わからなくて困ってます。
1.近位尿細管と、遠位尿細管の相違点は何でしょうか?
2.腎小体と尿細管のおのおのの役割は何でしょうか?
 教えてください!お願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「しいていえば、栄養士を専攻している学生」であるkaruhaさんお久し振りです。

前回は神経解剖でしたね?さて、こう言う分野は生理学の教科書を読みましょう。
すでにbananabearさんの詳しい回答がありますから補足だけ。
糸球体には輸入細動脈から血液が流入して輸出細動脈から流出していて輸入細
動脈の方が太いので圧が高くなっています。そこから糸球体血管内皮細胞+基底膜+ボウマン嚢上皮細胞の3層のろ過膜を濾し出され、糸球体ろ液という尿のもとができます。腎小体とはこの糸球体とボウマン嚢をあわせた者で片腎に約100万個あると言われ、全ろ過面積は約1.5M2あると言われています。
この時点ではまだ必要な電解質などが多いので近位尿細管でNa+,K+,H2O,グルコース、フルクトース、ガラクトース、キシロース、アミノ酸、尿素、アスコルビン酸などが再吸収されます。
一方ペニシリンやPSPなどの異物やクレアチニンはここで分泌されます。
遠位尿細管でもNa+,HCO3-、H2O などが再吸収されますがK+,H+,NH3などは分泌されます。またここは抗利尿ホルモンが作用して水の透過性を変えて尿量を調節もしています。
最終的に必要な物を全て再吸収した残り糟が尿として出ていく訳です。
以上を踏まえて簡単にいうと
1.近位尿細管は主に大雑把な再吸収を行っていて、遠位尿細管は微妙な調節を行っている。
2.腎小体は血液をろ過して尿を濾し出す役割で、尿細管はそこから必要な物を再吸収して恒常性を保つよう働いている。
といった所になるでしょうか?
例によって文責は負いかねますので詳しくは成書を参考に為さって下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 憶えていて下さってうれしいです。
今回はとても資料が少なくて、困ってました。
 とても、助かりました。早速、生理学の教科書を読みます!
 ありがとう!ございました!!

お礼日時:2002/01/28 15:22

bananabearさんのお答えがハッキリしていますので、2のみ簡略に答えます。



腎小体…いわゆる老廃物の選別ろ過です。しかし不要なものを捨てるために一部必要なものも一緒に流してしまっています。

尿細管…その必要なものの選別ベルトコンベアです。一緒に捨ててしまった大切なもの有用なものはココで再吸収という方法で取り込みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすかったです。
アドバイスありがとう!ございました!!

お礼日時:2002/01/28 15:15

まず、尿の生成経路について。

腎小体は糸球体とボーマンのうに分かれますね。
糸球体で原尿がろ過され、近位尿細管、ヘンレのわな、遠位尿細管、集合管、腎盂、
尿管、膀胱と尿が流れていくわけです。尿細管でヘンレのわなより糸球体側が
近位尿細管で、ヘンレのわなより集合管側が遠位尿細管となるわけです。
近位尿細管ではブドウ糖、アミノ酸などを再吸収します。ヘンレのわなでは水を再吸収します。
遠位尿細管では再吸収の微調整を行います。

腎小体の役割はというか、上でいったように、腎小体はボーマンのうと糸球体
にわかれるので、それぞれの役割をいいます。糸球体は原尿をろ過します。ボーマンのうはそれを
受けます。尿細管の各々の役割は上ですね。

乱雑ですいませんね。お役に立てたら幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとう!ございます!!
お役にとても!立ちました!!

