Mpeg2でビデオキャプチャしたら、mp2という拡張子のファイルができました。
一応動画が再生されるのですが、1秒1MBとサイズが大きいので
圧縮したいのですが、mp2というファイルはどうも(動画の中の)
音楽ファイルであるらしいんです。
でもちゃんと映像と音楽が再生されたので、音楽ファイルでなく
動画ファイルだと思うのですが、これは単に拡張子が間違っているのでしょうか?
ちなみに、極窓にかけたところ、拡張子は「?」になってしまいました。
●「mp2」と「mpeg2」は同じファイルなのですか?
●「mp2」の動画ファイルを圧縮できるソフトがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

極窓のサイトの拡張子博物館で「mp2」と検索してみましょう。

2種類出てきますね。

拡張子がmp2のファイルは
MPEG(1/2) Audio Layer2(MP2)形式の音声ファイルかMPEG2の動画ファイルのどちらかです。(本当はMP2形式の音声ファイルの方で使うべきですが・・・)。またどちらのファイルも拡張子がmp2だけではありません。このあたりややこしいですね・・・。MPEGの説明についてはこのあたりを参照してください。http://computers.yahoo.co.jp/dict/multimedia/aud …

MPEG2の圧縮については
●DVD2AVI(MPEG2→AVI)
http://arbor.ee.ntu.edu.tw/~jackei/dvd2avi/
●AVIUTL(AVI編集/圧縮)
http://ruriruri.zone.ne.jp/aviutl/
●TMpegENC(MPEG1編集/圧縮)
http://www.tmpgenc.com/

これらのツールをダウンロードしておきましょう。

使い方は
http://isweb23.infoseek.co.jp/play/jumper-x/cap. …
が参考になるかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすく教えてくださりありがとうございます。
頑張って勉強してみます。

お礼日時:2002/02/01 21:24

そうです、mp2はMPEG2圧縮されたMPEG動画ファイルです。


音声ファイルのことではありませんよ。
DVDなんかで使われている動画圧縮技術がMPEG2ですね。
MPEG2はかなり高度な圧縮技術でつぶしてますので、二次圧縮はほとんど効かないと思います。
MPEGエンコーダでビットレートを落とせばサイズは低減できますが、当然画質は落ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これ以上圧縮できないのであれば、Mpeg1かAVIでキャプチャしないと
いけないのですね。
でも、Mpeg2に比べて、Mpeg1かAVIって画質が悪い・・・というか、
でも、30分で150MBくらいにしたいのですが、それでもきれいにキャプチャ
できてる動画(それはAVIファイルでした)などはどうやって作ってるんで
しょうか。

お礼日時:2002/01/28 12:54

mp2は、mpegの音声レイヤとして規定されているので、mpeg2に限りません。



あと、mp2に変換するものは、フリーだと「TooLAME」という、LAMEの
mp2版といえるものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Mpeg2はmp2の一部ということなのですね。
mp2に変換するものでなく、mp2からMpeg4やAVIに変換
できるものをさがしています。

お礼日時:2002/01/28 13:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q摂動論の適用限界ってどのくらい?

量子力学の摂動論について質問です。
摂動H'がHに比べて十分小さい時摂動論の適用が可能だといっていますが、実際どの程度のオーダーまで可能なんでしょうか?

先生に聞いた話では、摂動によって波動関数ψk,エネルギーEokが変化するが、変化後の波動関数ψk’が摂動前の他の固有状態のEq(k≠q)と同じような値をもつほど変化させることはできない、そんな大きい変化は摂動として取り扱えないんじゃないかという事でした。

また、系が縮退しているときには1次摂動の波動関数の係数が発散してしまうとあったんですが、これも適用限界ですか?

