明日高速に乗るのでガソリンスタンドでガソリンを入れるついでにエンジンルームを見てもらったのですが、お店を出る直前で店員さんから「バッテリー古くなってますから気をつけてくださいね」と声をかけられました。
え?と詳しく聞きたかったのですか、もう車道に半分でかかっていたのでその言葉の意味が気になりながらも帰ってきてしまいました。
バッテリー液は補充してもらったのですが、バッテリーが古いとどういう点で気をつけなくてはいけないのでしょうか?
運転しているくせに車の知識がほとんどなくこんな質問をして恥ずかしいのですが、明日の運転とても不安なのでどなたかお詳しい方どうぞ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

バッテリーが古くなったからといって、致命的なトラブルにつながることはありませんが、バッテリーが寿命になると、当然のことながらエンジンがかからなくなります。


そして、バッテリーの寿命は「突然」やってきます。昨日までちゃんとエンジンがかかっていたのに、今朝は、うんともすんとも言わなくなった、なんてこともよくあります。
自宅の車庫でなら、まだ救いようがありますが(タクシーや替りの車を使うなど)、旅先で、しかも近くにバッテリーを売っている店がないと、もうお手上げです。
スタンドの店員さんの言葉は、もちろん売り上げのためでもあるのですが、「早めにバッテリーを交換しておいたほうがいいですよ」というアドバイスでもあるのです。
    • good
    • 0

他の方のコメントに『致命的なトラブルになる事はない』


とありますが、多少は問題ありまっせ。
例えば、ウチの車の様に、ハンドルを一杯に切ると、
パワステのアクチュエーターに電気を食われてエンスト
しちゃうとか。住宅街などの狭い道でハンドルを切ったら
エンストしたり、交差点でUターンする時にエンストした
時も、すぐに再始動できた事もあり、無事でしたが、あと
少し再始動に手間取ったりすれば、事故につながる可能性
もあったと思います(特に交差点のUターンの時)。
あとは、夏場に公園の駐車場の車1台分の道幅しかない
出口でバッテリーが上がってしまい、後続に大渋滞を
起こしてしまった事もありました。

と言う事で、あまりにも古いバッテリーなのであれば、
トラブルが出る前に交換する事をお薦めしますよ。
    • good
    • 0

走行中やエンジンが掛かっている状態では、少なくともここ最近の車では、充電不足に陥ることは稀でしょう。

ただしオプションやフォグランプなどを沢山つけている場合は除きますが。前の方が仰る通りバッテリーがだめになっても、それが直接事故につながるようなことは極めて稀であるといってよいでしょう。極めて稀ではありますが、バッテリー内の電解液が極度に減っているのに気が付かず、そのままで使用した結果、バッテリーが内部でショートし、充電時に発生した水素ガスに引火・爆発し、火災に至った例が無いわけではありませんが、これなどは極めてメンテナンスの悪い状況での酷使が原因で、めったなことではここまでは行きませんが、バッテリーが上がるということは=エンジンが掛からなくなるということなので、事故とまでは行かなくても不便な思いをすることは間違いありません。また、普通車のバッテリーであればそれほど高価なものでもないので、点検を受け(液の量だけでは良否を判断できません。液の比重計測や負荷試験をしてみないと良否の判定はできないものなのです)そろそろ危ないというような判定を受けた場合は交換してしまう方が安上がりかも知れません。出先で掛からなくなれば不便な上に出張でかけてもらうにしても、出張代金や工賃が掛かります。バッテリーの交換自体は比較的簡単な作業なので、ホームセンターやカーショップでバッテリーを購入し、ご自身で交換してみる方法もあります。バッテリーをご自身で交換する場合は再度投稿してください。詳細な方法を記述します。また、参考URLに交換の方法を記載してあります。

バッテリーの寿命は平均的にみて2年~3年程度と考えておいたほうが良いでしょう。もちろん使用状況によってはもっと長く持ったりもっと短かったりしますが、最近のバッテリーは以前のように補水の必要なものは少なく(MFタイプ)液量が減少しだすころにはそろそろ寿命ということが多いので要注意でしょう。また、寿命近くなると徐々に能力が落ちてくるのではなく、急激に能力が落ちる場合が多いのでこれも要注意です。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=156694
    • good
    • 0

極端な話です。


もし渋滞路で、バッテリーがあがってしまったら、最悪です。
やばいバッテリーの場合、アイドリング程度ではオルタネーターの発電量が追いつかず、バッテリーがあがり、エンストする可能性があります。

