1月27日の朝日新聞日曜版に、高齢者の心筋梗塞の治療についての記事がありますが、この中でバルーン付きカテーテルやステント付きカテーテルの内外価格差について書かれています。

バルーン付きカテーテルは、日本では一本25-30万に対して海外では3万から15万、ステント付きカテーテルは日本が約30万に対して海外は10万円前後とのことです。
このほかにも人工関節やペースメーカーも内外価格差が大きいそうです。

なぜこのような価格差が生じるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一つにはskiheilさんもおっしゃる通り日本では流通に中間業者が多くてコスト高になっているのも問題だと思います。


しかし、ペースメーカーやカテーテルが一部の企業の独占市場であって競争相手がいないため殆どむこうの言い値でかわざるを得ないと言う事も価格差の理由の一つだと思います。昔は日本でもペースメーカーを作ったりしていた会社もあったのですが開発費が嵩むため撤退してしまいました。また特許の部分で先行されていてライセンス生産しても儲けにならないのでやりません。他に作って無い以上日本人には幾らでしか売らないと言われると従わざるを得ない状況です。(バブルの頃、海外ブランドが日本だけ異常に高い価格設定をしていたことが騒がれた事がありましたよね?)
また実際にお金を払うのが健康保険組合であり支払い価格も診療報酬の点数で材料費がどこまで認められるかを結局役人が決めていてまた一度決まるとなかなか改正されないため民間の業者にしてみればいいお得意さまになってしまっている点もあろうかと思います。
ペースメーカーなんかは日本の厚生労働相などの審査に時間がかかるため新しい物はなかなか認められずハッキリ言って外国の製造業者は一つ時代遅れの機械の開発費を日本に売りまくる事で回収しているような状態になっていますから・・・。
医療経済は公定価格がきめられた社会主義経済と同じですから病院側も無理に値引き交渉をしなくてもある一定の利ザヤを保証されていますし業者側も専門のスタッフをMEのように派遣したりしてお互いにもたれあっています。こう言った者を使う時全て病院が自前のMEなどを育ててやるには経費が嵩みますしカテーテルなどを全て買い取りにして在庫を持つようにしてしまうと損失になる恐れもあります。MEの資格を持った営業の方が本社の倉庫から何時でも呼べば材料を持って駆け付けて病院の職員よりもある意味役立つ仕事をしてくれたりするので病院としても役立っている訳です。
そういった諸々の事情によって内外価格差はうまれているのだと思います。
しかし医療費全体が抑制され景気も良く無いので企業の方もMEを気前よく派遣できる環境で無くなってきています。そうなると公定価格が高くてサービスが少ない・・・。病院にとって最悪の状況になりそうですね?
私見を述べさせていただきました。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい解説をありがとうございました。

お礼日時:2002/02/01 07:21

それは代理店の中間マージンが大きいからではないでしょうか。


実際、大学病院のカテ室にはメーカー(代理店)の営業さんが一日中つきっぱなしで助手みたいな事をしています。
これらの費用もすべてカテの値段に反映されるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
中間マージンがそんなに大きいとは知りませんでした。

お礼日時:2002/01/29 23:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冠動脈ステント留置後の再狭窄時の治療

カテーテル検査の結果左冠動脈に狭窄がありステント治療を医師からすすめられております。再狭窄がある程度の頻度であるようで悩んでおり、お教えください (1)ステント部分の再狭窄の場合どのような治療を取ることになるのでしょうか?同じ箇所に再度ステントをいれるのでしょうか?(2)ステント留置による何らか刺激で他の冠動脈箇所にも狭窄が起こる可能性が高くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

〔1〕ステント内の再狭窄の場合は、ステントのサイズや種類、狭窄の性状にもよります。バルーンのみで終わる場合もありますが、ステント内ステントが多いようです。〔2〕病変部の血管の走行により様々です。例えば、分岐部など片方を押し広げると隣接する血管は狭くなります。このような場合には、分岐する二つの血管を同時に広げるなどの手技が必要です。また、ステント留置によって分枝の細い血管が、狭窄または閉塞することもあります。

単純な病変ならカテーテル検査と同じように局所麻酔、所要時間は1~2時間ですみます。術後問題なければ一週間以内に退院できるでしょう。バイパス手術でも吻合部狭窄など、狭窄のリスクはゼロではないはずです。医師の説明が不十分なら、納得されるまで主治医とお話してくださいね。

