「や」のエンディングの俳句:

種蒔いて明日さへ知らず遠きをや 水原秋桜子 俳句検索エンジン
限りなく降る雪何をもたらすや  西東三鬼 俳句検索エンジン
梨食うぶ雨後の港のあきらかや  中村汀女 俳句検索エンジン
妻がなければ甚平はじだらくや 森 澄雄 俳句総合月刊誌『俳句』
なくなりし炬燵団欒なつかしや  森 澄雄 俳句総合月刊誌『俳句』
雁渡るいくたび職をかへてもや  石塚友二 俳句総合月刊誌『俳句』
亀の子われに問へ春近きや 太宰治『断章』
みちのくの菊のひかりにつまづくや 黒田杏子 俳句検索エンジン
いざよひとなりて消えゆく水泡や  八田木枯『夜さり』

※できる限り<出典>を添えてください。削除されてしまうかもしれませんので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

若い世代・・・といってもあんまり若くないのですが例にいれていらっしゃるから、汀女でも良いのでしょうか?


咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 汀女
が思い浮かびました。出典を忘れてしまったので一応検索してみつけたURLを入れておきます。

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~n32e131/haiku/teijo. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

わたしがりようしている検索サイトで[や]で調べましたところ3万句超あることがわかりました。[や]で終っている句を地道に編集して参ることにしました。
併せて俳句関連の結社誌や月刊誌で調べて参ることにします。

質問の仕方に注意しないと、古俳諧や俳句の大御所的な人たちの作品が回答されてしまうことに、チト愕然としております。
以前、外国人や初心者に適した俳句の入門書を質問した際にも、古書店でしか入手できないような本を紹介されて吃驚したことがございました。

とにかく、十把一絡げ的な質問はダメですね。回答者さんは部分的にしか回答してくださらないケースが多いですからね。パーフェクトな回答であれば、十把一絡げ的な質問でも問題ないのですが……

お礼日時:2006/04/05 15:30

岩波文庫の子規句集より



箱根山薄八里と申さばや 寒山落木 巻一
三千の遊女に砧うたせばや 寒山落木 巻二
くゝと鳴く昼の蛙のうとましや 寒山落木 巻四
花木槿雲林先生恙なきや 同上
こがらし(原文漢字、変換できず)の淨林の釜恙なきや 寒山落木 巻五
いたわしさ花見ぬ人の痩せようや 俳句稿 巻二
時鳥辞世の一句なかりしや 同上? 
花ならば爪くれなゐやおしろいや 同上?

打ち間違いがもしあったらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

誠に申し訳ございません。
4Sよりも若い世代の作品を知りたいのですが、書き損ねました。なにとぞ、お許しください。

お礼日時:2006/04/05 01:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?

Q「詩」や「小説」に詳しい方、ご協力おねがいします(>_<)

学校で20世紀に活躍した詩人、文学者について勉強してまして、ある人たちを調べています。
名前を挙げますと、
-----------
□Wilfred Owen(ウィルフレッド・オーウェン)
■Siegfried Sassoon(ジークフリード・サスーン)
□Edward Thomas(エドワード・トマス)
■Dylan Thomas(ディラン・トマス)
□James Joyce(ジェームス・ジョイス)
-----------
などなどです。

もしも彼らの中で、1人でも知ってる方がいたら情報いただけると嬉しいです!代表作だけでも結構です。
エドワード・トマスについては、自分で調べてもみたのですが良い情報が見つかりませんでした。
なので、彼については何でもイイので情報下さい!!
心より お返事お待ちしてますm(_ _)m

Aベストアンサー

非常に失礼なのですが、#3の方の回答の訂正をさせてください。

ディラン・トマスはウィスキーの飲み過ぎで死んだわけではありません。
確かに酒飲みで、亡くなったころは大変太っていたのだけれど、ニューヨーク滞在中に、講演や朗読、オペラを上演するために作曲家と打ち合わせなど、過密日程で体調を崩し、肝臓と心臓を痛め、ニューヨークの病院で亡くなっています。享年39歳。

ディラン・トマスは1914年、イギリスのウェールズに生まれます。
#3さんのおっしゃっておられる
>下層中産階級出身
というのが、どういった層を指すのかいまひとつわからないのですが、お父さんはグラマー・スクールの教師でした。
たとえばジョイスがアイルランド・ダブリンの地と切っても切り離せないように、トマスの作品はウェールズと切り離すことはできません。

1930年代のイギリスの詩壇は、マックニース、スペンダー、オーデン、デイ・ルイス(俳優のダニエル・デイ・ルイスのお父さん)らが中心の、非常に知的で左翼的で社会心理学の影響を色濃く受けた「ニュー・カントリー」派の詩人が支配していたんです。

