知人が交通事故後に記憶障害になっており、その原因調査のために脳PETによる糖代謝率の測定を行いました。
知人は、インターネットで正常人の脳PET画像を見付け、それと自分の脳PET画像を比較したところ、自分の画像には正常人と比べて赤い部分が少なかったそうです。知人は、「資料と比べて赤の部分が少ないのは、糖代謝率が低いということではないのか。」と聞きましたが、主治医は「画像の色は濃度を調整すれば赤の部分が多くなったり少なくなったりする。左右差がないので、問題はない。」と言ったそうです。色で血流量や糖代謝率を見るのが、脳PETではないのでしょうか?もし、色の濃度を変えられるのであれば、画像診断で異常を発見出来ないのではないでしょうか?脳PETで色の濃度の調整は可能なのでしょうか?教えて下さい。また、主治医は「約4mm以上の損傷でないと脳PET画像には捉えられない」と説明していたようですが、どうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、記憶障害は持続性なのか一時的なのかによります。

脳PETでわかることは、持続性障害の場合だと思います。1時的な記憶障害の場合は結果が出るとは限りません。で、質問についてですが、
>色の濃度の調整は可能でしょうか?  :可能です。
>4mm以上の損傷          :そのくらいだと思います。
知人の方は正常画像と見比べて、自身の画像が赤い部分が少ないことを気にしているようですが、正常画像でも年齢によって糖代謝の量が変わります。また、画像濃度やコントラストによっても変わります。当然、画像濃度やコントラストを極端に広げたりすれば、診断できない画像ができますが、普通は、取り込み濃度の上限値と下限値の範囲に自動的に設定されるようになっていますので故意に変えない限り診断には支障が無いと思います。担当医が左右差がなく問題ないと言っておるのであれば心配ないのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/26 09:28

たとえ話です。

わかりやすい例を考えていたらこんな形になりました。
悪意はありませんので、ご了承くださいませ。

知人がとある事情で夕方に「山」の写真を撮りに行きました。
知人は、インターネットで昼間に撮った「山」の写真を見付け、それと自分撮った夕方の「山」の写真を比較したところ、
夕方の「山」の写真には昼間に撮った「山」の写真と比べて色が黒ずんでいたそうです。
知人は、「資料と比べて黒ずんでいるのは、「山」が病気だということではないのか。」と聞きましたが、
主治医は「画像の色は日の当たり方によって変化する物なので、問題はない。」と言ったそうです。

>色で「山」病気を見つけられないんですか?
色ではわかりません「山」を何時撮るかで微妙に変化してしまうからです。


>主治医は「約4m以上の範囲で木が腐っていないと写真では捉えられない」と説明していたようですが、どうなのでしょうか?
木が腐るなり朽ちるなりして緑が無くなり土色になってしまっている箇所には何らかの異常が有ると思います。
その異常を写真で捉えるには、土色の箇所の大きさに一定の大きさ(約4m以上)がないと異常があっても読みとることは不可能です。
    • good
    • 0

専門外なのですが…



>色で血流量や糖代謝率を見るのが、脳PETではないのでしょうか?

脳PET画像は脳から放射された放射線の強さを表しています。そのため、色はPETで得られた画像を見やすくするために便宜的に付けられているだけです。やろうと思えば、脳全体を真っ赤に表示することもできる思います。PETで得られる画像は解像度が低いので色を使って見やすくする工夫がなされているでしょうね。また、「資料」と比べられたとのことですが上記のような理由で、あまり意味のあることではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPET-CT検査について

PET-CTの検査で肺マルチスライスCT検査がオプション検査で追加料金が必要となっていました。PET-CTは全身をCT検査する事だと思うのですが、なぜオプション検査なのでしょうか。PET-CTのCT検査とは通常のCT検査とは何か違うのですか教えて下さい。

Aベストアンサー

PET-CTのCTは本来の意味はPETの薬剤が出す放射線の「補正」に使うためのものです。本来の意味以上にPET薬剤の集積部位をCT画像と融合することで識別できるので役立っているものと思います。
当然CTは全身を撮りますが、PETに対するオマケであり、本来のCT検査の精度は保てないと思ってもらったほうがいいでしょう。

肺癌でもきわめて早期のものや前がん病変といったものなどでは、PET薬剤の集積がないものもあります。こういうのを見つける目的にマルチスライスCTを追加するのでしょう。

Q交通事故で脳挫傷、その後、脳梗塞。因果関係は?

