洗顔で使っている固形の石鹸が(洗顔用でなくてもおなじですが)半年くらいたつと泡だちにくくなるのは何故ですか?

A 回答 (2件)

こんばんは


石鹸は油脂を加水分解し、脂肪酸のナトリウム塩として製造されています。
とは言ってもヤシ油などを原料に造られていますので、完全に全部がNa塩になるわけではありません。特に洗顔用石鹸は洗浄力のあるNa塩と洗浄力は落ちるものの、肌によい脂肪酸とを適度にブレンドして造られているようです。
石鹸を長く置いていると、溶けやすいNa塩がどんどん溶けだしてしまい、溶けにくい脂肪酸が残るようになります。
また、水の硬度(CaやMgの含有量の多い水)が高い水に触れていると、NaがCaやMgに置換され、だんだん泡立ちが悪くなるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございますm(_ _)mとりあえず早めにつかっちゃえってことですかね  笑 やっと謎がとけました 

お礼日時:2002/01/29 15:08

 泡立ちにくくなる、というのが実感としては良く分からないんですが、多分表面から水分が失われてきていて表面が溶けにくくなっているからでしょうか?


ご存じでしょうが、石鹸は油脂をけん化して水分をある程度除去して固めています。完全に乾かしてしまうと、ぱさぱさの粉石鹸状態になります。粉石鹸って冷水だとなかなか溶けなくって使い辛いことがありますよね。あれと同じ現象なのかな。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固形石鹸の粉末化

家庭に余っている固形石鹸を粉末化して洗濯に使用したいのですが、そのような商品または こうすれば粉末化できるとか ご存じでないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

「石鹸」の種類にもよると思いますが、
以前、科学雑誌でにたような実験がありました。記憶をたどれば・・、

>違う小さい形(例えば何かのキャラ)に姿を変えたいのです。
やはり、熱いお湯か、温度の高い油に、ステンレスボールを浮かべ、それに整形したい石鹸をサイコロ大に包丁で切って入れて、攪拌しながら溶かし、それを鋳型(石膏にシリコン等の剥離材をスプレーして)流し込んで、冷やして固まったら取り出します。

石鹸の成分(油脂成分など)によって、大分出来、不出来があると思います。
すでにご回答なさっている方々がおっしゃっていますが、アルカリに弱い衣服には向かないと思いますが、靴洗い程度、手洗い程度にはなると思います。

参考までで、確信は得れませんが、実験するときは事故のないように注意してくださいね。

Qテフロン素材に水酸化ナトリウム固形(石鹸?)。

宜しくお願いいたします。

熱水に水酸化ナトリウムの固形5%ほどを入れ、ものすごく泡立ちますが、この溶液は危険でしょうか?
あと、テフロン素材を溶かしてしまう可能性がありますでしょうか?
石鹸にも水酸化ナトリウムは使われていますが、危険性は限りなく0に近いですよね?
でも、水酸化ナトリウム(固形)はタンパク質を溶かすなど、危険性が高く、劇物です。
5%溶液はどうなのかと思います。
この5%溶液は、テフロン素材を溶かす可能性があり、また危険でしょうか?

Aベストアンサー

テフロンは化学的に極めて安定なので大丈夫でしょう。

しかし、そもそもNaOHを水に溶かす時にはかなり発熱しますので、熱水に溶かすのは危険です。沸騰して泡立つということもあるかもしれません。同じ濃度のNaOHでも温度が高いほど危険性も高いでしょう。

Q固形石鹸が泡立たなくなるわけ

固形石鹸を長期間(特に屋外に)置くと泡立たなくなるのですが、なぜでしょうか? 室内に置いてあっても、あまり使わないとやがて泡立たなくなります。酸素とか紫外線が関係しているのでしょうか? このような劣化を防ぐ方法があったら、それも教えて下さい。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
久々のlog-inです。(^o^)
石鹸の劣化については以下の様に説明されています。(日本化学会編集の雑誌に記述されています)
石鹸は油脂を加水分解し、脂肪酸のナトリウム塩として製造されています。
とは言ってもヤシ油などを原料に造られていますので、完全に全部がNa塩になるわけではありません。特に洗顔用石鹸は洗浄力のあるNa塩と洗浄力は落ちるものの、肌によい脂肪酸とを適度にブレンドして造られているようです。
石鹸を長く置いていると、溶けやすいNa塩がどんどん溶けだしてしまい、溶けにくい脂肪酸が残るようになります。
屋外では上記の反応の他に、オゾンによる酸化反応が加わり、分解が進みやすくなると思います。
乾いた状態ではどうしても、酸化分解(だけとは限りませんが)泡立ちが悪くなるような気がします。
なるべく直射日光に当てない方が長持ちすると思いますが、特殊に加工された石鹸以外では対策は難しいと思います。
なるべく早く使ってしまうしかないと思います。

Q【化学】「石鹸には油脂と塩基が必要」だそうです。 牛の尿石鹸には石鹸に必要な油脂と塩基が足りないと言

【化学】「石鹸には油脂と塩基が必要」だそうです。

牛の尿石鹸には石鹸に必要な油脂と塩基が足りないと言う。

丁度、牛脂があるのでこれで神戸牛、松坂牛の草しか食べていない和牛の尿に牛脂を足して油脂はカバー出来ると思う。

で、塩基って何ですか?

塩基って塩を入れたら良いですか?

神戸牛尿石鹸は放牧牛の尿と牛脂と伯方の塩を入れたら牛尿石鹸の完成ですか?

塩基の説明と塩基の石鹸に使う塩基のオススメを教えてください。

Aベストアンサー

>塩基って何ですか?

簡単に言うと、ブレンステッドの定義によれば「塩基とはプロトンH+を相手から受け取ることのできる物質」のことです。

>塩基って塩を入れたら良いですか?

質問の意味が分かりませんが、多分良くないと思います(笑)

>神戸牛尿石鹸は放牧牛の尿と牛脂と伯方の塩を入れたら牛尿石鹸の完成ですか?

完成しないと思います。(笑)

>塩基の説明と塩基の石鹸に使う塩基のオススメを教えてください。

塩基の説明は先にしました。石鹸に使う塩基のオススメは、水酸化ナトリウムです。

Qターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色

ターメリック(ウコン)で黄色に染まった布に固形石鹸を付けると、ピンク色に変化します。
石鹸を洗い落とすとまたもとの黄色に戻るのですが、この反応は、化学的にはどう説明できるのでしょうか。

幼児教室でウコン染め体験をするので、知りたく思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらくはpHの影響だろうと思います。
中性では黄色で、アルカリ性ではピンクっぽくなるということでしょう。
重曹でアルカリ性にしたり、酢で酸性にしても同様のことが起こるかもしれません。
参考URLに説明があります。

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/ukon.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報