よく首相官邸の政策発表などで「閣議決定」という言葉があるんですが、
これには法的拘束力があるんですか?
内閣法では(条文忘れた)「内閣が職務を執行するには閣議による」
みたいなことがかかれていました。
また、法改正を伴う今後の政策目標なども決定のなかにありましたが、
これらは確実に実行されるんですか?
もしくは、しなければならないんですか?

参考例
http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2002/012 …
「ここでは、国立大学の民営化を目指す」など、法改正をともなう政策が明記されている。

A 回答 (8件)

>閣議は、どういう組織で、どのような手順で行われるんですか?


閣議は、内閣の構成員である閣僚が集まって行われます。全会一致が原則です。
原案については、内閣府や各省が、調整した上で準備します。

>また、参考例に示したような抽象的なものや、首相の発言を
>脚色したようなものも閣議決定をしないと、表明できないんですか?
行政府の意思として確定して表明するためには、閣議決定する必要があるでしょう。
総理大臣個人の考え、又は各大臣の考えとして表明する上では、閣議決定を経る必要はありません。

>あと、過去に参考例のような抽象的、脚色的な閣議決定が出された事はありますか?
近年、毎年、経済運営の方針に関して閣議決定がされていますが、このようなもののことでしょうか。

行政府として明確に意思決定を行うことは、国民に対して行おうとしている施策を明らかにするという意味で有用なことだと考えます。
行政府の方針が国民の意思を離れたものであるならば、国民の代表としての立法府が内閣を不信任することができます。
いったん、閣議決定されたものについては、行政府は責任を負うと考えてもよいかもしれません。

内閣の制度や、過去の閣議決定については、参考例にあげておられる、官邸ホームページをお調べください。

この回答への補足

ありがとうございました。
あと、閣議決定や内閣法にかかわる判例を調べたいのですが、
なにか参考になるサイトや資料があったら教えてください。

補足日時:2002/01/30 16:10
    • good
    • 0

内閣法です



第4条  内閣がその職権を行うのは、閣議によるものとする。

 2   閣議は、内閣総理大臣がこれを、主宰する。この場合において、内閣総理大臣は、内閣の重要政策に関する基本的な方針その他の案件を発議することができる。

 3   各大臣は、案件の如何を問わず、内閣総理大臣に提出して、閣議を求めることができる。
 
第5条  内閣総理大臣は、内閣を代表して内閣提出の法律案、予算その他の議案を国会に提出し、一般国務及び外交関係について国会に報告する。
 
第6条  内閣総理大臣は、閣議にかけて決定した方針に基いて、行政各部を指揮監督する。
 
第7条  主任の大臣の間における権限についての疑義は、内閣総理大臣が、閣議にかけて、これを裁定する。

ということのようです。

この回答への補足

よく首相が就任時や国会開会のときにはなす所信表明演説も、閣議で決定されるんですか?

補足日時:2002/02/05 11:33
    • good
    • 0

閣議決定は、内閣、つまり行政府の行動を決定するものです。


参考例にあげられたような事例では、このような方向に向けて内閣=行政府が行動するということがうたわれているわけです。(法案の具体化・作成など)
これを実施するための具体の法律案については、改めて閣議決定を経て、国会に提出されることになると思われます。

もちろん、この閣議決定は国会を拘束するものではありません。
国会での審議により、反対が多ければ、廃案になることもあります。
ただし、内閣提出法案は、だいたい9割以上が法律として成立しています。

それから、法案については、内閣が提出するものと、議員が提出するものがあります。
議員が提出するものについては、閣議決定を経ることはありません。
国家秘密法案については、1985年には自民党が議員提案で提出したのではないかと思いますが(自信なし)。

ちなみに、確定拠出型年金法案については、廃案になった次の国会で再提出され、成立しています。

この回答への補足

閣議は、どういう組織で、どのような手順で行われるんですか?
また、参考例に示したような抽象的なものや、首相の発言を
脚色したようなものも閣議決定をしないと、表明できないんですか?
あと、過去に参考例のような抽象的、脚色的な閣議決定が出された事はありますか?
「国立大学の民営化など」あまりにも大胆な法改正を伴うものが最近の決定ではおおくなっていますので、気になりました。

補足日時:2002/01/29 16:06
    • good
    • 0

 法律の改正や新規制定は、原則として閣議決定事項だと思います。

    • good
    • 0

 健康保険法の改正も該当します。



参考URL:http://www.kenporen.or.jp/idxroot/news/N2000/n20 …

この回答への補足

かつての「国家秘密法(スパイ防止法)」や大学管理法(両廃案)も、
みんな閣議決定を経て提出されたんですか?

