模範六法と小六法と判例六法はそれぞれどのような長所短所があるのでしょうか??
なるだけ細かく教えてください。

ちなみに、私は、新社会人で金融関係に行きますが、
そのようなことにはこだわらず教えてください。

A 回答 (3件)

こんばんは。


小六法は判例なしで、他2つは判例があります。判例六法は何社から出てるかと思います(2社くらいかな)。
掲載法律は、圧倒的に小六法と模範六法が多いです。判例六法だと、え!と思う法律が乗っていないことも。ただ、某社の判例六法は、判例が見やすい印象があります。
小六法と模範六法では、少し小六法の法が掲載法律が多いと思います。
値段は、模範ガ一番高くて、小六法、判例六法の順です。

どの程度、法律に関わるかで選ぶといいと思います。
参考になれば。

この回答への補足

某社とかもったいぶらず、教えてください・・・w

補足日時:2006/04/07 00:00
    • good
    • 2

模範六法と判例六法とはそんなに差異はありません。

本屋さんに行けばわかると思います。

小六法は条文が民法、商法、刑訴法、民訴、刑法、憲法の6つが基本ですね。ですから、上2つと比べればコンパクトすぎます。

金融関係といっても銀行とサラ金、証券会社と使う法律は微妙に違います。

銀行にせよサラ金にせよ証券にせよ恐らく研修で使う条文が提示されると思いますのでそれらの条文をメモしておけばいいと思います。

どうしても、と言う場合は判例つきの六法がいいと思います。
    • good
    • 0

模範六法や判例六法など、


判例つきの六法は判例つきで一見便利なようですが、
かなり勉強している人でないと、載っている判例だけ見ても
有名な判例以外ピンとこないと思います。
これらは、実務についている人や、上級の学習者が条文と判例を確認し、
専門の判例集にあたり調べるのに便利なようにポイントだけ出ているからです。
条文によっては判例が多いため、1つ次の条文なのに何ページも先にあったり、
引きにくかったりします。

小六法などの、条文のみの六法は、その点は引きやすく便利です。
一般的な学習では、小六法などの方が学習はしやすいと思います。
判例はいろいろなレベルで学習用の判例集も出ていますので、
そちらでカバーできます。

模範六法と判例六法ではかなり細かい法律が必要でない限りは
そんなに大きな違いはないと思いますし、
小六法とその他の判例付でない六法も大きな違いはないと思います。
私個人的には引きやすさで選んでいます。
書体や文字の大きさ、印刷の濃さなど、小さなことのようですが、
こまめに引くことを考えると大切な要素だと思います。

大雑把でご質問の趣旨と違っているかも知れrませんが、
ご参考いただければ幸いです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q判例・模範六法について教えてください

法律の勉強をするにあたって判例付きの六法を購入しようとおもっているのですが、判例六法と模範六法とどのような違いがあるのでしょうか?
判例六法 判例>条文
模範六法 判例<条文
という違い??と漠然としかわからないのですが・・・教えてください。
勉強というのは司法書士試験の勉強なのですが、実際司法書士の勉強をするならどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、数多くの判例付き六法が出版されていますが、定評のあるのは、次の4種類です。

(1)三 省 堂 模範六法
(2)三 省 堂 コンサイス判例六法
(3)岩波書店 判例基本六法
(4)有 斐 閣 判例六法

判例付き六法として、一番歴史のあるのは、(1)で(3)(4)は後発です。(2)は(1)のコンパクト版として登場したものです。

司法書士試験の場合、司法試験ほど判例の知識・理解は問われませんので、(2)くらいが適当であると思います。

今の時期は、書店に2006年版の判例付き六法が並びますので、実際に手にとって、一番使い易いものを選択されると良いでしょう。

Qおすすめの判例六法

初めて買うのですがいろんな出版社のものがあるようで迷ってます。
岩波かコンサイスにしようと思うのですがどちらがおすすめでしょうか?
お使いの方の感想をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

模範六法のコンパクト版ということで、コンサイスで宜しいのではないでしょうか。

収録法令数が少ないのは、定価が模範六法の半分ですから致し方無いと思いますし、法令データ提供システムで補えば良いでしょう。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Q模範六法の分解の仕方を教えてください。

模範六法は分厚いので、いくつか(法律ごと?)に分解しようと思います。
背の部分をカッタ-でいくつかに分け、それぞれに表紙をつければいいのかな?と思っています。何か参考になる分解の方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

利用用途によって、いろいろと分解方法が変わってくると思いますよ。
どのように利用されるのか、
より小さい判例六法(有斐閣)やコンパクト六法(岩波書店)などで代用できないのか。
補足を下さい。

ちなみに、辞書の背をご覧いただくと分かるかと思いますが、六法の製本では32ページの小冊子(折)をたくさんくっつける方法を取っています。従ってカッターで分解の際にはある折が30ページと2ページに分かれ、2ページの方がくっつける際に脱落する可能性もあるということをお忘れなく。

churaさんはご存知ないかもしれないけど、日本では「本は買って読むもの」です(欧米では「本は(図書館で)借りて読むもの」)。立花隆が『知のソフトウェア』でとっくに本の分解について言及されています。
本の分解を好まない人に、法律を学んでほしくないなあとも考えます。頭がカチンコチンでは、あんまり得るものも少ないでしょうし。
churaさんの方法では、判例集がかさばるので逆効果です。
一番小さくても『判例ハンドブック』シリーズ(日本評論社)ですし、『判例六法』を分解したほうがはるかに効果があります。

