初心者なのですが定率成長の永久還元定義式で
PV=c/(r-g) PV企業価値 c,キャッシュフロー r,ディスカウントレート
g,cが増える割合
 というのがありますが,gがrより大きい場合PVは負となってしまいますがこれは何を意味しているのですか?直感的にはリスク(r)より成長率(g)
の方が大きいのでPVの値は大きく(高く)なると思うのですが..初歩的な質問ですがどなたかよろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は、「この手の利益還元モデルは、利益成長率が割引率に等しくなると、計算不能」って習いましたよ。

成長率>割引率にたどり着く前に、成長率が割引率に近づくにつれ、PVはどんどん大きくなり、割引率-成長率が限りなくゼロに近いと、PVは限りなく無限になってしまいます。でも、無限の株価が正当化できたって、現実には役に立ちませんから・・・。
これじゃ答えになってないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。よくわかり助かりました。

お礼日時:2002/01/31 21:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング