現在学校に勤めています。

情報公開が進む中で、膨大に膨れる資料と戦っています。
書類の保管義務の期限が知りたいのですが
領収書、学校の成績(定期テストの生点から評価点)など。
平ったくいうと、どれくらいたったら捨ててもいいかということです。

A 回答 (2件)

一般には下記のような基準で、会社などでは運用しています。


ただ、学校の成績(定期テストの生点から評価点)などは
判りかねますが、学校としての規定なんかは無いのですか。

会社関係書類保管年限表  
http://www.net-b.co.jp/jbox/B1/9606B101.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とっても参考になりました。
恥ずかしながら細かい規定はないんですよ。
(あるのかもしれませんが明らかにされていません)

お礼日時:2000/12/20 16:43

公務員はそれぞれ規定があるでしょう。


ちなみに私の職場の場合は教育機関ですが、規定によると会計関係の書類(領収書含)は5年、学生の成績も5年保存です。
教育関係の書類(学籍簿等)は教育基本法だかに謳われていますが10年実際にはそれより多くは取ってありますが、使うこともありませんし、必要ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

これで心おきなく捨ててしまえます。

ウチは私学なのでそれほど規定がはっきりしているわけではありません。
怪しげなものは「取っておいた方がいいんじゃない」という感じですね。

学籍もスペースを取るものの一つですし、時代によって記入の仕方も違うので、同じレベルで「情報公開」できません。早めに処分したいものです。

お礼日時:2000/12/20 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q博物館や資料館所蔵の資料の著作権

博物館や資料館所蔵資料の写真を紙媒体やウェブへ掲載する場合、掲載許可と使用料を要求されます。その法的な根拠は何でしょうか?

国宝や重文など高度なメンテナンスが必要な所蔵品であれば、寄付のつもりで使用料を払うことには納得できます。しかし例えば昭和30年、40年代の絵はがきやマッチ箱、ポスター類などの商用複製物は原著作者の著作権が切れていない場合も多く、単なる保管者(あるいはコレクター)にすぎない博物館や資料館に使用料を払うことには抵抗があります。著作権の侵害にはあたらないのでしょうか?
単に所有物の使用許可という意味合いになるのでしょうか?

少なくとも資料写真を自分で撮影する場合、あるいは古い新聞の版面をそのまま転載するなどの場合などは、博物館は著作権に関与していないと思うのです。
使用許可を得ないで無断で転載した場合、どのような罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

法的な根拠とすれば,民法第二百六条 「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。 」です.

一般に,ある物体には,絵画のように,著作権と所有権の二つの権利が併存することがあります.著作権についてはその存続期間があったりしますが,所有権については永久に存在することがあり得ます.

ご質問の場合に,著作権がその存続期間内であれば,著作権法に従うことになりますが,ここではむしろ所有権の問題とお考えください.
過去に,「かえでの木事件」というのがあって,所有者に無断で有名な木の写真を撮り複製したものが侵害とされなかった判例,唐時代の書の写真を出版して侵害を認められなかった判例があります.いずれも,所有権は有体物の面にに対する排他的支配権で,無体物たる著作権には及ばないとするものです.
一方で,他人の所有物を無断で写真撮影することは,所有権の侵害であるとする説もあります.

美術館・博物館・資料館などでは,写真撮影禁止などと表示しているところがあります(自由撮影を認める所やフラッシュだけ禁止のところも).海外でも同じです.
この場合は,入館時の契約で禁止になっていると解釈でき,無断で撮影するのは損害賠償請求の対象になり得ます.
上の例のかえでの木事件でも,写真撮影のための土地の立ち入り禁止は設定可能ですし,一般の寺社・仏像でも立ち入り禁止の設定は可能です.

法的な根拠とすれば,民法第二百六条 「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する。 」です.

一般に,ある物体には,絵画のように,著作権と所有権の二つの権利が併存することがあります.著作権についてはその存続期間があったりしますが,所有権については永久に存在することがあり得ます.

ご質問の場合に,著作権がその存続期間内であれば,著作権法に従うことになりますが,ここではむしろ所有権の問題とお考えください.
過去に,「かえでの木事件」とい...続きを読む

Q私は小さな人材派遣の会社に勤めるものです。社長は以前勤めていた会社の上

私は小さな人材派遣の会社に勤めるものです。社長は以前勤めていた会社の上司にあたり、11年の付き合いになります。お伺いしたいのは未払い金についてです。
人を連れてくれば、その人の毎月の売り上げの一部を還元するというスタイルで人が増え、会社は潤ってきました。契約書などは交わしていないのですが、連れてきた者には約束通りのお金が支払われてます。しかし私にはそれがありません。もちろんそれに変わる手当てもありません。他の者と同じ給与体系にもかかわらず。11年の付き合いが”なあなあ”にさせてしまったのですが・・
こういった場合、訴訟を起こせば、さかのぼって還元分のお金を請求する事は可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

相談者「ヒマなら、俺の勤めている会社で働かない?」
友人A「いいよ。」
友人B「俺もいいよ。」
(しめしめ、2人を会社に紹介したら、彼らの売上の5%を受取ることができる。)

上記は、『有料職業紹介事業者』の登録をしていないと、違法行為になります。
つまり社長と相談者の合意事項は、最初から違法行為契約なので無効です。

Q成績証明書は学校指定?

成績証明書を内定先から提出するように言われています。
しかし、学年順位が悪いので、学年順位を記載されていない成績証明書を作成してくれるように卒業校にお願いしたところ断られました。
自分で学年順位が記載されていない成績通知書を作成した場合、これは文書偽造に該当するでしょうか。勿論、点数は正当に記載します。

Aベストアンサー

文書偽造になります。
国公立の学校であれば、有印公文書偽造(刑法155条1項)、同行使罪(刑法158条1項)に当たり、1年以上10年以下の懲役に処せられます。
私立学校でも、有印私文書偽造(刑法159条1項)、同行使罪(刑法161条1項)に当たり、3ヶ月以上5年以下の懲役に処せられます。

会社からも、内定取り消しや懲戒解雇などの処分を受けるでしょうし、一生を棒に振ることになりかねません。

絶対にしないで下さい。

Q学校長の守秘義務

保護者間でのトラブルのために、
最悪の場合、刑事告発・民事訴訟になる事を告げて
小学校の担当教員に指導書などの資料を請求したのですが、

学校長が、実名でPTA会長に内容を伝えてしまいました。

相手側の行為は、PTAの名前を使った行為ですが、
私は、学校の介入を要求した訳でもないし、PTA会長や他役員まで出てくるとは想像もしていませんでした。

学校側に守秘義務が有ると思うし、教育委員会・市・県へは報告しても問題無いと思いますが、
PTA役員たちへは無断で漏らしても良いのでしょうか?

どのような法律が有るのでしょうか?

Aベストアンサー

少なくとも
◎ 相手側の行為は、PTAの名前を使った行為
によるトラブルである以上、その代表者に事実報告をしても問題はないように思われます。
むしろ報告しない方が「隠蔽」と言われる恐れがあるでしょう。
これがPTAとはまったく関係のないものであればPTAの会長・役員に報告するのは行き過ぎとは思いますが。
そもそも
◎ 刑事告発・民事訴訟になる事を告げて
◎ 小学校の担当教員に指導書などの資料を請求した
というところまで行っていればかなり大事になっていると判断するのが普通でしょうから
◎ 教育委員会・市・県へは報告しても問題無い
ならば学校運営と関わりのあるPTAに報告することも問題ないでしょう。
この状況でPTAの会長・役員に知らせないことの方が学校姿勢を問われると思われます。
これがまったくの第三者に漏らしたのだとすれば守秘義務違反とも言えますが....質問文を見る限り法令違反の部分は私には思い当たりません。

Q私立中学校の文書公開義務について

ある私立中学校の傷害事件の関係者です。
学校側からの取調べで、学校側からの処分は決まっております。
ただ学校側は取り調べはしたけれども、片一方に有利になるように調書をまとめた疑いがあります。
当方が問いただすと学校側は調書については見せられないし、読みあげることもできないといいます。
こういった文書の公開は学校側が拒否すればどうしようもないのでしょうか?ぜひとも内容を確認したいのですが、何かいい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

原則として公立学校でも傷害事件なら、学校内での調査に関わる文書は内容の説明はしますが、(教育委員会が)公開を許可しません。
(この類の文書は、情報公開に関する法律や条例では非公開文書です、また守秘義務があり職員が許可なく内容を述べることは出来ません)

私立中学校で作成された文書は、公の関与しない文書です。
したがって公開についての判断は学校側にあります。
民事裁判で公開を求めようにも、私文書の公開を義務づけた法律がないため、学校側が拒否する限りどうしようもないのが現実です。

もし、
学校側で取り調べた調書が「刑事事件の証拠」として押収された場合に、裁判の際に公開される可能性も 僅かながらありますが、実際には検察調書を元に審理が行われます。
学校の調書が証拠として採用され、公開されることは難しいでしょう。
 
法律のカテゴリーではここまでしか言えませんが、
ぜひ内容を確認したいのであれば、有力者などを利用した正規ルート以外からのアプローチでしょう。(あまりお勧め出来る方法ではありませんが・・・)
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報