大学の問題で、『進化とはどのようなことか?また、自然淘汰とはなにか?架空の動物アシブトゴミムシを例に説明しなさい』という問題が出ました。 自分なりに、ネットでいろいろ探したのですが、アシブトゴミムシについては、一向にヒットしません・・・。ご存知の方、是非、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 進化は、長い歴史を経る過程において次第に変化して、現在の複雑・多様・多岐な生物が生じた歴史的な変化過程のようです。

この進化による変化には、環境への適応による形態・機能・行動などの変化があり、進化がブラス要素への変化となる進歩とは限らない場合もあります。例えば、進化することによってマイナス要素への変化をして、撲滅した例もあるでしょう。

 自然淘汰は、進化の過程で環境への適応のための変化がなされますが、環境の変化への適応のために、必要な機能や行動などだけが残り、不必要なものはなくなっていくということでしょう。

 そのようなことを糸口として、考察してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しく回答して頂き、ありがとうございます。
おかげさまで、ようやく問題の意味がわかってきました。
あとは、hanboさんやnozomi500さんのご意見を参考に、自分なりにまとめてみたいと思います。ありがとうございました。
 *他にも、色々問題を出されたので、ひょっとするとまた質問するかもしれません^^; そのときは、是非よろしくお願い致します。

お礼日時:2002/01/28 11:32

「アシブトゴミムシ」って、「架空の動物」でしょ?ヒットしなくて当然。



ゴミムシの足が太かったら、自然界で生きていくのに有利か不利か・・・、ってなことから考えてみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、足の太さについて考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 11:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q進化について

人間は猿から進化してきましたが
これから千年後、1万年後の世界は
どうなっていると思いますか?
こうなっていて欲しいという希望もあれば
教えてほしいです。お願いします。

Aベストアンサー

実は人類は今でも進化しているのです。千年後,一万年後はかなり変わっているでしょう。

あなたの年齢が解りませんが,親知らずが4本とも生えてはいないでしょう。江戸時代の人はほとんどの人が親知らずは生えていました。現在の若い人たちはほとんどが生えません。

ヒトの進化は,歯の退化と並行して進んでいます。噛む力も衰えてきました。それによって頭の形はおでこで,ほおが細い形に変わってきています。

このままのスピードで変化が続いていくと,一万年後は心配です。そのころまで人類が生き延びらればの話ですが…

下記URLに歯のことが記載されています。
◎歯の退化
http://www.maruhashi.com/taidan/taidan.htm

参考URL:http://www.maruhashi.com/taidan/taidan.htm

Q架空配電線でのケーブル式低圧線

都内でよく見かけますが架空低圧配電線がケーブル式になっている事例がありますがこれはどういった理由によるものなのでしょうか?クリーム色の分配箱という物がある事が多いので低圧線が2回線になっていたりしていてまとめているのでしょうか?

そもそも架空高圧配電線がケーブル式で配線されている地域はあるのでしょうか?
それに高圧低圧に関わらず電線はポリエチレンやビニールで絶縁してあるのに架空式で
配線する場合はなぜお互い十分に間隔を開けて配線するのでしょう?互いが接触したら短絡したりするのでしょうか?絶縁されていても高圧配電線に止まっている鳥が木の実をついばんだら地絡するのでしょうか?
昔の裸電線ならまだしも理由が分かりません。これには誘導電流というものが関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

>都内でよく見かけますが架空低圧配電線がケーブル式になっている事例がありますがこれはどういった理由によるものなのでしょうか?

電技で定められている離隔距離が不足するような時に使用されます。
例えば弱電線との離隔だったり建造物との離隔距離だったりする場合です。

>クリーム色の分配箱という物がある事が多いので低圧線が2回線になっていたりしていてまとめているのでしょうか?

東電管内は高圧線も低圧線も架空配電線は銅線ではなくアルミ線を用いています。
引込線や架空ケーブル線は銅線のため、異種金属同士を接続すると腐食してしまうため、そうならないよう対策として引込箱が取付されているというのが事実です。
それらはその名残でもあります。

>そもそも架空高圧配電線がケーブル式で配線されている地域はあるのでしょうか?

日本中のどこの電力会社にも普通にケーブル配線はされています。
主に都市部に多いかもしれません。

>それに高圧低圧に関わらず電線はポリエチレンやビニールで絶縁してあるのに架空式で
配線する場合はなぜお互い十分に間隔を開けて配線するのでしょう?互いが接触したら短絡したりするのでしょうか?

新品の絶縁電線なら問題ないかもしれませんが、紫外線や風雨に曝されて10数年もしたら絶縁性能の信頼性などあるほうが不思議だとは思いませんか?

>互いが接触したら短絡したりするのでしょうか?絶縁されていても高圧配電線に止まっている鳥が木の実をついばんだら地絡するのでしょうか?

電線の絶縁体の劣化状況次第です。
それに電線には到るところに接続点があります。
稀に絶縁カバーがずれていたり外れている場合もあります。
そのような箇所では充分に起こりえる事です。

>昔の裸電線ならまだしも理由が分かりません。これには誘導電流というものが関係しているのでしょうか?

高圧架空配電線の場合は6600Vという高い電圧から、トラッキングという現象で絶縁体が破壊される事があります。
絶縁電線の接続部などの導体露出部分から絶縁体の表面を伝って走った電流からのアークで起こる現象です。
故に低圧線よりも高圧線の絶縁体の信頼性は低いのです。

>都内でよく見かけますが架空低圧配電線がケーブル式になっている事例がありますがこれはどういった理由によるものなのでしょうか?

電技で定められている離隔距離が不足するような時に使用されます。
例えば弱電線との離隔だったり建造物との離隔距離だったりする場合です。

>クリーム色の分配箱という物がある事が多いので低圧線が2回線になっていたりしていてまとめているのでしょうか?

