ただ今就職活動中の学生です。
次の面接までに金融の基礎が分かる本を何でも良いから1~2冊読むように言われました。

分かりやすくて、読みやすい本を紹介してくれませんか?
金融に関わることなら何でも良いみたいです。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 光文社新書



これはおすすめです

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032 …
    • good
    • 0

『シャイロックの子供たち』 池井戸潤 著 / はどうでしょうか。



 短篇連作により様々なタイプの銀行員を活写しながらミステリーへの迷宮へと誘う「金融ミステリー」の金字塔と称される小説です。

http://www16.ocn.ne.jp/~aeeba/book/syairokkunoko …
    • good
    • 0

講談社刊行


細野真宏(編集)マネー経済プロジェクトチーム(編集)
「細野真宏の株・投資信託・外貨預金がわかる 基礎の基礎講座」。↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062103 …


日経BP社刊行
土屋清美;著「基礎から学ぶSEの金融知識」↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822282 …



 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソニーが金融事業売却のニュース

今朝のニュースで、ソニーが金融事業を売却すると言うのを聞きました。
今、ソニー生命の学資保険を申し込んだところなので、心配です。
利率が良くて選んだのですが、他の会社に売却されるとどうなるのでしょう?

Aベストアンサー

こんにちは。
経営母体が変わっても今までの契約内容が勝手に変更できるわけではないのでその点は安心して良いと思います。(踊らされる必要はありません。)
ネット上で金融のワンストップサービスとしてはソニー生命は考えずらいので、今後も色々な話は出るのではないかと思いますが、既契約の条件がそれで悪化する事はありません。(ソニー生命に限らず破綻話以外は心配しなくて大丈夫です。)

Q金融本が難しくて、寝てしまいます。

 金融本が難しくて、寝てしまいます。
この繰り返しで、8年間爺に変化していますが

 とくに、ソロスの錬金術は 難解で用語が難解で
用語を要約しても、理解が難しいです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/8869/

 よい方法があれば教えてください

Aベストアンサー

 金融というのは、普段品物とお金を交換するように、他国のお金を自分のお金で売り買いすることをいっています。なぜそれが利益になるかと言えば、為替レートの関係でお金の値打ちが変化しているからです。ですから今の円高では他国の相対的に安いお金を多めに買えるということです。これがすべての原点。
 あとはそのバリエーション。つまり、どこのお金がいつ高くなるか、安くなるかの丁半博打みたいなもの。金融指南というのはすべてこのタイミングを計ろうとして悩んだ結果を本にしたもの。
 この変動の原因として、国の借金やカントリーリスク、教育の度合い、人口、安全度などなどさまざまな指標が考えられてきたけれど決定打はないし、今後も生まれることはない。(なぜなら観察している人が自ら変化の原因になっているから。)

 さらには、こういった過去のことをいくら読んでも、分かった気にはなっても分かることはない。

 最後にこの質問なら「経済」などの分野に聴いたほうが早いかも。

Qソニー金融事業売却?ニュースのその後は?

先日「ソニー金融事業売却」についての質問があり読みましたが、その後はどうなったのでしょうか?こういうことには疎いので教えてください。

こどもの学資保険をソニー生命に変えようかと思っているので、気になります。安全ではなくなってきているのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

ソニー生命では、金融事業部はすでに持株会社を設立しており、ソニー電気事業部とは一線を引いており、持ち株を売却されても金融事業部の安定性は失われません。

もし、持ち株を売却してソニー本体と連結会計しなくても良くなれば、更に黒字が出ますので経営状態は向上します。

そもそも学資保険の必要性を考える方が良いですね。

Q生き方、勉強についてなど学生におすすめな本

どんな人でも構いませんが、素敵な生き方をしていらっしゃる方や、
偉業を成し遂げた方の自伝などに興味を持っています。
これまで自分でも色々探してきましたが、もっと読みたいと
思っているので何かおすすめな本ありましたらぜひ教えて下さい。
日本でも外国の方でもどちらでも構いません。
それと、勉強について書いてある本も探しています。
でもいわゆる「成績を良くする方法」とか、「頭がよくなる勉強法」のような安っぽいハウツー本や受験対策などをテーマにしたものは嫌いなのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

既読リストが示されていないので、既読だったらごめんなさい。

自伝としては、日本では福沢諭吉「福翁自伝」が有名ですが、これより、荒畑寒村『寒村自伝』岩波文庫(全2巻)がお勧めです。しかし、荒畑寒村の一番の名著は「谷中村滅亡史」岩波文庫だと思います。あと自伝として有名なのは、「貧乏物語」を書いた河上肇の「自叙伝」岩波文庫(全6巻)くらいですか、自叙伝は少し重複が多いので、「貧乏物語」の方が読みやすい。
海外では物理学者Richard Phillips Feynman(ファインマン)が書いた大貫昌子[訳]「ご冗談でしょうファインマンさん」岩波書店(全2巻)がいいですね。物理が嫌いでもすんなり読めます。だいたい岩波文庫の自伝は読んでますが、『古代への情熱ーシュリーマン自伝』岩波文庫などは評判ほどには感銘を受けませんでした。

「マクナマラ回顧録」「リークアンユー回顧録」など読みましたが、回顧、回想ものは、政治家の書いた自己弁護めいたものが多いので、これといったお勧めはありません。

勉強法については各分野ごとあると思いますが、汎用性の高いのは翻訳関係です。簿記の入門書には、簿記語と簿記の文法として翻訳過程から簿記の仕組みを解説した本もあります。他の学問にしても同様の翻訳作業を必然的にともなうので、外国語学習関係は参考になると思っています。

小説家としては大嫌いな村上春樹(ファンの人ごめんなさい)ですが、
村上春樹「やがて哀しき外国語」講談社文庫
はいい随筆です。

既読リストが示されていないので、既読だったらごめんなさい。

自伝としては、日本では福沢諭吉「福翁自伝」が有名ですが、これより、荒畑寒村『寒村自伝』岩波文庫(全2巻)がお勧めです。しかし、荒畑寒村の一番の名著は「谷中村滅亡史」岩波文庫だと思います。あと自伝として有名なのは、「貧乏物語」を書いた河上肇の「自叙伝」岩波文庫(全6巻)くらいですか、自叙伝は少し重複が多いので、「貧乏物語」の方が読みやすい。
海外では物理学者Richard Phillips Feynman(ファインマン)が書いた大貫昌子[訳]「ご...続きを読む

Q北朝鮮の金融制裁解除のニュース

アメリカが北朝鮮のマカオにある銀行の口座凍結を解除したというニュースを受けて、わからない点があったので質問させていただきます。

どうして、アメリカが、他国であるマカオの銀行口座を凍結することができるのでしょうか?

レベルの低い質問ですが回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

これを理解する為には、ドル預金の仕組みを理解しなければなりません。
ちょっとややこしいのでうまく伝わるかどうか不安ですが、

たとえば、在日工作員のキムさんが、自分のスイス銀行の口座から、マカオ銀行(正確にはバンコデルタアジア)の北朝鮮政府の口座へ500ドル送金したとします。
一見、スイスからマカオへ国境を越えて500ドルが流れたように見えますが実際は違います。スイスからマカオへは実体の無いお金が動いただけに過ぎません。では、キムさんの500ドルは何処にあるのかというと、それはアメリカの国内銀行の口座にあるのです。