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々もといたリハビリ病院に再々転院の予定です。

私が伺いたいのは事故と脳梗塞との因果関係についてです。交通事故の被害者であるため、治療費はすべて保険会社が支払っていましたが、脳梗塞を発症してからは「脳挫傷は事故によるものだが、脳梗塞は事故とは無関係なので支払わない」と、保険会社は主張しています。また総合病院の脳神経外科の主治医も、「脳挫傷の位置(右脳)と脳梗塞の位置(左脳)が違うし、脳梗塞は事故後1ヶ月以上たってから発症しているので、脳梗塞と交通事故との因果関係はないと考えています。しかしこれを判断するのは保険会社なので、ご家族と保険会社の間で話し合いをして下さい」とのことでした。

しかし今まで70年間、一度も脳梗塞を起こしたことのない人(患者は数年前、物忘れを気にして自分で医者に行きMRI診断を受け、大丈夫とのお墨付きをもらっている)が突然、しかも交通事故の1ヵ月後というタイミングで、事故と無関係な脳梗塞を発症するものだろうか?、仮に直接の因果関係はないとしても脳挫傷による入院・リハビリ生活が引き金となって、脳梗塞を起こしたのではないか?、もしかしたら保険会社から医者に何か変な物でも渡っているのではないか??、などと疑心暗鬼になっています。

因果関係があるとしたらその立証責任は患者側にあるので、法律にも医療にも素人の私が訴訟を起こすのは難しいとは思いますが、お詳しい方のご意見を参考までに伺いたいと思います。なお念のため、今回の事故の件では弁護士を立ててあり、弁護士にもこれまでの経緯は逐一報告してあります。

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々も...続きを読む

Aベストアンサー

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます)
http://www.ajronline.org/cgi/content/abstract/154/6/1293

要約でも触れてますが、本文の冒頭では
「外傷後脳梗塞は頭蓋脳外傷後の合併症として知られている。多彩な複数のメカニズム(脳血管攣縮・血管圧迫・ヘルニアや偏移をきたすような近隣の圧排性病変による減衰・直接の血管損傷・塞栓症・脳全体の低かん流 等)がこの合併症に関連しているのかもしれない。」
と述べて13の参考文献を示してます。

ちなみに著者はメリーランド大の診断放射線科学の教授で
外傷放射線科診断学のプロ中のプロですな
http://www.umm.edu/doctors/stuart_e_mirvis.html

他にも関連する論文はいっぱいあります。

今回のケースで関連性が有るといえるかいえないかは
質問文からの情報では不足で詳細な経緯やCT画像がほしいところです
可能性はなくはないと思います

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます...続きを読む

QPET検査を勧められました・・・

私の彼が、肺炎で3週間ほど入院してるのですが、検査の結果があまりよくなくてPET検査を勧められたみたいです。
私はPETの知識が無いのでネットで調べてみたのですが、PET癌検査とか色々とあってよく分かりません。
もしかして肺癌じゃないか?と、とても不安になってきました。
彼には怖くて聞いてません。

肺炎の検査でPET検査を勧められるのでしょうか??

どなたかアドバイスをお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

こんにちは。

最近、娘(7歳)がCT検査でがんの疑いがあり、PET検査をするよう言われPET検査を受けてます。

PET検査はがん細胞の特徴(通常細胞より数倍も糖分を取り込む性質があります)をいかして検査をします。

検査前に糖分に放射性同位元素を合成したFDGという薬剤を注射し、1時間ほど安静にし撮影します。
がん細胞があると糖分を多く取り込み、そこに放射性同位元素も集まってくるので撮影するとうつります。
しかし炎症がある場合でもうつるようで、炎症かがんかわからないようなのが現状なので血液検査、CT検査を組み合わせ結果をだしていきます。

