今日、発売のA○RAに『「こころの風邪」といわれるけれど、うつ「治る」「治らない」の裏』という記事があります。うつ病は「こころの風邪」と呼ばれるほどポピュラーな病気になった。だが、薬の進歩で8割まで治るとされる一方で、治らないと訴える患者も増えているとの指摘も目立つ。うつ病の複雑さが明らかになってきている…、とあります。本当はうつ病ではないとわかっていながらも、患者に納得されやすい、本当の病名だと患者が離れていってしまい治療ができないので、うつ病と告げているケースが多いとあります。擬態うつ病と言うそうですが、その背景には薬価の高い抗うつ剤が本当のうつ病とはいえない患者にも処方されていることがあるとあります。
 私の場合は、気分の落ち込みと、おっくう感があり、うつ病だと思い受診しましたら、うつ病ではなく、抑うつ神経症と言われ、抗うつ剤は処方されていません。もし、うつ病だと言われていたら、それを治そうとしていたかもしれません。また、抗うつ剤を処方されていたら、それに頼っていたかもしれません。
 本当の病名を言っていただいて感謝しています。医師は本当の病名を言って欲しいと思います。どう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ddiibbさん、いつもご回答を参考にさせてもらってます。

buranです。
この話題はネットでも積極的に活動されている林公一先生も「擬態うつ病」(宝島新書)で、問いかけておられますが、私の意見としては「半々」というところでしょうか。
と言いますのは、医者が本当にその人をある病気であると診断することが精神系の病気では難しいんじゃないか?という疑問を私自身が持っているからです。
治療歴で言えば私も「うつ病」歴6年になりますが、今までにかかった医者は5名。それぞれの先生がわたしのにつけた病名は、
「抑うつ神経症」→「(単極性)心因性うつ病」→「心因性双極性2型気分障害」→「ラピッド・サイクラー」→「心因性の単なるうつ症状(病気ではない)」→「内因性双極2型気分障害」→「内因性受動攻撃型人格障害」→「気分変調症」
と、変遷しています。もちろん、その時々で気分や症状が違うとはいえ、ここまで変わると、本当の病名であろうがそうでなかろうが、分からなくなってきます。
各医師にもちろん何故かを問いましたが、「見立ての違い」と言う返事でした。
現在は、薬は不眠対策だけでいいとのことで、睡眠薬以外は予防目的のリーマスと副作用止めのミオナールだけです。
私が自覚する症状は決して変わってはいないのです。波があることは認めますが、自殺企図もあり未遂もやらかしました。うつが極期に来ると起き上がること話すことも考えることもできません。
この間、薬も医者は一通り試されました。入院したときにそのリストをそのときの医者と看護士に見せたところ「人体実験」と言われました。悪性症候群を起こしかかっていたのです。
本当の病名を言ってほしいという思いはありますが、プラセボ効果が期待できるのならば、場合によっては別病名でもいいと私は思います。
(例えば、会社に出す診断書、本人が服薬しやすい環境作りなど)
そのあたりが「半々」と私が思うところなんです。

極論ですが、症状を軽減することができるのなら「本当の病名を言わない」というオプションを使ってでも治る手助けをしてほしい、いらない副作用を導くようなむやみに高い薬を大量に使わないでほしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答をいただきありがとうございました。
>医者が本当にその人をある病気であると診断することが精神系の病気では難しいんじゃないか?
 考え込んでしまいました。私は、精神科医は経験を積んでおり、一目診ただけで、直感的にうつ病であるか、そうでないか、わかると思いこんでいました。しかし、可能性として、本当はうつ病ではないことすらわからないまま、抗うつ剤を処方していることもありえますね。抗うつ剤が効いたら、うつ病だったと判断できる訳です。抗うつ剤が効かないので、うつ病ではないという診断になるケースも多いかもしれない。はじめに、病名を確定してから、治療を始めるのではなく、疑いがあるので、抗うつ剤を処方してみようとする場合が多いのではないか。そんな気がしてきました。
>症状を軽減することができるのなら「本当の病名を言わない」というオプションを使ってでも治る手助けをしてほしい
 不安感が強い、たとえば、不安障害のような場合、うつ状態がみられた場合で、本人がうつ病といわれた方が良いような場合もあるかもしれません。そういうオプションもあってもいいと思うようになりました。
>いらない副作用を導くようなむやみに高い薬を大量に使わないでほしいと思います。
 悪性症候群について調べてみました。抗うつ剤は副作用が少なくなったといっても、抗コリン作用が少なくなったという意味で副作用が少なくなったのですね。悪性症候群は大変重大な副作用であることは、昨年、ある評論家の娘さんがそれで亡くなり、裁判になっていることを知り、一部で問題になっていることがわかりました。それを起こしかかっていたとは、さぞや大変だったことだろうと思いました。

