粧品の成分は水ですか?

肌が敏感肌でいまボロボロで悩んでいます。いろいろ試していますがどこの化粧品が良いのか全然わからない状態です。
今はアペックスアイが気になっています。

ポーラの販売員さんが、「他社の敏感肌用の化粧品の成分はほとんど水だから悪化もしないけど良くもならない。使用してもただ現状維持なだけですよ。その点アペックスは素晴らしいですよ」
って言っていました。果たしてそうなんでしょうか?

私はアペックスは高いのでもう少しお手頃な化粧品を探したいのですがそんなにアペックス良いですか?

自社の製品の素晴らしさを長々と聞かされ、他社の製品の悪口ばかり言う販売方法に今一つ購入する気になれない理由なのです。

アペックス使ってる方やはりいいですか?
他社の敏感肌用化粧品はほとんど水分しか入っていないのでしょうか

Aベストアンサー

アペックスアイの商品は使ったことがないので、
良いのか悪いのかは何とも言えないのですが、
敏感肌用の化粧水の成分がほとんど水、と言われる点については、
「まぁ、おおよそその通りである」と思われます。

私は化粧水や乳液など手作りしているのですが、
作る時、有効成分にもよりますが、全体に対して何%まで入れて可、
それ以上は逆効果か、意味がない、という上限基準のようなものがあります。

その基準の大体は、0.2%~5%程度まで、多くても15%の範囲がほとんどなのですが、
普通肌用として作るとしても、全体に対してせいぜい20%程度有効成分を入れて、あとは水、という感じで、
低刺激のものを作ろうとする場合は、目的や肌質にもよりますが、
精々5%程度が有効成分で、あとは水、という感じになります。

このことから、市販されている敏感肌用の化粧水については、
誰が使っても問題が起こらない程度の成分配合になるはずなので、
「ほとんど水」と言われても仕方ないとは思います。

(※とはいえ、手作りでも市販でも、
 水からこだわった場合は、水自体にも効用があるとも言えるので、
 ほとんど水だけど、ただの水じゃない、と言えなくもなかったりしますので、
 一概には言いきれない部分があります)

アペックスアイの商品の場合、
人によって合わせて作る、というコンセプトなので、
市販されている敏感肌用の化粧水ように「誰もが使ってOK」からはずれて、
この人にはこの成分は多めに配合して大丈夫、効果がある、
主になる水はこういったものを使っている、など、
考慮して作られているのだと思いますので、そういう点からいえば、
市販されているものより有効成分が多く含まれている、と言えるのだと思います。

なんだか分かりにくい説明になったかもしれませんが、
ご参考になれば幸いです。

アペックスアイの商品は使ったことがないので、
良いのか悪いのかは何とも言えないのですが、
敏感肌用の化粧水の成分がほとんど水、と言われる点については、
「まぁ、おおよそその通りである」と思われます。

私は化粧水や乳液など手作りしているのですが、
作る時、有効成分にもよりますが、全体に対して何%まで入れて可、
それ以上は逆効果か、意味がない、という上限基準のようなものがあります。

その基準の大体は、0.2%~5%程度まで、多くても15%の範囲がほとんどなのですが、
普通肌用として...続きを読む

Q化粧水をしてからの過程を聞きたいです BBクリームやCCクリーム リキッドファンデやパウダーファンデ

化粧水をしてからの過程を聞きたいです
BBクリームやCCクリーム
リキッドファンデやパウダーファンデ
フェイスパウダーとかお粉とか
化粧下地とかあと肌色の固形でパフを使って顔にぬるもの
なにがなんだかわかりません
どうやってつかうのか
どんな効果があるのか
それを使うときはどのようなパフやブラシを使うのがオススメなのか
下地やファンデやBBクリームをつかう順番も詳しくおしえてほしいです

長文になっていいので 教えてください

Aベストアンサー

まず効果と使い方についてです。ファンデーションは基本的に直接顔につけると綺麗に塗れないことが多いので、手の甲でなじませましょう。また、Tゾーンに厚く塗ると厚塗りに見えやすいです。その代わり頬は厚めに塗っても厚塗りに見えにくく、肌全体が綺麗に見えます。塗り始めは頬からにして顔の中央から外側を意識して塗っていきます。頬→Tゾーン→小鼻や口回りなど崩れやすい箇所の順番で塗ります。

