『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

昨日放映の『チャーリーズエンジェル・フルスロットル』で、“ヘレン・ノケツ”の会話のことろで「ケツ果(結果)を見てから・・」とか、「おシリ合いになれて・・・」とか言い合うシーンがありましたが、あれは原文ではどんな英語が使われているのでしょうか?

わかる方、またはサイトなどがあれば教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘレン・ノケツ:Helen Zaas


オーケツラリア:Ass-tralian
けつかる:butt
車:Aston Martin
シリあい:butties

こんなとこでしょうか?
butt、ass のオンパレードですね。。。。
asinine なんてのも使われてましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
翻訳の方、苦労されたでしょうね。でもあの訳は拍手ものだと思いました。
でも本当の面白さは英語がわかる人にしかわからないんでしょうね・・・。

お礼日時:2006/04/04 22:33

ドリュー・バリモア演じるディランが実は証人保護プログラムの


世話になっていて、本名が…という場面ですが、

実はオリジナルでは本名はHelen Zaas(ヘレン・ザース)で、
その発音からHelen's Assと解されて、物語の中では尻(ass)ネタのギャグが展開されていきます。
当然ながらこの駄洒落は英語の発音によるものなので、
そのままヘレン・ザースにしては意味が繋がらない。

その結果、この名前はなんとヘレン・ノケツ(つまりHelen's Assの方の直訳)という
日本人から見てもだいぶ違和感のある訳し方をされてしまったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
なるほど・・・以前字幕で見ててもわかりませんでした。
直訳ですがそれしか言い用がないような気がしますね(笑)

お礼日時:2006/04/04 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャーリーズエンジェル2の尻ギャグ(オシリスでしたっけ?)

いまさらながら上記の映画見ました。
で、質問なんですが、ドリューバアルモアがやっている役の昔の名前で、シリがどーのって下ネタのしゃれがあったんですが。
あのネタは日本語限定ですよね?(英語ではあの名前は尻とは結びつかない)あれは、英語ではどんなギャグになってるのでしょうか?
字幕えみたものの、サッパリ英語わから無いのでどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

アメリカでこの映画を見た者です。
皆さんのおっしゃってるように、ディランの本名Helen ZassがHelen's assに聞こえるので笑いました。
ヘレン・ノケツそのまんまですね?(笑)


人気Q&Aランキング