『親が子供に対して時間とエネルギーを投資するのはなぜか?血縁度を使って説明せよ』という問題が出ました。さっぱり分かりません^^; どなたか、ヒントなどでもいいので教えてもらえないでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 


  親が何故、子どもに対し、時間とエネルギーを投資するのかは、基本的には、社会の制度の「学習」の結果だといえます。子どもを造ったら誰でも、子どもの世話をする親になる訳ではなく、子どもが邪魔で棄てたりする親も現にいるからです。
 
  しかし、ここでは、「血縁度」で説明せよということで、一体、どういう学問あるいは、知識を背景にして、こういう問題が出ているのかで考え方が違って来ます。タイトルの「生態学」はますます混乱します。
 
  しかし、血縁度というなら、まず、「血を分けた子」という言い方があるように、子どもは普通親に容貌や性格が似ていて、親も「自分の子ども」だという認識をもてます。血縁度が近いほど、この相似性が大きいのが一般です。ですから、親としては、子どもが、自分の「血を分けた」「分身」のような存在で、自分自身の一部とも思えるのが、親が、子どもに時間やエネルギーを費やす根拠というか、心理的な納得の理由でしょう。
 
  血縁度が近いほど、自分または「自分たち」の一部だということで、子どもの次には、兄弟姉妹同士で助け合うということも、赤の他人よりは多いですし、伯父・叔父・叔母・伯母と姪や甥などのあいだでも、血縁度が高いので、赤の他人よりは、協力や支援などを行います。これは、法律で「扶養義務」とかが決まっているからだとも言えますが、それが、親や叔父・伯母などにとって、自然なことにも感じられるので、法律の規定も、おかしくは思えないのです。
 
  上の説明は、自己の分身が、自分の子どもで、血縁が近いほど、分身であるということの意識・感じ方が強くなるというものでした。こういう生物的な基盤の上に、家族とか、親戚・縁戚と言った、血縁関係で結ばれた「一族」というものがあり、社会のなかで、こういう「一族」は、やはり、赤の他人とはまた別の共同体を造っているのだと言えます。これは血縁共同体で、しかし、社会にも近いのです。
 
  日本人の社会というのは、やはり、日本人の「血」を分け合った者同士という意識があります。そういうことでは、日本人の純潔性の仮想というか、一種の仮構のなかで、閉じてしまい、日本人である前に、地球の人類だということを忘れそうにもなりますが、「血縁」関係というのは、民族や国民にまで拡大して、どこの文化でも考えられたものです。
 
  話が飛躍しますが、国が、国民を守ると言うのも、国という、日本の血縁共同体の責任機関が、その子どもを守るのだという風にも比喩的には言えるのです。親がそのその子供に時間とエネルギーを注ぐと同じように、国も、国民に、義務教育や、奨学金制度などをもうけ、成長を望んでいるとも言えます。国にとって、若い国民は、やがて国を支えてくれる力となるのです。親にとっても、子どもは、血縁で繋がり、更に、養育などで、エネルギーを費やすことで、血縁だけでなく、事実上の親となり、子どもは、成長の後、血縁を基本として、多くは、親の力となってれるということです。
 
  少し話がそれましたが、これぐらいでヒントになりますか?
 
  「生態学」という視点だと、上に述べた「血縁共同体」が、社会の形式的な契約的な関係とは別に、人と人を、血縁度で結びつけ、社会のなかに、血縁の共同体の細胞のようなものを多数造っており、このような、形式社会と、血縁共同体社会の生態系が、人類の社会だと言えるのでしょう。形式社会は、若い後継者を大事にし育成しようとし、他方、血縁共同体細胞においては、それぞれの共同体が、血縁度に応じて、支援や養育の責任を担当しているという二重構造になっていて、家庭と国家という二重の生態的社会的構造が、子どもを育てるのだということになるでしょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しい回答ありがとうございます。
感激です! starfloraさんのヒントをもとに自分なりにまとめてみたいと思います。本当に、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 23:32

こんにちは。


「血縁度」の定義を教えていただけませんか?

 それはさておき、生態学において親が子を育てる、あるいはオオカミの群で乳母が他人の子を育てる、働きアリが子を育てる・・・・・といった生物における事柄を考える場合、ポイントは「いかに自分の遺伝子を残すか」ということです。
 親子の関係だと、子供には必ず自分の遺伝子が1/2入っています。この子を大人まで育て、子を例えば4人(匹)産んだとすれば、子の子は自分の遺伝子の1/4を受け継いでいますから、0.25x4=1、自分の遺伝子を1つ分残せたことになります。と、こんな具合に、親は自分のエネルギーを使って子を育てることによって、自分の遺伝子を後生に残すことができます。これが生態学的な考え方です。この自分の遺伝子いくつ分、とかいった指標を「血縁度」といっているのでしょうかね?私の時は「適応度」と習いましたが・・。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
非常にお恥ずかしい話なのですが、いきなりレポート提出せよ、と課題をだされたので、あまり授業に出席していませんでした・・・。ですから、私も「血縁度」の定義がわかりません^^; 本当に、申し訳ありません。質問者がこうだと、答えようもないですね・・・。
しかし、nyanzowさんの回答、非常に参考になります。おそらく、教授もこの回答を期待してらっしゃるのだと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2002/01/28 23:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動物と植物のエネルギー獲得過程について説明せよ

動物と植物のエネルギー獲得過程について説明せよ。
っていう問題なのですが、分かる方いますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
植物は太陽エネルギーを用いる光合成によって炭水化物を生成し、自らがそれを消費するため、「独立栄養生物」として自律しています。これに対しまして、動物は炭水化物の摂取を全て植物に依存していますので「従属栄養生物」という位置付けになります。
また、植物は「光合成独立栄養生物」であるのに対し、光合成以外のエネルギー獲得は「化学合成独立栄養生物」として分類されます。

さっきも書きましたが、質問の仕方を少し変えた方が良くないですか。これでは「丸投げ」と思われても仕方ないですよ。

Qセントラルドグマについて説明せよ

「下記の語句を用いてセントラルドグマについて200字から300字程度で説明せよ。
語句(DNA、リボゾーム、複製、転写、翻訳、mRNA、スプライシング、アミノ酸、タンパク質、tRNA)」
という問題です。

セントラルドグマについては理解していますが、それをうまくまとめることができません。
どなたかうまくまとめていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

真核生物と原核生物で違うのですが。
何が大変なのかな?と思ったら、200字~300字だとちょっと長いんですね。
高校の内容だけだと100字程度でで終わってしまうので。
基本的に高校の内容で大学の話もちょっと膨らませて書いてみます。
(逆にすべて大学の内容で書くと300字では足りないので)
あと真核生物での内容です。


DNAのプロモーター領域の上流のTATABOX付近にTFII(A、B、D、E、F、H)と
RNAポリメラーゼIIが開始前複合体を作り、転写を開始。
転写された前駆体mRNAの5’側にキャップ構造、3’側にポリAが修飾され、
その後、前駆体mRNAからイントロンを除去する過程である
スプライシングを受けRNAができる。
mRNAは核内から出て、細胞質でリボゾームが結合。
tRNAがmRNAのコドンに対応したアンチコドンのアミノ酸をリボソームまで運びタンパク質が合成される。
このmRNAにリボソームがつき、タンパク質が合成されるまでの過程を翻訳という。

214文字。
最初にも書きましたが、
セントラルドグマを100字で説明せよという概念的な事であれば関係ないですが
200字~300字となると少しだけ細かい内容を記述する必要が出てきて
そうなると真核生物と原核生物で違いが問題になるのであまり良い設問ではないです。
本来であれば、真核生物を例に、、、みたいな注釈が必要です。

複製は使いませんでした。本来セントラルドグマで複製は出てきません。

またすでに出てますが、逆転写酵素を持つレトロウィルスが出てきたり
近年ではマイクロRNAを代表する機能性RNAが出てきたりして
セントラルドグマの概念自体がかなり揺らいでいます。

正式な名称ではないですが、学会では上記の内容が古典的セントラルドグマと
呼ばれたりします。

真核生物と原核生物で違うのですが。
何が大変なのかな?と思ったら、200字~300字だとちょっと長いんですね。
高校の内容だけだと100字程度でで終わってしまうので。
基本的に高校の内容で大学の話もちょっと膨らませて書いてみます。
(逆にすべて大学の内容で書くと300字では足りないので)
あと真核生物での内容です。


DNAのプロモーター領域の上流のTATABOX付近にTFII(A、B、D、E、F、H)と
RNAポリメラーゼIIが開始前複合体を作り、転写を開始。
転写された前駆体mRNAの5’側にキャップ構造、3’側にポリA...続きを読む

Q芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要について説明せよ。

芳香族化合物の代表的な、生合成系2つ述べ、それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、それぞれの概要を説明せよ。

まず、この文章の意味が全然わかりません。
この難題が分かる方、是非とも、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは,生物の身体の中で色々な化合物が作られる事で,「生合成系」とはその過程(経路)です。つまり,「●●がXXに変わって,XXは△△に変換されて,・・・・,で**が作られる」ってこと。

 で,「芳香族化合物」が作られる経路には幾つかありますが,「代表的な経路」は2つです。#3 さんがあげてられる,「酢酸マロン酸経路」と「シキミ酸経路」です。

> それぞれから誘導される代表的な化合物名を示し、

 「上記の各経路で生合成される代表的な化合物の名前を挙げなさい。」ってこと。

> それぞれの概要を説明せよ。

 「例に挙げた化合物が生合成される経路を書きなさい。」ってこと。

 いかがかな?文系だったら,これで質問の意味は分かりますよね。模範解答は「天然物化学」の教科書でも見て下さい。

 ネット上にもこんなサイトありますが,書かれてる意味は解りますか?

  ◎ 植物成分について

 生合成研究はした事ありませんが,天然物化学屋としては基礎知識の部類ですので「専門家」としておきます。でも,内容は御自分で確認してね。

参考URL:http://www2.odn.ne.jp/~had26900/constituents/about_plant_constituents.htm

 この文章の意味が分からないと言う事は講義を真面目に聞いて無かったという事でしょうか。文系で何の説明もなく出される問題とは思えません。

 と,そんな事言ってても仕方ありませんから,簡単に説明しましょう。

> 芳香族化合物の

 「芳香族化合物」とは簡単に言えば,ベンゼン環を持った化合物の事です。#3 さんも書かれていますが,「芳香物質」は香りを持つ化合物の事で芳香族化合物以外にもあります。つまり,両者の意味は異なります。

> 代表的な、生合成系2つ述べ、

 「生合成」とは...続きを読む

Q遺伝の問題を説明してください!よろしくお願いします

F1=AaBaとしたときに、なぜ配偶子はAB:Ab:aB:ab=1:1:1:1になりますか?
説明よろしくお願いします

Aベストアンサー

 確率の問題です。Aあるいはaと書かれたカードが同数ある中から一枚引くと、Aである確率は1/2、aも同じく1/2です。これと独立してBとbについても同じことをすると考えると同じく1/2と1/2です。
 この両者の組み合わせを考えると、引いたカードがABである確率は(1/2)*(1/2)で1/4。他の組み合わせについても同様に1/4となるので配偶子の比率は1:1:1:1になります。

Q最近DNAの電気泳動がうまくいきません。どなたかアドバイスよろしくお願

最近DNAの電気泳動がうまくいきません。どなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

まず問題なのは、プラスミドの大きさが明らかに小さくでてしまうということです。
このプラスミドは大腸菌に組み込んでいて、タンパクの発現も確認できています。
インサートのみですが、シーケンスで確認もとれているのですが、ベクターのどこかが
欠けているのでしょうか。
また、欠けているとしてもその状態で菌のなかで安定に存在せきるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

インサートとベクターが分かれるように切って、ベクターが小さいのなら、問題です。

ベクターがpGEXの場合、でインサートが毒である場合、プラスミドが排除され断片化されたように汚くなることがあります。この場合の対処は、発現するたびに新たにトランスフォームします。新たにトランスフォームせずに、菌体を冷凍、冷蔵するとよくないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報