信頼できるお店で、しっかり点検してもらいましょう。
5年が経過しているバッテリーは、交換した方が無難です。
    • good
    • 0

バッテリー液を補充してラッキーでしたね。



高速運転ではクルマがバッテリーに”充電”をたくさんしますので、
バッテリー液不足のままだったら、バッテリーの寿命が縮んだかもしれません。
(逆に夜ばかり低速で運転すると充電不足になります。)

夜の信号待ちで、アクセルをふかすとヘッドライトの明るさが変化
(回転を上げると明るくなって、下がると暗くなる)が出てきたら
、バッテリーを交換しましょう。

では、いってらっしゃい!
    • good
    • 0

セルの回転が重いような感じがしていますか?


快調に回っているようなら、気にする必要はありません。
気になるようなら、バッテリーの比重を測定してもらいましょう。
ガソリンスタンドでも測定器具を持っているでしょう。
十分に充電した状態でも比重が上がらなくなるとバッテリーの寿命です。
ガソリンスタンドの店員の術中にはまっているようですが、店員の声を掛けるタイミングが絶妙だったのでしょう。
バッテリーの点検をするなら、ガソリンスタンドは営利優先の場合が多いので、ディラーに相談に行ったほうが安心です。
>が古いとどういう点で気をつけなくてはいけないのでしょうか?
単に「気をつける=気に掛けるように心がける」でよいと思います。
明日のドライブではバッテリーのことはとりあえず忘れておきましょう。
しかし、セルの回転が重いな~と感じているようなら、高速のSAでバッテリーの比重測定をお願いしましょう。
そうすれば安心の裏付けがいただけるでしょうから。
万が一、比重が不足している、バッテリーが品詞状態です。
といわれたら、交換するか、ウンを天に任せてそのまま走行し運悪く停車した後でセルが回らなくなったらブースターケーブルで助けてもらいましょう。
というわけで、「ブースターケーブル」だけは携行するように気をつけて下さい。
なければ購入しましょう。
    • good
    • 2

スタンドの店員さんの話は売上の為って部分も無きにしも有らずなのでそう深刻に考える事もないですがf^^;



バッテリーがちょっとお疲れくらいでしたら電装系部品の動きが「ん?」って思うくらいですのでとりあえずは大丈夫でしょう
ですが、本格的にお亡くなりになられてしまうとエンジン自体が掛からなくなってしまうので気を付けましょう。。。

バッテリーの寿命を見分ける事は使用状況などの環境に大きく左右されるのではっきり言って難しいですね(イクときは本当にすぐ逝きます)
前回のバッテリー交換はいつされましたか?
何年も経過しているのであれば、それなりにくたびれていると思われるので交換されても良いかな?と思いますよ
経験的に2年ごとくらいに交換すると調子良いみたいです

まぁ、そんなに高い物でもありませんし(デカい車とかは別だけど…)不安ならばさっさと交換してしまった方が安心できると思いますが?
    • good
    • 0

困った店員さんですね。

運転者に不安を与えるなんて。
バッテリーは古いからといって、危険と言うことはありません。というのは、バッテリーが上がってしまうと止まってしまうからです。従って、今現在、特に問題がなければ安心して乗っていてください。
後、バッテリーの寿命は使い方によって、1年から10年ぐらいまで持ちますが、だいたい4年ぐらいで交換するのがおすすめです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のバッテリーの危険性

こんにちは
車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが、
本当にそうなるのか、どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。
どういうことに気をつければ爆発とか、トラブルを未然に回避することができるでしょうか。特にバッテリーあがりなど時の回復時。
教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

>車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが

自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。
超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。
通常は、爆発・破裂する事はありません。
が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。

>どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。

通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。
走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自動制御で多くの水素ガスは発生しません。
躯体にある「ガス抜き穴」で、充分水素ガスを放出する事が出来ます。
が、ナッテリー上がりとか新規充電時など「充電器で充電を行う場合」は多くの水素ガスが発生します。
質問者さまも機械があれば、充電器で充電中のバッテリーを見て下さい。
躯体内の電極から、水素ガス(泡)が発生している事が分かりますよ。
※充電終期には陽極から酸素ガス、負極から水素ガスが発生します。

>どういうことに気をつければ爆発とか、トラブルを未然に回避することができるでしょうか。

どのバッテリーメーカーも「注意」を呼び掛けていますが・・・。
充電する場所は、日陰で風通しが良く火の気が無い場所。
充電を行う場合は、充電時に発生するガスを放出出来る様にバッテリー本体のバッテリー液充填口(ベント・プラグ)を開ける。
その後、充電を行います。
もちろん、過充電をしない事。
メンテナンスフリーバッテリーの場合、ベント・プラグがありませんよね。
※実際は、存在します。が、バッテリー設置時に充填口を塞いでいます。
この場合は、(出来れば)メンテナンスフリーバッテリー用の充電器を用います。
まぁ、年に数件「バッテリー充電時に火災」が発生しています。
注意する事に、越した事はありません。
余談ですが、同じ電池からみで・・・。
大韓反日民国に本社があるS社の有名携帯電話Gのバッテリーは、通常充電・使用でも爆発する可能性があります。
※まだ、最悪の状態になった事実はありません。たぶん。
電池が高温になり「皮膚火傷」「携帯電話暴走」が、世界各国から報告されています。
着火性の強い場所でG社の携帯電話を使えば、最悪怖い結末です。
バッテリーは、鉛でもリチュウムでも充分注意しましよう。

>車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが

自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。
超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。
通常は、爆発・破裂する事はありません。
が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。

>どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。

通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。
走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自...続きを読む

Q純正カーナビで走行中もTVを見られるようにするには?

新車を購入し、はじめて純正のカーナビもオプションでつけました。ところが、走行中は「安全のためと…」とTVが見られません。後付したときには見られたのに残念です。
もし、純正カーナビでも走行中も見られるようにできるなら、その方法を教えてください。
ちなみに、車はエスティマです。

Aベストアンサー

助手席の人がナビを操作したり、TVを見るのはぜんぜんOKですよ。

今回も、助手席の人の為ですよね!
その場合は、下を参考にしてください。

-----------------------
前回、助手席の人が見たいということで回答しましたのでリンクを参照してください。

全ての車で出来るかどうかはわかりません。
また、全て自己責任でやってください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1706179

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む

Qバッテリーの再生法

交換するたびに捨てずにおいた車のバッテリーが、6、7個あります。
普段、充電しておいて、災害時等の緊急電源に使えないかと思っています。
古いバッテリーを生き返らせる方法はないものでしょうか。
バッテリーに寿命がくるということは、そもそもなにがどうなることなんでしょうか。化学は門外漢なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

バッテリーの寿命と言うのは極板の活性物質の劣化やセパレーターの劣化が主な原因です。活性物質の劣化とは極板上で実際に電解液(希硫酸です)と反応する物質(鉛と二酸化鉛です)の状態が反応に適さない状態に変化してしまう状態のことで、もっとも顕著なのがバッテリーが上がった状態で長時間放置された場合で極板上に形成される鉛の硫化物の結晶が大きく成長してしまい。充電操作(電気分解ですね)によって用意に元に戻らない状態になってしまう状態です。この他にも極板に用いられる海綿状鉛(電解液との接触面積を広くするために特殊な形状に仕上げてある)の形状が徐々に崩れてしまい、有効な極板面積が減少し結果的に内部抵抗が高くなり電池の容量が低下する減少などです。また、電解液が蒸発し極端に少なくなるとセパレーター(各電極を絶縁するための部材)が電解液によって腐食し電極同士の短絡が起きる場合などです。

したがって、補充電をせずに長期間保存したバッテリーを復元するのは殆ど望み薄です。また、セパレーターが劣化している状態で不用意に充電すると、内部で電極の短絡が起こり、充電時に発生する可燃性ガス(水素と酸素、これは爆発的に燃えます)に短絡時に発生した火花で引火し、爆発の危険があります。バッテリーが爆発すると内部の電解液(希硫酸)が飛散し非常に危険です。

バッテリーの分解なども希硫酸の処理施設などがない場合は危険ですのでやめておいた方が良いでしょう。希硫酸を中和処理する際に有毒ガスや可燃性ガスが発生し取り扱いを誤ると、中毒や爆発の危険性があります。

使用済みのバッテリーは専門の業者かカーショップなどに引き取ってもらい正しく処理しましょう。それらの業者では内部の鉛などをリサイクルし安全に処理します。

バッテリーの寿命と言うのは極板の活性物質の劣化やセパレーターの劣化が主な原因です。活性物質の劣化とは極板上で実際に電解液(希硫酸です)と反応する物質(鉛と二酸化鉛です)の状態が反応に適さない状態に変化してしまう状態のことで、もっとも顕著なのがバッテリーが上がった状態で長時間放置された場合で極板上に形成される鉛の硫化物の結晶が大きく成長してしまい。充電操作(電気分解ですね)によって用意に元に戻らない状態になってしまう状態です。この他にも極板に用いられる海綿状鉛(電解液との接...続きを読む

Q軽ターボ車のオイル交換のサイクルは?

軽ターボ車に乗っています。新車で購入して丸年、3万3千km乗りました。
説明書には「5000kmでオイル交換を」と書いてありますが、
カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、
車に詳しい友人からは「5,000kmで十分」と言われるし、
中には「10,000kmでも大丈夫」という声もあるし・・・
ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので
今まではきっちり3,000km毎に交換していたんです。
エレメントも一回おきに交換しています。

私の愛車、本当は、どのくらいのサイクルで交換すべきなのでしょうか?
ちなみに、毎日90km位走り、しかも15分間は高速を走っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い)
2.ターボをガンガン効かせて峠を攻めるなんて走り方をする人たちは早く交換する。(1回で交換なんてのもあるみたい)
3.取り説ではふつう5000キロないし6ヶ月となっている。
4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。

等々が、使用条件などを抜きにしてごちゃ混ぜに語られるからでしょう。
 またオイルオタクっていう人種(あまり人のことは言えないです)もいて、それぞれに独自の交換サイクルを持っており、それを自信をもって語るっていうのもあったりしますからね。

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなど...続きを読む

Q走行中にナビを使う

こんにちは。
以前の質問で走行中にDVDやテレビを見たいという質問があったのですが、
それと似たような質問になってしまうかもしれません。
申し訳ございません。

MAZDA車に乗っており、ナビは購入時につけてもらいました。
パナソニックのHDDナビですが、MAZDA用に改良されているものみたいです。
サイドブレーキをひいていないとナビが使えないのですが、同乗者が走行中に
経路を見る事もあり、とても不便です。

サイドブレーキにつながるコードを抜いてみたのですが、逆に常にブレーキが
かかっている状態になってしまいダメでした。
ここまでうまくできていると、ナビの操作も携帯電話と同じように法律違反
なんでしょうか?
友人知人は走行中も使えるので、設定を変える方法はあると思うのですが
ご存知の方いらっしゃいますでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

すべて自己責任でお願いします。

ナビの走行中の制御には二通りあります。

1)サイドブレーキ
サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。
後付けのナビは、ほとんどこの方式です。

2)サイド+車速
サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。
純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。

で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。
まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番弱い状態でサイドを引き、車速が20km/h程度で走行します。

1)の場合は、テレビが映ったり、ナビが操作できます。
2)の場合は、スピードが上がってくると、TV画面が移らなくなったり、ナビが操作できなくなったりします。

では、解除の方法は、
1)の場合は、サイドブレーキをボディーアースします。サイドブレーキにつながっているナビの線を、車体の金属部分につなげることで、「サイドが引かれている」とナビが勘違いして映るようようなります。
抜くだけではだめですよ。

2)の場合は、
A)TVキットを購入する
特殊なナビをのぞいて、1万円前後で購入できます。そこそこ器用なら、自分で取り付け出来ます。
こういった物です。
http://www.tohshow.co.jp/start/tvtop1.htm

B)車速信号を殺す
1)の解除方法に”加え”て、
ナビにつながっている車速の線の間にスイッチを入れます。操作したい時だけそのスイッチをOFFにすると、車速「0」=停車とナビが勘違いして操作できるようになります。
この方法を使うと、スイッチOFFの時に、自車マークが動かなくなり、TVの裏画面でナビが停止するので、ルート案内をしなくなることがあります。しかし、スイッチを入れると、すぐにGPSで自車位置を修正して、再度案内が始まるので、特に問題はないと思います。

※車種やナビによっては、2)のB)の方法を取ると、「不具合が出る」場合もあります。この方法でも「解除できない」場合もあります。ですから、下のリンクの掲示板などでお乗りの車種やナビの種類を確認してから実行してください。
http://www.carview.co.jp/community/bbs/models.asp

ナビやTVが映っているだけでは違法ではありません。しかし、「安全」=違法or合法ではありませんので、そのあたりを十分にご理解して判断してください。

すべて自己責任でお願いします。

ナビの走行中の制御には二通りあります。

1)サイドブレーキ
サイドブレーキが引かれているかどうかで、走行中か停車中かを判断します。
後付けのナビは、ほとんどこの方式です。

2)サイド+車速
サイド1)の方法に加え、車速センサーから車速信号を取り、速度が「0」を判断する方法です。
純正ナビは、この方法を取っている場合が多いです。

で、まず、この1)か2)を見極めなければなりません。
まず、案ぜんな場所で、サイドブレーキランプが点く一番...続きを読む

Qバッテリー上がり ジャンピングスタート後の充電走行

コンパクトカーで、丸2日室内灯を点けっぱなしで放置し、バッテリーを上げてしまいました。

救援車はあるので、ジャンピングスタートで始動しようと思うのですが、
その後、どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろう
というところまで充電できますか?

バッテリーの状態によりけりなのは分かりますが、
ざっくり2~3時間なのか、いや足りない5~6時間なのか、はたまた30分も走れば充分なのか、
走らずアイドリングで置いておけば良いのか、
一般論で教えて下さい。
新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

Aベストアンサー

>どれくらい走れば、ひとまず次回の始動は問題ないだろうというところまで充電できますか?

他にも回答がありますが、原則「バッテリーは、エンジン始動用」です。
エンジンが始動すれば、発電機からの電気で充分賄えますからね。
じゃ、どの位走れば良いの?
発電機は、エンジン回転数で2500回転前後(一般走行)が発電量が大きい様です。
ですから、30分程度走行して下さい。
※AT車の場合は、ODをOFFにして3速で走行すればもっと効率的。
アイドリングの場合(エンジン回転数700回転前後)は、オーディオ・ナビ・空調など全てOFFにして約60分。
一番良いのは、充電器で3時間程充電する事ですが・・・。
その後、2時間程エンジンを停止。再度エンジン始動でOKでしたら、問題ありません。

>新車で2年目点検直後、走行16,000km、初めてのバッテリー上がりです。

2年程度だと、一度のバッテリー上がりでは交換の必要はありません。
もちろん、バッテリ上がり前よりも性能が若干落ちますが・・・。

Q加速しようとするとノックする

89年式のフォルクスワーゲン:ゴルフ5速MTです。
走行は12万km、車検は今年5月に通っています。

(平坦な道で)普通に加速しようとアクセルを踏むと”カクカク…”という感じでノックします。
2速や3速に入れていても発生します。
登りやカーブでは言うまでもありません。

なお、等速で走っているときは100km/hぐらいでも異常はありません。

原因として、どのようなことが考えられるかを教えて下さい。

Aベストアンサー

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感できるような振動やスムーズさを欠くような状態になることはまずありません。速度の低い状態で無理に高いギアでアクセルを踏み込んだり、エンジン内部に多量のカーボンが堆積していたり、点火プラグの熱価が不適当である場合に起こります。上記に照らし合わせて症状がノッキングであるならば、まずは点火プラグを外し点検してみてください。点火プラグの先端部分が黒く煤だらけになっていたり白っぽくなっている場合はプラグの熱価が不適正である可能性が大きいので、黒くすすけている場合は熱価の低い物に、白っぽくなっている場合は熱価の高いものに交換が必要です。正常な場合は食パンの耳の部分のような狐色になっているはずです。

ノッキング以外の症状である場合、アクセル操作に伴って起こると言うことですので、点火系統(ディストリビューターキャップおよびローター・プラグコード・点火プラグ)の異常がある状態でスロットルが深く踏み込まれるとエンジン内部での実圧縮比が定常回転時よりも大きくなり、点火火花が飛びにくくなります。この結果先に述べた点に絶縁の低下などがあると点火プラグ部分で火花が飛ばず、絶縁低下を起こした部分でリークを起こしてしまう場合があります。こうなると点火に失敗した部分ではエンジンは息をつくことになり体感できる振動や加速のスムーズさを欠くという状態になります。他には燃料噴射系統のトラブルで加速時の燃料噴射量の補正(一時的に定常状態より濃い混合気を作る)が正常に行われていない可能性があります。こちらの方は専門知識をもった上で無ければ点検も修理も不可能ですので、ディーラーなどで点検を受けることをお勧めします。

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感でき...続きを読む

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む


人気Q&Aランキング