そこへ19歳、全く無名の新人ディラン・トマスが、個人の魂を謳った「緑の導火線を通して花を駆り立てる力」という、詩壇そのものを揺るがすような詩をひっさげて華麗に登場した。若き天才児だったんです。

その後の十数年の間に三冊の詩集を出し、その傍ら小説を書き、短編集として『若き犬としての芸術家の肖像』(これはジョイスの『若き日の芸術家の肖像』のもじり)、中編として『皮商売の冒険』(晶文社からこのタイトルで翻訳も出ています)を出し(生前は短編集のみ)、戯曲もいくつか残しています。

トマスの詩は、とくに初期のものは難解で知られています。
とりわけ、言葉に象徴性と多義性を持たせようとして、多くの言葉を創り出し、複雑な構文で書いた初期の作品は、一つの言葉が動詞と受け取られたり、名詞と受け取られたり、批評家の見解も一致していません。
彼にとって「言葉」は大変に重要で、言葉にキリスト教、ドルイド教、ウェールズの伝説、神秘主義など多数のイメージを持たせる一方、感覚的にも言葉をとらえ、非常にいきいきとした、美しい英語で書かれた、とされています。

彼の詩の中で一番有名な「ファーン・ヒル」を参考URLとしてあげておきます(これはそれほどむずかしくありません)。

http://www.bigeye.com/fernhill.htm

参考URL:http://www.bigeye.com/fernhill.htm

非常に失礼なのですが、#3の方の回答の訂正をさせてください。

ディラン・トマスはウィスキーの飲み過ぎで死んだわけではありません。
確かに酒飲みで、亡くなったころは大変太っていたのだけれど、ニューヨーク滞在中に、講演や朗読、オペラを上演するために作曲家と打ち合わせなど、過密日程で体調を崩し、肝臓と心臓を痛め、ニューヨークの病院で亡くなっています。享年39歳。

ディラン・トマスは1914年、イギリスのウェールズに生まれます。
#3さんのおっしゃっておられる
>下層中産階級出身
という...続きを読む

Q俳句の季語

俳句の季語で「鈴虫」は夏の季語ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

 大きめの国語辞書には、大概は季語として載っていますので、書店で確認できます。し、オンラインの辞書でも可能です。



http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
で、「鈴虫」を検索すると、...[季]秋。

となっています。季語は決まっているので、どの辞書でも同じです。他の季語もここで調べられます。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi

Q小林一茶の有名な俳句、「めでたさもちゅうくらいなりおらがはる」の「ちゅう」は、上中下の「中」ではない

小林一茶の有名な俳句、「めでたさもちゅうくらいなりおらがはる」について教えて下さい。
1.この句について、漢字混じりだと思いますが、原文を教えて下さい。
2.今までこの句の「ちゅう」とは、私は上中下の「中」だと思ってきましたが、そうでもない、とのことを聞きました。この「ちゅう」について教えて下さい。

Aベストアンサー

俳諧とは座の文学であり、周りの者が理解出来ない方言は使用しない。
発句から付句と続いて行くので。
発句から単独で俳句としたのは、正岡子規以降。
周りの者が理解出来る故郷での興行なら方言を使う事もあろう。

逆に江戸時代の風俗習慣から派生した詞では、現代人には通じない事も多々有る。

ちう方言説を唱えた者は、この句を俳句として見ているが、俳諧連歌としては見ていない。
江戸を主な俳句の拠点としていた一茶が、江戸の俳人の理解出来ない詞を使用するはずが無い。

中とすべきであろう。

Q俳句の季語について

最近俳句に関心があり、作ってみようかと思っています。俳句の作り方は、ネットや本を参考にしますが、南半球在住のため、日本とは季節が逆になります。そのような場合、クリスマスやお正月は夏の季語にしていいのでしょうか?
また、こちらにある季節の植物、食べ物などを季語として使うことはできるのでしょうか?
ご存知の方、よろしくお教えください。

Aベストアンサー

こんにちは。

「季語」というものは基本的に「その季節に相応しいものなら何でも良い」訳ではありません。
ある一定の慣用的用法などをもとに歴史的な積み重ねを経て選ばれているものが殆どです。
ですから誰かが個人的に新しいものを作って俳句に盛り込んだとしてもそれが季語とは世間的には認められない訳です(無論個人的に楽しむ分にはどうやっても構わないでしょうが)。
俳句を嗜む方は良く「歳時記」というものを机に置いておかれますが、これはいわば「季語の辞典」です。
初心者の方などは特に歳時記とにらめっこしながら「この言葉を入れたいがこれは季語だろうか」や「この季語はどの季節のものだろう」などということを参照しながら作られる訳ですね。
当然のことですが「季語」は日本の文化に根ざしたものですから、勝手に対応する季節をずらすことも出来ません。
「そんな細かい決まりはどうでも良くてただ俳句を作って個人的に楽しみたいだけ」ということであれば勿論その辺りは如何様にでもなさって良い訳ですが、きちんと「俳句」というものを作ろうとされる場合には十分留意せねばならないことなのです。

