徳川家は源氏なのでしょうか?
もしも、そうでないとしたら、家康はどういう工作をしたのでしょうか?
そもそも、将軍には源氏がなるというルールは誰がいつ決めたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、他の方が指摘される通り、徳川氏(正確には松平氏)が源姓であるというは、でっち上げです。

そもそも、最初は藤原姓を名乗っていたのですから好い加減なものです。
そして、将軍が源氏になるのは「ルール」というより「先例」です。この先例というのはなかなか融通無碍なもので、源氏でなければ征夷大将軍になれないわけではないけど、源氏であったほうがなりやすいし、源氏だからといってなれたわけでもない、といったところでしょうか。
「先例」の意味について、一例を挙げますと、家康の孫の興子内親王を天皇にするにあたり、女帝の可否が問題になりました。賛成派は「推古女帝などの先例がある」と言い、反対派は「それは古すぎて先例性を失った」という言い方をしましたが、結局は現実の政治関係により女帝が誕生しました。しかし、ここで女帝の「近い先例」ができたことで江戸時代の他の二女帝が誕生しやすくなったのです。

確かに、源氏が征夷大将軍になるのであれば、何の先例も調べる必要はなかったでしょう。しかし、源氏であれば良いというわけでもないのです。
というのも、源氏が征夷大将軍=武家の棟梁の家系とされるのは、清和源氏の「嫡流」の源頼朝系の源氏が鎌倉幕府を開き、清和源氏嫡流の絶えたあと清和源氏の諸家のなかで最も家格の高い足利氏がその正統性を継いだからです。
つまり、征夷大将軍の地位というのは、清和源氏の氏の長者=武家の棟梁という身分と結びついたものであり、足利・新田・細川・斯波・畠山・今川・吉良など、源氏でも家格の高い諸家がなるべきものであり、本来は徳川氏(得川氏)などというペイペイが継ぐべき地位ではないのです。

逆に、例えば藤原姓の伊達氏が天下を取った場合、征夷大将軍になるのは、それほど問題にならなかったでしょう。
なぜなら、伊達氏はそれなりの名家ですから、征夷大将軍の地位に、まあ釣り合わないこともないのです。武田、大内、上杉なども大丈夫でしょう。
おそらく「伊達は藤原姓じゃないか」と突っ込まれるでしょうが、摂家将軍(藤原)の「先例」を持ち出せば何とか切り抜けられたでしょう。

つまり、松平氏は源氏=将軍ルール以前に官位をもらうには家格が低すぎるのです。
そこで、せめて源平藤橘の四大姓くらいは手に入れておこうということで、どうせなら武家の棟梁のイメージの強い源氏にしておこう、ということでしょう。
いづれにせよ徳川家康が征夷大将軍になるべき「実力」を持っていることは誰も否定できないので、その「実力」を前には「先例」の拘束力も譲らざるを得なかったでしょう。

なお、ちょっと私の見解とは違いますが、家康の僭称工作については参考URLを。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~under/edo1.htm
    • good
    • 1

徳川は"自称"源氏です。


徳川に限らず戦国時代に成り上がった土豪上がりの大名・武将はほとんどが氏素性の定かならない出自です。
逆にそれだからこそ自由に捏造できたということは下にstarfloraさんが書かれたとおり。

> 将軍には源氏がなるというルール

は存在しないはずです。
鎌倉将軍以前にも、坂上田村麻呂も非源氏です。

ルールが存在しないとは言っても、源氏…とくに清和源氏であれば源(頼朝)や足利氏とも血縁上のつながりがあるということになり、ずいぶん有利なカードとなると考えられます。

秀吉が将軍にならなかったのは、足利義昭が養子にするのを拒んだからでは。
室町幕府は存在しないといっても義昭はその後も形式上の将軍だったのではないでしょうか。
義昭が死んだのは1597年、そのときにはもう秀吉は将軍の位にたいした魅力は感じていなかったでしょう。

信長については、統一も未だならぬ状態で朝廷に組み込まれるのはむしろ足かせになると考えたのではないでしょうか。
右大臣辞任の際にも代りに息子の官位を上げてくれるように頼んでいたようですし、決して朝廷を無視していたわけではないです。
    • good
    • 0

 