ドル取引をする銀行は、提携している米国内銀行に口座をもっています。これを「コルレス口座」といいます。スイス銀行もマカオ銀行も米国内銀行にコルレス口座をもっています。
世界中の銀行のドル預金は、米国内銀行のコルレス口座に預けられているのです。
一見スイスからマカオへ国境を越えて500ドルが送金されたように見えても、実際には、米国内にあるキムさんのコルレス口座から、同じく米国内にある北朝鮮政府のコルレス口座に500ドルが移されただけに過ぎません。
要するに、キムさんのドル預金も北朝鮮政府のドル預金もスイスやマカオにあるのではなく、米国内銀行のコルレス口座にあるわけです。

なので、アメリカ政府は北朝鮮政府が利用するマカオの銀行のドル預金口座を凍結したくなったなら、米国内銀行に対し、
「マカオ銀行のコルレス口座の取引を禁じる」
と国内の銀行に命令するだけで、マカオ銀行にある全てのドル預金口座が自動的に凍結されてしまうわけです。

このようにしてアメリカ政府は小指の先をちょっと動かしただけで、ある国を崩壊寸前まで追い込むことが出来るのです。

うまくできてますなぁ。。。恐るべしアメリカ政府。

これを理解する為には、ドル預金の仕組みを理解しなければなりません。
ちょっとややこしいのでうまく伝わるかどうか不安ですが、

たとえば、在日工作員のキムさんが、自分のスイス銀行の口座から、マカオ銀行(正確にはバンコデルタアジア)の北朝鮮政府の口座へ500ドル送金したとします。
一見、スイスからマカオへ国境を越えて500ドルが流れたように見えますが実際は違います。スイスからマカオへは実体の無いお金が動いただけに過ぎません。では、キムさんの500ドルは何処にあるのかというと、それはアメ...続きを読む

Q第二次大戦の日本に関しての本で、

第二次大戦の日本に関しての本で、日本でもアメリカでもない人が冷静に分析した本らしいのですが著者も題名も分りません。
以前ラジオで紹介していたと思うのですが、かなり有名なようなことを言ってたと思うのですが・・・
原作は英文です。
内容としては、
日本は追い詰められて参戦せざるを得なくされてしまった。
(重油関係の輸入を止められたりして打って出ざるを得なくされた)
単純な侵略戦争ではない。
第二次大戦の真実を語った本らしいです。
できたら和訳があったら最高ですが・・
こんな断片的な情報しかなくてすいません。
単なる思いつきでも結構ですから、ご返事お待ちしております。
どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

インドのパール博士が書かれた「日本無罪論」ではないかと思います。



参考URL:http://r.gree.jp/?mode=dir&act=review_asin&asin=4094025065

Q面接!最近の気になるニュースについて

明日、金融関係の面接があります。
その企業で、「金融関係で最近の気になるニュース」を聞かれたと過去にありました。
あまりニュースを見ないので、知識がなく焦っています。
誰か、詳しく金融関係のニュースを教えていただけると助かります。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

採用関係者です。

#1の方と全く同意見です。
今から日経や朝日のWeb版を時間の許す限り読むべきだと考えます。

Q学生時代に読んだ本を探しています。

学生時代に読んだ本を探しています。

・ライトノベル・恐らくファンタジー寄りの物語で、設定は現在。
・最初の方で学生が4、5人手を繋いだまま、屋上から飛降り自殺をするシーンあり。
・学園モノではないです。
・神隠しとか伝説の生き物、麒麟なんかが関わっていた気がします。

宮部みゆきの作品と思い込んでいたのですが、勘違いだった様で
該当する作品がどうしても分かりません。
曖昧な記憶だけの情報ですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小野不由美の「魔性の子」ではないでしょうか。

神隠しにあった男の子といじめのお話です。

・生徒が手をつないで屋上から飛び降りるシーンがあります。
・麒麟とかも関わってます。(どちらかといえば、別シリーズで明かされる内容ですが)

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/book/124021/

Q最近話題になっている金融緩和とアベノミクス?

最近ニュースで金融緩和とアベノミクスが話題になって
ます。
しかし、経済や金融に疎い私としては、チンプンカンプンです。
どなたか簡単にこれらの二つのことを教えてください。

Aベストアンサー

ではとってもわかりやすく説明しましょう。
まず認識を変えてください、「アベノミクスと金融緩和」ではなくて
アベノミクスというデフレ脱却方法の一つが金融緩和です。

デフレ、ってわかりますか?
世の中には二つの物があると思って下さい。
一つはお金、一つは物(サービスなども入る)です。
このお金と物がそれぞれ天秤に載ってると思って下さい。

物が1億円分あったらお金も1億円あるという状態であれば
デフレでもない、インフレでもないということになります。
この場合はこのお金と物がつりあってます。

もっとカンタンに言うと
たとえば「物」を自動車にかぎってみましょう。
1億円分の自動車があります。一台100万円だとすれば100台ですね。
自動車が100台この世の中にあり、お金は一億しかありません。
全部売っても最高で1億しか稼げません。それしかお金がないのですから
しかし、一台100万円で売れれば売り主は何の問題もありません。
100台作ったら全部のお金と交換できたということになります。

ところが「物」自動車が200台作っちゃったとしましょう。
これを全部売って全部のお金と交換するには一台50万で売らなければ
なりません。
これがデフレです。
つまり物の方がお金より多くなっちゃうわけです。
すると物が安くなります。

明日また50台出来上がってくる、となると明日は1台の値段がもっと下がるはずですね。
その翌日もまた50台出来上がってくる、となればその翌日はもっと値段が下がります。

人間ですから、もうちょっと待てばもっと安くなるかもしれない、
と思えばお金は使わずもうちょっと待ってみよう、となってしまいます。
するともっと安くしないと売れないですからどんどん物の値段が安くなっていきます。

お金を使うほうでは使ったとしても安い物を買うわけですから
売ったほうは儲かりません。儲からなければ給料も出せない、
給料が安いからますます物を買わない。物を買わなければ物が余る。
ますます安くなる、お店は儲からない。給料はもっと下がる。
これがデフレスパイラルです。

ここで一つ疑問が出てくるはずです。
給料が安くなったって、物が安くなるんだからいいじゃねーか!です。
高い給料もらっても物が高けりゃ同じことだろ。といいたくなります。

しかし、このデフレになると会社は倒産が増えますね、品物が売れないのですから
当然です。

工場も閉鎖のところが出てきます。物が余ってるのですから作ることないですよね。

するとまず、技術力がなくなります。競争力がなくなります。
たとえば自動車会社がトヨタしか残らなければ
トヨタはどんな車を作っても売れることになります。
よりいい車を開発しようとなど思いません。
そんなことしなくたってトヨタしかないのですから車が欲しければ
トヨタを買う以外ないのです。トヨタは殿様商売をして
新技術を導入しなくなります。

すると、日本経済は衰退して文化的生活ができなくなってきます。
なので、デフレは国を滅ぼすとまで言われる、実は戦争より怖い事象なのです。

で!
このデフレを脱却するにはどうしたらいいか!
を安倍さんは考えたわけです。

そうだ!物が多いのだから同じ量の金を作っちゃえばいいんだ!です。
そこで、日本銀行(お金の発給元)にお金を刷らせることにしたわけです。
これが金融政策。

自動車が200台で一億円しかないのなら
もう一億円刷ってしまえば2億円になるじゃん!
すると1台100万円で売れるじゃん!
いや、3億にしてしまえば150万で売れるようになるじゃん!
これがインフレターゲット!

上記は極端ですが、102万で売れるようにお金を作ってしまえ!
2パーセントのインフレになるようにお金を新たに刷ろうという政策です。
これが金融緩和策でアベノミクスという経済政策の一つです。

アベノミクスというのは3つの経済政策で成り立っています。
一つは金融緩和政策、
一つは財政政策、
もう一つは成長戦略といってたとえば規制緩和だったり、起業を簡単にできるようにしたり
会社の多角経営化を援助したりといった実際に人々の活動を助ける政策です。

財政政策というのは政府のお金、つまり税金で集めたお金をもう一度国民に戻してあげようとする
ものです。
かといってただであげるわけにはいきませんので
公共事業というものをやってそこで政府がお金を使えば民間にお金がいきわたるだろう。というものです。

たとえば、ダムを作ります。
真っ先に工事業者にお金が大量に支払われます。
道路工事をします。これも工事業者にお金が入ります。

じゃんじゃん工事をするのですからそれに伴うトラックやそれに使う燃料を工事業者は買います。
現場事務所も作らなきゃいけない、机も欲しい、コピー機も必要、事務職の女の子も必要
などなど、政府から支払われたお金がさまざまな業者に渡っていきます。
それに工事業社員の給料が上がります。
上がった給料で「銀座にでものみ行くか!」になります。
クラブのねーちゃんも増やさないと対応できなくなります。
儲かったクラブのおねーちゃんたちはヴィトンのバッグを買いに走ります。
ヴィトンが儲かります。ヴィトンの店員さんは彼氏に高級な時計をプレゼントします
時計屋さんが儲かります。・・・・
こうして公共事業に使われたお金はどんどん転がって民間にいきわたっていきます。
これが財政政策です。

もちろん、そうなるかどうかは安倍さんの腕次第で今のところうまく行ってる
様子ですが懸念もあります。

戦後じゃあるまし、道路もある、図書館もある、ダムもある、新幹線もある!
お金使うところなんぞないだろ!
無理に使ったって貯金されちゃうぜ!

あるいは金融緩和政策でお金を倍にしたってその金は国内では使われず
外国に投資する奴が増えるだけ、増やしたお金はみーんな外国に出て行っちゃうぜ!

という批判もあります。
批判はありますが、じゃあ、このデフレどうすりゃいいのよ?
といえば
今のところアベノミクス以外にないのですから
これを国民全員でがんばっていかなければならないと思います。

デフレは戦争より怖い!
ということを心してこのデフレを解消しなくてはなりません。

というわけでつたない説明でしたがわかりましたかねぇ。

ではとってもわかりやすく説明しましょう。
まず認識を変えてください、「アベノミクスと金融緩和」ではなくて
アベノミクスというデフレ脱却方法の一つが金融緩和です。

デフレ、ってわかりますか?
世の中には二つの物があると思って下さい。
一つはお金、一つは物(サービスなども入る)です。
このお金と物がそれぞれ天秤に載ってると思って下さい。

物が1億円分あったらお金も1億円あるという状態であれば
デフレでもない、インフレでもないということになります。
この場合はこのお金と物がつりあってま...続きを読む

Qお勧めの本&本の紹介サイト教えて!

私は趣味がなくて毎日同じ生活の繰り返しに飽きてきました。
そこで本を読んでみようかと思ったのですが、どう選んだらいいのか・・・。
何かお勧めがあれば教えてほしいんですが。
ちなみに私は22歳の女です。

私、頭悪いから難しい内容は×です!!
ミステリーや推理っぽいもの、詩みたいなのはあまり好まないです。
ハリポタみたいなのや小説がいいかなぁと思っているんですが・・・。

それと、いろんな本を紹介しているようなサイトがあれば教えて欲しいです。
ランキングとかではなくて、あらすじとか感想とかが紹介されているものがいいです。

Aベストアンサー

私も難しい本は嫌いです。というか分からない。

だけどミステリーは別に難しくないのでは?
私は漫画の延長で小説を読んでいます。

それはどうでもいいですがおすすめは森絵都さんの「カラフル」「ダイブ」などです児童文学ですが(ハリーポッターと同じ)おもしろいです。
図書館でも児童文学のところにあるので私は最初見つけることが出来ませんでした。
http://makorin.pobox.ne.jp/makorin/sakka/morieto.htm

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~daikin/index4.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報