私の娘の場合は腫瘍マーカーは正常だけど、造影剤をしようしたCT検査でがんらしきものが見つかりPET検査となりました。
結果、PETでもCTと同じ場所にがんらしきものがうつってました。
娘の場合は採血では異常がないので原因がつかめず手術でその部位の細胞をとって検査(生検)する予定です。

PET検査はがんの疑いがある場合は、保険適用で3万円ほどです。
ガンの疑いがない場合は10万位します。

なんでもなければいいですね。

私が1ヶ月半位、肺炎で苦しんだことがあります。
40度近い高熱をぶり返し咳がひどく苦しかったです。
原因はマイコプラズマ肺炎でレントゲン、採血で分かりました。

お大事になさってくださいね。

こんにちは。

最近、娘(7歳)がCT検査でがんの疑いがあり、PET検査をするよう言われPET検査を受けてます。

PET検査はがん細胞の特徴(通常細胞より数倍も糖分を取り込む性質があります)をいかして検査をします。

検査前に糖分に放射性同位元素を合成したFDGという薬剤を注射し、1時間ほど安静にし撮影します。
がん細胞があると糖分を多く取り込み、そこに放射性同位元素も集まってくるので撮影するとうつります。
しかし炎症がある場合でもうつるようで、炎症かがんかわからないよう...続きを読む

Q父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は一切ありませんでした。

すぐに抗議しました。病気の受容ができない患者にカウンセリングもなく、いきなりうつ病の薬を処方するのはいかがなものか、しかも、なぜその説明がないのかと。抗議したら、パキシルとアメリは抜いてくれました。その後医師に説明を求めたところ、『リハビリの意欲が低下していたからパキシルを処方した、薬の説明をしなかったのは申し訳ない。』とのこと。

私は以前うつ病でない方がパキシルを飲み、昼も夜も寝っぱなしでヨダレを垂らしていた様子を見たことがあります。父も同様な状態になりました。リハビリに意欲的になるどころか、寝っぱなしで起きているのもやっとの状態。私たちはそれが手術のせいだと思っていました。今となっては、それが術後のためなのか、パキシルのためなのかわかりません。薬の効果があらわれるまで数週間かかるようですが、こんな状態を診てもなぜ薬を止めようともせず、更に25日分も精神薬をだしたのか医師に訊いても『意欲的になってもらいたかった』と言うだけです。
脳外科手術の後はてんかん症状が出るとかで現在はてんかん止めの薬を飲んでます。

ここで質問ですが、脳外科手術の後でパキシルを処方するのは一般的にされていることなのですか。適切な処方なのですか。手術からまだ1ヶ月程しか経ってませんが、父には痴呆の症状が出ています。いわゆる、まだらボケのような状態です。手術前は全く正常でアイパットを購入し、喜んで使いこなしていたのに、今ではパソコンも使えないことがあります。パソコンの電源を入れたまま、パソコンの前でボンヤリすることが多く、このまま良くならないのではと心配でなりません。脳外科に詳しい方や脳外科手術を経験されている方にアドバイスを頂きたく、どうかよろしくお願いします。

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は...続きを読む

Aベストアンサー

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を試してみるのが妥当だと思います。

 脳外科手術の後でパキシルを処方することはルーチンに行われるわけではありませんが、今回のように患者さんの術後の状態を見て主治医が処方することは十分ありうることです。また一般的に、脳梗塞後には脳血流の関係からかうつ病を発症する患者さんが一部いますが、そのような患者さんに対するパキシルなどの抗うつ薬の有効性は証明されています。

 現在のお父様の状態ですが、質問文を読んだ限りでの判断ではやはり手術時の脳梗塞が関与しているのではないかという印象を受けます。脳梗塞時には脳梗塞部位以外の脳血流も低下することがありますが、これらが正常化するには3カ月程度かかると言われています。また、脳梗塞後のうつ病が改善するには1年程度を要するとも言われています。従って今後お父様の症状がどの程度回復するかについては、術後最低でも3ヶ月間、場合によっては1年ほど経過を見ないと何とも言えないと思います。

 繰り返しになりますが、この回答はあくまでも質問の文章を読んだ限りでの判断ですので、実際についてはお父様の病状を最も理解されている主治医の先生にお尋ねになるのがよいでしょう。

