あかねむらさきというイモがあります。体にいいんでしょうか?どんな成分があってどんな効果があるのか知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

このイモの赤い原因は、アントシアンという色素にあります。


これは赤ワインなどで最近はやりのポリフェノールの一種なので、それと同じ効果があるといえます。

具体的には、坑酸化作用があり、これによる活性酸素による細胞障害、体内の物質の変性を抑える働きがあり、動脈硬化、およびそれからくる狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの予防につながるといわれてます。

ただ、日本人は特にですが、何か体にいいとなると、ムキになってそればっかり短期的に集中投与?する人が多いですが、こういった作用は、長期間食べつづけて統計的に出てくるものなので、数週間程度での短期的な効果というのはまず無理でしょう。

他の栄養価などは他のいもと大体同じだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっとみると色が気持ち悪いのですが、やはり赤ワインのようにポリフェノールが入っているのですね。
非常に役にたちました。
ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/22 16:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報