Qカテーテル手術後、ステントに血が固まった。

先日、父親がカテーテルの手術を行い退院したのですが次の日になってまた胸が痛くなり再度入院し、緊急カテーテルの手術を行いました。原因はステント内に血の固まりが出来、それが原因で血管が詰まったということでした。一回目の時は血管が細くなっているからそこを広げたのですが次は完全につまってしまって血液が流れていなかったようです。一回目の手術の前にステントに血が固まることがあるという話を医師から聞いていたので予想していたと言えば予想していたのですが、思ったより早い退院した次の日にこのようなことが起こってしまい父も弱気になっています。今は1回目よりは慎重に医師も経過を見守っている様で血液をさらさらにする点滴をしている状態です。このまま直れば全く問題はないのですが一度そういうことが起こってしまうと次も同じ事が起こるのではないかと心配になります。ステントに血液が固まってしまうというのは癖にはならないのかなど気になっています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

たった1日でステントが詰るなんて、ずいぶん早いですね。あくまで推測ですが、冠動脈の他の部位に出来ていた血栓が流れてきて、運悪くステントに引っ掛かって詰らせた可能性もあるかもしれませんね。
ちなみにステント内での血栓発生を抑制する特殊なステント(DES)が保険適応になり最近使われるようになってきましたが、まだまだ使っている施設は少ないかもしれません。

Qカテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療した後、どのような症状が出るのか(例えば薬の副作用)人によりさまざまだと思いますが、経験のある方、あるいは医療関係者の方など、ご存知でしたら教えて下さい。

直ぐ仕事が出来るとの事でしたが、倦怠感、頭痛、微熱、吐き気、喉が痛い、なのど症状で、風邪の症状とも似ていて、治療の後の症状なのか、薬の副作用なのか、区別が難しい。退院後、直ぐ診てもらい心電図には異常はなかったので安心してます。

体調不良で仕事をする意欲がまだ出てきません。気持ちも焦りますし、どんな症状が出るのか教えていただけたらと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓のカテーテル治療と解釈しますが、
症状はまったくないのが通常です。プラビックスの肝障害も症状がでるほどひどくなるには時間がかり、採血してようやくわかるのが通常の経過です。
よって、カテーテル治療とは関係ない、なんらかの病気に罹患した可能性をまず考えます。

Q尿道留置バルーンカテーテルについて

尿道口に長期間バルーンカテーテルが挿入されている方が入浴することがありますよね?入浴時にカテーテルをクランプすると思うのですが、入浴後、バルーンを尿のパックの管に連結する際に、消毒をすると思うのですが、酒精綿ではいけないのでしょうか?
アルコール製剤は粘膜には刺激が強すぎますが、尿の逆流を防げば良いことですよね?科学的根拠が裏付けられるご意見、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アル綿(酒精綿)を使わないのは、合成ゴム製品、合成樹脂製品、塗装カテーテル等には変質するものがあるためと、刺激作用が強すぎて創傷部位や粘膜部位には適さないからだと思われます。

Q冠動脈カテーテル治療におけるステントの選択について

こんばんは、いつもお世話になっております。
先日見学した症例について疑問に思ったことがありこちらにお邪魔しました。

この症例ではIVUSで確認したところ血管内に血腫が認められ、血腫を抑えるためにステント留置となりましたが、
その際選択されたのは薬剤溶出ステントではなく通常のベアメタルステントでした。
それはなぜでしょうか。
何か特別な理由があってベアメタルステントが選ばれたのでしょうか。

もしおわかりのかたがいらっしゃいましたら是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

逆にDESの適応をどう考えるかでしょう。LMTやLAD近位部などのcriticalな場所や血管径が小さく再狭窄しやすそうとかでない限りはBMSが選択されて何の問題もないでしょう。なぜなら、#1の方も答えていらっしゃるとおり、DESとBMSのMACEは変りませんし、最近の文献ではACS後の患者でステントのありなしにかかわらずプラビックスの中止で最初の90日間にリバウンドによる?MIの発症の増加が示唆されています(JAMA 299:p532、2008)。
年齢やCABG後ならprotectされているか、症状の有無、vaiabilityの有無など他に多くの要素がはいるので、一概には言えませんが、普通はなぜDESでないといけないかという時代にはいりつつあると考えています。
日本の循環器医師や患者の一部にはなにがなんでも血管径を維持しないといけないという考えがはびこっていますが、内科治療とPCIをした群でMACE発生率は違わない(NEJM 356,p1503:2007)とかBMSとDESでもMACEは違わないというEvidenceからは、心理的な満足度(それも3年くらいしかPCI群の方が優位でなかった NEJM 359、p677:2008))くらいの効果しかないのですから、BMSで十分な症例も多いかと思います。
..というのは、分かっていても訴訟対策、病院経営などを考えるとPCIやrestudyをせざるをえないのですが。

