have to の have は「ハヴ」ではなくて「ハフ」と発音すると習ったのですが、その理由は誰も教えてくれません。なぜなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ve 意味」に関するQ&A: VE案のVEの意味、つづり

A 回答 (3件)

外国人教師には、単に発音しにくいから、と説明されました。


「なぜ?」って言われても、それだけの話だと思うんですが・・・

日本語でも、
「すみません」が
「すいません」になったり、
「~してしまった」が
「~しちゃった」になったりしますよね?
それと同じ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。ということは、これは「規則」ではないのですね。
よく英語の授業で生徒が「ハブトゥ」と発音すると、目くじら立てて怒る先生がいますが、それほどのもんでもないということですねぇ。(^_^;)

お礼日時:2002/01/28 22:18

 「発音をしやすくする」という既出の解答でよいと思います。


 言葉にも、無駄な労力を省こうとする経済性が働いている例ですね。

 難しい言葉を使えば、これは「逆行同化」と呼ばれる現象です。
 有声音(声帯の振動を伴い、のど仏に指を当ててみると、その振動を確かめることができます)である/v/の後に、続けて無声音(声帯は振動しないで、息だけで発音しています)である/t/を発音するのは、ゆっくりであれば、何も問題はないですね。しかし、例えば、1分間に150語以上のスピードで話そうとすると、声帯をごく限られた短い時間の間に適切に振動させ、次の発音に備えてタイミングよく停止させるというのは、労力がかかり、疲れてしまいます。
 そこで、初めから、後の無声音の/t/に合せて、haveのveの部分を発音する場合も、「無声化」すれば、声帯の振動という余分な作業を省くことができますから、余計に筋肉を使う手間も要らなくなる、つまり、経済的に低いコストで作業を果たすことができるわけです。

 これだけでは、ad hocだと思われるかもしれないので、もう1例だけ挙げておきましょう(こちらは、発音の速さに関わりなく、変化が定着している例です)。

 incorrect/impossible

 notの意味を表す接頭辞のin-は、後に来る子音に影響を受けて、発音が変わることがあります。後に/p/や/b/のような破裂音(一度、口を閉じて両唇を合わせてから、ぱっと開く音です)が続く場合、口をあけたまま鼻に息を抜く鼻音の/n/の音より、口を閉じたまま同様に息を抜く/m/(「ムッとした顔を浮かべる」では、口を閉じていますね)の方が、続き具合がよいので、in-がim-に変わるのです。
 irregularやillegalなども、同様に逆行同化によってin-がir-,il-に変化した例です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2002/01/28 22:19

大学でこの手のものはやったはずなんですが、いまひとつ自信がありません。



have toは慣用的に使われるようになり、【v】と【t】の子音が続くのは、発音しづらいということから、【v】と対応する子音【f】に変化したわけです。

ドイツ語などでも、この発音の汚さを和らげるために、日本語で言う濁音が取れるという現象がありますし、これはhave toに限ったことではないと思います。

日本語でも、鼻濁音というのがありますが、これも同じようなものでしょう。ただ、日本語の場合は、子音だけの音というのがないので、ピンとこないかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to do with でhaveの発音は

have to do with~は~と関係があるという意味とのことですが、
例文を書きます。

You have (a lot) to do with this business.

という英文におけるhaveのvの発音ですが、
a lot がある場合→v
a lot がない場合→f

と考えていいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

have の -ve が f と発音されるのは
「~しなければならない」の have to 原形の場合だけです。

have to do with ~は形上,have to 原形になっていますが,
上の助動詞的な have to とは違って,
基本的に「持っている」という本動詞ですので,
常に v です。

Qhaveの発音について haveの発音hǽv はh

haveの発音について
haveの発音hǽv はhが消えると記述されていました。そして実際は əvである。
なぜəvなのでしょうか?hが消えるならǽvなのではないでしょうか?

