タイトル通りです。。。
どなたか教えてくださいm(_ _)m宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々と有難うございましたm(_ _)m
助かりました。

お礼日時:2006/04/04 00:52

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/faq/deep …

マリアナ海溝のチャレンジャー海淵で10920m±10m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございます。m(_ _)m
助かりました。

お礼日時:2006/04/04 00:54

マリアナ海溝で-10920mだと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。m(_ _)m
助かりました。

お礼日時:2006/04/04 00:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海溝の誕生

今プレートテクトニクスと造山運動について調べています。岩波の『地球惑星科学』を読んでみましたが海溝の誕生について記載がほとんどなく、また、ネットで検索してもそれらしい書籍が見つかりませんでした。

海溝の誕生を扱った本をご存知でしたらお教え願います。

Aベストアンサー

詳しいことはわかりませんが、次のような本はご覧になったのですね。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4000069896.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4000069993.html
プレートテクトニクスと造山運動について調べておられるのなら、下記のようなこともわかっておられる。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/platetectonics-01.htm
海洋底拡大・プレートテクトニクスは同じことで、大陸移動、海洋更新説、海嶺、海溝の形成、造山運動の説明ともなっていると思います。
海溝の誕生というのは、一番最初の地球上最古の海溝の形成のことなのでしょうか。海がなくても、マントル対流のような動きがあり、表面が硬化した岩盤になっていれば、褶曲や地溝、山脈はできるでしょう。海洋底のような地質や重さの岩盤であれば、大陸地塊とは異なって、収束境界で沈み込みに伴って溝ができるのは必然でしょう。当然、そのときの地塊は深く沈み込むものが大半でしょうから、海溝に残るのは新しい海底地塊が多くなってしまうでしょう。あるいは海溝位置が後退すると、もとは海溝だったところに地塊が下附けされて付加体として残るかもしれません。
山岳でも、今残っているのは上が浸食されて残っている残骸のようなもので、誕生したときの山岳はもう岩屑や砂になって低地や海底を埋めていると思います。誕生した陸や山地が沈降して海底になっているものもあると思います。
海溝のできる力学的な説明がされた本を探しているのでしょうか。
【海溝の誕生について】という言葉で、なにに注目しているのかを明確にされたら、詳しい方が書籍や論文を紹介してくれる可能性も高まると思います。
 
http://ext-web.edu.sgu.ac.jp/koide/chikyu/Lec05.pdf
> 海洋地殻
1 海洋地殻形成のメカニズム:プレートテクトニクス
海洋地殻は、中央海嶺にマントルが上昇してきて、形成される。中央海嶺で形成された海洋地殻は、化学的に均質なもの、どの時代に似た岩石、どの海嶺でも似た岩石、が形成される。海嶺で形成された海洋地殻は、海溝でマントルに沈み込む。
このようなサイクル、プレートテクトニクスが働くために、海洋地殻は常に更新されている。古い海洋地殻は、海洋地域には残っていない。
2 オフィオライト
現在の地殻の断面は、深いほうから、かんらん岩(マントル)、斑れい岩、岩脈玄武岩、枕状溶岩(玄武岩)、チャート(堆積岩)となっている。
このような岩石セットで、陸地に持ち上げられたものを、オフィオライト(ophiolite)という。
現在の海洋底では、一番古いものでも約 2 億年前のもの。さらに古いものは、大陸で探す。オフィオライトがあれば、海洋地殻であったことが判別できる。
グリーンランドのイスア地方には、セットは、ばらばらになっているが、海洋地殻のセットがある。38 億年前ものである。
現在の地殻と同じセットである。海洋地殻を形成するメカニズムが、38 億年前から同じである。

詳しいことはわかりませんが、次のような本はご覧になったのですね。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4000069896.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4000069993.html
プレートテクトニクスと造山運動について調べておられるのなら、下記のようなこともわかっておられる。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/platetectonics-01.htm
海洋底拡大・プレートテクトニクスは同じことで、大陸移動、海洋更新説、海嶺、海溝の形成、造山運動の説明ともなっていると思います。
海溝の誕生というのは、...続きを読む

Q人口密度の世界一

人口密度世界一の国とはどこでしょうか?わかりましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんの意見が正しいとすると、
マカオ・香港は国ではありませんから、
モナコということになると思います。

Q海溝

「海溝」を和英で引くとtroughとtrenchが出てきます。
the Japan Trenchのように、固有名詞の場合は固定しているとして、普通名詞として使われると限定して、和訳すれば「海溝」になってしまう両者に、意味上の使い分けはありますか。