逆にDESの適応をどう考えるかでしょう。LMTやLAD近位部などのcriticalな場所や血管径が小さく再狭窄しやすそうとかでない限りはBMSが選択されて何の問題もないでしょう。なぜなら、#1の方も答えていらっしゃるとおり、DESとBMSのMACEは変りませんし、最近の文献ではACS後の患者でステントのありなしにかかわらずプラビックスの中止で最初の90日間にリバウンドによる?MIの発症の増加が示唆されています(JAMA 299:p532、2008)。
年齢やCABG後ならprotectされているか、症状の有...続きを読む

Q心臓カテーテルで使われる薬剤溶出ステントについてなんですが・・・

心臓カテーテルで使われる薬剤溶出ステントについてなんですが、Cypher(サイファー)ってありますよね?どこが出している商品かご存知の方いらっしゃいますか?会社が大きすぎますし、有名な商品なんで宣伝行為にはならないと思ったんで質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米ジョンソン&ジョンソンのグループ会社コーディス

Q72才 狭心症でステント治療を10年前にしました。

72才 狭心症でステント治療を10年前にしました。
日常生活には支障がありません。 今年1月に禁煙し体重が73kgから75kgに増えました。
適度な運動を医者に薦められていますが、最近4000歩、30分の散歩を始めました。
妻に言わせるともっと早足で、10000歩をめどに歩くべきだといいます。
量的にはどの程度が適当でしょうか? 
もともと散歩などしていませんので現状では4000歩くらいが適度な運動と思っているのですが

Aベストアンサー

No1にて回答したものです。

>妻はそれじゃダイエットにならないというのです。

確かに世の中ではこのように言われておりますが、心臓に負担がかかってしまえば元も子もありません。
あせらずに楽しみながら散歩をして下さい。

または、サイクリングも効果的です。
こちらも、ご自身のペースに合わせ楽しむように行ってください。
この場合、何かあってからでは遅いので自転車保険に加入されてください。

追記 保険会社の者ではありません。

Q心筋梗塞と急性心筋梗塞

心筋梗塞と急性心筋梗塞の違いってなんでしょうか?
とても気になるので、どなたか教えていただけないでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機能できるのです。

急性心筋梗塞は何かしらの原因で血流が阻害され起こる心臓のダメージの状態で、その後生き残った後で心筋の一部が機能停止状態、先ほどの霜降り状態を心筋梗塞の状態と表現します。

その後もそのダメージが持続し、繰り返せば慢性といったり、その中間を亜急性と表現するのは疾患の時間的経過を意味するだけです。

つまり、急性は短時間に病態がすすむことで、心筋梗塞が急に起こった状態を表現しているだけです。

一度機能を完全に停止した心筋は線維組織等に置き換わり再び前と完全に同じ状態にはなれませんが、ダメージが軽ければ生存できます。しかし、心臓の収縮の異常が起こりやすく、専門用語でリエントリー回路を作りやすいので、心臓発作等が起こりやすくなります。

専門用語を使用しないと説明できないので、ちょっと分かりにくいと思いますが、あとは医学書や一般向けの説明のホームページを見て下さい。私の過去の回答のHPも役に立つかも知れません。

心筋梗塞とは、血流が停止し、その血管の栄養している心臓の筋肉が機能停止状態になり、細胞死の状態に陥った状態と理解しています。

実験で冠動脈を縛り、そのダメージを観察すると、血流を止めた時間や部位により心筋の致命的な状態が変わります。

10分程度停止し、その後血液を流れる状態に戻すと、霜降り状に心筋の死亡した部位と生き残った心筋が混ざって観察されます。完全に長時間停止すると、その部位は完全に駄目になり、心臓が機能不全になりますが、部分的なときはある程度障害が残るものの機...続きを読む

Q急性心筋梗塞・その後のステント治療・その後の生活について教えてください。

1ヵ月前に心筋梗塞になり、薬なしステントを1本留置しました。幸い細い血管で壊死もなく順調です。今は禁煙・食事の摂生・睡眠・軽い運動を心がけています。ストレスは今のところ、未解決です。 治療する前は血圧150-95-脈も90弱でしたが、今は薬をのんで120-75-70くらいに下がり、コレステロールも正常値になりつつあります。糖尿はありません。 さて質問です、私のような場合再発防止の為、1番に気をつけること・私の状態はどんなものなのか「医師は軽いから摂生したら心配ない、としか教えてくれません」また再発にならないのか? いろんな不安があり、胸ばかり気にしている毎日です。 皆様の体験談、アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「壊死」なく治療を受けることができてよかったですね^^