 副作用の頻度は低いからといって、うつ病かどうかの診断もつかない段階で、抗うつ剤の投与は止めて欲しいと思いました。

 

お礼日時:2002/01/29 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病だと必ず、抗うつ剤が処方されるのですか

 うつ病と診断されれば、必ず抗うつ剤が処方されるのですか。たとえば、最初はうつ病だったけれど、今は抗不安薬だけが処方されている場合は、うつ病が治り、神経症だけになった場合もあるのでしょか。

Aベストアンサー

先日も質問された方ですね。

まず、抗うつ薬が処方されるかどうかは、抑うつ症状の程度(あるいは内容)によると思います。少なくとも、中等症~重症の方には間違いなく抗うつ薬が処方されると思いますが、軽症となると微妙です。

「うつ病」という診断が、もしDSM-IVやICD-10などの国際的に認知されている診断基準の「大うつ病エピソード」や「うつ病エピソード」を満たす場合(すなわち“本当のうつ病”の場合)は、たとえ軽症であっても抗うつ薬が使用されると思いますが、もし「気分変調症」といういわゆる「抑うつ神経症(神経症性うつ病)」に近い病態の場合には、精神療法だけ、もしくは抗うつ薬は用いず抗不安薬だけで治療される場合もあるかと思います。

当然、うつ病と何らかの神経症が合併している方の場合には、その治癒過程において、抑うつ症状だけが残ったり、神経症症状だけが残ったりする場合があり得ますので、処方される薬もその時々の状態に応じて変わることが予想されます。

したがって、発症時はうつ病であった方がその過程で神経症症状を発現し、その後抑うつ症状の改善に伴って、抗不安薬だけで治療が行われるということは十分あり得ると思います。

ちなみに、うつ病の既往のある方の場合には、再発防止や薬物依存性の問題などを考えると、抗不安薬よりも抗うつ薬による維持療法が行われるべきであるという考え方が一般的です。

長くなってごめんなさい。

先日も質問された方ですね。

まず、抗うつ薬が処方されるかどうかは、抑うつ症状の程度(あるいは内容)によると思います。少なくとも、中等症~重症の方には間違いなく抗うつ薬が処方されると思いますが、軽症となると微妙です。

「うつ病」という診断が、もしDSM-IVやICD-10などの国際的に認知されている診断基準の「大うつ病エピソード」や「うつ病エピソード」を満たす場合(すなわち“本当のうつ病”の場合)は、たとえ軽症であっても抗うつ薬が使用されると思いますが、もし「気分変調症」といういわゆ...続きを読む

Qうつ病だが、抗うつ薬を処方してくれない

 うつ病として治療中ですが、抗うつ薬は、今はもらっていません。抗不安薬と睡眠薬だけ服用しています。うつ病としてと書きましたが、先生は、そうおっしゃったことがありますので、そう思っています。
 落ち込むときはよくあり、なんとなく、億劫です。
 しかし、抗うつ薬は、最初の1ヶ月もらっただけで、あとは、ずっと、抗不安薬と睡眠薬だけです。
 症状が改善されず、うつ病だったら、抗うつ薬を引き続き処方されるのではないでしょうか。
 うつ病とは何なのでしょうか。本当はうつ病ではないのではないかという疑問が湧いてきます。焦りはないのですが、不思議ですし、不安です。どうして抗うつ薬を処方してくれないのか。先生は、そういううつ病だからですとしか、答えてくれません。
 要領の得ない質問でごめんなさい。抗うつ薬が効かないうつ病かもしれないと思ったりもするのですが…。

Aベストアンサー

myeyesonlyさんの回答を見ていて気づいたことがあったので追記いたします。
前回の回答で、副作用の経験を記載しましたが、私の場合、その後、医者を変えました。2件目の医者に、薬の副作用のことを言ったので、今、薬を使わない治療を行っているのかもしれません。ただ、1件目の医者にくらべて、2件目の医者の方が、私個人としては、とても信頼しています。(「鬱病に効く薬がどれなのかは、ある程度試してみないとわからない」という事は、医者から聞かされて頭では理解しているのですが、副作用で苦しんだ経緯があると、どうしても信頼出来なくなってしまうものです。)
dance2002さんも医者が信頼出来ないのであれば、通院先を変えるもしくは、大きな病院なら、担当医を変えてもらうなんていうのもいいかもしれません。
あと、他の鬱の方にもアドバイス差し上げたのですが、このページをプリントアウトして医者に見てもらうなんて言うのもどうでしょうか?