●季語について
http://park11.wakwak.com/~hokui40/koza/hikkoza.html#第3回・資料

●季語一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A3%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7

こんにちは。

「季語」というものは基本的に「その季節に相応しいものなら何でも良い」訳ではありません。
ある一定の慣用的用法などをもとに歴史的な積み重ねを経て選ばれているものが殆どです。
ですから誰かが個人的に新しいものを作って俳句に盛り込んだとしてもそれが季語とは世間的には認められない訳です(無論個人的に楽しむ分にはどうやっても構わないでしょうが)。
俳句を嗜む方は良く「歳時記」というものを机に置いておかれますが、これはいわば「季語の辞典」です。
初心者の方などは特に歳...続きを読む

Q比喩法や擬人化を上手に使われた和歌や俳句をを紹介していただけないでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。先日、「比喩法や擬人化で有名な日本の詩句を紹介していただけないでしょうか」という質問をいたしましたが、日本近代詩の例文をたくさんいただきました。その時は、「和歌」と「俳句」という言い方を知りませんでしたので、「詩句」という大雑把な書き方にいたしました。実は、あの時、和歌と俳句では、優れた比喩法や擬人化が使われた文を知りたかったのですが、うまく書けませんでした。

 ということで、再度質問をさせてください。比喩法や擬人化が上手に使われた和歌や俳句を知りたいのですが、紹介していただけないでしょうか。恐れ入りますが、古典がよく判らないものですので、お挙げになった例文の現代語訳も書いていただけないでしょうか。難しい単語に読み方も振っていただければ助かります。
 
 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それについてもご指摘いただければありがたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めに
短歌形式の歌のうち、近世以前(江戸時代より前)のものを和歌、近代以降(明治時代よりあと)のものを短歌といいます。その違いは、単に時代の違いであり、近代の短歌も、文語で書き表すのが常です(口語の歌が出てきたのはごく最近のことです)。
ただし、和歌(特に最盛期の平安~鎌倉時代の歌)は、我々にとっても語学的に理解が困難なものです。
そこで、ここでは、和歌=短歌入門編として、近代短歌(以下「短歌」と表す)の中から、比喩が巧みに用いられている作品をいくつか紹介してみます。
なお、短歌本文は歴史的仮名遣い、( )内の読み仮名は現代仮名遣いで記します。

向日葵(ひまわり)は金の油を身にあびてゆらりと高し日のちひささよ            前田夕暮

訳 向日葵は金の油を身に浴びたように輝いて、ゆらりと高く立っている。それに比べて、後ろに見える太陽のなんと小さいことか。

説明「金の油を身にあびて」に比喩が用いられています。「身にあびて」は擬人的表現。「金の油」を日光の隠喩ととらえる説と、単に光り輝く向日葵を形容した表現ととる説よがあります。いずれにしろ比喩にはちがいありません。いうまでもありませんが、この歌の主題は「向日葵」の大きさにあるのであって、「日のちひささ」にあるのではありません。
なお、この作者は自然主義的な作風で知られており、また、この作品は、絵画の印象派の影響を受けています。「風格」といえるかどうかわかりませんが、日本の歌、俳句にも「流派」というものがあり、それぞれに個性を主張し合っています。


金色(こんじき)のちひさき鳥のかたちして銀杏(いちょう)散るなり夕日の丘に      与謝野晶子

訳 金色の小さな鳥のような形をしながら、いちょうの葉が散っていることだ。夕日が差すこの丘に。

説明「かたちして」で直喩を表した珍しい作品。文語の直喩は「ごとし」で表されることが多いようです。また、訳をご覧になればおわかりのとおり、倒置法が用いられています。
この作者は、浪漫(ろまん・ろうまん)主義の代表的歌人です。浪漫主義は、上記の自然主義とは対極にある流派です。この作品も絵画的(自然描写的)なものではありますが、実景の写実ではなく、作者の心象を描写したものといわれています。