  征夷大将軍は、「源氏」でなければならない、というのは、確かにそういう筋道もあったでしょう。しかし、「源氏」というのは、一杯いたのですし、どこの誰でも、遠い祖先には、何の源氏の血が流れていると言えば、違うとは証明できなかったでしょう。つまり、源氏のなかでもっとも有力なのは「清和源氏」で、一応清和源氏の家系が、征夷大将軍の家系とされたのですが、鎌倉時代に三代の源の後、征夷大将軍の位についたのは、源氏ではなく、時の天皇の皇子、つまり親王や、王などであって、彼らは、別に征夷大将軍になるために、臣籍にみな、おりて、源氏になった訳ではないのです。
 
  清和源氏以外の源氏は一杯いたのであり、それに、近衛家に養子格で入って関白太政大臣に昇れるなら、落ちぶれた清和源氏の家系の末裔に養子格で入り、征夷大将軍の位に昇ることもできたでしょう。徳川将軍は確か、太政大臣の位も兼ねていたはずで、朝廷を自由に操ることができたのですから、何でもできたとも言えます。
 
  織田信長は、関白にも、征夷大将軍にもなる気はなく、右大臣の職を棄てて、どうも自分が天皇になろうと考えていたようです。秀吉は、朝鮮を攻め、中国を攻略して、中華帝国の皇帝になろうとしていた可能性もあるのです。現に、明帝国は、秀吉が命じた朝鮮出兵で、国力が落ち、滅亡し、満州の蛮族清にとって代わられます。
 
  秀吉は、人心を読む術に長けていたので、自分が、征夷大将軍になれば、武家の統領となるので、これは、世間の大大名や、大名は納得しないだろうと思って、征夷大将軍にはならなかったのでしょう。武家の方が実力が圧倒的に当時はあったからです。代わりに、位において、誰も到達できないような地位についたのです。天下人秀吉が、わしは、清和源氏の遙か末裔だと言い出せば、違うとは誰も面と向かって否定できなかったでしょうし、すれば、秀吉は、それを名目に討伐したでしょう。関東北条家を滅ぼしたように。
 
  征夷大将軍で幕府を開いて、天下を統治するというのは、人心掌握上うまくないと秀吉が考え、「別の方法を選んだ」のと、秀吉は、農民出身であったので「なれなかった」では大分違うと思います。一般に、そういう理解がありますが、秀吉は、やってみれば、なせた人物で、朝鮮などに侵攻せずに、綿密に徳川を滅ぼす謀略に集中していれば、家康は潰されていたでしょう。
 
  信長も秀吉も、時代状況において、破格なことを考えすぎたので、結局、古風で地道な家康に最終的に負けたとも言えるのです。
 
  もう少し、秀吉が育てた豊臣家恩顧の大名たちに、智慧があれば、秀頼を征夷大将軍に昇進させ、豊臣幕府を作れたはずです。秀吉だと不審に思う大名たちがいても、太閤の子秀頼だと、名家の貴公子で、親王にも並ぶ家柄なのです。賜姓は、藤橘源平豊臣だけでなく、もっとたくさんありましたが、藤橘源平に並ぶ家系の秀頼は、最高格の貴公子であったでしょう。
 
  秀吉も信長も、商人や文化を高く評価しました。それだけ時代の先を見ていたのでしょう。家康も晩年になって富を集めますが、商人はこれを押さえました。徳川300年の歴史で、その中期には、すでに徳川幕府の屋台骨は傾きました。
 
  商人階級の擡頭が、どうしようもなかったのです。信長も秀吉も、封建制は崩れる、あるいは崩すという方向に進んでいたように思えます。実際、江戸幕府100年ぐらいで、崩れ始めたのです。中期の名君吉宗が、一生改革に精進して失敗したのは、この崩壊が、吉宗の時代よりもっと前から始まっていたことを示しているのです。
 
  話が大分それましたが、将軍には、源氏というのは、足利が造ったのでしょう。何故なら、北条執権の鎌倉幕府の将軍は、源氏ではなかったからです。また、後醍醐天皇とその一統の南朝天皇家を否定するには、自分も、皇族に準じる清和源氏だと名乗らないと、筋が通らないでしょう。敢えて将軍=清和源氏を強調したのはそういう理由であるでしょう。
 
    • good
    • 0

「征夷大将軍」は源氏でなければならない。


それは、源頼朝から始まったことです。
足利氏は、源氏の縁戚であることは事実であり、
その点で征夷大将軍となるのに何も問題はありませんでした。
徳川氏は、源氏とは全く関係はありませんが、
実は何代目の誰々に隠し子がいてその人の子供がどうのこうのとでっちあげて、
源氏であるという偽の家系図を作り、
それで天皇に認めさせて征夷大将軍となりました。