Aベストアンサー

摂動の適用範囲の明確な理論はしりません。数学的にそのような理論が存在したとしても実際の物理の応用で摂動の適用限界を与えるほど高度な理論は無いと思います。非常に大事なことなんでしょうが、実用的な適用限界に関する数学的理論を得るにはまだまだ時間がかかると思います。

よくやるのは摂動項をいれて補正が小さければよいだろうという事くらいだと思います。または数値的に問題が解ける場合はそういった他の方法で確認します。摂動の高次を計算したときも補正があまり大きいとおかしいというだけで、厳密な理論はないと思います。

これらの問題は量子力学に限らず古典力学でもありますが、やはり一般解が得られていない場合は非常にデリケートな問題です。最近は数値的にやる事が多いですが、摂動で解の振る舞いを予想できる場合には数値解析する場合でも大きな助けになりますからあなどれません。つまり摂動計算を100%信用するのは危ないが、それでも非常に役に立つという感じでしょう。

また摂動で答えが出てきたからといってそれが全てだと誤解してはいけません。なぜなら摂動では得られない効果が存在することが知られています。そういった例では古典近似(WKB法)などで解を求めます。得られたWKB法の解(これも近似解)の周りで摂動を計算するというのがよくやられる方法です。

縮退がある場合の摂動法は存在します。普通のテキストなら縮退がある場合の摂動という章が存在すると思いますのでそちらを参考にしてください。

摂動の適用範囲の明確な理論はしりません。数学的にそのような理論が存在したとしても実際の物理の応用で摂動の適用限界を与えるほど高度な理論は無いと思います。非常に大事なことなんでしょうが、実用的な適用限界に関する数学的理論を得るにはまだまだ時間がかかると思います。

よくやるのは摂動項をいれて補正が小さければよいだろうという事くらいだと思います。または数値的に問題が解ける場合はそういった他の方法で確認します。摂動の高次を計算したときも補正があまり大きいとおかしいというだけで、...続きを読む

Q拡張子.mp2とm2pの違い

mp2もm2pもMpeg2のファイルだと思いますが、何か違いがあるのでしょうか。m2pファイルの拡張子をmp2に変更すると何か不具合が発生するのでしょうか?

windows media playerではメディアファイルとしてm2pは認識されませんが、読み込むことはできるわけです。一々、「開く」から「全てのファイル」を選択してm2pを開くのが面倒なため、ご質問させて頂きました。

Aベストアンサー

m2p→動画ファイル(MPEG-2 Video)
mp2→音声ファイル(MPEG-1 Audio Layer-2)
です。

参考URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/cns-guide/2003/1/7/1.html

Q電磁波を摂動項として考えるとき

光の吸収や放出を考えるとき、光(電磁波)を摂動項として考えています。摂動項とは非摂動ハミルトニアンに比べて非常に小さい物を選ぶと書いてあるのですが、電磁波は非常に小さいのですか?
どうやって小さいと判断したらいいのかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

摂動展開は経路積分を使って導くのが標準的ですが、分かりやすさを旨としてold fashioned perturbation theory を述べます。電磁場がないときのハミルトニアンをH0、電磁場との相互作用をVとし、プランク定数を1にとるとSchroedinger方程式は
 idΨ/dt = (H0 + V)Ψ
ここでVは電荷eに比例します。
相互作用描像の波動関数ΨintをSchroedinger描像の波動関数Ψから

 Ψint(t)= exp(iH0 t)Ψ(t)

で定義すると容易に分かる様にΨintは
 idΨint/dt = V(t)Ψint(t)
 V(t) = exp(iH0 t)Vexp(-iH0 t)
を満たします。逐次代入法で解くと
 Ψint(T)
  = Ψint(0)-i∫[0~T]dtV(t)Ψint(0)
  +(-i)^2∫[0~T]dtV(t)∫[0~t]dt'V(t')Ψint(0)
  +…

となります。従って摂動展開は相互作用の強さeのベキ級数の形になります。観測される電子・光子の数を一定とすると、高次の摂動は最低次の摂動に観測されない内部電子・内部光子を付け加えたものになるので、最低次が2次なら、その次は3次ではなくて4次、6次…のようにe^2 のベキになります。
 e^2 = 1/137.04 ≡ α
は物理学の基本的な定数です(eは電子電荷1.6×10^-19Cとするとe^2は1/137にならないと思われるかもしれませんが、無次元化すると約1/137になるます)。漸近級数はパラメータが0に近い時始めの数項をとると良い近似になります。(前の回答でパラメータが1より小さい時とあるのはパラメータが0に近い時に訂正させて下さい)前の回答のURLのHTMLバージョンは図がうまくでないようなのでTom Heinzl,Strong-Field QED and High-Power LasersのPDFをダウンロードすることをお勧めします。

摂動展開は経路積分を使って導くのが標準的ですが、分かりやすさを旨としてold fashioned perturbation theory を述べます。電磁場がないときのハミルトニアンをH0、電磁場との相互作用をVとし、プランク定数を1にとるとSchroedinger方程式は
 idΨ/dt = (H0 + V)Ψ
ここでVは電荷eに比例します。
相互作用描像の波動関数ΨintをSchroedinger描像の波動関数Ψから

 Ψint(t)= exp(iH0 t)Ψ(t)

で定義すると容易に分かる様にΨintは
 idΨint/dt = V(t)Ψint(t)
 V(t) = exp(iH0 t)Vexp(-iH0 t)
を満たしま...続きを読む

QPCでTV録画(MPEG2)した物をDivX(映像)+MP2(音声)の動画に変換できますか?

タイトルの通りになります。

好きなアーティストの番組などパソコンで録画したファイルを、音質を一切劣化させずに映像だけをDivXで圧縮してファイル容量を軽くしたいと思っています。

もう少し短く言いますと、MPEG2の音声をそのまま(MP2の状態で)DivXの映像とくっ付けられるかということです。

自分なりに調べてみたのですが、WAVに変換してやる方法等しか見つからなかったので質問してみました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

SuperC
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060901_super_c/
で、
avi,Divx,mp2
Videoは、サイズはNoChange,Frame/Secは29.97,ビットレートはお好みの画質で。
Audioは、StreamCopyにチェックを入れるとエンコードされずに元の音声が使われます。

で、変換できると思います。

Q摂動論で摂動項が非摂動項の線形結合で表現出来るわけ

量子化学で、摂動論と言うのを勉強しているのですが、

何故、摂動項の固有関数Ψn’が非摂動項の固有関数Ψnの線形結合

Ψn’=Σa_nΨn

と表現出来るのでしょうか?

勿論 Ψは完全系なので
Ψ=Σa_nΨn

と表せることは分かります。

でも例えば、非摂動項の境界条件でなんかの条件例えば、Ψ(X=a)=0を満たさなければならない、
とすると、総ての固有関数はΨn(X=a)=0 を満たすことになります。
つまり、その固有関数の組み合わせで与えられる関数は、全てX=aの時0になるはずです。
が、もし摂動項によりその境界条件がなくなった場合
Ψ’(X=a)≠0
である関数でなくれはなりません。
つまり、非摂動の関数では表せないはずでは??

何故、物理、化学などでは

Ψn’=Σa_nΨn

としているのでしょうか?

これは、単なる近似、ということなのでしょうか?
でもだとすれば
Ψn’=Σa_nΨnではなく
Ψn’≈ Σa_nΨnと書いているはずです。

どなたか説明出来る方がいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

> もし摂動項によりその境界条件がなくなった場合
のところが誤解されているようです.

ハミルトニアンを H として
(1)  Hψ = Eψ
がシュレーディンガー方程式ですが,
これは偏微分方程式ですから解をちゃんと定めるには境界条件が必要です.
で,境界条件はハミルトニアンの形とは別物です.
つまり,ハミルトニアンを無摂動項 H_0 と摂動項 H' に分けたとき,
H_0 と H' にそれぞれ別の境界条件が付いているのではありません.
したがって,ある境界条件 A が指定されたとして
(1)  H_0 ψ_n = E^0_n ψ^0_n を A の下で解く.
(2)  ψ_n = Σ a_n ψ^0_n として摂動論を展開
という手順です.

Q圧縮形式とファイル形式(拡張子)の関係

圧縮形式とファイル形式の関係がよくわかりません。

例えば、同じm4vファイルでも、MPEG-4で圧縮したものと、H.264で圧縮したものがあるようですが、圧縮形式が違っていてもファイル形式(拡張子)が同じというのがよくわかりません。

カテゴリの広さでいうと、
       圧縮形式 < ファイル形式
ということになるのでしょうか。それとも、法則性はないのでしょうか。

また、アプリケーションでその動画を再生するときに、再生の出来る出来ないを決める要因は、どちらにあるのでしょうか。

Aベストアンサー

m4vはファイル形式の種類、MPEG-4やH264はコーデックの種類で、1つのフィイル形式で複数のコーデックをサポートしているのです。

同じようなケースで、AVIファイル形式で中のコーデックが色々だったり、WMVファイル形式で中のコーデックが色々だったりします。

再生の可/不可は、ファイル形式が最初にチェックされ、サポートされたファイル形式だった場合、ファイル内のコーデックが調べられ、インストール済みのコーデックだった場合に再生が行われ、未インストールのコーデックだった場合はエラーになるか、コーデックのインストールが要求されます。

サポートされていないファイル形式だった場合は、ファイル内のコーデックが調べられる前にエラーになります。未サポート形式の場合は、ファイルのどこにコーデックの種類が書いてあるか判りませんから。

Q摂動論

量子力学の摂動において、二次のエネルギーの摂動項の計算に、もとのエネルギー固有状態以外の状態が現れてきます。これは数学的には、エネルギー固有状態が完全系をなすのでわかるのですが、この物理的意味はどう解釈したらよいのでしょうか。非常に基本的なことなのですが、はじめのエネルギー固有状態以外の、エネルギー固有状態の影響がどうして現れるのかがいまいちわかりません。

Aベストアンサー

摂動がかかったときの基底状態には、元の基底状態に別の状態が混じり込んでいます。
摂動論では、この別の状態として、摂動前における励起状態を用います。
(極端な話、水素原子の電子に何らかの摂動がかかった場合、基底状態に混じり込む『別の状態』として調和振動子の波動関数を選んでもいいと思います。でも、それだと近似解が求められないので、摂動前における励起状態を用いるのだと思います。)
したがって、基底状態における2次の摂動エネルギーを計算すると、その混じり込みの効果として励起状態が現れます。

Qmp4の拡張子ファイルを再生する無料ソフトありますか?

自分で調べたら海外のソフトばっかりで少し怖いです。

どなたか安全に利用できる無料ソフトを紹介していただけませんでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

私は、これを使っています。
GOM Player
http://www1.atwiki.jp/gomgom/

参考URL:http://www1.atwiki.jp/gomgom/

Q剛体ポテンシャルの摂動の問題ですが合ってますか?

二次元剛体ポテンシャル
V(x,y)=0 for |x|<(L/2) ,|y|<(L/2)
V(x,y)=∞ otherwise
について基底状態のエネルギー固有値と固有関数を求めた後
摂動ポテンシャルΔV(x,y)=axy、(a:摂動パラメータ)に対してエネルギーのずれを一次近似で求める問題です。

(解)
Schrödinger方程式の解はu(x,y)=X(x)Y(y)と変数分離可能であるから
X(x)=0
X(x)=A_x Cos[k x]+B_x Sin[k x]
境界条件X(±L/2)=0より非自明解が存在するためにはdet(・)=0より
k_n=n_x π/Lである必要がある。
したがってエネルギー固有値はE_xn=ħ^2 π^2/(2 m L^2) n_x^2
完全性関係式によって規格化すると
X_n(x)=√(2/L) Sin[n_xπx/L] for n_x=2,4,...
X_n(x)=√(2/L) Cos[n_xπx/L] for n_x=1,3,...
Y方向も同様にして
Y_n(y)=√(2/L) Sin[n_yπy/L] for n_y=2,4,...
Y_n(y)=√(2/L) Cos[n_yπy/L] for n_y=1,3,...
以上よりエネルギー固有値は
E[n_x,n_y]=ħ^2 π^2/(2 m L^2) (n_x^2+n_y^2)
と書ける。よって基底状態のエネルギー固有値は
E[1,1]=ħ^2 π^2/(m L^2)
固有関数は
u[1,1](x,y)=X_[1](x)Y[1](x)=(2/L) Cos[πx/L]Cos[πy/L]

摂動ハミルトニアンH'を考えるとH'=H_0+ΔV(x,y)
摂動論より基底状態のエネルギーE_0とすると一次近似は,
E_0(1)=<u_0(0)|H'|u_0(0)>=<u_0(0)|H_0+ΔV(x,y)|u_0(0)>=E_0(0)+<u_0(0)|ΔV(x,y)|u_0(0)>
したがってエネルギーのずれは
ΔE=E_0(0)-E_0(1)=-<u_0(0)|ΔV(x,y)|u_0(0)>=-a (2/L)(∫{-L/2,L/2}x Cos[πx/L]^2 dx)(∫{-L/2,L/2},y Cos[πy/L]^2 dy)=0
と求まる。

上のように摂動論を考えたところエネルギーのずれがゼロになってしまいましたがこの問題の解答としてはこれで合ってるでしょうか。エネルギー変化がないということは摂動ハミルトニアンが非摂動ハミルトニアンに等しいということで理解すれば大丈夫ですか?

二次元剛体ポテンシャル
V(x,y)=0 for |x|<(L/2) ,|y|<(L/2)
V(x,y)=∞ otherwise
について基底状態のエネルギー固有値と固有関数を求めた後
摂動ポテンシャルΔV(x,y)=axy、(a:摂動パラメータ)に対してエネルギーのずれを一次近似で求める問題です。

(解)
Schrödinger方程式の解はu(x,y)=X(x)Y(y)と変数分離可能であるから
X(x)=0
X(x)=A_x Cos[k x]+B_x Sin[k x]
境界条件X(±L/2)=0より非自明解が存在するためにはdet(・)=0より
k_n=n_x π/Lである必要がある。
したがってエネルギー固有値はE_xn=ħ^2 π^2/(2 m...続きを読む

Aベストアンサー

計算は合っているようです.

普通はエネルギーのずれは
ΔE = E_0(1)-E_0(0) = <u_0(0)|ΔV(x,y)|u_0(0)>
と定義するようです.

> エネルギー変化がないということは摂動ハミルトニアンが非摂動ハミルトニアンに等しい
> ということで理解すれば大丈夫ですか?

非摂動ハミルトニアンを H_0,摂動ハミルトニアンを H' として,
H_0 = H_0 + H' という意味ですか?
それとも H_0 = H' という意味ですか?
いずれにしろ,それは違いますね.
だって,式が違いますよ.
今の計算は1次摂動では H' によるエネルギー補正がゼロだということを示しただけで,
2次摂動なら H' によるエネルギー補正が現れます.

なお,H' が定数のときはエネルギーの値が定数分ずれるだけで
演算子としてのハミルトニアンは等価ですから,
こういうときは H_0 と H_0+H' は等しいという言い方をする場合もあります.
私見ではよい言い方とは思えませんが.

Q動画ファイル(AVIやMPEGビデオ)を圧縮するのに便利なフリーソフトウェアを教えてください!

動画ファイルが、パソコンのHDDを圧迫し始めました。


動画ファイルは容量が大きいので、圧縮しHDDの容量を確保しようと思っているのですが、何か便利な圧縮ソフトはありますでしょうか?
私自身パソコンは初心者に近いので誰でも簡単に扱えるソフトで、できればフリーソフトウェアで教えていただけるとありがたいです。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初心者ですとフリーソフトでは厳しいと思います。下にリンクを一応参考までに載せておきますが、読んで理解不能な場合はInterVideo DVD Copy 4 PlatinumやDaViDeo 4 Proという有料ソフトが簡単でお勧めです。

参考URL:http://www.google.com/url?sa=U&start=1&q=http://linkage.xrea.jp/article/2004/04/mpg2divx.php&e=10342


人気Q&Aランキング