現在夫の厚生年金の扶養(第3号被保険者)です。
扶養に入ってからの時期から1年間の収入が130万超えたら
扶養から外れますが、130万超えたとき、どこから請求がくるのでしょうか?? 市役所の保険金課が収入を(年収ではなく)調査しているのでしょうか?

それと、友人が過去に失業保険を受給している間も厚生年金の扶養からはずさなかったらしいのです。(受給金額はかなり多かったらしいのですが)本来なら受給期間は扶養からはずして国民保険に切りかえるのですが、今のところ
請求はきていないとの事。将来年金をもらうときに支障はないのでしょうか?

それと、失業保険金は社会保険の扶養判定のとき、収入金額に入りますか? 以前市役所の保険金課の人に質問したら、「わかりません」といわれました!?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 どこからも、請求は来ません。

基本的には、自己申告です。扶養に入る場合には、前年所得の証明書や退職をしたことの証明書により確認をしますが、それ以後は例えば保険証の中間での検認の場合に、扶養家族の状況を調査するなどの方法により、扶養家族の要件を確認します。市役所の年金担当課では、収入を調査はしていません。

 失業保険の受給期間中であっても、受給額の日額によっては、御主人の扶養のままでも問題がない場合もあります。受給額の日額がが3,611円を超える場合は年額に換算すると130万円を超えますので、御主人の扶養とはなれません。将来の年金受給額は、国民年金の1号被保険者と3号被保険者では、変わりはありません。

 失業保険の収入金額は、上記のように扶養判定の収入額に算入しますが、所得申告には収入額に算入しません。

 ご質問の内容は、本来は自己申告により要件が外れる場合には手続をして国民年金や、国民健康保険に加入しなければならないのですが、役所も随時収入額の調査をしませんし、本人もあまり詳しくないこと、御主人の加入している医療保険も厳密な調査を実施していない、などの理由により厳正な対応がなされていないのが実態です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく判りました。 詳しくおしえていだたいて
ありがとうございます!

お礼日時:2002/01/29 12:58

 No2です。

医療保険者の扶養家族の実態調査は、社会保険、健康保険組合、共済組合、国保組合などで行われていますね。扶養家族が未成年の場合でも学校名を記入したり、老人の場合には年金受給額、奥さんの場合に現在の勤務状況や前年の所得証明書などによって、扶養の要件を確認しています。以前は、保険証の検認のときなどにあわせて調査をしていましたが、最近はもう少し間隔を短くして行われているようです。
 
 最近は、医療保険者への国の会計検査といって、税務査察官のような調査専門の機関があり、国の補助金の適正運用についての検査がありますが、扶養者の扱いについても厳しく見ているようです。

 しかし、これらの調査でも完全な把握は出来ませんので、本人の申告、会社の担当者の経験などによる能力差、等によって、対応が異なる結果になってしまうのも事実です。

 扶養に該当しないのに扶養となっていた場合には、事実発生時点に遡って扶養認定の取り消しとなる場合もあります。その場合には、取り消し日に遡って国民健康保険と国民年金に加入することになり、それぞれ遡った分がまとめて役所から請求されますので、大きな出費となる場合もあります。

 
    • good
    • 0

補足になりますが、


なぜ、130万を超えたか分かってしまった理由のひとつです。
年末調整の際に、会社側が収入の証明を添付させたためです。
ここで偽ったらどうなるのかは、わかりません。

これとは別に、会社によりますが、健保組合が実態を調べる事があります。
どういう決まりでやるかは不明です。
市役所からの発行の書類などを添付しての確認ですので、隠すのは(その際に)難しいと思われます。

ただし、全部の会社で行うものではないようですから、わからないこともあるようですね。(ある程度大きな健保組合の方が、厳しいかもしれないです)
    • good
    • 0

>友人が過去に失業保険を受給している間も厚生年金の扶養からはずさなかったらしいのです


今は難しいでしょう。会社側が扶養に入れる時(健康保険の)失業保険を受給しないかするかを聞きます。失業保険を受けないというだけではなく、その証明がないと加入できない(全部の会社がそうしているかはわかりませんが、健保組合は圧迫されていますから、厳しい会社が多いはずです)無職無収入の証明書の提出などを提出書類としていますから、難しいと思われます。