お礼日時:2002/01/28 15:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿管結石と尿管血石

「尿管結石」の漢字なのですが、「尿管結石」でも「尿管血石」でも大丈夫でしょうか。どっちでも大丈夫なのか迷っています。

Aベストアンサー

「尿管結石」ですね。

「血石」は音感による誤用です。
意味的には通じますし、その字を選んだその気持ちもわかりますが…医学用語としては、「結石」です。

Q尿検査で潜血やタンパク尿が出たら・・・

初めまして。病院で検査業務をすることになったばかりの新人です。

尿検査を行い、潜血や尿タンパクがでたら「腎臓」に何かしらの障害があると判断するようですが・・・

Q:実際にまだタンパク尿を見たことがないのですが、タンパクって目に見えるのですか?
また潜血も見たことがないのですが、明らかに赤い色の尿なのでしょうか?

Q:検査結果で潜血・タンパクが+なら、今後の治療法はまずどうされるのですか?
また結果次第では即透析導入になることもあるのでしょうか?

Q:潜血・タンパク尿の原因は沢山あるようですが、主に一番多いとされる原因はそのようなものでしょうか?


ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

膀胱炎になった時は、酷いときには潜血が自分でもわかりましたし(全体が赤いのではなく、赤が混ざってる感じだった気がする)「たんぱくが出てる」と言われました。

尿検査のコップって、そこに二重丸の記号がかかれてますよね。
あれがどのくらいはっきり見えるかで、尿の濁りを目視してるんじゃないかな。(たんぱくが出ると濁る)

膀胱炎の時は、抗生物質を処方されました。
1週間くらいで治った気がします。

本屋さんにいって、検査や病態関連のものを立ち読みしてみてはいかがですか?
画像と図解で分かりやすいものもありますよ。

Q尿路結石と尿管結石は別物?

病院で尿管結石と診断されたのですがこれは尿路結石とは別の症状でしょうか?
また一番痛い病気は尿路結石だと聞きましたがそれほど痛いのでしょうか?
尿路結石と尿管結石が違う場合、尿管結石はどの程度痛いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

尿は腎臓で作られ、腎盂、尿管を経て膀胱にいたり、そこで一旦貯められてから尿道を通って外部へ排泄されます。この尿の通る経路のことを「尿路」と呼びます。従って、この経路の途上にある結石はそれが腎結石であれ尿管結石であれ、すべて「尿路結石」です。
その中で尿管に位置する結石を「尿管結石」といいます。
つまり尿管結石は尿路結石に含まれます。
尿管結石は非常に痛いことのある病気ですが、「一番痛い」かどうかは疑問です。末期膵癌の癌性疼痛なんかはすさまじいですからね。ただ、尿管結石が尿路結石の中では一番痛い結石なのは確かですが。

Q尿の生成ー飲物を取って尿になるまで(経由)?

医療系の方や一般の方でもご存知の方がおられればお教え下さい。
生理学の初歩的な事で、こんな事も解らないのが恥ずかしいのですが、お願いします。
尿が元々血液から出来ていて(由来)で、腎臓に入ってくる血液が糸球体と糸球体嚢(ボーマン嚢)でろ過されて、200L近い原尿が生成され、尿細管を経由する中で再吸収されて、1~2Lの尿ができるのは何とか理解しています。
しかし、お茶やコーヒーやアルコールを飲んで、すぐ排尿したくなるのは何故でしょうか?お茶などの水分は、食道→胃→小腸→大腸を経由すると思います。この水分が尿になるまでの経由が解りません。
小腸で水分が吸収されて、小腸内で水分が血液に入り、門脈経由で心臓に静脈として戻り、又全身に血液(動脈)が流れ、腎臓に流入するのでしょうか?
それにしても、お茶やアルコール等を取って僅かな時間で尿意をもよおし、尿をしたくなり、排尿する時、
さっきの摂った水分が血液に入って、腎臓に入り、そして膀胱に送られ、溜められて、膀胱容量が満杯になって尿をしていると思うのですが、さっき摂った水分が僅かな短時間に尿に変化したと錯覚するほどです。
水分を取って、尿になるまでの経路(ルート)や経過、時間的経過が解りません。
お願いします。

