出産前後の痔にはご注意!

定数比例の法則とは、

水素:酸素=1:8
これが常に一定であるということですよね
これは、原子量の
H2:O=2:16
が、いつでも一定ということでいいですよね?
では、倍数比例の法則は
一酸化炭素
炭素:酸素=3:4
二酸化炭素
炭素:酸素=3:8
炭素質量比
一酸化炭素:二酸化炭素=1:2
???
これは、何が言いいたいのかが分からなかったです。
どうぞよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

No.2です。



No.2で書いた
---
12gの炭素(=1mol)を含む一酸化炭素は16gの酸素(=1mol)含み、
同じく12gの炭素を含む二酸化炭素は32gの酸素(=2mol)を含んでいます。
---
この部分について間違いありましたので訂正させていただきます。
酸素は分子式02で表されますので、酸素1molは32gが正しい表現となります。
つまり、16gは0.5molになります。
反応式が、一酸化炭素では
C+(1/2)[O2]→CO(本来反応式に分数は使わないのですが、炭素を基準にするために分数を使わせていただきました。実際の反応式は各項を2倍してください)
ですので、炭素1molと酸素0.5molが反応して一酸化炭素1mol、となりますね。

間違いを犯してしまい、大変失礼いたしました。
    • good
    • 0

おそらく、最後の「炭素質量比」は「(その物質に含まれる)酸素質量比」になると思います。


そう考えれば分かるかもしれません。

一応、追加で説明を。

定数比例の法則(定比例の法則)とは、物質が反応する際に反応に関係する物質の質量の割合は常に一定であるという法則です。
たとえば、よく例に挙げられる水では、ある質量の水素と、その8倍の質量の酸素が反応します。
2[H2]+[O2]→2[H2O]という反応をしますから、2molの水素(=2g)と1molの酸素(=16g)が反応します。
その質量比は常に1:8となりますね。

対して、倍数比例の法則とは、2つの物質(仮にA,Bとする)から構成される、異なる2つの化合物について、同じ質量のAから構成された2つの化合物に含まれるBの質量は簡単な比で表せる、という法則です。
たとえば、一酸化炭素と二酸化炭素の間では、
12gの炭素(=1mol)を含む一酸化炭素は16gの酸素(=1mol)含み、
同じく12gの炭素を含む二酸化炭素は32gの酸素(=2mol)を含んでいます。
ここで、二つの物質に含まれる酸素の質量比は、16:32、すなわち1:2になります。

これを定比例の法則を利用してあらわしたのが、質問者様の書き込んだ内容になります。
(もちろん、比を単純化しただけですので、そのまま質量に置き換えても意味は通じるのですが)
一酸化炭素が生成される反応では炭素3:酸素4の割合で反応し、
二酸化炭素では、炭素3:酸素8の割合で反応する。
記号に置き換えるなら、x:y=3:4、x:z=3:8.ではy:zは?ということになりますね。
(このy:zが簡単な比になるというのが倍数比例の法則)

原子量で考えて見ましょう。
一酸化炭素はCO。すなわち、C:O=12:16=3:4.
二酸化炭素はCO2.すなわち、C:O2=12:32=3:8.
(ここまでが定比例の法則で表される部分で、これ以降が倍数比例の法則で表されます)
一酸化炭素(に含まれる酸素):二酸化炭素(に含まれる酸素)=O:O2=16:32=1:2
    • good
    • 0

倍数比例の法則は、例えばその例の炭素質量比が1:2と『簡単な』整数比で表されることがポイントだったと思います。


このことにより、各分子の違いが、それを構成する要素(つまり原子)の個数の違いによるのではないかということが推論できます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q倍数比例の法則

「銅と酸素からなる2種の化合物A,Bがある。いま、そのおのおの1gから酸素を取り除くとAからは0.798g、Bからは0.888gの銅が得られた。この結果から倍数比例の法則が成り立つことを証明せよ」という問題がでたのですが、何をすればいいのか?どのような計算式を出せばいいのか?さっぱりわかりません。誰か教えてくれませんか?

