1960年台後半~1970年代前半:学生が暴れた.学生闘争と呼ばれるゲリラ行為なぜ学生は国に反抗し機動隊と戦ったのか.目的はなにか,学生の主張はなんなのか,なぜ学生なのか,なぜ大学を占拠したのか,なぜ一斉に動き出したのか,何をしたかったのかなど何でもいいんで教えてください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

当時は米国がベトナムに派兵、共産主義と戦っていまして、猛烈な空爆や地上戦で多くの民間人が犠牲となっていました。


米国の非道な作戦に対し、欧州でも米国内でも反戦運動が盛んになっており、反帝国主義、左翼思想がもてはやされた時代でもありました。中国の文化大革命もこの時代ですが、いわゆるヤングジェネレーションが時代を席巻し、体制に反抗し、権力を粉砕するという行動に日本の学生たちも憧れ、思想団体を結成、こぞって紛争を引き起こしました。しかし、その思想はひどく幼稚なものであり、若さに任せ、暴力と破壊という反社会行動に走り、一般市民の支持は得られませんでした。彼らの闘争は目的が明確でなく、ただいたずらに世の中を騒がせただけ。 その点で現在の暴走族となんら変わりありません。それが証拠に時が過ぎて大抵の者が体制の中に埋もれて安閑と暮らしています。「私も若い頃は学生運動で暴れたもんだ」と自慢する団塊世代の人がおられますが、体制から収入を得て体制が作り上げた安全の中で暮らしている者が笑わせます。
    • good
    • 0

1.国に反抗、目的など


当時は共産主義思想の影響で理想主義が蔓延しており、特に青年は元々理想に燃えてます。対象が国・政府になったのは、大学そのものを相手どっても結局いきつくところは国だし(元々全学連などの組織は戦後から学費の値上げ反対運動の組織として成立してます。この問題の最終的な責任者は文部省になってしまいます)、世界平和などを期待
すると、やはり相手になるのは政府になるでしょう。

2.機動隊と戦ったり、大学を占拠したり
暴走の結果でもあるし、政府側が強行策をとった結果でもあるでしょう。

3.一斉に動いた
全学連はその名の通り全国的な組合ですから。横の連絡もあります。あと、あいつ等がやるなら俺たちもみたいなノリも。後、学生運動そのものではないですが、基地や空港問題などには学生以外の市民の支援もありました。当時の社会的な雰囲気みたいなものです。これは日本だけの話でなく、欧米でもみられた動きです。
    • good
    • 0

 全国的傾向は皆さんが書いている通りですが、各大学も、それぞれ別個の理由がありました。

当時は、経済が銭後の混乱期を経過し、成長の真っ最中でしたが、学生生活は、毎年のような授業料値上げ、学生会館、寮の新設に伴なう管理規則の制定(従来の野放図なものから管理体制の徹底・光熱費負担区分の問題)など独自の問題がありました。学生側としたら、他大学の中で一番有利なものの適用を望みますし、大学側としたら自分の大学だけの問題ではないので、抵抗しました。また、学問の自由・大学の自由の考え方が、大学側、学生側双方にありましたので、安易に警察に解決を任すこともできませんでした。
    • good
    • 0

その闘争の学生も、いまや四〇代後半から五〇代。


企業に入っていれば相応の地位を得ています。
要するに資本主義の犬と化しているわけです。
    • good
    • 0

前の方々のご回答が正しいと思いますので蛇足的に書きます。

この時期世界の各地で学生や若い人々が立ち上がっています。その中で傾向として強引に括れる部分があるとすれば、世界は変革できる、という理想です。一斉という部分ではやはりメディアの発達と普及の要素が大きいかも知れません(ベトナム戦争も文化大革命もビートルズもパリの蜂起もアフリカの貧困も安保問題もソ連の社会主義もすべて身近な問題になりえたからです)。ともかく理想が個人個人の従前の生活レベルから政治レベルまでに対しての疑問を生じさせる契機になっています。サブカルチャーとして括られた表現形式の一部も根底は同じです。理想を現実に落とし込もうとしたとき一部の人は戦争の問題(太平洋戦争の歴史をふまえた)、貧困の問題(国内のみでなくアジアなどを視野に入れた)等を通じて国の体制や大企業(搾取の象徴)に反抗しようとし、その表現手段として言論、行動それぞれのレベルで攻撃的暴力的な方法をとったケースもありました。また学生自らの考えによる教育を求めて管理者としての学校に抵抗するケースもありました。と、分類的に書くとそれらしいのですが、前に回答された方のようにNHKビデオとかの方が参考になります。私自身は、変革の熱が冷めた後の世代なので当時に親近感を持ちにくいのですが、いまの文化の構成要素の一端にはやはりこの時代の熱量と反動としての挫折感は陰に陽に影響していると思われるので、taguponさんの関心はもっともかと思います。
    • good
    • 0