>130万超えたとき、どこから請求

何処からくるか経験者でないので解りませんが、過去に何人も計算を間違えたと言って、支払ったと言う話を実際に聞いていますから、何らかで解るのではないでしょうか。

また、会社の健保組合で、時々調査をしています。その際に、ご主人に内緒で仕事をしていてばれた人もいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 自分でよく管理しないといけないですね。

お礼日時:2002/01/29 13:01

>130万超えたとき、どこから請求がくるのでしょうか?? 


基本的には、自己申告しないとわかりません。
ただ、健康保険組合などでは、定期的に被扶養者の現況書を提出することが有り、その時に分かってしまいます。

やはり、正しい処理をして安心したいものですね。
 
>失業保険金は社会保険の扶養判定のとき、収入金額に入りますか? 

収入金額に入ります。
失業保険の給付金が日額3611円以上だと、30日で108330円、これが1年間で約130万円になり、扶養の限度を超えてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。 130万超過しないよう、管理が必要ですね。

お礼日時:2002/01/29 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養枠103万円と130万円の違いについて

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収税額は返還されない
・会社の健康保険、年金には加入できる
(会社によるのでしょうか?私の知っている範囲ではOKのようですが。)

そこで私がはっきりと理解できないのが、この103万円と130万円の差で何が違うのかという損得の部分です。
例えば、103万円と130万円の27万円の差で、保険や年金の加入ができなければ、年間数十万円違ってきますので、かえってマイナスになります。
でも、保険や年金は130万円まで加入できるようですので、その他上記に書いた通り、年末調整での控除と税金の還付以外にどのようなデメリットがあるのでしょうか?
例えば
・住民税(130万円まで働くと、翌年いくらかかるのでしょうか?)
・その他の収支の差額

上記の条件で130万円までの枠の方が得なのでしょうか、損なのでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、ぜひアドバイスをお願いいたします。

今年、扶養枠内でお仕事をしようと思っております。
今現在、見通しで103万円いっぱいなのですが、130万円まで可能かもしれないという話を聞きました。
そこでご存知の方にお伺いしたいのですが、
扶養枠でよく103万円と130万円がボーダーラインという話を聞きますが、実際どのように違うのでしょうか。
私が知っているところですと、
■103万円以下
・年末調整で控除が受けられる
・確定申告により、徴収税額が返還される

■103万円以上、130万円以下
・年末調整で控除は受けられない
・確定申告で徴収...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安くなります。

又、配偶者や親が会社で家族手当を支給されている場合、扶養家族の年収が103万円を超えて、所得税の扶養家族に認定されないと家族手当の支給を停止される場合があります(会社の規定によって違います)

又、配偶者の場合は、年収の額によっては配偶者特別控除(最高38万円)を適用されます。
この制度は今年一杯で、来年から廃止されます。

所得税の場合、高額所得者以外は、勤務先で年末調整を受けるのが原則で、年末調整でも確定申告でも、所得税の額に違いがありません。

つまり、所得税は、毎月の給料から所得税の概算を源泉徴収という制度で控除して、その年の最後の給料や賞与の支払時に、年末調整という手続きをして1年間の所得税の精算を行なうのです。

ただし、年末調整で控除出来ない医療費控除などがある場合に、確定申告をすることになり、年末調整での税金から医療費控除の分が還付されます。

社会保険(健康保険・厚生年金)。
勤務先が社会保険の適用事業所であれば、勤務先で社会保険に加入するのが基本で、この場合、親や配偶者の扶養者にはなりません。
ただし、パートなどで一週間の勤務時間や出勤日数が、正社員の4分の3以下であれば、勤務先で社会保険に加入できません。

勤務先で社会保険に加入出来ない場合は次のようになります。
社会保険の扶養(健康保険の被扶養者と、配偶者の場合の年金の3号被保険者)になれるのは、判定するとき以降の12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)以下の場合です。
親や配偶者の扶養になっても、親や配偶者の社会保険料が増えることは有りません。

収入見込額が130万円を超えると、ご自分で市の国保に加入し、国民年金に切り替える必要があります。

103万円を超えて130万円以下の場合、社会保険料の負担には変化がありません。
所得税や住民税では、親や配偶者と本人の所得税の負担が増えることになりますが、本人の手取額も増えますからそれ程の影響がありません。

ただし、先に書いたように、親や配偶者の勤務先からの家族手当が停止になると、その金額によっては影響が大きくなります。
家族手当が月額15000円として、それかが無くなると年間18万円になります。
年収が103万円から130万円まで27万円増えても、税金の増える分と家族手当の減少分で、27万円は消えてしまいます。

扶養には、所得税と社会保険の2種類があります。

所得税。
1月から12月まで年収が103万円以下であれば、本人は所得税が課税されません。
100万円以下であれば住民税も課税されません。
又、103万円を超えても、生命保険料控除や医療費控除が有れば、その控除額だけ103万円を超えても課税されません。

年収が103万円以下であれば、配偶者や親の扶養家族として、親や配偶者が扶養控除(つまの場合は配偶者控除)を適用され、所得税で38万円・住民税で35万円のの控除が有りますから、所得税や住民税が安...続きを読む

Q厚生年金15年+夫の扶養は厚生年金分も受給で着ますか

素人質問ですみません。

20歳から厚生年金を払い、30歳で結婚したものの会社に勤め続け、
35歳で退職に伴い厚生年金の支払いを終了し、夫(公務員のため共済年金)の扶養に入り、60歳まで夫の扶養だった場合、
この妻が65歳になったときには、年金はどのような額がもらえるのでしょうか。

15年分の厚生年金と40年分(?)の国民年金をもらえると理解していいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 15年分の厚生年金と40年分(?)の国民年金をもらえると
>理解していいのでしょうか?
はい。凡そのイメージはその通りです。
・老齢厚生年金
 15年間の被保険者期間中に支払った保険料(再計算)に基づく金額が支給されます。具体的な額は、ご質問文の内容からは計算できません。
・老齢基礎年金
 「夫の扶養に入り、60歳まで夫の扶養だった場合」が、国民年金第3号被保険者を指しているとすれば、第2号被保険者15年+第3号被保険者25年=40年なので、満額支給されます。

Q扶養103万円~130万円の差額

扶養でいる場合、103万円と130万円と2種類の金額があるかと思います。

130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、

103万円~130万までの金額だと、どのくらいの差額が発生するのでしょうか?

この間だと損はしないのでしょうか?


また、103万まででも何かしらの税金はかかりますか?

98万?かぐらいから住民税がかかるように聞いたのですが…?

所得税?住民税?

子供なしでの意見をお願いします。

Aベストアンサー

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

>130万円~150、160万円が一番損な働き方だと聞きましたが、
そのとおりです。
通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

>103万まででも何かしらの税金はかかりますか?
住民税がかかります。
住民税は93万円~100万円(市町村によって違います)を超えればかかります。

>この間だと損はしないのでしょうか?
しません。
扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3...続きを読む

Q年収が130万円を超えてしまった場合の扶養家族について

ど素人で、すみません。
是非教えていただきたいのですが、現在派遣の仕事を二つ掛け持ちしています。一つは月9万円、もう一つは月2万円で働いています。この計算だと、年に130万円を超えないため、問題ないかと思い、だんなの扶養にはいりました。国民年金第三号と、健康保険の扶養です。
ただ、今度仕事を変えて、月15万円程度の仕事に変わる予定です。ただし、こちらも、勤務時間が短いため、社会保険や雇用保険への加入はありません。
そうすると、10月ごろには、130万円を超えてしまうとおもうのですが、その場合、加入当時にさかのぼって、年金や健康保険の納税義務が課せられるのでしょうか?
また、実際だんなの会社はどうやって私の収入を調べるのでしょうか?
まだ、はっきりと130万円超えることが確定しているわけではないので、特にだんなの会社に伝えてはいないのですが、こちらから言わないと、大問題になるのでしょうか。。。
どうぞ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旦那さんが加入している健康保険が健保組合か社会保険事務所かで
答えは変わりますが(ご自身の保険証の発行元をご覧下さい)

社会保険事務所の保険であれば、年収は向こう一年間の見込みで130万円をこえるかどうか判断します。したがって、今回の場合は月15万円の収入が得られる仕事に就いたときから扶養を外さないといけません。
あとで分かった場合、さかのぼって外すことになりますし、その間通院治療した分については、無効期間に保険証を使った扱いになりますから、保険で負担した分を現金で返さなければなりません。
 健康保険組合の場合は、組合ごとに基準がことなりますので、旦那さんを通してお勤め先の健康保険組合に確認して、しかるべく届出をして
下さい。この場合もさかのぼって扶養から外れる場合は、社会保険事務所の保険と同じ扱いになります。
 後から分かるとさかのぼって払う金額も膨大になりますし、旦那さんの給与で配偶者手当が支給されていれば、それを返さなければいけないということにもなりかねませんよ。

Q103万で家族手当。迷ってます。 今年から扶養に入ります。 最初は130万で働こうと思ってましたが

103万で家族手当。迷ってます。

今年から扶養に入ります。
最初は130万で働こうと思ってましたが
103万までなら旦那の家族手当が1万出るみたいで今迷ってます。

手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の税金)
120000円-15000円=102000円(手当の手取り)

130万円の場合(ご主人の所得税の税率5%とした場合)
130000円-1030000円=270000円(貴方の年収の増)
270000円×15%=40500円(貴方にかかる所得税・住民税)
11000円(所得税)+17000円(住民税)=28000円(ご主人が配偶者控除を受けられないことによる所得税・住民税の増税)
270000円-(40500円+28000円)=201500円(貴方の収入増分から税金を引いた額)

復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。

103万円で働くより、130万円ぎりぎりで働くほうが、約10万円世帯の手取り収入は増えます。
これをどう考えるかでしょう。
なお、ご主人の所得が多いと、ご主人の所得税の増税分が変わって(増える)きます。

>手当がでるなら103万にしたほうが得でしょうか?
ご主人の所得にもよりますが、130万円ぎりぎりで働いたほうが103万円より世帯の手取り収入は増えるでしょう。
損はありませんが、貴方やご主人の税金が増え働いた割には増えない、というのをどう考えるかですね。
なお、ご主人は「配偶者控除」は受けられなくなりますが、控除の額は減りますが「配偶者特別控除」を受けられます。

103万円の場合
10000円×12か月=120000円(1年間の手当)
120000円×15%=18000円(手当の...続きを読む

Q相談は、市役所の国民年金課?社会保険事務所?

以前、こういう質問をしたものです
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3001579.html

年金について一度相談に行こうと思ったのですが、市役所の国民年金課と社会保険事務所とどちらがいいでしょうか。
やはり、専門的な答えがほしいのなら、社会保険事務所でしょうか?

社会保険事務所は少し遠いのでゼロ歳の娘を連れて行くのは大変で、できれば市役所の方がいいのですが、以前市役所で別件で質問したら、答える人によって答えが違っていて困ったことがあったので・・・。

Aベストアンサー

詳しいお話を聞いたり、その後手続きされたりするのであれば
社会保険事務所に行かれることをお薦めします。
国民年金は数年前から役所の国民年金課は受付作業のみで
管轄は社会保険事務所に移行しておりますので、
現在イレギュラー対応での結論を出すのは
社会保険事務所になると思います。

0歳のお子さんがいらっしゃると言うことですので、
遠出されるのは大変だと思います。
まず社会保険事務所に電話して相談しては如何でしょうか?

Q扶養についての質問です。 学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万

扶養についての質問です。


学生ですが103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合(正確には103万1000円程)
親の年収が1100万ほどならどのようなデメリットがありますか?