Aベストアンサー

倍数比例の法則はドルトンが原子説を提案したときに唱えたものです。200年前の話です。この時にはまだ分子の概念もモルという考え方もありません。(アボガドロによる分子説の提案は1811年です。)
辞典では
「2つの元素AとBが化合して化合物を作るとき化合物が2種類以上できることがある。この時化合物中のA一定量に対するBの質量は簡単な整数比になっている」
と書かれています。教科書でも同じような表現だと思います。
これを元にして化合物が原子の組み合わせで出来ているということをドルトンは導いたのです。
質問されている問題で言うと銅と酸素の2種類の化合物で一定量の銅と化合している酸素の質量が簡単な整数比になっていることを示せばいいことになります。
A 銅 0.798g  酸素 0.202g
B 銅 0.888g  酸素 0.112g
銅1gと化合する酸素の質量を求めると
A 0.253g  B 0.126g
AとBで2倍違います。
これだけです。

よく教科書や問題集にあるCOとCO2の様な化学式を出して倍数比例を考えるという説明は意味がありません。
倍数比例の法則は化学式による物質の表現が確立する前の話です。
こういう説明をするのであれば化学史上の法則をわざわざ教科書で取り扱う必要はありません。
 

倍数比例の法則はドルトンが原子説を提案したときに唱えたものです。200年前の話です。この時にはまだ分子の概念もモルという考え方もありません。(アボガドロによる分子説の提案は1811年です。)
辞典では
「2つの元素AとBが化合して化合物を作るとき化合物が2種類以上できることがある。この時化合物中のA一定量に対するBの質量は簡単な整数比になっている」
と書かれています。教科書でも同じような表現だと思います。
これを元にして化合物が原子の組み合わせで出来ているということをドル...続きを読む

Q倍数比例の法則

窒素化合物A、B、Cを分析して以下の結果を得た。これが倍数比例の法則に合致することを説明せよ。
     A       B    C
窒素  63.63   46.67  30.44
酸素  36.37   53.33  69.56  単位:重量%

という問題がわかりません。これ以上何も書かれていませんので、たぶん出来ると思うのですが、私にはとけませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それぞれの物質ABCが含有する窒素の値が100g含むとすると
それぞれの物質がどれだけ酸素を含むか計算してみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E6%95%B0%E6%AF%94%E4%BE%8B%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

Q燃焼熱から生成熱を求めるとき

炭素・水素・メタンの燃焼熱から、メタンの生成熱を求めるとき、「メタンの生成熱=炭素の燃焼熱+水素の燃焼熱ーメタンの燃焼熱」で答えが導き出せるようなのですが、どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
炭素の燃焼熱=二酸化炭素の生成熱、水素の燃焼熱=水の生成熱だということは分かります。

これは、(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式と何か関係があるのでしょうか。

また、基礎的なことなのですが、生成物はどういったもので、反応物はどういったものだという理解ができていません。簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、炭素や水素を燃やしてしまうときの反応熱(1)と、炭素と水素からメタンを一旦作る反応熱+メタンを燃やしてしまうときの反応熱(2)は等しくなるはずです。つまり、
Cの燃焼熱+H2の燃焼熱(2mol分)=メタンの生成熱+メタンの燃焼熱

なお、
>(反応熱)=(生成物の生成熱の和)-(反応物の生成熱の和)という式
を知っているのならできないはずがないと思います。
メタンの燃焼の熱化学方程式
 CH4 + 2 O2 = 2 CO2 + 2 H2O + Q
をそのままその式に当てはめればよいのです。
 反応熱Q=(CO2とH2Oの生成熱の総和)-(CH4とO2の生成熱の総和)
生成熱は、(最も安定な)単体から作るときの反応熱なのは当然理解していますよね。
ではO2の生成熱が0となることも自明ですよね。

>簡単に言うと、生成物とは何で、反応物とは何なのでしょうか。
読んで字のごとくです。そのままです。日本語の問題です。
生成物とは生成する物で、反応物とは反応する物です。
反応物が反応して、生成物が生成します。化学反応式では
 反応物 → 生成物
です。

>どうしてこのようにしてメタンの生成熱が求まるのかがわかりません。
ヘスの法則(総熱量保存の法則)は理解していますか?
反応熱の総量を考える場合、どんな道筋をたどろうと、最初と最後の物質で決まると言うものです。
この法則より、...続きを読む