化粧下地
→肌色の補正や肌の粗隠しなどその上に重ねるファンデを綺麗に見せるための準備。無色のものと色つき(肌色とか)のものがあり、手でつける。

リキッドファンデ
→液状で肌にフィットしやすくカバー力が高い。一方で化粧崩れしやすい色ムラになりやすいというデメリットも。手、ブラシ、スポンジなどでつける。

パウダーファンデ
→粉状のファンデが固形になっているものでもっともスタンダードなファンデ。カバー力はリキッドより低めであるものの、皮脂を吸収してくれるので化粧が崩れにくいというメリットも。パフやブラシでつける。

フェイスパウダー(お粉)
→化粧崩れを防いだり、化粧をナチュラルにみせるなど効果は様々。固形のもの(プレストパウダー)と粉状のもの(ルースパウダー)がある。パフやブラシでつける。

BBクリーム
→基本的に化粧下地、ファンデーション、コンシーラーが一つになっているもの(メーカーによって違いあり)。またメーカーによっては日焼け止めや保湿効果があるものも。手、スポンジなどでつける。

CCクリーム→基本的に肌色の補正、日焼け止めなど肌を綺麗に見せるもの(メーカーによって違いあり)で、下地の強化版という感じ。

次に過程です。基本は化粧下地→ファンデ→フェイスパウダーという順番ですが、ファンデによって過程が変わります。

①リキッドファンデ
化粧下地→ファンデ→フェイスパウダー。ファンデはブラシでつけると綺麗に仕上がります。

②パウダーファンデ
化粧下地→ファンデ→(フェイスパウダー)。基本的にパウダーの場合はそのものに皮脂吸収効果があるとされているのでフェイスパウダーはいらないのですが、Tゾーンなどのテカリが気になる場合は少しつけてみるといいと思います。

③BBクリーム
(化粧下地)→BBクリーム→(リキッドファンデorパウダーファンデ)→フェイスパウダー。化粧下地は塗っても塗らなくてもOKです(下地効果があるものが多数ですので)。BBクリームのみでカバーする場合はフェイスパウダーを上に重ねると崩れにくくなります。BBクリームの上にファンデを重ねる場合はリキッドの場合はフェイスパウダーは必須で、パウダーの場合フェイスパウダーはどちらでも可です。ただ、BBの上にファンデを重ねると厚塗り感が出ると思います。

④CCクリーム
CCクリーム→ファンデ→(フェイスパウダー)。CCは下地の役割が強いので化粧下地は塗らなくても大丈夫です。そして重ねるファンデですが、リキッドの場合はフェイスパウダー必須、パウダーの場合はフェイスパウダーはなくても大丈夫です。

すごく長文になってしまいましたが、お役に立てれば幸いです。また大まかな流れを書いただけで間違っているところがあるかもしれませんので、「◯◯ 使い方」などで検索してみるといいと思います。

お化粧楽しんでくださいね!

まず効果と使い方についてです。ファンデーションは基本的に直接顔につけると綺麗に塗れないことが多いので、手の甲でなじませましょう。また、Tゾーンに厚く塗ると厚塗りに見えやすいです。その代わり頬は厚めに塗っても厚塗りに見えにくく、肌全体が綺麗に見えます。塗り始めは頬からにして顔の中央から外側を意識して塗っていきます。頬→Tゾーン→小鼻や口回りなど崩れやすい箇所の順番で塗ります。

化粧下地
→肌色の補正や肌の粗隠しなどその上に重ねるファンデを綺麗に見せるための準備。無色のものと色つき(...続きを読む

Q化粧崩れしにくく肌に優しい化粧下地&ファンデ

夏場は特に皮脂のせいで化粧が崩れます。崩れにくい下地&ファンデを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

夏場の化粧崩れ、こまりますよね。

夏場はファンデは、リキッドをおすすめします。
どうしても鼻の凹凸などにファンデがたまりやすいです。崩れ方がきたなくなります。
私はクリニークをお勧めします。
http://www.clinique.co.jp/products/1599/Makeup/Foundations/index.tmpl

下地も同じブランドのほうがいいです。

あとはフェイスパウダーを載せ過ぎなくらいはたいて、ブラシでのちに払うこと。
ちょっと白くなりますがチャコットもおすすめです。
http://shop.chacott.co.jp/product/detail7869-86761_000.php

あとは塗り方にコツがあると思います。ファンデ、下地は薄く(シミなどには重ね付けを)。

ご参考まで

Q【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験を

【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験をしてから販売していた化粧品メーカーってどこですか?

Aベストアンサー

そのような時代もあったという認識です。ある意味その事は各社タブーになっています。今は動物愛護の観点から、そのようなことはないと信じたいですが、もしまだそのようなメーカーが存在するとしたら、そのメーカーの化粧品は買いたくありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報