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を...続きを読む

QPET検査

PET検査って臨床検査技師が行えるんでしょうか?
PET/CTは無理だと思うんですが、PET単体ならγ線の検出やし、シンチとそれほど変わらないような気がするんですが。routineで検査されている方が回答していただけるとありがたいです…。

Aベストアンサー

こんにちわ。初めてgooを利用させていただきます。
PET検査で撮影をしてる放射線技師です。

PET検査は放射線技師が撮影をします。
というのも、撮影は被写体から出る放射線を検出するだけではありません。
それだけでは画像がよくないので、CTのような感じで外部から同時に放射線(微量ですが)を被写体に透過させてます。
このことからPET検査は人体に放射線を当てる行為になるので撮影は放射線技師になります。

参考になれば幸いです。

Q脳腫瘍に伴う高次脳機能障害について

数年前から具合が悪く、心療内科に通院しました。
大学病院で検査をしましたが、症病がないと医師にいわれました。 
であれば、心療内科での自律神経失調症も誤診では?
と思いまして、残すはMRIの脳ドッグをうけたのですが
髄膜腫の脳腫瘍でした。

数年前からの体調不良の原因が分かったのですが
最近、高次脳機能障害を知りまして
この障害に近い兆候が数年前から感じられるのですが

この高次脳機能障害は手術後の障害としてのことなのでしょうか?
近いうちに手術を控えています。
執刀医に確認するとしたら?どういう点が必要ですか?

どなたかご教授願います。
意見ではなく、医学的な根拠を示していただけますと助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨がわからないのですが……

「この高次脳機能障害は手術後の障害としてのことなのでしょうか?」
「近いうちに手術を控えています」
文面から拝察すると、まだ、手術を受けていないのでは?
でも、高次脳機能障害を疑わせる症状がある……
この点について、質問者様が何をお聞きになりたいのでしょうか?

「執刀医に確認するとしたら?どういう点が必要ですか?」
何を確認したいのですか?
現在の高次脳機能障害らしき症状がどうなるか、ということですか?

つまり、何を心配されて、何をお聞きになりたいのか、
見えてこないのですが……

まず、現在の症状が高次脳機能障害に該当するかどうかは、
高次脳機能障害に詳しい医師の診断を受けてください。
そうでなければ、何がどうなっているのか、わかりません。
その上で、その原因が、現在の髄膜腫にあるのかどうか、
医師の判断を聞いて下さい。
診察をしていない第三者が答えることができる質問では
ありません。

現在の症状が、高次脳機能障害であるとして……
手術を受けて、現在の高次脳機能障害がどうなるのか……
これも、診察した医師でなければ、推測できる質問ではありません。
一般論して、現在の高次脳機能障害の原因が、髄膜腫にあるならば、
髄膜腫の手術が成功すれば、改善する可能性が高いです。

脳腫瘍の手術を受けて、高次脳機能障害になる可能性はあるのか?
というご質問ならば、一般論として、可能性はありますが、
確率は極めて低いです。
脳腫瘍の手術によって、周囲の脳を傷つける可能性はゼロでは
ありませんが、無理をして腫瘍を取り除くメリットと
多少、取り残しても無理をしないメリットを考えると、
余程の問題がなければ、無理をしません。

例えば、腹部の臓器ならば、多少無理をしてでも、腫瘍を完全に取り除く
メリットが大きいと思いますが、それは、摘出した部分の機能を残った
臓器がカバーしてくれる可能性があるからです。
しかし、脳の場合には、いったん傷つけると、その機能を回復させることが
できない可能性が高く、無理をするメリットがないのです。

この辺りも、主治医と良く相談してください。

ご質問の趣旨がわからないのですが……

「この高次脳機能障害は手術後の障害としてのことなのでしょうか?」
「近いうちに手術を控えています」
文面から拝察すると、まだ、手術を受けていないのでは?
でも、高次脳機能障害を疑わせる症状がある……
この点について、質問者様が何をお聞きになりたいのでしょうか?

「執刀医に確認するとしたら?どういう点が必要ですか?」
何を確認したいのですか?
現在の高次脳機能障害らしき症状がどうなるか、ということですか?