Aベストアンサー

英英辞典によると下記のようになっています。
・Trough: the hollow area between two waves in the ocean or between two hills.
・Trench: a long narrow valley in the ground beneath the ocean

また地質学上、Troughは舟状海盆と訳され、trenchよりも浅く、広く、斜面も比較的緩やかな地形の場合に使われ、一方Trenchは大陸または島弧と大洋底の間にあり、急斜面で囲まれた細長い凹地を意味しますので、同じ海溝でも地形が細長く谷のようになっていれば(例:マリアナ海溝、日本海溝)Trench,そうでなければTroughという風に使い分けられます。

Q世界一長い橋

何かのCMで世界一長い橋が出ているのですが、どこの国の、なんと言う橋か知っている方、いましたら是非教えてください!!

Aベストアンサー

TOYOTA「WISH」のCMですね.
参考URLに「世界一長い橋であるアメリカ ルイジアナ州にあるコーズウェイブリッジで撮影」とあります.

参考URL:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/wish/

Q海底光ケーブルと海溝

先日プロジェクトXでやっていたのですが、十何年前でしたか、海底光ケーブルを日本からアメリカに繋ぐ際に、日本海溝が大きな障壁になったが、その水圧に耐えるケーブル構造にすることで海溝にケーブルを敷設することに成功したとの事でした。
しかし海溝は水圧以外に熱やプレートの沈み込みやそれによる地震の危険性があります。そのような事を考慮していなかったとすれば、近い将来ケーブルは使い物にならないものに成りかねませんが、何か対策を取っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

本来こちらより教育の地学カテへ書き込まれたほうが良い回答が得られるとは思いますが。以下そのことを分かっている上でカテ違いの回答です。

まず熱ですが心配ないと思います。火山の恐れのある場所は避けていると思いますので噴火は大丈夫でしょう。火山は海溝より100~200Km大陸側に存在します。伊豆七島や小笠原諸島はある種特異な存在かな?あとはホットスポットと呼ばれるマグマの上昇する場所ですが海溝には存在しませんよ。また熱という意味では熱水噴出孔も考えられますが、熱水噴出孔は海溝ではなく中央海嶺に多く存在します。
プレートの沈み込みにともない地中へは、たぶん起こらないでしょう。海溝にたまった物はかなりの量、大陸にくっついて行きます(付加)。
心配なのは、地震による海底地すべりで、こいつは過去に海底ケーブルを切断する事故を起こしています。

しかし、海底地すべりを起こすような大きな地震の頻度は人間の一生から見ると高くないので通常のメンテナンスと老朽化したケーブルの取替えでいいのではないかと思いますよ。

Q水面積率が世界一の国

水面積率が世界一の国はどこなのでしょうか?
勘で北欧三国を調べたのですが、
ノルウェー:6.0%
スウェーデン:8.7%
フィンランド:9.4%
でした。
ちなみに、日本は0.8%です。

Aベストアンサー

バハマ : 27.8%

Q深い海溝に橋を架ける方法って何かあります?

とてつもなく深い海溝に橋を架ける方法って何かありませんか?両岸からロープを渡せないほど広い海での場合です。

Aベストアンサー

そもそも「深い海底」といってもたかだか 10 km 程度しかないわけで, 実際には「海底」というのは非常になだらかです. なので, 「海底ケーブル」は海底にはわせてることができます>#3. もちろん日本とアメリカの間にも光ケーブルがはられています.
あと, 理論上それで浮かせることは不可能です. 外乱がなければ可能という言い方もあるんだけど, ちょっとたわんだら終わり. つまり, ちょっとでも重心からの距離が変わると, その変化を大きくする方向に重力が働いてしまいます.
これは重力が引力だから (そして距離が近いほど大きいから) そうなるわけで, 斥力であれば勝手に位置を直すように働きます. JR のリニアモーターカーは磁石の反発力 (= 斥力) で浮いているので, ちょっとくらいのずれなら許容できます.
蛇足だけど, 「リニアモーターカー」であることと「磁力で浮いている」こととは直接関係ありません. 「リニアモーターカー」は車両の駆動方式を示すのに対し「磁力で浮く」というのは車両の支持 (?) 方式です. 実際, 「車輪で支えるリニアモーターカー」が一部の地下鉄で用いられています (車両を小さくできる→トンネル断面積を小さくできる→安価に作れる, から).