Aベストアンサー

 haveの発音を辞書で確認すると、大体/hæv/と/(h)əv/の二つが確認できると思います。前者は本動詞で使われるなどで強アクセントを受けたとき、後者は助動詞として使われるなど弱アクセントのときの発音です。

 強母音/æ/を伴う[hæv]の時は強アクセントを伴いますので/h/は脱落しません。弱母音/ə/を伴う/həv/の時は弱アクセントですので勢いがなく、無声音の/h/が脱落して/əv/になったり、弱母音/ə/まで脱落して/v/になってしまうことが生じます。

 元々/h/は息の勢いだけで発音される無声音ですから、文中でアクセントがないと脱落しがちです。ですからshould haveなどを作家などでもshould ofと綴る人がいる程です(庶民の会話などで)。/ə/もshould'veと短縮形で綴られるように頻繁に脱落します。

QI wish の中身とhave been to と have gone to

I wish I ( ) to the theater last night
①would have been ②has gone ③had gone ④was going

この問題で仮定法過去完了だから①か③
have been to は経験、have gone to は完了(行って帰ってこない)を表すから答えは①だと思ったのですが
正解は③でした
なぜ①が間違いで③が正解なのか教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

普通の現在完了では last night のような過去について表現できません。

仮定法過去完了は、過去について表現するもので、通常の完了とか経験と関係なく使えます。

だからこの仮定法過去完了は
have been to
have gone to
という通常の完了時制の違いとは関係なく、

I didn't go to the theater last night.
という現実に対して、行ったらよかった

というもので、
そのまま go について、過去完了形にすればいいです。

Qcould have gone to ... と could have been to ...

知人から相談をうけました。ある大学入試問題集の次の問題についてです。

ほぼ同じ意味になるように(  )に適当な語を補え[一部改題してあります]。
1. I didn’t go to Dublin to meet a friend of mine, because I couldn’t afford to.
2. If I had had enough money, I could ( 3 )( 4 ) to Dublin to meet a friend of mine.

知人はそれぞれをhave, beenとしたのですが、答えはそれぞれ,have, goneとなっていました。
これではだめなのでしょうか?いいとすれば、意味上の違いはあるのでしょうか?もし、だめだとするとなぜだめなのでしょうか? 以上の点は解説にはありません。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

 #2の「回答に対する補足」を拝読しました。
 今ひとつすっきりしない、ということは私もよくわかります。なんとなれば、そういうすっきり説明が付かないことが私も英語でしばしば感じるからです。
 私がニフティというところで(パソコン通信時代からある、巨大掲示板みたいなもの)英語の質問をして教わっていたとき、そういうことがよくありました。
 説明がつく、あるいはどういう経緯でそういう表現に落ち着いたかがわかることもあるのですが、多くの場合「それが英語では自然だから。」ということになりました。重ねて訊いても「『そう言うから、そう言う』ということだ、としか言いようがない。」となりました。
 閑話休題。
>...,I could have been to Dublin and be back to meet a friend of mine.

 これはよくわかりません。and be back が and been back なら、それでいいとは思うのですが(「滞在して、友達に会って、戻って来る」ということで)。
 ネイティブが説明に窮することを説明しようというのは無謀だと思いつつ・・・。
 have been の答でだめだというのは、have been で表されるものが「be=存在する」という経験を強調して目的をぼかす感覚を表しており、to meet a friend とタイミングが合う感じがでないということは言えるのではないかと思います。
 一方、go は、目的を持って移動する感覚を表しており、have gone to が to meet a friend という目的に合致するということが言えるように思います。

 うーん・・・どうもうまくないようです。すみません。

 #2の「回答に対する補足」を拝読しました。
 今ひとつすっきりしない、ということは私もよくわかります。なんとなれば、そういうすっきり説明が付かないことが私も英語でしばしば感じるからです。
 私がニフティというところで(パソコン通信時代からある、巨大掲示板みたいなもの)英語の質問をして教わっていたとき、そういうことがよくありました。
 説明がつく、あるいはどういう経緯でそういう表現に落ち着いたかがわかることもあるのですが、多くの場合「それが英語では自然だから。」ということに...続きを読む

Q「明日は朝5時に起床しなければなりません」(have toとwill have to)

問題は

 「明日は朝5時に起床しなければなりません」

で,明日のこと=未来のことなので,未来の助動詞=will にhave toをつけるべきか(I will have to get up at five tommorow morning.),それとも,現時点での必要性としてhave toのままでよいのか(I have to get up at five tommorow morning.)悩んでいます。

理由までつけて教えてください。

Aベストアンサー

きちんと先生のようには説明できないんですが、単に
I HAVE TO ~でいいと思います。米国に10年いましたが、I WILL HAVE TO~は「もし事態があーなって、こーなってこんな風になったら、結果そうしないと(朝5時に起きる)いけなくなる」みたいな感じの時に使ってましたよ。そう言うのでない場合、普通に言うのなら現在形でいいようです。I MUST~はもっと強い感じです。どうでもこうでも~しないといけない、とか誰かがあなたに命令する時にYOU MUST~となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報