医療系の方や一般の方でもご存知の方がおられればお教え下さい。
生理学の初歩的な事で、こんな事も解らないのが恥ずかしいのですが、お願いします。
尿が元々血液から出来ていて(由来)で、腎臓に入ってくる血液が糸球体と糸球体嚢(ボーマン嚢)でろ過されて、200L近い原尿が生成され、尿細管を経由する中で再吸収されて、1~2Lの尿ができるのは何とか理解しています。
しかし、お茶やコーヒーやアルコールを飲んで、すぐ排尿したくなるのは何故でしょうか?お茶などの水分は、食道→胃→小腸→大腸を経...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
尿の分泌と再吸収の制御系には、いくつものルートがあって絡み合ってるので、単純にはいかないのですが、ごく簡単に言えば、血圧上昇を促す因子は子球体でのろ過圧力(つまり血圧)をあげるのでろ過量が増えること、血液中に大量の水分が入って血液が薄くなると血漿浸透圧が下がり、再吸収しにくくなる、という事が言えるでしょう。

お茶やコーヒーのカフェインは血圧上昇の働きがありますし、アルコールは小腸ではなく、胃で吸収されます。
この時、同時に大量の水分を一緒に吸収するので、血液が薄くなるわけです。

※余談ですが、一気のみが危険なのは、胃でアルコールが吸収されるために、胃に沢山のアルコールが溜まると一気に大量に吸収されて血中アルコール濃度が急激に上昇し、急逝アルコール中毒を起こすからです。

Q尿管4本

私は、先日病院でレントゲンを撮ってもらったら、両方の腎臓から尿管が2本づつでているのがわかりました。(普通は、1本づつ)そのせいかわかりませんが、石(尿管結石)がよくできます。お医者さんは、気にすることないといわれましたが。大丈夫でしょうか。また私と同じ(尿管が4本)ような人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

私も5年前に腎臓結石でESWL(体外衝撃波)の手術を受けましたが、石の大きさが23ミリ×13ミリとかなり大きくて、一度に破砕出来ないとの事で3回に分けて取り除きました(月に一回の一泊入院を3回繰り返し)。難儀な事に私も尿管が2本の重複尿管(石の出来た右腎だけ)
で破砕した石が尿管に詰まる危険性(2本から一本になる合流部分で)が高いので腎臓から尿道までのカテーテルを挿入しましたが(3ヵ月間カテーテルを挿入して取り除く時の痛さは並大抵じゃありませんでした。結石でも石の大きさとか石の成分ですんなりいく場合とかなりの痛みを伴う場合があるみたいですが、私の場合は後者でした。
石も小さいうちなら薬で治療できるそうですが、大きくなってからでは
簡単にいかない場合があるみたいですよ。また夏場は尿が濃くなり石も出来やすいような事を聞きました。大きな総合病院なら大抵はESWLの装置を置いていますし専門の泌尿器科医がいると思います。石も他の病気と同じように早期治療が1番なんですが、わかっていてもなかなか病院に行くのは足が重たくなりますね。

Q透析になるには、どのような症状になったらですか?私は、糖尿持ちで透析にはなりたくないです。何に気をつ

透析になるには、どのような症状になったらですか?私は、糖尿持ちで透析にはなりたくないです。何に気をつけていけば大丈夫ですか?

Aベストアンサー

もちろん糖尿病を悪化させないためには炭水化物を控えて血糖値が上がりにくい食べ物を選ぶのは大事ですが、それと同時に尿酸値が上がらないようにプリン体の少ない食べ物を摂取することがとても大切です。
添付した画像のような本を読んでなるべくプリン体の少ない食生活に気をつけてください。

Q尿管結石の痛みの原因

尿管結石で痛むのは
石による摩擦による痛みではなく
尿管が膨張することで痛むのだと気付きました。

これは正しいと思うのですがどうですか?