Qドルトンの原子説について

ドルトンの原子説についてなんですが、その要素を5つ書けという課題が出たのでまして、いろんなサイトや文献を当たってみたのですが・・・・それぞれなんかばらばらなんですが・・・
(1) 原子は物質を構成する不連続な粒子であって、既知の化学的操作によって分割できない。
(2) 同一元素の原子は同じ性質で、重量も等しい。
(3) 異なった元素の原子は重量、親和力などの性質が異なる。
(4) 化合物は異なった元素の原子が簡単な整数比で結合される。
(5) 元素の結合重量の割合は、原子の結合重量の割合を示す。

これで正しいのでしょうか?
そのほかにも化学変化は、原子の集まり方が変わるだけで、原子は無くなる事も、新しく生まれる事もないというのとかもあったのですが・・・

Aベストアンサー

色々な説があるかどうかはわかりませんが、学校では
(1)すべての物質はそれ以上分割できない小さな粒子である原子からなっている
(2)同じ元素の原子は質量や性質が同じで異なる原子はこれが異なる
(3)化合物は異なる原子が決まった数で集合している
(4)化学変化は原始の集まり方が変わるだけで原子は無くなることも新しく生まれることもない
ほぼ内容は同じだと思います。(2)にあたるのが(2)と(3)に分かれただけだと思います

Qアルカリ性と酸性、中性の違いを説明したいです。

小学生の子どもにアルカリ性と酸性、中性の違いを分かりやすく説明したいです。良い方法はありませんでしたか?

Aベストアンサー

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の物質はありますが口に入れると良くないものもあります。リトマス試験紙を使うとそういうものでも調べることが出来ます。その場合でもまず酢、レモン汁、などで色の変化を確認しておいてから同じ色の変化をするものは酸性であるという調べ方になるでしょう。赤く変色するものは酸性であるということから入るのは方向が違うと思います。
酸性であっても弱くなると色の変化は分からなくなります。
炭酸水の酸性はリトマス試験紙ではわかりません。

アルカリ性は酸性を打ち消すものとして理解されていました。積極的な性質というよりは裏返しの性質です。

食品の中には酸性のものが多いです。私達の体は普通の酸性には対応できるようになっています。お酢を使ってわざわざすっぱくしたものをおいしいといって食べているのです。
それに対してアルカリ性は食品として経験することがほとんどありません。アンモニアの臭いは悪臭の代表です。危険な物質としてセンサーが敏感に働くような仕組みになっているそうです。きついアンモニアの臭いのする食べ物もあるようですが普通の人はほとんど食べないものです。
身近な物質で臭いのしないアルカリ性のものといえば
石灰(水酸化カルシウム、酸化カルシウム)、重曹(炭酸水素ナトリウム)、石鹸、洗剤
でしょう。
以前は運動場の白線引きは石灰を使っていました。風で舞い上がった粉が口に入ったり、目に入ったりでいやな思いをしました。
目に入ると痛いです。口に入ると苦いような変な味がします。石鹸が目に入ったり、口に入ったりした場合でもいやな思いをします。
重曹はアルカリ性が弱いのであまりいやな味は感じません。しかしホットケーキに重曹を入れすぎると味が悪くなります。炭酸水素ナトリウムは二酸化炭素を出すとアルカリ性の強い炭酸ナトリウムに変わります。この炭酸ナトリウムの量が多くなると味が悪くなるのです。洗剤には炭酸ナトリウムがかなり入っています。アルカリ性は強いです。

鉄釘をお酢の中に入れると泡をだして溶けていきます。石灰水を加えると釘を溶かす能力がなくなってしまいます。
水で薄めた時は少し弱くなるだけで能力はなくなりません。
石灰水と水とを同じ量だけ加えて比較すると中性とアルカリ性の違いがわかります。

石灰水は海苔やおかきの缶の中に入っている乾燥剤を水に溶かすといいでしょう。でも取り扱いには注意が必要です。身近にある危険な物質の代表でしょう。子供には危険であることを教えてやってください。

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の...続きを読む


人気Q&Aランキング