 この時代に対する考えは,その人の主義・主張,思想,立場・環境等によって様々だと思います。


 映像の世界で,NHK制作のビデオがありますので参考にして見てください。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/kitty/nhksengo50-7.html
    • good
    • 0

 日米安保条約を巡って、国内で論議が巻き起こりました。

やがて学生や市民を巻き込んで大々的な運動と化して行くわけです。いわゆる60年安保闘争ですね。全学同などと言った学生組織が運動を展開していきました。政治的に利用された背景もあるのでしょうが、戦後世代の自負を抱いていた当時の学生達は純粋に国を変えていこうとの思いはあったようです。
 70年安保闘争でその決着はつきますが、若い世代の多くが、市民が政治に問題意識を持っていた時代です。

htmlhttp://www.tbs.co.jp/news23/taji/s51101.html
http://www.tbs.co.jp/news23/taji/s70609.html

参考URL:http://www.tbs.co.jp/news23/taji/s70609,http://www.tbs.co.jp/news23/taji/s51101.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和23年の初夏に、東京都心で共産ゲリラがビルを占拠した事件について?

昭和23年の初夏に、共産ゲリラが東京都心でビルを占拠し、米軍の戦車が1発(威嚇?)発砲して、事件を解決したとの記述を読みました。同じ年ですが「阪神教育事件」とは異なるようです。

これは、「ベスト&ブライテスト」の著者デイヴィッド ハルバースタムの遺作「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」の内容(の誤り)に我慢できなかった、Ed Parmenterという従軍兵が「The Korean War: FICTION VERSUS FACT」と題した本の序章に書いていました。

この著者は、「報道などに惑わされず、何が真実か自分で確認せよ」と主張している上、かなり記述が具体的なので、真っ赤なウソとも思えません。もしかしたら、GHQに報道管制されて表に出なかった、戦後史の一つかとも愚考しております。

この事件に関して、何か情報をお持ちの方は、教えてください。下記に原文を添付させていただきました。


The Korean War: FICTION VERSUS FACT Paperback – August 13, 2010
by Ed Parmenter

In early summer of 1948, Captain Clay successfully handled a touchy situation involving a large group of Japanese Communists who had taken control of a multi-story building in downtown Tokyo. They were in possession of large quantities of dangerous chemicals and threatened to use them on anyone trying to retake the building. The Japanese Police (whom we had never disarmed because they were essential to maintaining law and order), were unable to dislodge them. Captain Clay happened to be the Officer of the Day for the Tokyo Metropolitan area when this happened. When he was informed of the situation, he called Camp Drake, the Division Headquarters and had them send several tanks on tank carriers because they could travel much faster that way. When they arrived, he positioned them at several points around the building and told the occupants (through an interpreter) that if they were not out of the building in five minutes, he would have the tanks destroy the building. To emphasize his point, one tank fired a round at a corner of the building. Needless to say, the entire building was vacant within the allotted five minutes and the Japanese police took several hundred Communists into custody. Shortly after that, General MacArthur had Captain Clay called back to duty at his wartime rank of Lieutenant Colonel.

昭和23年の初夏に、共産ゲリラが東京都心でビルを占拠し、米軍の戦車が1発(威嚇?)発砲して、事件を解決したとの記述を読みました。同じ年ですが「阪神教育事件」とは異なるようです。

これは、「ベスト&ブライテスト」の著者デイヴィッド ハルバースタムの遺作「ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争」の内容(の誤り)に我慢できなかった、Ed Parmenterという従軍兵が「The Korean War: FICTION VERSUS FACT」と題した本の序章に書いていました。

この著者は、「報道などに惑わされず、何が真実か自...続きを読む

Aベストアンサー

東宝争議のことかもしれません。
昭和21年頃から争議になったようで23年8月には駐留軍が戦車や飛行機まで出動させたそうです。場所は都心というには少々離れているようですが世田谷の砧です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%AE%9D%E4%BA%89%E8%AD%B0

ほかにもnetにたくさんの記事があります。

Q●反日運動の文化闘争と義兵闘争の違い●

タイトルにある二つの反乱はどちらも朝鮮で行われた「日本の朝鮮の支配にうんざりした朝鮮人の反乱」 ということですが、違いは何ですか?