Aベストアンサー

まあそんな感じ。

痛みにも二種類あって、

・重苦しいジ~ンとくる痛みは尿管が詰まることで腎臓で作られた尿が流れなくなり水腎症の状態になったことによる

・ビックンビックンと我慢できない強烈な痛みは、尿管の至近を通る神経が圧迫されることによるもの

だそうです。

水腎症が進んで感染症を起こした以降はまた別。

Q急性腎盂腎炎が女性の右腎に多い理由は?

超音波検査に関する書籍に、急性腎盂腎炎は女性に多く、また、右腎に多いと載っていました。
女性に多い理由は、それと一緒に述べられていたのですが、右腎に多い理由が不明です。
ご存知の方、ご教授のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あくまで推測ですが,

肝臓がある関係で右の腎臓の方が左よりも下にありますよね.
つまり,その結果として尿管の長さも短くなります.

腎盂腎炎の多くは,上行性感染であることを考えると,男性よりも女性に多い理由と同様に,右の腎臓の方が尿管を伝って細菌が入り易いからではないでしょうか.

Q尿管結石について

尿管結石と診断されて薬を貰って飲んで1日ですが、薬以外で石を尿管から落とす方法はないですか?教えてください。

Aベストアンサー

No.1さんの回答にもあのますが、私も同様の病気にかかった時に医師からビールでも水でも何でも良いので利尿作用のある飲み物を大量に飲んで、結石を流し出すように言われました。
結石の大きさが尿管を通過出来ない程大きな場合は、衝撃波などで結石を砕いて小さくすると言う治療法もあるようですが、結石が出やすくなる反面、砕けたぶん結石の数は増えてしまいます。
このことからも出来るだけ自然に流し出すようにして下さい。

Q目が飛ぶんです.....

自動車教習の指導員をしています。最近教習させて頂いた方に、目を閉じる瞬間や横を向いた後に「目」が飛ぶのです。明らかに斜め上の方に。実際、かなり視力が悪いようでコンタクトをしてたようですが。自動車の運転に「目」は最も重要な器官です。今後、その方の運転にどういう影響があるのか心配です。

Aベストアンサー

その方は正面視の時には眼のズレはないんですね?

一部の眼筋麻痺、あるいは眼筋過動(左右の眼筋の作用バランスが悪い)が考えられます。
おそらく、後者の方が可能性が高いですが。

成人された方の場合、正面視で斜視の状態(つまり両眼視はできず、単眼視の状態)があり、複視を自覚している場合は手術適応になりますが、それ以外はあまり治療対象にはなりません。ヘタに手術をして斜視の状態を作ってしまうリスクが高くなるためです。

そういった方は正面視で斜視でなければ、おそらく両眼視機能(立体視、遠近感の自覚)に問題は無いと思われますが、幼少時に斜視があり、手術をした経験があったり、斜視眼の弱視が残っている場合は、両眼視機能の発達はどうか分かりません。
しかし、斜視の方でも、小さな頃からそのような状態にある方は単眼視で遠近感などを認識する力があったりします。これは両眼の視差ではなく、個々の物体の大きさの比較を中枢で認識して生じる感覚です。
二種免許は深視力がクリアできないといけないので、その方はもしかすると無理かも知れませんが、斜視の方でも普通に運転されている方は多いです。

特に指摘する必要はないとおもいます。家族など、身近な人が指摘することで受診される場合がほとんどです。あまり斜視の方を見たことがない方は驚くかも知れませんが、そういった斜視の方は結構いらっしゃいます。

その方は正面視の時には眼のズレはないんですね?

一部の眼筋麻痺、あるいは眼筋過動(左右の眼筋の作用バランスが悪い)が考えられます。
おそらく、後者の方が可能性が高いですが。

成人された方の場合、正面視で斜視の状態(つまり両眼視はできず、単眼視の状態)があり、複視を自覚している場合は手術適応になりますが、それ以外はあまり治療対象にはなりません。ヘタに手術をして斜視の状態を作ってしまうリスクが高くなるためです。

そういった方は正面視で斜視でなければ、おそらく両眼視機能(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング