内容をかい摘まんだコメントを下さい。

A 回答 (1件)

「内容をかい摘まんだコメント」ということは、つまり「あらすじ」ということなのでしょうか? それとも、それに対して「コメント」を付けろということでしょうか?



とりあえず、あらすじに関しては、ネット上を検索するといくらでもあがります。
たとえば、このサイトの「史跡」の項。
http://www.wbs.ne.jp/bt/sunzu/index.htm

面打ち師の芸術に関する狂気が、一般的には、やり切れなくも哀しい、すさまじい話……と取られるようですが、何らかの高みを掴むとはこういうことなのか……とも思わされる話ですね。

参考URL:http://www.wbs.ne.jp/bt/sunzu/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 有難う御座いました。とても良く解りました。!我家のルーツにも関わる事だったのですが、その事まで分りました。又、歴史の問題まで教えられました。改めて、お礼を申し上げます。又他にも質問しますから、見て下さい。

お礼日時:2002/01/29 20:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおしえてください。こんな内容の本

どうしても思い出せないのです。
ハードボイルドだったと思います。
・・・目を覚ますと知らない家族と住んでいて、自分はまったく思い出せない。
実は街自体が囲まれていて、元情報員たちの住む場所だった。
そこで殺人がはじまる。・・・
外国ものだと思うのですが、サムリーブスとかジェフリーアーチャーとか・・・
調べてみたのですがみつけられません。
もう一度読んでみたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「不思議の国のアルバイト探偵」大沢在昌著
ある事件を追っている最中襲われて 気が付いてみたら 見知らぬ家に見知らぬ家族。近所も全然見た事も無く 知らないのは自分だけで 聞いてみても「何言ってるの?」みたいに言われてしまう。しかし実は町全体が組織下にあり 元スパイ達の隠遁場所だった
・・・海外の著作ということなので 違うかもしれませんが 質問を読んでパッと浮かんだのがこの作品です「アルバイト探偵<アイ>」シリーズの一つですが たしか,この「不思議の国~」だったと思います 是非チェックしてみてください

Q自費出版した書籍に推薦コメントを頂くには?

自費で書籍を製作いたしました。
ISBN・JANコードも取得しました。
HPも作成し、そこから購入していただけるようにもしました。
Amazon e託販売サービスにも登録しました。
Googleブックスにも登録しました。
無理は承知で、取次店にも行ってみようと思っています。
一般の書店にもいくつか問合せしてみました。結果は今現在散々です・・・

で、自費製作した本に、推薦とまではいかなくても、著名な方?の感想やコメントを頂くには、どのようにすればいいのでしょうか?

ネットークションに出品もしていたのですが、落札して頂いた方からは、カンタンなコメントや感想を頂いています。

楽器(ギター関連)の書籍なのですが、楽器や音楽業界関係者などの方々の感想やコメントを頂ければと、
とてつもなく虫のいいことを思っているのですが、どのようなアプローチをすればよいのか分からず、悩んでおります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

感想やコメントを頂きたい相手に、ていねいな手紙をそえて本を贈呈してはいかがでしょうか。ファンレターと同じで、送るだけなら失礼にはあたりません。
送り先は出版社や音楽業界に問い合わせ、自宅住所がわからなければ所属事務所や出版社宛でもいいと思います。
ただし、それで返事をもらえるかどうかはわかりません。また、感想をもらえたとしても、それを自費出版本の宣伝的に使用していいかどうかはあらためて許可を得る必要がありますね。
あと、楽器関連の本とのことですので、各音楽雑誌の編集部にも贈呈するといいかもしれません。一般の出版社でも、このようにして数百冊を宣伝用に使っています。気づいてくれる、買ってくれるのを待つだけでなく、とにかくまず手に取って見てもらうことです。