そもそも「深い海底」といってもたかだか 10 km 程度しかないわけで, 実際には「海底」というのは非常になだらかです. なので, 「海底ケーブル」は海底にはわせてることができます>#3. もちろん日本とアメリカの間にも光ケーブルがはられています.
あと, 理論上それで浮かせることは不可能です. 外乱がなければ可能という言い方もあるんだけど, ちょっとたわんだら終わり. つまり, ちょっとでも重心からの距離が変わると, その変化を大きくする方向に重力が働いてしまいます.
これは重力が引力だから (そして距離...続きを読む

Qイグアスの滝は世界一

イグアスの滝は世界一だそうですが、私の子供のころは確かビクトリアの滝が世界一で2番目がナイアガラの滝だったような気がします。
どうなんでしょうか

Aベストアンサー

これら3つの滝をまとめて、「世界三大瀑布」と呼ぶようですが、滝の何をもって大小を比較するかによって世界一も変ってきます。
最大落差をもとにすれば、
ビクトリアの滝(約100m)>イグアスの滝(約80m)>ナイアガラの滝(約50m)
となります。他にも総水量、単位時間あたりの流量、滝幅などさまざまな要素を比較することができます。但し、これらは水量に左右されますので季節によっても大きく変動しますので、単純に比較することはできず、大小の比較ファクターとして適切かどうか疑問が残ります。多分なにかを比較すればイグアスの滝が一番のものもあるかと思いますので、それを捉えて世界一と言っているのではないでしょうか?

Q海溝型地震と内陸型地震で、振動はどう違う?

海溝型地震と内陸型地震では、振動はどう違うのでしょうか?

これらの地震によって発生する地上での振動は、単に振幅が違うのでしょうか?
それとも、縦揺れと横揺れのような差があるとか、含まれる周波数成分が違うとか、でしょうか?

ちなみに私は機械系の技術者なので、少しは振動工学の勉強をしたことがあります。

Aベストアンサー

全くの素人なので詳しいことはわかりませんが、参考になればと思い回答します。
 
以下に回答する内容は、下記のwebサイトを見て私が断片的に理解した気になっていることであって、誤解があるかもしれません。 詳しくは、webをご覧ください。
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-5.3.3.html
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/index1.html
「強震動の基礎 ウエッブテキスト2000版」(木下繁夫(防災科学技術研究所)・大竹政和(東北大学教授) 監修) すごく詳しく、そして網羅的な説明だと思います。目次から項目をクリックしてページを開き下まで読んだら、下にある前ページ、次ページで選べます。主要な図はクリックで拡大表示可能です。
 
~~~~~~~~~~~
(1)地震を海溝型、内陸型に分けて考える前に、震源の状態と観測地の状態を分けて考えた方が良いと思います。 地震波は単に伝播し減衰するだけではなくて、途中で増幅したり、周波数も変わります。振動が持続する時間でも延長することがあります。(実体波(P波、S波)、表面波(レイリー波、ラブ波)、盆地境界で二次的に発生し堆積層内で発達する表面波に長周期波動がでる)観測地地表での地震動を考える場合には、震源のこと以外に多数の要素が絡みます。 海溝型、内陸型に分けて観測地の地震動を考える場合は、震源距離も重要です。特に内陸型の場合比較的浅いところに震源があると、途中の地殻構造に大きく影響されてしまいます。海溝型の場合でも、プレート境界型の場合は第三のプレートにある観測地では状況が違います。 このサイトの下に動画があります。地震動の時間経過(各地のリアルタイム震度)を図示しているのです。観測地によって状況はまったく違うことがわかります。震度だけでなく、揺れの方向や周波数成分も場所と時間で違います。http://www.sdr.co.jp/110311tohoku-eq/20110311tohoku2.html
 
(2)震源の状態は直接観測できません。色々なデータや観測を理論や推測で推し量ることになります。海溝型は内陸型よりも大きい地震が多いと言われます。死者が出た地震津波災害とマグニチュードの関係を見るとそうも見えます。http://www.hinet.bosai.go.jp/about_earthquake/PNG/fig6.6.png しかし、海溝型は震源距離があるので被災地では地震動が減衰していることもあります。内陸型は浅いことと観測地のそばにあるので観測されやすいこともあります。 沈み込むプレート境界のアスペリティが大きくずれる時に大きな地震が送るのですが、それ以外にも多数の小地震が起きていると思います。
 
(3)アスペリティがずれる時には大きな地震となります。M7以上の大地震ではいくつもの地震の複合になっています。一つ一つの断層破壊は、急激な進行と停滞を交えながらぎくしゃくと進行します。同じ震源断層面でもすべり量も均一ではないし、また断層破壊が急激に停止するときには強い地震波が放射され、地震波形に「ストッピング・フェイズ」として現れます。(すべり量が大きい場所と地震波エネルギーを強く放射する場所は必ずしも一致しません。複雑な断層破壊過程と地震波エネルギーの放射も複雑です)
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-5.3.2.html
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/Sect-1/Fig5.3.2-1.JPG
震源断面を性格の異なるところに分けて見た場合、すべり速度が大きい(立ちあがり時間が短い)ほど、破壊伝播速度が大きいほど大振幅の地震波が放射されます。(すべり量が大きくて面積も広くても、すべる速度が遅く、破壊されすべる箇所が伝播する速度が遅ければ、地震波は放射されないか、小さくなります) 地震波は多くの周波数成分を含みますが、S波(せんだん波)でみると、断層面の広がりが大きいほど長周期の成分が増加します。海溝型に大地震が多いということからすると震源では海溝型に長周期の地震波が多いともいえるでしょう。(本当は断層面の広がりの問題です)http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-5.2.4.html  http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/Sect-1/Fig5.2.4-1.JPG
震源断層からある周波数の波が放射されると、破壊の進行方向では振幅が大きくなり、また周波数が高くなる。破壊が遠ざかる側では、逆に小振幅、低周波となります。(ディレクティビティ効果といいます。断層破壊が高速で伝播するために、地震波の振幅が方位によって異なってしまうためです。 http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-5.3.1.html )
(伝搬先で地表に出たり、盆地構造で反射したりすれば、周波数や振幅は複雑に変わります。振動の基礎です)
 
観測地の地震動を推定するモデル研究もされています。
http://criepi.denken.or.jp/research/news/pdf/den417.pdf
 
液状化するような土壌のあるところでは、かなり変わった地震動になると思います。
 
津波の問題は別です。
 
質問にはないのですが、海溝型や海洋プレートよりも下と思えるところにも震源はあります。海洋プレート内地震あるいはプレート内地震 http://www.jishin.go.jp/main/chousa/02oct_miyagi_keijo/f03-1b.htm  http://www.jishin.go.jp/main/kyoshindo/05dec_miyagi/f12.pdf (海洋プレートは厚みがないです)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『海溝型地震と内陸型地震では、振動はどう違う』とは一概にいえないのでしょう。
震源での振動は、断層破壊の伝播速度、断層破壊の広がりで大きく違う。大きな地震では長周期の地震波が増加する傾向があるものの、その後の伝搬経路(方向や媒体の状態)で周波数成分も振幅も変わってしまう。特に地表の観測地ではその付近(周囲)の地盤構造の影響が多い。おおよその傾向でいえば、大地震が多い海溝型地震が遠くからきた場合は長周期が多く、直下10kmで発生する内陸地震では上下動・短周期の多い地震波となるのでしょうか。
(振動の周波数(波長)によって減衰率が違います。 http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=1&sqi=2&ved=0CBkQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.engineering-eye.com%2Frpt%2Fr031_jishin200511%2Fpdf%2F0356A.pdf&rct=j&q=%E9%95%B7%E5%91%A8%E6%9C%9F%E3%80%80%E6%B8%9B%E8%A1%B0%E3%80%80%E4%BC%9D%E6%90%AC&ei=BE29TZmJKoOcvgOx2tnSBQ&usg=AFQjCNGzxZIVgyG148LjuLkTH3Gie6Y_zA&cad=rja )

全くの素人なので詳しいことはわかりませんが、参考になればと思い回答します。
 
以下に回答する内容は、下記のwebサイトを見て私が断片的に理解した気になっていることであって、誤解があるかもしれません。 詳しくは、webをご覧ください。
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/1/I-5.3.3.html
http://www.k-net.bosai.go.jp/k-net/gk/publication/index1.html
「強震動の基礎 ウエッブテキスト2000版」(木下繁夫(防災科学技術研究所)・大竹政和(東北大学教授) 監修) すごく詳しく、そし...続きを読む

Q世界一の田舎は?

日本には「田舎」と呼ばれる場所がありますが、世界にも田舎と呼ばれる場所があるはず。
その中でも最も田舎と思われている場所、つまり「世界一の田舎」とはどこだと思いますか?

Aベストアンサー

数字的には
中国重慶市・・・人口約三千万!でも地図見ると面積は北海道と同じぐらいあるから\(^^;)...マ

日本人としては
東京都かな
「花の都、夢の東京」というが、小笠原村とか桧原村とか、どうみても都にみえないところも\(^^;)...マァマァ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報