それが無理だったのが豊臣秀吉で、
彼は農民の出であることが周知の事実であり、
家系図をいじっても嘘だとばれるため、
征夷大将軍となることが出来ず、
諦めて近衛氏の義理の子供として籍に入り、
そのおかげで、藤原氏の身内であるといえたため、
太政大臣など公家の高位の身分を得られ、
その結果「太閤」と呼ばれるにいたったのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

上杉昇」に関するQ&A: 本能寺の変直後の状況

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q河内源氏と他の清和源氏の関係は?

河内源氏と他の清和源氏の関係は?
河内源氏の源義朝や頼朝と摂津源氏や美濃源氏に甲斐源氏といった他の源氏は主従関係にあるんでしょうか?それとも会社における上司と部下みたいな関係だったんでしょうか?それか単なる協調関係だったんでしょうか?平氏に対してまとまりに欠けているような感じがするので教えてください。

Aベストアンサー

平安時代の大きな枠組で言えば、中央政権の権門と個別の権力者に奉仕する受領層・在地領主という構造の中で、受領層・在地領主というのが源氏であり平氏であり、魚名流藤原氏や宇都宮氏です。
個別の受領層・在地領主にとってのライバルは、同じ受領任官を狙っている別の受領層であり、隣接の荘園を持っている別の在地領主です。
なので、将門の乱にしても、その他の源氏の内訌にしても、見た目が一族内の戦いに見えても、彼らの主観的には、同じ利権を求めてのライバル争い。
しょっぱなは源護攻撃からです。源氏を倒すとかではなく、協力者である平真樹を助けて攻めたと言うのが実情。
在地領主の集合離散の戦いです

Q8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めた徳川将軍家のわかり易い家系図を教えてください。

江戸時代の徳川将軍家の、8代将軍・徳川吉宗以降の、御三卿も含めたわかり易い将軍家の系図が知りたいです。

徳川将軍家の8代将軍・吉宗以降のわかり易い家系図を教えてください。

Aベストアンサー

普通に考えると将軍家の家系図となるとこれだと思いますが。きちんと家柄(水戸、尾張、紀伊など)も載っていますので。

参考まで。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/5/55/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg/1280px-%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%B0%86%E8%BB%8D%E5%AE%B6%E7%95%A5%E7%B3%BB%E5%9B%B3.svg.png

Q源氏の氏の長者

徳川幕府の歴代の将軍は、征夷大将軍であると同時に源氏の氏の長者の職にも任じられました。
この氏の長者の職について教えて頂きたいことがあります。
1.源氏の氏の長者の源氏とは、清和源氏だけのことでしょうか。
宇田源氏や村上源氏など他系統の源氏も含まれるでしょうか。
2.他の氏、藤原氏、平氏、橘氏などにも氏の長者はいたのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは
徳川幕府の将軍全員が源氏の氏の長者になったわけではありません。秀忠はなっていませんので
1 源氏の氏の長者は源氏全体から選ばれるので「清和」源氏だけから選ばれるのではありません。
  本来は公家源氏がなっていたのを足利義満がなっていわゆる武家の源氏もなり始めました。それでも室町時代では久我家の当主もなっています。最後の源氏の氏の長者は久我建通です(久我家は村上源氏)
  くわしくは講談社新書 岡野友彦「源氏と日本国王」に記述されています


2 藤原氏は他の方が回答しておられますし、平氏は私はわかりませんので橘氏(それも江戸時代ですが)だけお答えします。
  江戸時代の橘氏の氏の長者は梅宮社の社家「橋本氏」がなっていました。(梅宮社は橘氏の始祖諸兄と嵯峨天皇皇后橘嘉智子ら橘氏4柱を御祭神として祀っています)ただ、朝廷からじかに任命されるのではなく、五摂家筆頭近衛家から任命されます。
  ここの詳しい経緯の出典は失念してしまいました。もうしわけありません。

Q徳川家康から始まる将軍の名前!!

将軍の名前を全部覚えるのにいい覚え方とか、ゴロとかご存じの方おられましたら、教えてください!!

Aベストアンサー

初代家康(いえやす)
2代目秀忠(ひでただ)
3代目家光(いえみつ)
4代目家綱(いえつな)
5代目綱吉(つなよし)
6代目家宣(いえのぶ)
7代目家継(いえつぐ)
8代目吉宗(よしむね)
9代目家重(いえしげ)
10代目家治(いえはる)
11代目家斉(いえなり)
12代目家慶(いえよし)
13代目家定(いえさだ)
14代目家茂(いえもち)
15代目慶喜(よしのぶ)   ですが

掲示板にいくつかありました

漢字のパーツをするのであれば
「家ひみつなの継ぐよし、十時になりては慶応さだめてもちケーキ」

「家を安くてもただ光らせ家を繋いでおき、よっし~と宣ちゃんが家を継ぎ、眠くても重くても家を治めて信じるナリ。よし!!定住して餅たべて喜べ」
 
など。

覚えやすいかどうかは微妙ですが。。

Q源氏物語の紫の上

源氏物語の紫の上

高校生のとき古典の勉強として源氏物語を少し読みましたが、今は趣味として源氏物語を
読んでいます。
高校生の時は紫の上は源氏の最愛の女性で幸せだったんだと思っていたのですが、ちゃんと読んでみると、紫の上は源氏物語の中で可哀想な女性だっと感じました。

藤壺の姪であり、容姿が似ているからと奪い、育て、理想の女性となった紫の上ですが、やはり藤壺を愛している源氏。
私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。

源氏を愛している&大事に育ててきてくれたことから他の女性の子を育てたり、正妻により自身の立場に不安を抱くが、愛する源氏のために我慢しなければという葛藤で苦しむ紫の上。
源氏の身分を考えれば女三の宮を正妻にしたことは納得できるのですが、やはり源氏には紫の上のように藤壷の姪ということへの期待があったと思うと、紫の上が哀れでなりません。


私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、
源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。



紫の上は源氏に振り回された人生で幸せだったのでしょうか・・・・・

源氏物語の紫の上

高校生のとき古典の勉強として源氏物語を少し読みましたが、今は趣味として源氏物語を
読んでいます。
高校生の時は紫の上は源氏の最愛の女性で幸せだったんだと思っていたのですが、ちゃんと読んでみると、紫の上は源氏物語の中で可哀想な女性だっと感じました。

藤壺の姪であり、容姿が似ているからと奪い、育て、理想の女性となった紫の上ですが、やはり藤壺を愛している源氏。
私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。

源氏を愛している&大事に...続きを読む

Aベストアンサー

源氏物語って、読むたびに発見がありますよね。

> 私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。
ちょっと違いますが、それっぽい設定になっている「マンガ」を読んだことがあります。

その「マンガ」では、紫の上は、源氏が「自分」を見ていないと知っています。

「野分」で、夕霧が紫の上を垣間見してしまうシーンがありますよね。

原作では、紫の上は夕霧に「見られた」ことは気づいていませんが、源氏は「もしかしたら夕霧が紫の上の姿を見たのではないか」と思い、自分と同じ過ちを繰り返すのではないかと疑心暗鬼になっていますよね。

その「マンガ」では紫の上は夕霧に「見られた」ことに気づいて、夕霧に微笑みかけています。
関係を結んだり、子供ができたり…ということはありませんが、紫の上は、死の間際に、いかにも夕霧と関係があったかのように呟き、そのまま息を引き取ります。
それを聞いた源氏がとても苦悩する…という内容だったと記憶しています。

レディース系の「マンガ」だったような記憶がありますが、源氏物語関係の書籍には、いろいろと手を出しているので…。

私が初めて源氏物語に触れたのは、中学1年生の時に読んだ「少年少女古典全集」の現代語訳でした。本格的にハマっていたのが高校生の頃で、もはやその後の進学先では源氏物語を専門にしようとは思わず、その「背景」を専門にしました。

私は、最初のころからあまり紫の上が好きにはなれませんでした。
嫉妬深いこと以外に、殆ど『個』を感じられなかったから、興味を惹かれる人物でもありませんでした。

源氏物語の中で、紫の上が「自分は幸せだ」と思っている節は、見受けられないと思います。
ですから、
> 紫の上は源氏に振り回された人生で幸せだったのでしょうか・・・・・
幸せだったとは思えません。

> 私には紫の上が死んで初めて、源氏が紫の上自身への愛に気付いたように思いました。
私もそう思います。
いわゆる「無くして初めて価値を知る」パターンですね。
ただ、それが「紫の上」に向けられたものなのか、「自分が育て上げた自分にとっての理想の女性」に向けられたものなのかが、未だに理解できないんですよね。
源氏が、紫の上の「何」を価値と思ったかが、よく解らないんです。

