佐藤信淵という人について、みなさんの印象を教えてください。
主観的にどう思われますか?

A 回答 (1件)

下記のサイトで紹介されている『仙境異聞』の中での言動しか知りませんが、わりかし論理的な考え方をする人だと思います。

西洋の学問に通じつつも、仙人、天狗、異界といった突飛なものにも興味を持つ頭の柔軟な人といった印象を受けます。

参考URL:http://senkyow.tripod.co.jp/12/s12012.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
サイトを拝見させていただきました。

締め切りはもう少々お待ちください。

お礼日時:2002/02/02 05:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q義淵僧正を育てたのは天智天皇or天武天皇?

http://www4.kcn.ne.jp/~balance/cn4/index.html

上記によれば
義淵僧正は天智天皇に引き取られ、岡宮で草壁皇子とともに育てられました。
とあります。

一方、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E6%B7%B5
によれば
義淵僧正は天武天皇により皇子とともに岡本宮で養育されたという。

とあります。

義淵僧正を育てたのは天智天皇なのか、天武天皇なのか?
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

天智天皇が育てたとの伝承を支持したのは、義淵僧正の研究者の、横田健一氏でその著書「義淵僧正とその時代」吉川弘文館 に書かれています。

Qみなさんは、邪馬台国がどこにあったと思いますか。

みなさんは、邪馬台国がどこにあったと思いますか。
理由もつけて回答をお願いします。

Aベストアンサー

#2です。補足しておきます。

日本で出土した銅鏡のうち、魏朝の元号(年号)が入ったものは次の9枚です。
(1)青龍三年(235年)-京都府京丹後市の大田南五号墳出土
(2)青龍三年(235年)-大阪府高槻市の安満宮山古墳出土
(3)景初三年(239年)-大阪府和泉市の黄金塚古墳出土
(4)景初三年(239年)-島根県加茂町の神原神社古墳出土
(5)景初四年(240年)-京都府福知山市の広峯十五号墳出土
(6)景初四年(240年)-兵庫県出土
(7)正始元年(240年)-兵庫県豊岡市の森尾古墳出土
(8)正始元年(240年)-山口県周南市の竹島御家老屋敷古墳出土
(9)正始元年(240年)-群馬県高崎市の柴崎蟹沢古墳出土

このデータから分かるように、出土した場所は近畿地方の北部(京都府、兵庫県、大阪府)に多く、この事実は、この地域と魏朝との交流が盛んであったことを示しています。他方、魏朝の元号(年号)が入った銅鏡は、大和盆地からも、九州からも、一枚も出土していません。ですから私は、魏志倭人伝にいう「邪馬台国」は近畿地方の北部にあったと推定します。

#2です。補足しておきます。

日本で出土した銅鏡のうち、魏朝の元号(年号)が入ったものは次の9枚です。
(1)青龍三年(235年)-京都府京丹後市の大田南五号墳出土
(2)青龍三年(235年)-大阪府高槻市の安満宮山古墳出土
(3)景初三年(239年)-大阪府和泉市の黄金塚古墳出土
(4)景初三年(239年)-島根県加茂町の神原神社古墳出土
(5)景初四年(240年)-京都府福知山市の広峯十五号墳出土
(6)景初四年(240年)-兵庫県出土
(7)正始元年(240年)-兵庫県豊岡市の森尾古墳出土
(8)正始元年(240年)-山口県周南市の竹...続きを読む

Q「佐藤」という苗字

「佐藤」という苗字の人はとても多く、私の住む町にも多く住んでいるようです。
この「佐藤」という苗字の由来や、どの地域に多いかなど、何でもいいので「佐藤」という苗字についての情報を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLはお役にたてますでしょうか?
昔、親父から「佐藤」の由来は「藤原家」に「仕えていた」ことがルーツと聞いたことがありますが
あながち嘘でもないかも…

参考URL:http://www.koukisha.co.jp/publish/011/index.html

Q信玄の家臣で

信玄の家臣で
詳しく覚えてないのですが
あらゆる苦難を自分に与えよと言ったものが居たようなんですが
どなたか分かる方居ませんか?
できればどういった人物か教えてもらえたらうれしいです。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

それって尼子家家臣の山中幸盛(鹿介・鹿之助とも)ではありませんか?
講談で「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったというもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E9%B9%BF%E4%B9%8B%E5%8A%A9

Q信玄時代の躑躅ヶ崎館

躑躅ヶ崎館は武田氏滅亡後も拡張されたようですが、信玄時代はどのような縄張りだったのでしょうか。
最初は中・東のみで後に西曲輪が拡張されたことは分かります。
また、梅翁曲輪は武田氏滅亡後に拡張されたようですが、味噌、御隠居などの北側の曲輪はどの時期に拡張されたかが知りたいのですが。

Aベストアンサー

御隠居曲輪は信玄が父信虎を追放後、母の信虎夫人のために作ったものです。
学研発行の歴史群像シリーズ2 を見ていたら、信玄時代の躑躅ケ崎館のイラストレーションがありました。   どの資料に基づいたか不明ですが、建物の位置は私の知るところと違いもありますが、参考になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報