Q「死者に頼るなんて傲慢」という意味合いの記述を含んだ本を探してます。

大変漠然とした質問で申し訳ないのですが、
ここ1年くらいの間に読んだ本の中に、

「都合のいい時だけ死者に頼ろうとするなんて生きている者の思い上がりである」

といった意味合いの記述の含まれた作品があったように記憶しているのですが、
それが誰のどの作品だったのか全く見当がつきません。

おそらく登場人物のひとりの台詞として語られた言葉だったと思います。
生きていく上で艱難辛苦に直面した際、つい生前親しくしていた故人を想って、
救いを求めたり、力を貸してほしいと願う行為を戒める台詞だったように記憶しています。
「死者に縋る」「死者を利用する」という表現だったかもしれません。

自分の読書の嗜好と作品の傾向から、浅田次郎、東野圭吾、山崎豊子あたりの、
著書の一覧を見ながら内容を思い返してみたのですが、
それらしい作品には行き当たりませんでした。

普段、文芸書を購入する習慣がなく、図書館からの貸し出しで済ませており、
借りた本の記録もないため、探す術がなく困っています。

もしかして、と思われるようなお心当たりがありましたら、
正確でなくても結構ですので、教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

大変漠然とした質問で申し訳ないのですが、
ここ1年くらいの間に読んだ本の中に、

「都合のいい時だけ死者に頼ろうとするなんて生きている者の思い上がりである」

といった意味合いの記述の含まれた作品があったように記憶しているのですが、
それが誰のどの作品だったのか全く見当がつきません。

おそらく登場人物のひとりの台詞として語られた言葉だったと思います。
生きていく上で艱難辛苦に直面した際、つい生前親しくしていた故人を想って、
救いを求めたり、力を貸してほしいと願う行為を戒め...続きを読む

Aベストアンサー

ごめんなさい。余談です。

TVドラマ「木更津キャッツアイ」の最終回で、
主人公公平くん(岡田准一)に恩師(薬師丸ひろ子)が
言っていました。
「生きている人間が死んだ人間に何とかしてもらおうなんて、
カッコ悪いし、傲慢じゃない・・・・」

失礼いたしました。

Q6年ほど前に読んだ小説のタイトルが思い出せない。。。

6年ほど前に友人から借りたフィクションファンタジー系の小説で、ふとタイトルが知りたくなったので、お分かりの方がいましたら教えてください。
内容は、それほど詳しくは覚えていないのですが、覚えている範囲で箇条書きにしておきます。

・主人公は剣道か何か武道を部活で習っている女子学生(高校生?)
・もう一人、体の大きくがっちりした大男で並外れた武道の達人
・その大男が英語教師か何かで、主人公とは教え子?のような関係でもある
・大男はどこかから呼び出しがあると、トイレなどに行って異空間?へ飛んで行く

と、たったこれくらいしか覚えていません。不十分かとは思いますが、これじゃないかと分かった人がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

「召喚教師リアルバウトハイスクール」シリーズでしょう。

Qこんな内容の本の題名を教えてください

 確か10年前後前の出版だったと思うのです。犬と人の心温まる短編集を集めた本です。一本は夫婦二人の暮らしだったんですが、ある日最愛の夫が病気でなくなります。その死んだ夫からクリスマスの晩にプレゼントが届きます。中には一人は寂しいだろうからと子犬が入っていたのです。という話。他には未来も希望も家に待っている相手も居ない男性の側に痩せこけた野良犬が餌を求めてやってきます。自分も食うに困っているので飼うつもりもなかったのですが、少しだけ食べ物を分け与えます。その犬は賢くて後をついてくる事はしないのですが彼が寂しい時や仕事が終わった後に側に来て餌をねだり、暫く一緒に居てまた、お互いの寝床に帰るのですが、いつの間にか必要な存在になり最後は引き取る。というような話だったと思います。他にもいくつかあったのですがはっきりと思い出せません。クリスマスの読み聞かせに使いたいと思っているのでご存知の方がいらっしゃいましたらどうか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ダイヤモンド社 こころのチキンスープ11
 「動物たちの贈り物」
ではないでしょうか。

2000年5月初版ですが、
少なくとも死んだ夫からのクリスマスプレゼントの話は載っています。

私も大好きな本です^^


人気Q&Aランキング

おすすめ情報