他の方と重複しない部分でのみ、回答してみます
(運動への取り組み方法・LDLコレステロール<100mg/dlおよび、
HDLコレステロール正常化。)
・患者さん向けでないもので、読みにくいですが下記のところに
LDL<100mg/dlの根拠となった論文のお話が書いてあります。
http://www.lifescience.jp/ebm/doukou/doukou_0109/1.htm#top

恐らく基本中の基本ゆえに書いていないだけだろうと思うのですが、
やはり日々の服薬の徹底は再発予防に関してとても大切です。
・これに関しては、これまでにたくさんのデーターがあるのですが、
患者さん向けの読みやすいサイトを発見できませんでした^^;
一応下記のサイトの「2次予防」にあたるんですが・・
http://www.lifescience.jp/ebm/doukou/doukou_0109/2.htm#top

そのほか血液検査上の糖やコレステロールの値だけでなく、
体重が多ければ体重の管理も同時に行うことは大切です。
それに関しては、
減塩やコレステロールに配慮した食事をとる必要があるのですが、
その際、青魚の摂取に努めるとよいと2006年に厚生労働省が
発表しています。
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/29/n3_kyoketsu.html
アレルギーなどの問題がなければ是非食べてください^^

こんにちは。
「壊死」なく治療を受けることができてよかったですね^^

他の方と重複しない部分でのみ、回答してみます
(運動への取り組み方法・LDLコレステロール<100mg/dlおよび、
HDLコレステロール正常化。)
・患者さん向けでないもので、読みにくいですが下記のところに
LDL<100mg/dlの根拠となった論文のお話が書いてあります。
http://www.lifescience.jp/ebm/doukou/doukou_0109/1.htm#top

恐らく基本中の基本ゆえに書いていないだけだろうと思うのですが、
やはり日々の服薬の徹底は再発...続きを読む

Qジェネリック医薬品と本家の医薬品の価格差がなぜ生じるか?

最近、ジェネリック医薬品に関する報道やコマーシャルをTVでよく目にするのですが、一つ疑問があります。ジェネリック医薬品は、開発や臨床試験に掛かる費用が極端に抑えられることで安く作れるため価格に差ができると言うのですが、本家の医薬品メーカーは、特許が切れて対抗する医薬品メーカーが出てきたときに本家の医薬品の価格改定をしないのでしょうか?特許で守られている間に当然、開発に掛かる費用はペイできているはずだし、できていなくても競争相手が出てこれば値下げ断行が当然のように思うのですが。また、お医者さんは、患者さんに特許の切れたような薬よりも新薬を薦めたがる傾向というのは強いのでしょうか。医薬分業となった今日でも、やはり、メーカーから医者へマージンは流れているのでしょうか。詳しい方が見えたら教えて下さい。

Aベストアンサー

「本家(オリジナル)の医薬品」も、発売後、順次薬価が下げられていきますよ。
薬価は国が定めますが、その基礎資料は、製薬会社からの希望薬価申請によります。ジェネリックが出たからといって、オリジナルも急に価格が下げられるものではありません。また下げなくても、現場は使ってくれます。

なぜ現場がオリジナルを使うかは、やはり信頼性です。原末の成分は同じでも、効果は同じでないと経験的に知っています。
もしも、自分が患者だったら、間違いなくオリジナルをお願いするでしょう。

誤解を生む表現だと知りながら言います。クルマにたとえると、
・ベンツの3000ccのクルマ                700万円
・同じ排気量で、よく知らない聞いたこともない国のクルマ 200万円
同じ馬力ですし、エンジンの構造も全く同じです。どちらも時速200キロが一応出るとされています、と言われたときに、さてどちらを選ぶかというのが、今回の話だと思います。

バックマージンは国公立病院にいる限り、皆無です。私立でも、お金がもらえたり、旅行に行けたりはしないですね。

「本家(オリジナル)の医薬品」も、発売後、順次薬価が下げられていきますよ。
薬価は国が定めますが、その基礎資料は、製薬会社からの希望薬価申請によります。ジェネリックが出たからといって、オリジナルも急に価格が下げられるものではありません。また下げなくても、現場は使ってくれます。

なぜ現場がオリジナルを使うかは、やはり信頼性です。原末の成分は同じでも、効果は同じでないと経験的に知っています。
もしも、自分が患者だったら、間違いなくオリジナルをお願いするでしょう。

誤解を生...続きを読む


人気Q&Aランキング