つまり、何を心配されて、何をお聞きになり...続きを読む

Q食道癌。術後PET検査。

質問よろしくお願いいたします。
親族が食道癌になり手術をうけました。

結果は声帯に癌が到達していて細胞レベルで残ってる状態です。

この前の検査でPET検査をしたそうで結果待ちなのですが、PET検査をするって事は可能性として癌が大きくなっていたり、転移の可能性が高いのでしょうか?
PET検査は癌がある程度大きくならないとわからないと情報だったので、、、

Aベストアンサー

PET検査は放射性グルコースを使って体内にあるがん細胞を見つける検査です。全身の「転移」の有無を調べて、食道がんの病期決定に役立てます。

QPET検査で放射能数億ベクレルって本当?

ある医療関係者の文章に

「がんで行うPET検査で1回に数億ベクレルの放射性物質が​入ります。」

あり一方ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%96%AD%E5%B1%A4%E6%B3%95
では、PETはCTより放射線の被ばく量が少ないとあります。

PET1回の検査の被ばく量
CT1回の検査での被ばく量を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.kishiwada.tokushukai.or.jp/pet/index.html
ググればいろいろな病院が出していると思いますが、だいたい同じくらいの線量ですね。

補足にある資料はいいと思いますが、半減期の影響で桁一つ違いますのでご注意を。
PETで使う18Fは半減期が110分程度で、かつ尿への排泄も早いので、この係数は質問者さんの想定よりも低くなると思いますよ。

Q透析患者のPET検査時の被ばく量の危険性について

透析患者です。
今回どうしても必要があり、PET検査を受けることになりました。
そこでお聞きしたいのですが、

(1)透析患者の場合、
 PET検査後に、放射性物質が体外に排出されずらく、
 被ばく量が心配です。

(2)代替検査としてMRIは造影剤を使うので、透析患者にはしないようですが、
 PET検査の危険性と比べてどうなのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

(1)尿排泄がしっかりできる方に比べると,若干被ばく線量は増えますが,問題になる線量差ではありません。むしろ尿へ排泄されたものが膀胱へ集まって濃縮される正常な方に比べて,腎臓や膀胱などへの被ばくは減るかもしれません。

(2)造影MRIは透析患者にはしません。腎機能の悪い方にMRIの造影剤を使用した結果,副作用で死亡例が知られるようになって以来,透析患者には禁忌です。質問者さんには,造影MRIという選択肢はありません。

PETをどうしてもうける必要がある状態とのことですので,おそらく被ばくするデメリットよりも検査を受けるメリットの方が大きいのでしょう。「PETの被ばくにより将来的に発がんなどをきたすかもしれないリスク」と「今ある病気の診断がつかないリスク」を比べてみてください。どちらのリスクが質問者さんにとって重要ですか。

Q視界が赤い:物が赤く見える(長文です)

同僚の件です。
一週間前、出先の仕事中にとても小さな砂利のようなものが、突然片方の目に入り、とても痛くて、すぐに病院へ行きました。結果は眼球にどこも異常はなく、2,3日様子を見るということでした。当日は少しまぶたは腫れていたようですが、目の奥の痛みだけで、充血もなく、見た目は正常でしたが、本人は異物が入った直後から視界が赤いと言っています。異物混入した目だけ、赤いサングラスを着けている感じだそうです。その間、とても細かい砂利のようなものが、数日に渡って、涙とともに出てきたらしいです。
2,3日で痛みはおさまりましたが、片方の視界だけがやはり赤いらしく、別の総合病院で検査してもらいましたが、原因はわかりませんでした。医師は医学では証明できないこともある、と言っていたそうです。MRIやCT検査はしていないそうです。
異物が入る前の視力は両目ともに1.5で現在は視界が赤く見える目だけ0.7だそうです。視界が狭くなったりはないようです。
どなたかこのような経験や知識のあるかた、アドバイスを頂けたらと思います。

Aベストアンサー

症状は「変視症」の一種の色視症(赤視)だと思われます。 経緯から推定すると一般的には網膜前出血が一番可能性がありますが、総合病院で検査を受けてれば、それは無いですよね。

とりあえず、似たような症状を起こす病状の紹介まで。
☆↓URL ご参考

参考URL:http://www.ocular.net/jiten/jiten017.htm


人気Q&Aランキング