東電管内は高圧線も低圧線も架空配電線は銅線ではなくアルミ線を用いています。
引込線や架空ケーブル線は銅線のため...続きを読む

Q電力会社の架空送電線の下の土地は電力会社の所有でなくてもよいのですか。

電力会社の架空送電線の下の土地は電力会社の所有でなくてもよいのですか。あのような危険なものを規制する法律は建物との離隔を定めている電気設備技術基準だけなのでしょうか。

Aベストアンサー

地役権が設定されます。
地域の実情を考えた上面積に応じて賃料が電力会社より支払われます。
必要に応じて立ち入る権利ですね。

Qプルサーマルの是非

プルサーマルについてですが、賛否両論あるみたいです。実際に意見交流会を聞きましたが、論点を曖昧にする場面が・・。賛否両論を具体的にお聞きすることができればと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肯定派の意見としては,一言で言うと電力資源の有効利用ということで,No.2の方の言うとおりです。
補足するならば,
  1.日本は鉱物資源に乏しいので,資源の再利用は是が非でも実現したい
  2.最終的にはエネルギーの完全リサイクル(ウランで発電→再処理→プルサーマルで発電→再処理)ということをしたい。
    (但し,理論上は可能だが現段階ではプルサーマルは1回のみの利用)

否定派の意見としては,
  1.再利用の技術を確立しているのがフランスだけのため,未熟な技術で一度事故でも起きれば大災害に繋がる
  2.再利用には当然コストがかかるため,ウラン発電よりも割高になる
  3.ウラン再処理に対して莫大な税金を投入しているものの,再処理開始に対するメドが立っていない。
    これ以上税金を投入しても,技術の確立が困難と見込まれるため,止めてしまい別分野に税金投入した方がよい。

といったところでしょうか?
プルサーマルについては,政府が主導で推し進めてきたということもあり,役人に対するやっかみや,被爆国ゆえの原子力アレルギーもあり,感情的に難しい部分もあります。
(与党の議員の中でも,この問題については賛否両論あります)
電力業界は原発や再処理施設の安全性追求を重ねています。
しかし,ここ数年の原発事故もあるためか,積極推進を表明しても立場的に弱い(平たく言うと突っ込まれやすい)というのが実情です。

肯定派の意見としては,一言で言うと電力資源の有効利用ということで,No.2の方の言うとおりです。
補足するならば,
  1.日本は鉱物資源に乏しいので,資源の再利用は是が非でも実現したい
  2.最終的にはエネルギーの完全リサイクル(ウランで発電→再処理→プルサーマルで発電→再処理)ということをしたい。
    (但し,理論上は可能だが現段階ではプルサーマルは1回のみの利用)

否定派の意見としては,
  1.再利用の技術を確立しているのがフランスだけのため,未熟な技術で一度...続きを読む

Q人種の違い。進化の過程

現在、世界には3つの人種がありますよね?
・黄色人種
・白人
・黒人

人間の祖先が猿(又は、猿に近い動物)であるのなら、
何故、この3種に分かれたのでしょうか?

単純に、それぞれ猿の種類が違ったのでしょうか?
それとも、突然変異?

住んでる場所等で目の色や肌の色が変わるとは思えません。
皆さんの、推測や学会ではどのような話になっているのか、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大まかに分けると3種類ですが、もっと多いです。
まあそれはいいとして人間の起源はアフリカの真ん中あたりといわれてますが
同じ祖先でなぜこれほど違うのか?
実は住む場所によってその環境にあった進化をとげたと考えます。
アフリカに残ったものは強い紫外線を避けるために皮膚にメラニン色素を
多く持つようになり黒人になり、ヨーロッパ方面に行ったものは
非常に寒く暗い場所でかなり長く暮らしたことにより眼が光に弱く、呼吸器
に冷気をなるべくさらさないように高い鼻を持つ白人になった。
これはたぶん当時北半球が氷河期に当たっていたことが原因と思われます。
実際白人は寒さに強いです。(基礎体温が高い)
黄色人種の祖先は今の東南アジアが起源と言われています。
アフリカからヨーロッパをそれから中東を過ぎアジアに渡ったと考えられています。
当時氷河期のためマレーシアあたりはかなり大きな大陸が存在していました。
そこは赤道に近いのでアフリカ並に紫外線が強かったせいで黒人くらい
メラニン色素をもつ黄色人種でした。
やがて氷河期が終わり大陸が水没し始めると、暖かくなった中国や日本へ
渡りはじめるものがでてきます。
最初メラニンを多く持った肌はやがて色があせてきて白くなってきますが
完全に白くはならず、白人と黒人の中間の黄色となったと言われます。
日本人の顔立ちは今となっては東南アジアか中国かはっきりしなくなりましたが
縄文までは東南アジア系、弥生からは中国韓国系となっています。
このように実は人類が拡散し始めたころの地球は今と違い気温の差が激しく
それで定住した場所により人種の個体差が出たと思われます。
これらから昔の人たちの暮らしを想像し今の人種によって持っている文化の違いとか考え方の違いを推測すると面白いことにきずくと思いますよ。

大まかに分けると3種類ですが、もっと多いです。
まあそれはいいとして人間の起源はアフリカの真ん中あたりといわれてますが
同じ祖先でなぜこれほど違うのか?
実は住む場所によってその環境にあった進化をとげたと考えます。
アフリカに残ったものは強い紫外線を避けるために皮膚にメラニン色素を
多く持つようになり黒人になり、ヨーロッパ方面に行ったものは
非常に寒く暗い場所でかなり長く暮らしたことにより眼が光に弱く、呼吸器
に冷気をなるべくさらさないように高い鼻を持つ白人になった。
こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報