Q私は25歳なんですが うつ病で精神科に通っており 抗うつ剤を処方されており 服用してから大分調子が良

私は25歳なんですが
うつ病で精神科に通っており
抗うつ剤を処方されており
服用してから大分調子が良くなってきたので
社会復帰しようと思い今月アルバイトの面接を
受けます。まだ手遅れでは無いですか?
私はこれから自立できるのでしょうか…。

Aベストアンサー

>手遅れでは無いですか?
>自立できるでしょうか

他人に聞くようなことではない気がします。
なぜなら、すでにあなた自身がアルバイトをする決意(面接の予定)してるじゃありませんか。つまり、あなたが決めたことですよね? もうそのスタートラインで、走り始める号砲を待っているところですから、あなたならきっとできます。

あなたにとって手遅れでも何でもありません。あなたが他人の自立を心配している訳ではない・・、自立しようとしているのは、他ならぬあなた自身じゃありませんか? 今の気持ちが大切なんです。
25歳、バリバリの若者なんですから、できると信じましょう。自分を信じることは、何をするにも基本中の基本です。

ところで、変なこと言いますが、聞き流しても構いません。そもそも、精神科へ行った動機と言うか、自分がオカシイと、自分から進んで行ったんですか? 
精神科(心療内科)を受診すると必ずと言っていいほど、「うつ病にされてしまう」という現実をご存知ですか?
心の病の大部分は、考え方次第でどうにでもなる曖昧なところもあり得るわけです。ネガティブな考え方にこり固まっていては”うつ”にもなるし、日ごろから、ネガティブな考え方をポジティブに直そうと努力すれば、”うつ”には至らないかも知れないということです。

ちょっと面白い記事を見つけました。参考まで。
 http://wakarimashita.net/c001/20170101150041

>手遅れでは無いですか?
>自立できるでしょうか

他人に聞くようなことではない気がします。
なぜなら、すでにあなた自身がアルバイトをする決意(面接の予定)してるじゃありませんか。つまり、あなたが決めたことですよね? もうそのスタートラインで、走り始める号砲を待っているところですから、あなたならきっとできます。

あなたにとって手遅れでも何でもありません。あなたが他人の自立を心配している訳ではない・・、自立しようとしているのは、他ならぬあなた自身じゃありませんか? 今の気持ちが...続きを読む

Qなぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソード

なぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました。先生いわく、ルーランには抗うつ効果があるとのこと。セロトニンアンタゴニストのルーランになぜそんな効果があるのでしょう。そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?

Aベストアンサー

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用機序で作られてるに過ぎません。
双極性障害のうつ状態は、うつ病性障害のうつとは同一視されていません。
どちらも現在の所、ハッキリした原因は解明されない「原因不明の精神障害」です。

>セロトニンアンタゴニストのルーラン
全てのセロトニン受容体に拮抗する訳じゃないですよ。
セロトニン5-HT2A受容体には拮抗作用だけどセロトニン5-HT1A受容体へは作動作用する。
非定型では坑うつ作用が強いと言われてるエビリファイと同様に
5-HT1Aへのアゴニスト作用が坑うつ作用を持つと言われている。
同様にリフレックス錠もセロトニンの増加でセロトニン5-HT1A受容体を刺激して
坑うつ作用を生み出しています。
全て、同じ様な作用機序を持ってるのです。

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用...続きを読む

Qインターネットを見てもうつ病を抗うつ剤によって克服

製薬会社はそれでも抗うつ剤で完治しますとのたまうのでしょうか?

Aベストアンサー

完治する人も居ます。
製薬会社は全員が完治するとは言っていません。
病状が「軽快するケースがある」と言って販売の許可を取っています。
ある薬で軽快する人も居るし、しない人も居ます。
うつ病の場合運が良くて半年、運が悪いと十年以上「効く薬」を探し回り、難治性で電気ショック療法でやっと軽快するが再発を繰り返す人も居ます。
別に製薬会社の味方をして儲かるわけではありませんが(儲けさせてくれるなら嬉しいが)製薬会社を非難する理由は特に無いと思います。
イミプラミンでうつ病の多くの人の症状が軽快する事が医学界で広く認められるまでには長い時間がかかりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報