Aベストアンサー

kuromiyaruka さん、こんにちわ。

義兵闘争は日本でいうところの幕末の攘夷運動のようなものです。横暴な外国の所業に対して国家的危機意識や義憤をかられた在野の人々が儒教に基づいて立ち上がり、内外の敵に抵抗したのです。ここでは日韓併合に抵抗した運動のことを言います。
文化闘争はかなりあいまいなところがあります。3.1事件以降実力行使による反日運動が事実上不可能になった後、そういった過激な思想に限界を感じていた人たちが独立よりも民族固有の文化を伝承、発展していくことを手段として、日本支配を婉曲的に忌避するという運動に切り替えました。たぶん、これが文化闘争でしょう。ただ、どちらも日本の支配にうんざりしたというよりももっと強烈な印象があります。
詳細は下記のURLを参照ください。


義兵闘争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%85%B5

3.1運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E3%83%BB%E4%B8%80%E9%81%8B%E5%8B%95

kuromiyaruka さん、こんにちわ。

義兵闘争は日本でいうところの幕末の攘夷運動のようなものです。横暴な外国の所業に対して国家的危機意識や義憤をかられた在野の人々が儒教に基づいて立ち上がり、内外の敵に抵抗したのです。ここでは日韓併合に抵抗した運動のことを言います。
文化闘争はかなりあいまいなところがあります。3.1事件以降実力行使による反日運動が事実上不可能になった後、そういった過激な思想に限界を感じていた人たちが独立よりも民族固有の文化を伝承、発展していくことを手段として、日本支...続きを読む

Q学生闘争について…

ある本に学生闘争について少しだけ触れていて、学生闘争とはどのようなものか詳しく知りたくなりました。もしよかったら教えてください!!
またお勧めの書籍などもありましたら教えてください!!

Aベストアンサー

 こんばんは。

 私が大学生の頃は,名残が少し残っているくらいでしたので,実際の経験はありませんが……

 一番大きな闘争目的は,日米安保条約締結反対でした。それ以外にも,学生の学内での自治の確立などもありました。(詳しくは下記のサイトをどうぞ。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E9%97%98%E4%BA%89

 唯一,私が体験したのは,大学の入学式の後半に,ヘルメット,覆面姿の学生数名が壇上に上がり,演説を始めたことです。変な話,「これが大学なんだ。すごいなー」と妙に感心していたことを思い出します。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E9%97%98%E4%BA%89

Q日本史人物,松岡磐吉,知ってる事教えて下さい。史実に限らず,伝説的抽象的話もOK,

■「松岡磐吉」について、どんなことでもOK!ご存知の事教えて下さい。
但し、ネット検索「松岡磐吉 - Wikipedia」に記載されてる事を除きます。

■出身_韮山情報:「ズバリ本人情報」又は父,兄,など近親者,末裔の事,伝記,情報,関連図書,埋葬,寺,彼亡き後の松岡家は・・・などの地元の言い伝えなど,
■他に知ってることといえば、父の名前役職,彼が次男坊,辰の口牢獄_当初、荒井と共に1番房入牢(入牢中の経緯不明),朝陽轟沈の彼だけ獄死,ぐらいの知識しかありません。
■長崎海軍伝習所2期生、それでも生年月日は?卒業名簿で探すとかできないのでしょうか?年齢的に、榎本や,甲賀,荒井,沢などと比較して、「誰よりは、どうやら若いらしいという話を聞いたことがある」など曖昧系情報でもOKです。

Aベストアンサー

下記のサイトによると初めて沿海測量を実施した人のようです。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaempfer/mapsuv200/200nin/ma-gyou/ma-11.htm

Qなぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。

なぜ,藤原氏は「藤原」「の」「道長」と,「の」がつくのでしょうか。
徳川氏は「徳川」「家康」と「の」がつきません。
その違いは何でしょう。

Aベストアンサー

「藤原」が本姓だからです。源平藤橘と言う言葉を聞いたことありませんか?
源、平、藤原、橘、皆天皇からいただいた姓なのです。
それ以外に苗字があり、これが織田や羽柴、徳川なのです。
ですから、徳川家康も持っており源になります。(途中で改姓したので)本姓で言えば「源(の)家康」と言うことになります。
豊臣秀吉も豊臣は本姓ですから正式には「とよとみ の ひでよし」と読みます。
秀吉の苗字は羽柴ですから俗称は羽柴秀吉ですね。このときは間に「の」は入れません。
本姓は明治3年の平民苗字許可令と明治8年の平民苗字必称義務令により日本人全員が苗字を持つことになり廃止されました。
それ以前の江戸時代までは苗字を持っているは武士階級や名主などの一部平民だけで、一般平民は苗字を持っていませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報