過去の気象データー(特に最高・最低気温)を検索できるサイトを探しています。気象台に行けばわかるのは知っているのですが、時間がなくって。どなたか知っている方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

気象庁はいかがでしょう。



「きのうまでの気象観測データ」から地点やデータ項目年月日を入れると検索できます。

これは,1961年以降ですが,それより以前のデータを公開しているところは知りません。

参考URL:http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/
    • good
    • 0

県庁所在地の最高・最低気温で良ければ、


http://weather.crc.co.jp/weatherchart/

AMeDAS地点のどこかであれば
http://com.ibcweb.co.jp/
です。後者は登録が必要ですが使用期間があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
1コ目のアドレス、「どこかでみたなぁ」って思ったら、これは1度覗いたものでした。確かに過去の気温が探せて「いいぞ!」って思ってたら、これって昨年の7月までしかなくって。(涙)欲しいデーターは昨年の11月のデーターなんです。
2コ目のサイトに望みを託して、これから覗いてみます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2000/12/20 15:29

次のこの「教えてgoo!」の「過去の天気」という質問と似ているのでこちらも時々見て下さい。



http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=20422


ちなみに、そこで私 tukitosan が回答したURLが次のものです。なをここは、私の使っているマシンでは、ランタイムエラーが出てしまって中身がよくわからない状況です。多少過去の天気などのデータがあると思います。

http://www.wivon.com/tenkizu.htm


なを、気象については、あまりみなさん興味が無いらしく返事をされているのは、そこでは、私だけでした。ちょっと寂しいです。

tukitosan でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
さっそくサイトを覗いてみました。が!このアドレスで開くと「天気図」がずらずら~っと。素人の私にはちんぷんかんぷん。(@_@)
だから、ランタイムエラーが出てしまったのでしょうか....?
同じような質問をされている方がいるということなので、こちらも合わせてチェックしてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/20 15:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去の気象現象を知るには

 いま、各アメダス地点、気象官署で観測された降雨がどのような気象現象だったかをしらべています。(例えば、どこどこの何月何日の雨は台風とか雷雨、低気圧といった感じで)このようなデータを手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず確認ですが,
>どこどこの何月何日の雨は台風とか雷雨、低気圧といった感じ
ということは,アメダス・気象官署の降水量のデータそのものがほしいのではなく,その降水現象が起った原因が書かれている資料が欲しい,ということですね?

No.1の回答で紹介されているサイト(気象業務予報センター)はたくさんの有用な資料を作成・販売していますが,お探しのような資料はあったかなあ。
No.3で紹介されているところは,アメダスのデータそのものを手に入れるには非常に便利なところです。会員制ですが,非会員でも地点数が5ヶ所に限られるなどの制限つきながら,データを見ることができます。ただ,データだけしかありません。

というより,個々のアメダス・気象官署における,ある特定の日時の降水に対して,そういった形で原因を記した資料ないしサイトというのはおそらくないような気がします。
なぜなら,そもそもそのような情報自体がかなり微妙だからです。

たとえば,2000年9月11~12日にかけて,東海地方で記録的な豪雨が発生しました。これは,秋雨前線が停滞していたところに,台風14号が沖縄付近まで北上してきたため,その外側を回って高温多湿の空気が流れ込んだため,前線の活動が非常に活発になって引き起こされたものです。
この場合,たとえばこの日の名古屋の降水は,前線によるというべきか,それとも台風によるというべきか。
このころ台風14号の中心は沖縄本島付近にあって,台風の本体の雲は東海地方にかかっていませんので,前線というべきかもしれません。しかし,九州・沖縄地方の観測地点で降っている雨は,台風の直接の影響によるものといえるでしょう。両者の境界はどこ,と言われても,はっきりとした線引きは困難だと思います。

時間的・空間的範囲を大きくして,「9月11日~12日に東海地方で降った豪雨」なら,「(台風に刺激された)前線による」といった答え方ができますが,もっと時間や地点を絞っていくと,答えにくくなってくるわけです。

実は,大雨だけに限ってよいのなら,原因まで書いた資料はあります。
たとえば,財務省印刷局が毎年夏に発行している『気象年鑑』という本の最新版(2001年版…そろそろ2002年版が出るはずなんだけど)には,2000年の1年間に降った主な大雨について,日付,地域,原因,概要が載っています。
 4月10日~11日:北海道,神奈川県(低気圧)
 5月24日:茨城県,千葉県(大気不安定)
 9月8日~17日:全国(台風,前線)
といったぐあいです。
また,さきほどの気象業務支援センターから発売されている「気象災害の統計」や,丸善発行の『理科年表』に掲載されている「日本の主な気象災害」などでも,低気圧とか前線とか台風○号といった原因が分かります。

もし,大災害になっていない雨に関しても原因が知りたい,ということであれば,その当時の気象データを見てご自分で判断されるのがベストでしょう。

具体的には,まず天気図です。
新聞に出ているような小さな地上天気図でしたら,前述の『気象年鑑』などに載っています(大きめの図書館にいけばある)し,ネット上ですと「過去天気図」というサイトに,これとおなじものがスキャンされて置いてあります(95年~2001年分)。もちろん,新聞の縮刷版を見るという手もあります。

これで足りない場合は,もっと専門的な天気図や気象データ類を調べることになります。こちらはオンラインで無料で手に入るのはほとんどありません。
有料サイトですと,IBCWEB(http://com.ibcweb21.com/wx/index.html)が便利です。気象官署の観測データは1961年以降データベース化されています。天気図は99年1月以降です。ちなみに会費は月2,100円です。
また,前述の気象業務支援センターから発売されているCD-ROM類も利用できます。
お近くの気象台や測候所に出向いても,ある程度の気象データの閲覧は可能です。

以上,長々と書いてきましたが,利用目的や,必要な情報の詳しさに応じて,うまく情報源を使い分けてみてください。

参考URL:http://com.ibcweb21.com/wx/index.html

まず確認ですが,
>どこどこの何月何日の雨は台風とか雷雨、低気圧といった感じ
ということは,アメダス・気象官署の降水量のデータそのものがほしいのではなく,その降水現象が起った原因が書かれている資料が欲しい,ということですね?

No.1の回答で紹介されているサイト(気象業務予報センター)はたくさんの有用な資料を作成・販売していますが,お探しのような資料はあったかなあ。
No.3で紹介されているところは,アメダスのデータそのものを手に入れるには非常に便利なところです。会員制ですが,非...続きを読む

Q過去2週間のドイツの気温が知りたい

1月9日から18日の10日間、ドイツに出張に行ってきました。フランクフルトが大変寒かったのでその時の気温が知りたいのですがわかりません。インターネットで調べたいのですが、どうしたら調べられますか?

Aベストアンサー

Weather Undergroundなら世界中の気温がわかります。
日にちを指定して過去の気温も調べられます。
試してみてください。
(ちょっとページは重たいかも)

参考URL:http://www.wunderground.com/global/DL.html

Q月間の地域別の気象結果が知りたいのですが・・・

地域別の月間の天気と最高気温・最低気温の結果が閲覧できる無料サイトがあれば誰か教えて下さい。

Aベストアンサー

下記は気象庁のホームページです。

過去の観測データ(電子閲覧室)で
地域・地点を選び
データは『1ヶ月の毎日の値』
年・月を指定して検索すると
毎日の気温や、昼・夜の天気が出ます。

他にもいろいろデータがあります。

参考URL:http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/index.html

Q異常気象

近年、温暖化の影響で異常気象となっている国がありますが、今年の日本は例年と比べてどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在気象予報等で用いられる「例年」でしたら、1990年から99年までの平均値だったと思いますので、長くても10年かそこら前のデータですよね。その程度のスパンでは、どれが温暖化の影響による異常気象なのかは分からないと思います。日本に上陸する台風が増えたのも、集中豪雨の被害が多いのも、夏暑くなったのも、雪が減ったのも、本当に温暖化の影響なのか、たまたま地球がそんな気分な瞬間(地球史から見れば)なのか、まだ分かりません。

 蛇足ですが、北緯40度付近にある日本がその割に暖かいのは、南から来る暖かい海流のおかげですが、その海流の源ははるか北大西洋で起きている海水の沈み込みと考えられています。この沈み込みが近年温暖化で弱くなっていると言われていますが、その影響が日本に届くのは、約二千年先のことです。そのとき日本はもしかしたら温暖化とは逆に寒冷化するかもしれません。地球規模の環境問題のスケールのデカさと複雑さを感じていただけるでしょうか。

 また、温暖化の急激な進行の主な原因とされる産業革命以降、温暖化は基本的には国を問わず世界中で同じように進行してきたはずです。地理的条件などいろいろ重なって被害の大小はありますが、温暖化の影響で異常気象が起きているなら、地球上どこでも起きていると考えられます。

 私見ですが、よくきく「温暖化で異常気象」のほとんどは、実際は温暖化の影響ではないような気がします。最近は環境問題が流行り(?)のようですのでメディアもすぐ飛びつくし、昔に比べて世界の災害の情報が増えたのでそう感じてしまうのではないでしょうか。

 もちろん、それほどではなくとも実際に温暖化による被害があるのも明らかですし、今の世の中の反応が流行でも人々の意識を変える点で別に悪くないと思います。かくいう私も卒論のテーマは大気汚染と温暖化でした。(でも自信は「なし」(^_^;)

 現在気象予報等で用いられる「例年」でしたら、1990年から99年までの平均値だったと思いますので、長くても10年かそこら前のデータですよね。その程度のスパンでは、どれが温暖化の影響による異常気象なのかは分からないと思います。日本に上陸する台風が増えたのも、集中豪雨の被害が多いのも、夏暑くなったのも、雪が減ったのも、本当に温暖化の影響なのか、たまたま地球がそんな気分な瞬間(地球史から見れば)なのか、まだ分かりません。

 蛇足ですが、北緯40度付近にある日本がその割に暖か...続きを読む

Q北海道特有の気象現象って?

ご質問をさせて頂きます。
北海道特有の気象現象というのはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

北海道特有というか、日本では北海道くらいでしか見られない現象としては、
ダイヤモンド・ダスト<気温が-25度以下まで下がって空気中に水分が多い日に見られます。
空気中の水蒸気が凍り付いて舞っている状態ですね。
サン・ピラー<ダイヤモンド・ダストが出るくらいの日の朝方に、地平線の向こうにある太陽の光が空気中の水蒸気に反射して、「光の柱」のように見える現象。
これも極地くらいでしか見られない現象だそうです。

名寄市というところで見ることができます。
というか私の田舎です(^^;)

参考URL:http://www.hokkai.or.jp/nayoro/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報