見てあれば一葉(ひとは)先づ(まず)落ちまた落ちぬ何おもふとや夕日の大樹(おおき)   若山牧水

訳 見ていると、一枚の葉が落ち、続いてまた一枚の葉が落ちた。何を思ってこうして葉を落とし続けるのだろう。夕日の当たる丘に立つこの大樹は

説明 「何おもふとや夕日の大樹」に擬人法と体言止めが使われています。


病(やまい)のごと
思郷(しきょう)のこころ湧く日なり
目にあをぞらの煙かなしも        石川啄木

訳 まるで病気になったように、故郷を思う気持ちが胸にわいてくる一日だ。青空に立ち上る煙もなんと私の目には悲しく見えることか。

説明 「病のごと」は直喩。「ごと」は「ごとくに」の意味。初句が六音で字余り。

※以上の四首のうち三首に「夕日・日」が出てきますが、それは偶然です。特に好まれる題材というわけではありません。

俳句について
ご存じのとおり俳句は十七音を定型とする非常に短い詩です。よって、直喩で説明的に叙述するよりも、隠喩や象徴的な表現の方が多くみられるようです。
また、俳句でポイントになるのはなんと言っても、季語と切れ字です。
よって、短歌に比べて、俳句は比喩などの技法を手がかりに読解する重要性は低いと考えます。
そこで、俳句に関しては、次に何句かを挙げるだけにさせていただきます。
直喩
去年今年貫く棒の如きもの(こぞことしつらぬくぼうのごときもの)             高浜虚子
ところてん煙の如く沈み居り(しずみおり)日野草城
擬人法
啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々(きつつきやおちばをいそぐまきのきぎ)          水原秋桜子
海に出て木枯(こがらし)帰るところなし 山口誓子


このほかにも、いくらでも例があげられますが、きりがありません。ご自分で学習することをおすすめしますが、初めのうちは、丁寧で詳しい説明のついた、中学生から高校生向けの学習書を読むといいでしょう。
「教科書にでてくる短歌の解釈」東京美術発行
「現代短歌」「現代俳句」いずれも學燈社発行

最後にこちらから質問です。日本では、擬人法を比喩の一種と考える説が有力ですが、中国ではどうなんでしょう。また、日本の短歌、俳句では倒置、体言止めが多用されますが、中国ではいかがですか。そもそも日本のように、中国では今でも漢詩が作られていますか。

初めに
短歌形式の歌のうち、近世以前(江戸時代より前)のものを和歌、近代以降(明治時代よりあと)のものを短歌といいます。その違いは、単に時代の違いであり、近代の短歌も、文語で書き表すのが常です(口語の歌が出てきたのはごく最近のことです)。
ただし、和歌(特に最盛期の平安~鎌倉時代の歌)は、我々にとっても語学的に理解が困難なものです。
そこで、ここでは、和歌=短歌入門編として、近代短歌(以下「短歌」と表す)の中から、比喩が巧みに用いられている作品をいくつか紹介してみます。
...続きを読む

Q俳句の季語について!

俳句の季語について質問です。

豪雨という言葉がありますが、この豪雨というのは、どの季語なのでしょうか。

Aベストアンサー

季語表には出て無いけど 恐らく夏だと思います

去年 一昨年と 各地で豪雨だったので季語に入れたのかと?


http://hai575.info/sa14/

Q英語の俳句の元の俳句を教えてください

カナダの友人が英語の俳句を書いてました。

April's air stirs in willow-leaves,,,
a butterfly floats and balances
Basho

芭蕉らしいのですが、元の日本語の俳句がわかりません。
ご存知の方がいらっしゃったら、是非、ご教授ください。

Aベストアンサー

う~ん。芭蕉の句の英訳って結構怪しげなものが多いのですが、これも考え込んでしまいますねえ。
たぶん、下の句ではないかと思うのですが・・・

蝶鳥の浮つき立つや花の雲
ちょうとりの うわつきたつや はなのくも

壮年期の句と言われてますが、正直、芭蕉にしては駄作に分類されるかなと思います。

別の句かもしれませんが、そもそも芭蕉が詠んだ蝶の句は数が少なく、あまり該当するものがありません。
ちなみに、下の句などが、蝶を詠んだ名句だと言われてます。

蝶の羽のいくたび越ゆる塀の屋根

Q俳句の季語について

「結露」は俳句では季語としてあつかわれますか?

Aベストアンサー

結露は季語ではありません。結露する現象は冬に限らず、仕切りガラス
などの内と外の温度差でいつの季節でも起こり得る現象です。川柳では
問題ないでしょうが、やはり俳句では季語の持つ本意本情を生かして詠
む事が大事だと思います。
なお「露」は秋の季語です。

Q俳句?の一節が分かりません。有名な俳句?

○○○○○
子供のそばを通る時
みかんの香せり
冬がまた来る

かれこれ40年近く前になるでしょうか
当時、小学3、4年の時の担任の先生が
この時期になると冒頭の俳句をよく聞かせてくれたのですが
○○の部分が、どうしても思い出せません。
先生は石川啄木が好きだったので、啄木の著書に数冊目を通しましたが
残念ながら見つけることができませんでした。
もしかすると先生のオリジナルかもしれません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は「子供のそばを通る時」で検索しました。
便利な世の中になったものです。

参考URL:http://okumedia.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~nonami/text/textbook/SGH10014.TXT


人気Q&Aランキング

おすすめ情報