同じ「藤壺の姪」であっても、朱雀院の女三宮は魅力がなく、紫の上には魅力がある…ということは、「元は同じでも、女は育て方で違ってくる」ってことを言いたいのかな?と思えるんです。
それは、ある意味、源氏の「自画自賛」じゃないのか?と思えるんですよね。
「こんな素晴しい女性を育てあげた自分って凄くない!?」というカンジで。
まるで、ショーでチャンピオンとなるような犬や猫を育てて、ブリーダーやトレーナーが自身を称賛しているような印象しか受けないんです。

源氏物語って、読むたびに発見がありますよね。

> 私としては、なんらかの形で夕霧と紫の上の間に子供ができ、その子供を源氏が育てたほうが、源氏はもっと苦しんだのではないかと思いました。
ちょっと違いますが、それっぽい設定になっている「マンガ」を読んだことがあります。

その「マンガ」では、紫の上は、源氏が「自分」を見ていないと知っています。

「野分」で、夕霧が紫の上を垣間見してしまうシーンがありますよね。

原作では、紫の上は夕霧に「見られた」ことは気づいていませんが、源氏は「もし...続きを読む

Qなぜ,徳川家康は将軍を選んだのでしょうか.

徳川家康は,将軍(征夷大将軍)になりました.

でも,秀吉は,「関白」から「太閤」になりました
詳しくは知りませんが,関白というのは天皇の直接の家臣であり,たぶん,「征夷大将軍」よりもかなり上の位だと思います.

信長は,「将軍」就任を拒否したと言います.
おそらく「関白」のようなモノを目指していたのでしょう.

この時代(戦国時代),秀吉の選択した「関白」と家康の選択した「征夷大将軍」とはどのような違いがあったのでしょうか.

一説には,将軍は,足利の直系でないとなれないとか,
そのために,将軍になった人は,「系図を適当にでっち上げた」とか言われていますが,強いだけではダメで,
「血統」も関係しているのでしょうか.

ご存じの方おられましたらお願いします.

Aベストアンサー

やはり「征夷大将軍」が武士の棟梁という認識が家康にも他の武将にもあったからではないでしょうか。
秀吉の「関白」職は他の方が書かれた様に征夷大将軍になれなかったので・・・というものです。

仰る通り、形式上は関白は征夷大将軍よりも遥かに上です。
ただ、あくまでも形式上です。
本来、征夷大将軍は蝦夷征伐の為の司令官職です。
それが幕府を開き国内の政を一手に引き受ける最高権力を持つ訳ですから、既に形式上の上下より実質的な上下関係が優先される訳です。
鎌倉・室町時代にも歴代関白が存在しましたが政を行うのは幕府でしたので、この時点で権力はの上下関係は逆転しています。
つまり、一端、落ちた関白の地位を秀吉が実力で最高位に引き上げたという状態です。
それが家康が征夷大将軍職に就き、関白職は元の形式的な位・・・征夷大将軍より権力の低い職となりました。

実力の無い形式・肩書は何の意味も持ちません。
実力に箔をつけるために形式・肩書を利用したのが関白職・征夷大将軍職であったのです。
先に書きました様に秀吉は征夷大将軍職に就けなかったので関白を選んだ。家康は征夷大将軍職に就ける可能性があったのでそれを活用した。

信長は「太政大臣」「関白」「征夷大将軍」の三職のどれかに就任するよう推されましたが回答をせず。
その後、信長は本能寺の変で討たれてしまいますので
信長の真意がどの職に就く事にあったのか?或いは拒否しつづけたか?さらに上を目指したか?は私たちは憶測するしかありませんが・・・。
何れにせよ、過去にも信長は「形式」をフルに利用し、利用出来なくなればサッサと捨ててしまう経歴を持っていたので「源氏だけ・・・」等と言う慣習を強引に破る事も、全くあたらな地位を設けてしまう事も有り得ることでしょう。

秀吉・家康はそこまで強引な手は用いず、従来の形式・肩書を自分の可能な手段で活用したのでしょうね。

> 強いだけではダメで,「血統」も関係しているのでしょうか.
身分制度の無い今日でさえ、有栖川宮様と偽っただけで金を集める様な詐欺が行われる程ですから血統というものは目に見えない有り難味があるのでしょう・・・。

やはり「征夷大将軍」が武士の棟梁という認識が家康にも他の武将にもあったからではないでしょうか。
秀吉の「関白」職は他の方が書かれた様に征夷大将軍になれなかったので・・・というものです。

仰る通り、形式上は関白は征夷大将軍よりも遥かに上です。
ただ、あくまでも形式上です。
本来、征夷大将軍は蝦夷征伐の為の司令官職です。
それが幕府を開き国内の政を一手に引き受ける最高権力を持つ訳ですから、既に形式上の上下より実質的な上下関係が優先される訳です。
鎌倉・室町時代にも歴代関白が...続きを読む

Q源氏とは?

 真田太平記を読んで、その中に豊臣秀吉は源氏ではないので征夷大将軍にはなれなかったとありました。 源氏ではないというのは、源平時代の源氏の子孫ではなかった?もしくは源氏側ではなかったという事でしょうか? 誰か教えてください。

Aベストアンサー

 そもそも源氏とは、天皇の子孫が臣籍降下して得る姓です。これは、嵯峨天皇(50人もの子がいた)の子が源の姓を賜って臣籍降下(皇室のリストラですね)に始まります。
 源氏といえば、清和天皇の子孫である清和源氏が有名ですが、本来、清和源氏は、数ある源氏のうちでも格が低い存在でした。ところが、源頼朝が征夷大将軍になったために、その格式が高まったのです。
 徳川家康は、系図を偽造し、自分が清和源氏である新田氏の末裔であることを自称しています。祖先を新田氏としたのは、清和源氏足利氏のことを考えてのことです。新田氏は、足利氏の祖先の兄に始まる家系です。
 さて、豊臣秀吉ですが、征夷大将軍を狙ったことがあります。この地位を得るために、足利15代将軍義昭の養子となることを画策したのですが、義昭に断られて失敗します。そのため、近衛家の養子として、すなわち藤原秀吉として関白の地位を得ますが、その翌年、天皇から豊臣の姓を賜ります。これは、天皇から新たな姓を賜ったということでは箔がつく話ではありますが、「あんな百姓出身の奴に由緒正しい藤原を名乗らせてたまるものか」という公家たちの反発も反映していると考えられます。

 そもそも源氏とは、天皇の子孫が臣籍降下して得る姓です。これは、嵯峨天皇(50人もの子がいた)の子が源の姓を賜って臣籍降下(皇室のリストラですね)に始まります。
 源氏といえば、清和天皇の子孫である清和源氏が有名ですが、本来、清和源氏は、数ある源氏のうちでも格が低い存在でした。ところが、源頼朝が征夷大将軍になったために、その格式が高まったのです。
 徳川家康は、系図を偽造し、自分が清和源氏である新田氏の末裔であることを自称しています。祖先を新田氏としたのは、清和源氏足利氏の...続きを読む

Q徳川綱豊(徳川家宣)がいるのに徳川綱教が6代将軍候補になっていた理由は?

徳川御三家は徳川宗家の血が絶えたときに、将軍を出す役目を持っていました。
つまり、とくがわ徳川宗家の世継ぎがいる限り、その人物が将軍となることが決まっていたはずです。
5代将軍の徳川綱吉には、兄(徳川綱重)の嫡男であり、家光の孫にあたる徳川綱豊(後の徳川家宣)がいました。常識で考えれば、れっきとした徳川宗家の血をひいている徳川綱豊が6代将軍の筆頭候補になるはずです。
なぜ、徳川綱吉は甥であり、家光の孫である徳川綱豊をさしおいて、分家にあたる御三家の一つである紀州家の徳川綱教を次の将軍にと考えたのでしょうか?
血統的には誰が考えても徳川綱豊こそが次期将軍筆頭候補になるはずです。
徳川綱吉がれっきとした宗家の血をひく人物(徳川綱豊)がいるのに、御三家(分家)の徳川綱教を次期将軍にと考えた理由を教えてください。

Aベストアンサー

綱吉には徳松と言う子がいました。当初、綱吉は徳松に将軍職を譲りたいと思っていました。
水戸光圀の反対を押し切り徳松を江戸城に入れたものの、徳松は5歳で死去してしまいます。
順当に行けば綱豊が将軍継嗣となってもおかしくは無いのですが、
当時、綱吉の母(桂昌院)と兄・綱重の母(順性院)は反目していて、綱吉は綱重の子である綱豊が将軍になるのは避けたかったと言うのと、
綱吉の「自分の血筋を将軍にしたい」と言う願望から、娘婿の綱教を将軍候補に擁立しようとしたのです。

しかし宝永元年、綱吉の娘で紀伊綱教の正室の鶴姫が亡くなってしまい、
綱吉の血筋が絶えてしまった事から綱教が将軍世子になる根拠がなくなり、綱豊が綱吉の世子となり家宣と名を改め6代将軍となりました。

Q源氏物語!

