大学で、『カッコウの托卵行動が遺伝的に決まっていると考えられるのは、どうしてか?』という問題が出ました。 カッコウの托卵行動については、なんとなく分かるのですが、後述にある遺伝的に決まっていると考えられるのは?という部分が分かりません・・・。どなたか、ご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

出題の教授(?)の意図を考えたのですが、教えられたことでない本能に基く行動なら、遺伝的に決まっている、ということだと、托卵行動にかぎらず、口を開けてエサをねだることから何から、みんな本能的にやっていることなんですね。



遺伝的に、という意図は、進化の過程で「托卵したほうがいい」(自分で温めるより)ように出来上がったことを考えるのじゃないかな、と読んだのですが、いかがでしょう。
    • good
    • 0

もっと単純に考えればいいと思います。


dora1さんもおっしゃっているとおり、カッコウは生まれた瞬間親から離れるわけで
教育の機会を与えられていません。
にもかかわらず、他種の巣に卵を産み、卵からかえればその巣にある卵を落とす
という行動をとります。

教えられていないのなら遺伝的に決まっているといっていいんじゃないでしょうか。本能というのは遺伝子上に乗っている情報ゆえですから。
    • good
    • 0

確かカッコウはふ化日数が、拓卵される方の鳥より1日早かったと思います。


それは、他の卵より先にふ化し他の卵を巣から落とすためだとか・・・。
ということで、この事から拓卵するよう遺伝的に決まっているとは
言えないでしょうか。
あまり自信はありませんが。
    • good
    • 0

2の答えも考えたのですが、「遺伝的に」と「本能的に」の区別で悩んでかけませんでした。

    • good
    • 0

こんにちは。

生物学は素人なので思いついたことを「自信なし」で。

成鳥の托卵行動は、よく分かりません。すごく頭のいい鳥がいて
他人に自分の卵を温めてもらうことを思いついたのかも?
(そんなわけないか)

「生物種としての托卵行動」なら、うろ覚えですが、
たまご(ヒナ)が托卵の相手であるモズなどより早くかえること、
かえったヒナが本能的に他の卵を巣の外にけり出すこと、
などは、あらかじめ種としてこのような行動をすることが
全体として(親とヒナの調和的行動として)プログラムされている
(すなわち遺伝的に決まっている)ということでは
ありませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
とても、分かりやすく、参考になりました。
良いまとめが出来そうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 13:14

遺伝的に決まっているのでは「ない」とは、「すべての個体が、生まれたあとで、その行動様式を個別に学習して獲得する」ということになると思います。

個別に学習している可能性が低そうなら、では、遺伝的に決まっているのではないか?となるわけです。

学習していそうにない、ということに関するヒントとして、カッコウのヒナは生まれたばかり(まだ誰にも何も習えない時期)のときに、その巣に既にある卵を押し出す習性があることや、その後も、他の種類の鳥にあずけられている訳なので、少なくとも自分の親からは習性をならうことができないだろうとか、まあ、そういう常識的な理由から考えていくのがよろしいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
詳しい回答で、かなり良いまとめが出来そうです♪
おっしゃる通り、常識的な理由から考えていきたいと思います。
ありがとうございました

お礼日時:2002/01/28 13:09

遺伝的に、というのは、自分で卵を抱いても育ちにくい(構造があたためにくいようにできている、あるいは、じっと温めるようにできていない

)ということかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nozomi500さん、何度も私の質問に回答して頂きありがとうございます。
ちょっと、今度の問題はてこずりそうです・・・。
しかし、心強い皆様のアドバイスを参考にまとめてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝的浮動はだれが考えたのでしょうか?

進化の本を見ると、進化には自然選択と中立進化があると書いてあります。そして、中立進化の方は木村が作った理論で遺伝的浮動をもとにしていると書いてあります。

(1)遺伝的浮動は木村さんが考え出したモノなのでしょうか?

(2)もし (1)が違うとすると、木村さんは何が偉かったのでしょうか?

Aベストアンサー

>すると、木村さんの仕事は、「ライトが考えた説を、分子レベルの遺伝子変化で示した」と理解してよろしいのでしょうか?

むしろ、フィッシャーらの説(進化総合説)を否定したというほうがインパクトが大きいのではないでしょうか。
直接的には、分子進化速度は一定であるということを実験的に証明したという点でしょう。

中立説によると、有利でも不利でもない変異が時間とともに蓄積するわけですが、それだけだと表現形レベルの適応的な進化というのはどうして起こったんだ?ということになります。そこを説明するよりどころにしたのがライトのモデルということではないでしょうか。

ちなみに、フィッシャー、ホールデンはイギリス組で、自然選択(淘汰)至上主義、ライトはアメリカ組で自然選択ですべてを説明するのには懐疑的立場でした。その流れは、近年でもイギリスのドーキンズ一派とアメリカのグールド一派の対立に引き継がれているようで、面白いですね。

Q隔世遺伝って薄毛が遺伝するの?

よく隔世遺伝というと薄毛が言われますが、
母方の祖父が薄毛だと孫は禿げると聞きます。

じゃー僕の場合はどうなりますか?
父方祖父は普通。
父は髪は直毛、量も多く太い
  体毛が濃い(ヒゲ、すね毛)

母方祖父:体毛は薄い、若ハゲ
母:髪が細め、かなりの癖毛(波)

僕は髪はストレート、太い方、量も初めは多い
髪に関しては父方。
しかし、体毛が濃い(ヒゲ、すね毛)

どうなんでしょうか?最近ストレスも多いですが、
薄くなった気がします。歳も20前後なので不安です。

遺伝で見る限りどうですか?
こんな感じでも若ハゲになりますか?

ちなみに一人暮らしで生活、食生活はかなりバラバラ。
少し、悩みあって心療内科にかよいます。

Aベストアンサー

ハゲは遺伝によるものも大きいですが、そうでない場合もあります。ですから今回のケースから見て、ハゲる・ハゲないは判断できません。

ハゲるもんはハゲる。それを予想できてもできなくても、関係ありません。だってハゲは現在の医学では直せないのですよ。ハゲたらハゲたで、「仕方ないか」と思うしかないですね。

あまり悩まないほうが良いですよ。
ハゲても開き直るべし。

Q奈良県のカッコウ

カッコウについてお伺い致します。知り合いが奈良県で鳴き声を聞いたというのですが、奈良県でもカッコウはいるのでしょうか?

Aベストアンサー

カッコウは、沖縄以外の日本全国に分布しており、奈良にも生息しています。

Qカッコウの託卵に関して

カッコウの託卵に関して

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6 
ここは読んでおきました。

ある特定の個体に注目します。託卵の仕方は次のどれですか。
1.昨日はヨシキリの巣に、今日はモズの巣に、明日はオナガの巣に、という具合に産み分けられる。
2.去年はヨシキリの巣だけに、今年はモズの巣だけに、来年はオナガの巣だけに、という具合に産み分けられる。
3.生涯を通じてある個体はヨシキリの巣だけに、別の個体はモズの巣だけに、という具合に産み分けられる。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カッコウの雛は「刷り込み」が起こります。自分を育ててくれた鳥を親と思うわけです。ですからその個体は自分を育てた特定の種のみに託卵します。仮親を代えることはありません。

しかし、時には巣の持ち主が不在の場合に間違いを犯すことがあるようです。たまたまその卵が孵化し成長しますと新たな仮親の誕生となるようです。つまりその個体は自分の仮親の巣に託卵することになります。例えば、オナガへの託卵集団は卵自体も世代が経つ程オナガの卵に似るようです

Q生物の遺伝の問題(おそらく難易度は上)が考えても全然解けないのでご指摘願います。

生物の遺伝の問題(おそらく難易度は上)が考えても全然解けないのでご指摘願います。

A とB は相同遺伝子であり,遺伝子型がAA である個体(以下単にAA のように表す)は半分がオトナになるまで生き残り,AB は全員がオトナになるまで生き残り,BB は全員がオトナになるまでに死んでしまうとする.ある世代が繁殖する時に,遺伝子の頻度A:B = 1:1 だったとすると,A の入った配偶子は全体の【あ】,B の入った配偶子は【い】つくられる.ランダムに交配するならば,次の世代が生まれてくる時には,各遺伝子型の個体の比率は,AA:AB:BB =【う】である.この世代が繁殖する時には,AA:AB:BB =【え】になっている.従って,この世代が繁殖する時の遺伝子の頻度はA:B =【お】となっている.



【あ】は1/2と回答したのですが、【い】以降がまったく分かりません。


どなたかヒントや回答おしえていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

い:
>遺伝子の頻度A:B = 1:1
より、AがわかればBもわかる。

う:
>遺伝子の頻度A:B = 1:1
より、ABxABの組み合わせだけ考えればいい

え:
>遺伝子型がAA である個体は半分がオトナになるまで生き残り,
>AB は全員がオトナになるまで生き残り,
>BB は全員がオトナになるまでに死んでしまうとする.
から、繁殖できるのは「AA」もしくは「ABの1/2」のみ。

お:
えの比率がわかれば求められる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報