ちなみに、行政法の講義の場合は『小六法』(有斐閣)を持参させる場合も多く、この場合は切ったほうがよくなるかもしれません。私だったら切らないと思いますけど。

利用用途によって、いろいろと分解方法が変わってくると思いますよ。
どのように利用されるのか、
より小さい判例六法(有斐閣)やコンパクト六法(岩波書店)などで代用できないのか。
補足を下さい。

ちなみに、辞書の背をご覧いただくと分かるかと思いますが、六法の製本では32ページの小冊子(折)をたくさんくっつける方法を取っています。従ってカッターで分解の際にはある折が30ページと2ページに分かれ、2ページの方がくっつける際に脱落する可能性もあるということをお忘れなく。

churaさんはご...続きを読む

Q判例六法

(1)判例六法や模範六法というものがありますが、あのような数行の記述のみでなにかの役にはたつものですか??
あれを思い切り活用できる「種族」は「どのような方々ですか??



(2)司法試験受験者にはとてもじゃないけど記述が足りないのは明白です。
ですから択一六法や百選などをつかって判例は勉強せねばなりませんが
それでも判例六法を使えという意見が根強いです。

受験生にとってあのような数行の判旨のみ書かれた判例六法の利用方法とはどういうところにあるのですか?
なぜ単なる六法もしくは択一六法ではなく中途半端な判例六法を薦めるのでしょうか?

Aベストアンサー

学習した判例を復習するために私は使っています。

よく学習していれば、数行の判例でも読めば記憶が強化されますよ。

また、資格試験の種類によっては、数行の判例の結論だけ記憶しておけば、
十分に試験に役立ちます。

Qおすすめの六法+判例集

今年から大学に通うことになりました。
自分は特許、商標、著作権等のいわゆる『知的財産』を主に学ぶ学部です。
今日、本屋に授業で使う六法を買いに行ったのですが予想以上に複数種類あってどれを買えばいいのかわかりません。

なので、
(1)コンパクトな方がいいので専門的過ぎず、授業で使える程度の内容。
(2)六法と判例集が別々になっている。(出来れば同一出版社から出てる対になったもの。)
(3)主に『知的財産』を学ぶので、それ(民法?)をしっかり押さえてるもの。
この3つを満たしたおすすめの六法+判例集を教えてください。
回答よろしくお願いします。


先生曰く
「なんでもいいから各々『六法』を用意するように。尚、判例集がついてるものでもいいが、
試験の時判例集付きの六法持ち込み禁止となる科目もあるので六法と判例集は別々になってる方が望ましい。」
とのことでした。

Aベストアンサー

大学入学おめでとうございます。

「特許、商標、著作権等のいわゆる『知的財産』を主に学ぶ学部」とのことですが、ずっと知的財産分野のみを勉強なさるんでしょうか?
憲法や民法など法律の基礎を固めた上で知的財産分野の勉強に進むのでしょうか?

先生の発言からすると、後者かな?と思うのですが。

先生の発言から、私が考える質問への回答は
(1)ポケット六法(有斐閣)くらいのサイズの六法で十分だと思います。

(2)判例六法(これが先生の言う判例集付の六法だと思います。)というのがありますが、これを買わないとなると、学部生なら判例100選(有斐閣)を買うのが普通でしょう。
個人的には、判例100選のほうが事案、判決の要旨、解説がしっかりしているので良いと思います。
判例六法は必要最小限の要点がまとまってるだけなので、初学者には使いづらい印象を受けます。

(3)ポケット六法は知的財産分野をカバーしきれているとは思えません。
かといって何でも載ってる六法だと全くコンパクトではなく、質問の趣旨に反するでしょう。
そこで知的財産六法(?正式名称を忘れました)のようなものがあります。
知的財産ゼミの友人が持ってるのを一度見たことがあります。
一度生協か書店で探してみてください。

結論として、ポケット六法、知的財産六法、判例100選の組み合わせが妥当かなと思います。

講義要綱などをよく読んで購入するようにしてください。
初年度に知的財産関係の授業がなく、民法などの基礎の法律ならばポケット六法だけで十分ですし。

大学入学おめでとうございます。

「特許、商標、著作権等のいわゆる『知的財産』を主に学ぶ学部」とのことですが、ずっと知的財産分野のみを勉強なさるんでしょうか?
憲法や民法など法律の基礎を固めた上で知的財産分野の勉強に進むのでしょうか?

先生の発言からすると、後者かな?と思うのですが。

先生の発言から、私が考える質問への回答は
(1)ポケット六法(有斐閣)くらいのサイズの六法で十分だと思います。

(2)判例六法(これが先生の言う判例集付の六法だと思います。)というのがありますが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報