去年の大河ドラマ「北条時宗」では、武士の髪型が剃っていない髪型でした。今年の「利家とまつ」の現在においてもまだ、剃っていないようです。いつ頃から誰が始めたのかご存じの方!教えてください。ちょんまげ・元服

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  手元に参照するものがないので、記憶で記します。まず、月代を綺麗に剃り、後ろから、結った髷の端を前に向けてまっすぐに垂らすというか、頭の上に置く、時代劇でよく見る髪型は、あれは江戸時代の武士階級の正装に伴う髪型であったのです。
 
  実用的には、月代(さかやき)というものは、鎌倉時代辺りから、職業的軍人としての武士階級が成立するにつれ、彼らは、農民兵と違い、常時、戦闘を念頭して日常生活を送っていたので、兜(立派なものも粗末なものも含め)を被る機会が日常的に多く、兜は、クッションを頭頂部に当てていたとはいえ、長時間被っていると、頭が蒸れて来るので、その対策のため、頭の兜が当たる部分の髪を剃って、蒸れないよう工夫したのが起源です。従って、月代を実用的に使っていたのは、戦国時代の武士だとも言えます。
 
  江戸時代の武士の月代は、一種の正装またはファッションとしてあるので、実はああいう風に髪を剃ってしまうと、別の問題も起こるし、髪結いが難しくなるということもあります(戦国やそれ以前の武士が、ああいう綺麗な月代でなかったのは、あれは手間がかかるからです。太平の世ならこそ、武士は、ああいう髪型に悠長に時間をかけることができたのだとも言えます)。
 
  髪型の要素として、月代だけではなく、実は「まげ」の形というか、必要性が関係してきます。まげというのは、江戸時代の町人のまげは、ほぼ完全にファッションですし、武士のまげもファッションです。それ以前、戦国・室町にも庶民がまげをしていたら、それも実はファッションです。
 
  ファッションだというのは、「まげ」には、元々実用目的があったからです。日本古代(といっても、6世紀以降を考えますが)には、中国を真似て官位制を置き、それぞれの制服を定めました。その時、中国では、「冠」が、位などを表す重要な飾りというか、衣装の一部だったのです。正装する時には、位のある者は、それに応じた冠を日本でも被ったのです。また、正装の時の冠以外にも、日常的にも烏帽子を平安貴族などは被っていました。
 
  「まげ」というのは、この冠や烏帽子を落ちないように止める働きを持っていたのです。まげで髪の塊を造り、その上に冠なり烏帽子を被り、「簪・かんざし」という長い棒で、冠・烏帽子を、そのなかのまげと結ばれるように、貫通して通して、こうして、少々動き回ったり、頭を下げたりしても、冠や烏帽子が落ちないようにしていたのです。
 
  何の話だったか忘れましたが、葵祭りの勅使の一人か、または名誉ある随行者として馬に乗って進んでいた老貴族が、ふとしたおりに冠が地に落ち、つるぱげの頭が露呈されたので、沿道の人々が大笑いしたという話がありましたが、老貴族は悠然と馬から降り、冠をまた被ってから、わしの頭には髪がない故、冠が落ちるのは理の当然、何の恥ずべきこともない云々と、大音声で説教したら、人々が、もっとも思い、恐縮したという話があったと思います。
 
  こういうことからいえば、江戸時代の武士のまげは、こういう冠を止めるためには、実用的に役に立たないまげだということが分かります。また、戦国までの武将や武士は、頭に何か被っている者がいましたが、江戸時代には、そういう風習はなくなりました。これは、日常的に烏帽子などを被るには、あの髪型・まげでは、無理があるからだとも言えます。(冠ではなく、色々な種類の笠を頭に被っていますが、笠は兜の展開したようなもので、顎で紐で結べばよいのです。烏帽子や冠は、紐で止めても形から不安定なのです)。
 
  こういうことから、庶民・町人のまげは、完全にファッションだと分かるでしょう。また、実戦が重要であった戦国時代は、江戸時代の武士の月代やまげのような面倒で非実用的なものは、排除したというか、発想外だったということにもなります。
 
  話が逸れますが、これと似ているのは、「刀」で、「刀は武士の魂」だなど言い出したのは、太平の江戸時代になってからで、それまでは、刀は実用の武器の一つだったのです。日本刀というのは、刃こぼれや、折れたりすることや、何人か人を斬ると、血油で切れなくなるとか、実戦的には、あまり役に立つ武器ではなかったのです。実際に合戦に参加するときは、あるかぎりの刀を持って行ったとか、刀はいざという時に使い、実際は棍棒などで闘ったというのもあります。
 
  優れた日本刀は、高級装飾品、工芸品、また宝物だったのです。実用の刀は、少々切れなくとも、折れず丈夫で、相手をぶち倒して、それを刺し殺せればよいというようなものでした。
 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変詳しく解答していただき、有り難うございました。参考になったどころか勉強になりました。

お礼日時:2002/02/11 10:34

月代の風習は、鎌倉時代から、武家のあいだでは行われていたようです。


室町時代中ごろから庶民にも広まり、烏帽子を被らなくても失礼ではなくなりました。

額から頭頂にかけて髪を円く剃りあげる月代が、広く流行るのは江戸時代に入ってからのようです。

髷にも時代によって、流行があるようで、利家の髷は、戦国時代に流行った天正髷ですね。

参考URL:http://www.cosmo.ne.jp/~barber/kamigata.html, http://www.remus.dti.ne.jp/~tshioiri/kurashi.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいHPを教えていただき、有り難うございました。色々役に立ちそうです。

お礼日時:2002/02/11 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50代で歳が逝っているが……

例えば、50代で歳が逝っているが若作りで
20代、30代にしか見えない女性を褒める時に
妥当だと思うのは次のどれが良いと思いますか?

1.○○さんは、50代で歳食っているけど
 20代のギャルにしか見えませんね。

2.○○さんは、50代のアラフィフですけど
 20代、30代の女性にしか見えませんね。

3.○○さんは、50代で歳が逝っているけど、
 30代のアラサーにしか見えませんね。

4.○○さんは、50代の高年齢で歳が逝っている思いますが、
 20代、30代の若い女性にしか見えませんね。

5.○○さんは、50代のアラフィフで歳が食ったり逝ったり
 してると思いますが、20代のギャルにしか見えませんね。
 娘さんより若く見られんじゃないですか。(既婚で子供がいる場合。)

6.○○さんは、50代の独身アラフィフですけど、
 歳が逝っている割には、20代、30代の若い女性に見えますね。
 街で若い男性に声をかけられたりしませんか?(未婚で独身の場合。)

なお、その他の選択肢は有りません。

それでは回答、よろしくどうぞ。

例えば、50代で歳が逝っているが若作りで
20代、30代にしか見えない女性を褒める時に
妥当だと思うのは次のどれが良いと思いますか?

1.○○さんは、50代で歳食っているけど
 20代のギャルにしか見えませんね。

2.○○さんは、50代のアラフィフですけど
 20代、30代の女性にしか見えませんね。

3.○○さんは、50代で歳が逝っているけど、
 30代のアラサーにしか見えませんね。

4.○○さんは、50代の高年齢で歳が逝っている思いますが、
 20代、30代の若い女性にしか見えま...続きを読む

Aベストアンサー

2
成るべく余計な言葉は避けた方が良いと思います。アラフィフという言葉は一般化してるんですかね。知人になら冗談で言っちゃうけど、初対面とか、お互いに顔知ってる程度だと、オベッカ使う人なんだ!…位に、しか受け取られない確率が高いと思います。
・50に入ると年の話題 自体がタブーに近い感じです

QNHK大河ドラマ「北条時宗』に登場する北条時輔について

ドラマの中で、時宗の兄時輔は高麗に渡って、その後元の軍船に乗って博多に戻って来たという設定になってますが、これって史実?それともフィクション?
 ご存知の方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

史実では、六波羅で討たれたことになっています。
ただ、源義経が平泉で生き延びてモンゴルに渡った、という伝説があるように、恐らく「判官びいき」のようなもので色々な伝説が残っているようです。
大河ドラマはその「伝説」の方を採用したと思われます。
参考URLに時輔伝説の一例が載っています。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/bau/dog/tokisuke.htm

Q50代男性の皆さん

50代男性のセックス観を聞かせて下さい。
相手は30代前半女性です。もうすぐ初めてエッチをする予定です。

楽しみ?不安?30代とじゃ楽しめないかな?

あと、50代男性の肉体はどんな感じですか?
コンプレックスありますか?
彼がすごく気にしてるので…。
具体的にどんな感じなのかなぁ?と。
たるんでるとかですか?

何でも良いので50代男性の情報下さい!

Aベストアンサー

53歳の男性です。
そうですねぇ・・・50代になると、かなり個人差が出てくるのではないでしょうか。
気持ち的に性欲があるけど、ペニスの方がついてこない、と言う感じです。 勃起力がない、
持続性が無いとかです。
私なんかは、週二回ほどの、射精をしています。 46歳の妻とするか、そうでない時は、
オナニー射精です。
ただ、歳をとったのか、若い時に比べれば、射精の量、勢いが劣りましたね。
でも、挿入、ピストン運動は、長く続くようになりました。 若い頃は、早漏ほどでは、無いにしても、
挿入、射精が早かったです。

Q先週の利家とまつの内容で疑問に思ったこと。

先週の利家とまつを見て、疑問に思ったことがあります。

秀吉が、まつのために花見をしようと、みんなで花見をした場面があったのですが、その時に、京極という女性が、淀に言った言葉で、聞き取れなかったのですが、「淀は、たどっていけば、京極の家の家臣にあたる」みたいなことを言ったと思います。

淀は、お市さまの娘ということは、信長の妹にあたり、結婚した、浅井長政も確か身分が高いと思うので、家臣にあたるってことはないと思うのですが、この会話はどういうことなのでしょうか?

2度目の結婚の権六のことを言っているのでしょうか?それとも、
うわさにある、淀の子供は、淀が浮気をした人で、その相手のことを言ったのでしょうか?歴史に詳しい方、教えてください。

また、以前の放送で、利家が出社拒否をしたときに、家康が、「利家はいい男よのぉー」と言って、物を投げたと思います。

家康は、以前、まつに奥さんを助けるよう力を貸してもらったことがあり、利家の浮気がわかった時に、もっと大きな目で見るようにと助言してあげたこともあることから、利家を悪く思っていないと思っていたのですが、どうして物を投げて、そんなことを言ったのでしょうか?

歴史に弱いので、詳しい人がいましたら、教えてください。お願いします。

先週の利家とまつを見て、疑問に思ったことがあります。

秀吉が、まつのために花見をしようと、みんなで花見をした場面があったのですが、その時に、京極という女性が、淀に言った言葉で、聞き取れなかったのですが、「淀は、たどっていけば、京極の家の家臣にあたる」みたいなことを言ったと思います。

淀は、お市さまの娘ということは、信長の妹にあたり、結婚した、浅井長政も確か身分が高いと思うので、家臣にあたるってことはないと思うのですが、この会話はどういうことなのでしょうか?

2度目の...続きを読む

Aベストアンサー

1つ目の質問についてだけ。

『利家とまつ』に登場する『京極』(別名『松の丸殿』)は父親が京極高吉、母親は浅井久政の娘と伝えられていますが、京極氏は代々近江の国の守護であり、浅井氏はその被官(早い話が家来)でした。

元々家来であった浅井氏が、長政の祖父・亮政の時に自立して、北近江を支配するようになってしまい、逆に京極氏は衰退し、高清の嫡男・高次は浅井氏に仕えていたのです。

浅井氏滅亡後、高次は織田家に仕え、本能寺の変では明智方につきましたが、高次の妹(この妹が『京極』)が豊臣秀吉の側室となっていたことから赦免されたのです。

そんなわけで「家臣にあたる」というのは、『過去の栄光』というところです。また、『京極』の母が浅井久政の娘ということは、久政の息子である長政の娘である『淀殿』とは従姉妹同士ということになります。

Q50代60代の勃起

50代です。勃起に持続力がありませんし角度も硬さもいまいち。
もちろん歳なのは分かっています。
若い頃は、お腹にくっ付く程でした。
現在は、先が前を向くのが精一杯です。

50代60代、又は、それ以上のもご本人。
異性が50代60代、又は、それ以上の方。
この年代の勃起はどうですか?

歳に関係なく元気な方はいらっしると思いますが。

Aベストアンサー

50歳の男性と寝たことがあります。
20代の男性と同じくらい元気ありです。
一晩に3、4回可能でした。
逆に20代でも、その50歳の男性より元気がない人も見てきました。

元気な人の共通点は、ストレスの少ない生活をおくっていることです。
特に仕事において責任が重くない方は元気で、性欲旺盛でした。

まずはストレスのない生活にしてみてはいかがですか?
多少は持って生まれた性欲も関係していると思いますが、無駄ではないと思います。

Q北条時宗の評価、逸話

北条時宗についての皆様の評価をお聞かせ下さい。
名君なのか、それとも彼の周囲の人物に恵まれただけのか?
彼の功績は?
元寇への対策は彼の力なのか「神風」(運)なのか?
また、彼は武芸に秀でていたようですが実際どうだったのか?
そして、彼についての逸話、日蓮とは会ったことがあったのか??
などなど、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一言で言えば、強運に恵まれたと思います。
鎌倉幕府は武士の政権ですから、モンゴルと一戦交えることは当然ですが、勝つためには情報収集が必要なのに、彼は全くそれをやらず、強気一辺倒にことを推し進めます。
モンゴル軍と日本軍の戦力ですけど、数を除けば日本軍が有利と見ます。
日本軍は地の利を得た地元で戦いますし、個々の兵は戦闘意欲も旺盛で、モンゴル軍に引けはとりません。
一方、モンゴル側は馴れない敵地への遠征の上、いつもの大量の軍馬を連れて来れないので、お得意の騎馬戦が出来ず、軍を編成する朝鮮人はいやいや侵攻してきているので、戦意は上がらず、夜は不安だから船で寝ようとしたら台風で沈没したという状況です。
2度目の遠征は旧南宋の軍をあてていますから、こちらも士気は上がりません。
こういう状況が北条時宗にプラスに働いたので、幸いモンゴル軍を撃退できましたが、優秀な政治家とまではいえないと思います。
しかしながら歴史の評価としては、結果がよければ全てよしとしますから、運が良かったとはいえ、結果が良かったのですから、彼を大政治家と考えても間違いとはいえません。

一言で言えば、強運に恵まれたと思います。
鎌倉幕府は武士の政権ですから、モンゴルと一戦交えることは当然ですが、勝つためには情報収集が必要なのに、彼は全くそれをやらず、強気一辺倒にことを推し進めます。
モンゴル軍と日本軍の戦力ですけど、数を除けば日本軍が有利と見ます。
日本軍は地の利を得た地元で戦いますし、個々の兵は戦闘意欲も旺盛で、モンゴル軍に引けはとりません。
一方、モンゴル側は馴れない敵地への遠征の上、いつもの大量の軍馬を連れて来れないので、お得意の騎馬戦が出来ず、軍...続きを読む

Q50代女性です。現在無職です。50代で正社員登用された方でどんな努力をされたかを教えていただきたいの

50代女性です。現在無職です。50代で正社員登用された方でどんな努力をされたかを教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

介護の仕事なら無資格でも正社員募集してますよ。資格を取るために補助やサポートしてくれる優良企業もあるので、バックボーンが大きい会社が運営している所を探すと良いです。とにかくフリーペーパーからネット検索何でも駆使して探すと案外あります。

Q「北条時宗」に登場する覚山尼

私は趣味で修道服や比丘尼装束について研究している者です。
「北条時宗」のプレタイトルにストーリーテラーとして登場する覚山尼や時頼の母松下禅尼、涼子の母籐泉尼が劇中で頭巾姿で絵がかれているように昔の出家女性・比丘尼は頭巾をかぶっていたのですが、なぜこのように頭巾をかぶるようになったのでしょうか?
もうおちゃらけでも冗談でもいいのでどなたか回答お願いします(><)

Aベストアンサー

ご要望どおり、思いつくまま冗談で。

1.実はイスラム教徒だったので、女性は顔しか見せてはいけないから。
2.頭をそっているため、寒かったから。(風邪防止)
3.昔のかみそりは今のように高性能でなく、そるたびに血だらけだったから。
4.流行ファッションだったから。
5.昔の女性は皆長髪だったので、ハゲの自分が恥ずかしかったから。

当ってたらどうしよう…?

Q50代からの仕事って?

50代からの仕事って?
IT関連の仕事をしている40代半ばのおばちゃんです。
IT業界に長くいるのですが、ふと気がつくと周りは、20代後半と30代に40代がちらほら。
50代の人たちはどこに行ったのかと思うほど、仕事では見かけません。

IT業界も50代になってもこのままなんとかやってはいけそうですが、せっかくの人生なので、新しいことに挑戦したいなぁと思っています。
同じやるんなら、歳をとった人がやったほうが付加価値がある仕事がしたいなぁ、と思うんですが、50代のおばちゃんがやってたら「ええ感じ」は仕事ってどんなものがあるでしょうか。

自分の近い将来の計画の参考にしたいんです。
皆さんの思い浮かぶものを教えていただけませんでしょうか。
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

 今さら就職より、やはり一人で自活でしょう。
 「50代からのIT生活」のようなタイトルで、生活アドバイス。自作のQ&Aサイトで、退職後や転職後、または引退後のこれからをアドバイス。
 どちらにせよ、全国から仲間を集い、会員を組織し、オフ会と言う形で現地の人達といっしょに、日本の知られざる名所を歩く。
 ご存知でしょうが、すべてモバイル化して、全国を動き回るのも可。
 さらにサイトを他国語化して、少しずつ地域を広げて行く。身体が動かなくなるまで続ける。

QNHKの北条時宗について

NHKの大河ドラマ『北条時宗』の書体は何と言うのですか。普段お目にかかれない書体ですが、出所などを教えて下さい。

Aベストアンサー

私はちらっと見ただけなので断言できませんが、あれは多分「パスパ文字」といって、かのモンゴルのチンギス・ハーンがチベットのラマ教の僧侶パスパに作らせた文字で、モンゴル帝国の公用文字として使われていたものだと思います。

ただ、当時から漢字を組み込んでいたのか?(中国を征服したので可能性はありますが、もともとは漢字とは別体系の文字のはずです。)はわかりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報