補足日時:2002/01/28 16:37
    • good
    • 0

 「確定拠出型年金法案」の誤りでした。

申し訳ありません。
    • good
    • 0

 あります。

最近の例では、確定年金拠出法案ですね。下記URLを、参照してください。

参考URL:http://www.kenporen.or.jp/idxroot/news/N2000/n20 …
    • good
    • 0

 閣議案件は、下記URLのように閣議の決定・承認を必要とする内容が、規定されていますが、法律改正などの場合には、国会に提案することを決定しただけであって、提案は実行されますが国会が承認することは別問題です。

また、閣議決定をしても、その後の与野党協議や社会情勢によっては、変更もありえるでしょう。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.html

この回答への補足

では、過去に閣議決定はされても廃案になった政策や法律はありますか?

補足日時:2002/01/28 16:06
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q閣議決定の効力

よく、閣議決定という言葉を聞くのですが、
どういう意味を法的および政治的に持っているのでしょうか。

Aベストアンサー

閣議は別に会議を開くばかりでなく、「持ち回り」でも、しばしば開かれています。この場合、書類を見て、はんこ(花押)を押せば「了解」ということになります。ことに、自分より序列の上の人のサインがあると、変更は難しいでしょう。
 各省の閣議決定案件が内閣府大臣官房審議官あたりに集まり、それを事務次官に上げ、官房副長官と協議の上決めているものと思います。副大臣とか政務官がいますが、概略を説明するぐらいでしょう(政治家であたまがよくありませんから)。決定案件を官房長官に持っていって、それか閣議案件になるものと思います。

参考URL:http://www8.cao.go.jp/naikakufu/hajimeniflame.html

Q改正刑法の条文が載っている本。

平成17年1月1日施行の改正刑法の条文がすべて載っている、サイズがB6以上の本があれば教えてください。
※改正のポイントや解説などは特に必要ないです。単に、六法全書の文字よりも大きい文字で、新しい条文を確認するというのが目的です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本でなくて申し訳ないんですが、法令を提供しているサイトがありますので紹介します。
総務省のサイトですから間違いはないと思いますが……

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Q閣議決定と法案成立

テロ対策措置法案の記事を見ていたら

"閣議決定した。"と書いてあったんですが

法律は、国会で作られるので
閣議決定の段階では、法案成立ではないのですか?

Aベストアンサー

 ご質問のとおり、法律は国会の議決によって成立しますので、現段階では法律は成立していません。

 国会に提案する案件の中で、閣議決定を必要とするものが閣議案件として定められていますので、法律案は閣議決定事項とされていることから、閣議で国会に提案することを決定したということになります。閣議決定事項につきましては、下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/

Qインターネットで改正前の条文を参照したいのですが

法律、政令、省令の改正前の条文(過去の条文、たとえば昭和46年当時の条文)をインターネットで見ることができないでしょうか?(専門的な省令などになると過去の六法全書でも見られません)

Aベストアンサー

私もそういうシステムがあったら便利だなあと昔から思っているのですが,なかなか現状では難しそうですね。
(きっと,内閣や衆参両議院の法制局にはちゃんとデータベース化されたものがあるんでしょうけど…)

オンラインの六法は,アップデートが容易でタイムラグが小さいという特性を生かして,紙の六法以上に,最新情報がどんどん反映されていきますので,逆に言うと旧規定は紙の六法より探しにくいという面があるように思います。

総務省の「法令データ提供システム」
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
は,現行法令の内容に関しては,一応第一級の情報源といっていいでしょうが,旧規定は残っていませんし,それどころか改廃の経過すら書かれていません。(最終改正だけのっている)