源氏物語高校のときに少し読みました。
ま光源氏がいろいろな女性とお付き合いする恋物語だったような気がしますが。
皆さんは源氏物語読んでどう思いましたか?お友達とどのような会話しましたか?
あと、源氏物語の名場面、源氏物語から学べることを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生きていた時代、紫式部の生い立ち、さらに対抗馬として清少納言とう存在、当時の時代を牛耳っていた藤原道長の存在などに関する書籍も平行して読み始めました。

すると最初の考え方が少しずつ変わってきました。主役は本当に光源氏なのか?後半は「夕霧」終盤は「薫」と「匂宮」の話し、そして「浮舟」の入水自殺未遂。そして「薫」が「浮舟」と「匂宮」を『疑い』ながら物語が終わってしまう。なんと切ない終わり方なんでしょう。

すこし前に戻って、光源氏の死もわずかに言及されたまま、「夕霧」「薫」の話しに移っていった点。言い尽くせない人間の心理の微妙な動き。すべてに魅了されてしまいました。そして本当の主役は光源氏・薫の周りにいる「女性たち」ではなかったかと思うようになりました。当時の女性たちは、少しでも地位・権力のある男性に身を委ね、自分たちの人生を託すしか生きていくすべのない生き方しか出来なかったのではないかと思うようになりました。そしてたとえそのような幸運に巡り会えたとしても、そののち宮中などでの他の女性たち(貴族は一夫多妻制度)とのつきあい。そしてすぐに出家してしまう女性・男性たち。

生き霊・死霊となって、光源氏にはとりつかず源氏の周りの女性たちに取り憑く「六条御息所」の心理。原文ではなく様々な評論的書籍を読むにつれて、調べ尽くしても尽くしようのないほどの深さを感じました。なぜ源氏物語がこれほどもで世界中でも読まれ、文学作品としてこれほどまで高く評価されるのかが片鱗ですがやっと分かったような気がします。その他の登場人物に関しても言い尽くせないほどの独自性があります。

現在は、なかなか他の小説を読む気にはなれず、源氏物語の古典原文(現代語訳付き)とE・サイデンステッカー氏とアーサー・ウェイリー氏の英訳本を比較しながら読んでいます。(かなり時間がかかるでしょう。)

最初に申し上げました源氏物語に関連した書籍の名前を挙げます。
・精神科医が読んだ「源氏物語の心の世界」---紫式部からの現代へのメッセージ
・「紫式部の欲望」
・「紫式部日記」(参考)
・「源氏物語の端役たち」
・「平安の祈り」源氏物語にみる人生観・死生観
・「源氏物語」英訳についての研究(参考)
・「アーサー・ウェイリー」源氏物語の翻訳者(参考)

今日は。文学に関しては作家たちの精神病理(パトグラフィー)を調べながら日英文学をつまみ読みしている暇人です。

私はアーサー・ウェイリーが英語に翻訳したものを、さらに日本語に翻訳したものを読みました。今まで長編小説など根気が続かず読まなかったのですが、現代語翻訳本とは言え、一気に(とは言ってもかなり日数はかかりましたが)読めました。

私も最初は光源氏が主役で、様々な女性に手を出し、あちこちで問題を引き起こすわがままイケメン皇子の1人だと思いました。しかしある時、紫式部の生き...続きを読む

Q徳川歴代将軍で名君だった将軍、いまひとつだった将軍を教えてください

家光や吉宗は比較的有名ですが他の将軍の評判や実績などを教えてください。

Aベストアンサー

徳川綱吉ですかね。名君、とはいきませんが、世間的な評判は実は誤りであるとする説の方が有力です。
犬公方というあだ名で有名ですが、少なくともそのように揶揄される程の暴君ではなかったと思われます。

詳しくはwikiでもなんでも調べた方が詳細です。
全角800字までしか、この回答は作れませんので。


人気Q&Aランキング