Aベストアンサー

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

>正確には103万1000円程…

去年 1~12月の給与合計という意味なら、「扶養が外れる」のではなく、【親は去年分所得税および今年分住民税において扶養控除を取れない】です。

>親の年収が1100万ほど…

年収で税金は決まりません。
「課税所得」はいくらほどですか。

>どのようなデメリットがありますか…

メリット、デメリットの話ではありません。
税法の定めにしたがった粛々と納税するだけです。

もし親がサラリーマン等で去年の年末調整で扶養控除を“先取り”していたのなら、取らぬ狸の皮算用が皮算用どおりに狸は捕れなかったということです。
親は狩りの成果に合うよう 3/15 までに確定申告をして扶養控除の返納をしないといけません。

扶養控除の返納による追納額は、あなたが去年の大晦日現在で 19歳以上23歳未満だとして、
・親の課税所得が 695万以下なら 63万 × 20.42% = 128,600円
・親の課税所得が 695万超過なら 63万 × 23.783% = 149,800円
です。
3/15 までに親が確定申告をして扶養控除を取り消す限り、脱税にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

親が自営業等なら確定申告はこれからですので何も問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>扶養についての質問…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

>103万以上130万未満稼いで扶養が外れた場合…

税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、扶養控除や配偶者控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということ...続きを読む

Q年金受給者が死亡時に、受給していた全ての保険の種類と、配偶者(現存)が受給中の保険も知らせるべきなのか?    

先日、3種類の年金を受領中のA氏が死亡しました。この場合 関係庁に受給中の全ての保険証番号と現存の配偶者の保険証番号も併せて通知しなければならない。と聞きましたが、配偶者分を通知しなかった場合はどうなるのでしょうか。何方か教えてください。

Aベストアンサー

配偶者が遺族年金を受給する手続きが、正しくできないかもしれません。

Q今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでし

今月からフリーターなのですが、親の扶養に入っていない場合は103万円や130万円などは関係ないのでしょうか?

自分でも調べてみたのですが混乱してきたので、どなたかご回答お願いします。

Aベストアンサー

年金のカテゴリで質問されていますが、年金と扶養が関係あるのは、結婚して配偶者の扶養に入る人だけです。

フリーターになるに当たって、親が会社等で加入している健保から保険証をもらう(=親の社会保険の被扶養者になる)なら、130万円は関係あります。
親が国保の場合や、親が会社で健保に加入していても自分で国保に加入するつもりなら、130万円は関係ありません。

103万円については、あなたの今年の収入がそれ以下の場合に親(=あなたの扶養者)の税金がちょっと安くなるというものなので、必要かどうかは親と相談してください。
昨年まであなたの年収が103万円以上だったのなら、親としては昨年と変わりないだけなので、稼げるなら103万円を無視して稼いでも構わないと思いますが。

Q正社員の4分の3以下で,年収が130万を超えるときの年金・保険

今まで,正社員として働いてきましたが,
4月からパートとして働くことにしました。
勤務時間は正社員の4分の3以下ですが,年収は多分130万円は超えると思います。

この場合,厚生年金,健康保険はどのように支払うのでしょうか。
所得税の関係は,夫の扶養にならず控除も受けられないことはわかっています。
4分の3以上あれば,厚生年金に加入しなければならないとのこと。
じゃあ,「以下」だったら?
「サラリーマン家庭の専業主婦」として年金保険料の負担を免除される?
年金と保険は夫の「扶養」にはいる?
それとも,自分で役所にいって「国民年金」の手続きをする?
どうなるんでしょう?

Aベストアンサー

厚生年金・社会保険に「加入できません」ということはありません。
ただ、会社負担があるので、それをケチる会社は加入させたくない。でも、3/4以上(正社員の仕事時間は「残業」を含まない計算で)働いている場合には「義務」として加入させないといけない、ということです。
「任意」で加入できるかどうかは、会社と相談してみたらいいと思います。

国保は結構高いし、自己負担分も大きい(ただし、「痛みを伴う改革」で健保本人も3割といわれています)し、社会保険のほうがメリットが大きいので、会社負担のぶん、給与が減ってもいいから、という頼み方もあります。
もし、保険が継続できないなら「任意継続」で「退職」後1年間は社会保険が続けられます。会社負担を自費負担してもメリットが大きいから。


人気Q&Aランキング