使えそうなのは,日本法令索引(国立国会図書館)
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys
でしょうか。
明治19年(公文式施行)以後のすべての法令(現行法令・廃止法令・制定法令)と,第1回国会(昭和22年)以後の すべての法案(法律案・条約承認案件)を検索することができる索引です。
ただし,あくまで「索引」なので,残念ながら法令の本文はここでは読めません。
分かるのは改廃の経過や,どの法律の施行によってどの法律が改正されたかという事実関係などに限られますので,法案や成立した法律などの本文を見るには,別の情報源を併用する必要があります。
そのへんも一応配慮はされていて,たとえば,法令の改廃経過を表示させると,それぞれの法令(一部改正も含めて)が掲載されている官報の日付や,本紙・号外の別がここで分かるようになっています。
また法律案・条約承認案件については,法案審議段階の国会会議録の検索も可能です(会議録のページへのリンクが張られている)。

一方,法律に限定して言えば,制定法律の一覧(衆議院法制局)が有用です。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_housei.htm
こちらは,戦後の第1回国会以降成立した法律を,官報や法令全書に掲載された形で(つまり,一部改正も溶け込ませずに)載せてあります。
(ちなみにここで読める最も古い法律は,昭和22年7月18日法律第89号「昭和二十二年法律第六十三号下級裁判所の設立及び管轄区域に関する法律の一部を改正する法律」のようです。)

この二つを併用すれば,戦後制定された法律に関しては,一応はその本文の変遷を正確にたどることができることになります。
とはいえ,実際にはかなりの手間が掛かりそうです。
特に商法や公職選挙法のように,しょっちゅう改正が繰り返されたり,「○○法の一部を改正する法律の一部を改正する法律」なんてのが時たま出るような法律では,必要な作業量を考えると気が遠くなりそうです。
かといって,途中を飛ばしてしまうとつじつまが合わなくなってしまいそうでこわいですし。

実際問題としては,昭和46年なら46年当時の六法を引っ張り出して,その後1年間に改正がなかったどうかを国会の索引でチェックする,というのが手っ取り早そうです。
専門的な省令でしたら,その専門分野に特化した法令集(防災六法とか自動車交通六法の類)のバックナンバーを見れば載っているかも知れません。

日付を入れると,その時点での特定の法令の本文が表示されるようなデータベースって,市販されないかなあ。
きっと,安くても数十万円の後半とか,かなりの値段になりそうですが…

参考URL:http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys,http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_housei.htm

私もそういうシステムがあったら便利だなあと昔から思っているのですが,なかなか現状では難しそうですね。
(きっと,内閣や衆参両議院の法制局にはちゃんとデータベース化されたものがあるんでしょうけど…)

オンラインの六法は,アップデートが容易でタイムラグが小さいという特性を生かして,紙の六法以上に,最新情報がどんどん反映されていきますので,逆に言うと旧規定は紙の六法より探しにくいという面があるように思います。

総務省の「法令データ提供システム」
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin...続きを読む

Qhttp://okwave.jp/qa/q5602072.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5602072.html
上記の質問の回答でわからなかったところがありましたので、質問します。

・被告が全面敗訴した場合、原告からの慰謝料の請求が無い場合でも訴訟物の価額160万円は支払わないといけないのか?(160万円という金額を支払うかという意味)

・「訴訟費用」とは相手の弁護士費用も含まれるのか?

Aベストアンサー

 前の質問の回答No.1にあったと思いますが、離婚など身分関係の確認訴訟は訴訟物の価額の認定が困難なので、印紙の額を決める都合上、一律に160万円と書きます。
 決して160万円の慰謝料を求めているわけではありません。
 敗訴した時に支払うのは、別に請求及び申立ての趣旨に書かれてある慰謝料、財産分与、養育費です。
 これらが書かれていないのなら、単に離婚することの判決を求めているだけです。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/gootest32/e/56d942c972cc526010351233c409a2ed


人気Q&Aランキング

おすすめ情報