祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

こんにちは。
どちらが正しいのか教えてください。
シチュエーション;会社にて。お客様から問合せの電話があったが、担当者不在なので、こちらから後ほどお電話をさせて頂くとき。

a;「こちらから『連絡』致します」
b;「こちらから『ご連絡』致します」

以前東証一部の企業に勤務していたとき、そこの部長から、
「こっちからお客様に『ご連絡します』というのは日本語としておかしい。「ご」は自分たちの行為にはつけない。『連絡します』が正しい。お客様が弊社に『ご連絡』する、というのであれば正しい使い方だ」といわれました。

しかし、いろいろな会社の人が、「こちらからご連絡させて頂きます」といっていることに気づきました。

いったいどちらが正しいのでしょうか?

※※ちなみに、先日、「もうご挨拶は済ませましたっけ」と取引先の会社の人がいわれていたことも、ひっかかりました。自分の行為をいうのだから、「もうご挨拶…」ではなく、「もう挨拶…」なのではないか、と。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>どっちが正しいのか…



はっきりしてます。部長さんは完全に間違ってます。

>そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…

どうでもいいことではありません。敬語でしくじるのは社会人として常に恥であり失点です。

>間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…

それはまあそうです。でもすべての誤用が多数派にならないのは自明でしょうし、それはなぜか、考えてごらんになってはいかがですか。

>私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょうど、「連絡」と「ご連絡」が世代交代する前の段階で、正しい言葉遣いを認識されたのかもしれませんね。

違います。「ご連絡」がいかんなどということは絶対にありません。ここで「ご」を付けてはいけない、などという感じ方が広く生じつつあるなどということは決してありません。首を賭けてもよろしい。部長さんが単にアホなのです。「ご案内申し上げます」とか「ご招待いたします」とか、耳に馴染みきった表現じゃありませんか? こういうのが想起されない頭脳というのがどういうものか、まことに妙なものが地上には存在すると言うほかありません。それに辞書で「ご」をひけば「行為の及ぶ他人を敬って、自分の行為をへりくだって言う(大辞林第二版)」とかなんとか、必ず記載がありますよ。

ついでに言うと「~させていただきます」が敬語として間違っているなどということは絶対にありません。同じ言い回しを連発するのはなんであれ聞き苦しいというだけのことです。「冥福を祈る」が誤用だというのも初耳です。この単純な二語の結びつきがどうして間違いなのか見当もつかない。よろしければ教えていただけませんか#1さん。

それから「ご丁寧」がやばそうに感ぜられるのは皮肉(反語)で極めて頻繁に使われるからです。やばいと言えばやばいけれども、本来はいたってまともな言い方です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

とても詳しく教えて頂きありがとうございます。

>「ご案内申し上げます」とか「ご招待いたします」とか、耳に馴染みきった表現じゃありませんか?

そうですよね。私もなぜ「連絡だけがごを着けちゃいけないのだろう??」と思い、それからというもの、その会社を退職してからも、いろんな場面で、「ご挨拶」「ご丁寧」など「ご」をつけた言葉を聞く度に、戸惑いを覚えてしまいました。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/07 19:03

2です。


今気づいたんですが、質問に答えてませんでした、すいません。
3の方と同じくbが正解です。

ついでに、私への質問ではなさそうですが、ご丁寧は「丁寧語」なので間違いではないと思います。
根拠は無いですが・・なんとなく・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

seiferさま、またやってきてくださいましたね!
再度「ご丁寧」に、ご回答ありがとうございました。

どっちが正しいのか…
そんなこと、本当はどうでもいいのかもしれませんね…
間違った言葉遣いが、主流となれば、やがてそれが正しくなる…
私の部長は、そんなに年をとってもないし若くもないのですが、ちょうど、「連絡」と「ご連絡」が世代交代する前の段階で、正しい言葉遣いを認識されたのかもしれませんね。

お礼日時:2006/04/06 21:39

部長の説は誤りです。


お客様は「ご連絡くださる」のであって、お客様が「ご連絡する」は、相手の行為に謙譲語を用いたことになり、失礼です。
「お/ご…になる」は尊敬
「お/ご…する/致す/申し上げる」は謙譲
「私がお探しします」「当方で御用意いたします」
どちらも正しい謙譲表現です。
最初の部分だけ見て、自分の行為に「お」「ご」を付けているから間違いと思うのは、日本語をよく理解していないのです。
「する」を「できる」に置き換えた場合も同様で、
「100万円までお預け入れできます」
「お持ち帰りできます」
も誤用です。

質問の例文では、もちろん
「『ご』連絡『いたし』ます」
が正解です。

この回答への補足

再度拝見したところ、納得しました。
ありがとうございました。

補足日時:2006/04/06 21:40
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とてもご丁寧に説明して頂き、ありがとうございました!
ありゃ、上記の「ご丁寧」っていう言い方、間違いでしょうか??
うーん、混乱してきた。。自分でも調べてみようと思います。

お礼日時:2006/04/06 20:51

悩むような敬語は意外と有るものですね。


私の理解している範囲で答えますが、「ご連絡」・「ご挨拶」は間違っていません。確かに自分の行動ですが、相手に向けての行動になっているので問題ないと思います。
なので、「貴方から私に「ご連絡」して下さい」というのは、もの凄い違和感を感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!
>私の理解している範囲で答えますが、「ご連絡」・「ご挨拶」は間違っていません。確かに自分の行動ですが、相手に向けての行動になっているので問題ないと思います。

私の知っている範囲でも、やはり多くの人が「ご連絡します」と自分から相手に連絡する際にいっています。

お礼日時:2006/04/06 20:52

部長が正しいと思います。

しかし、世間一般に広く使われるようになり、間違った用法がそのまま定着することもよくあるようです。その典型が

「~させていただきます」

ですね。一見丁寧のようですが、相手の言い分に関わらずこちらの我を通す物言いで、敬語としては間違っています。

ちなみに「冥福を祈る」のも、実は物凄い間違いだったりしますが、定着してニュースなどでも頻繁に使われてますね。

ですから、間違いは間違いとして認識し、自分は使用を控える。これが今のところ一番の対応と思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

「させていただきます」、私、言葉には気をつけていたつもりなのに、いつの間にか、この「させていただきます」を乱用していたことに気づきました。。

>「冥福を祈る」のも、実は物凄い間違いだったりしますが、定着してニュースなどでも頻繁に使われてますね。

勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/06 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q至急お願いします!!「代理でメールを送る場合の上司の書き方」

上司の代理でメールを送ることになりました。
その際は、上司の名前を呼び捨てにし、●●の代理で送らせていただきます。と記載していいのでしょうか。
CCに上司も入れるのですが、やはり肩書き「部長」などを付けるのは、間違いでしょうか。
自信が持てませんでしたので、質問させていただきました。
申し訳ありませんが、早速のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

社外に送られるんですよね?
身内以外に送るのでしたら呼び捨てで大丈夫です。
メールだけでなく電話などの場合でも同様です。

Q「こちら」、「当方」、「当社」、「弊社」の使いわけ

 日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。「こちら」、「当方」、「当社」、「弊社」の使い分けを教えていただけないでしょうか。特に、最初の三つはどんな時に使うのかまだよくわかりません。

 ちなみに、上記の一連の言葉と対応する意味の言葉として、「そちら」、「御社/貴社」と考えたのですが、「当方」と「当社」に対応する言い方は何でしょうか。少し思いつけません。

 申し訳ないのですが、ここまで書いていてまた二つの言い方が頭に湧いてきました。それは「先方」と「向こう」です。これはまたどんな時に使う表現なのでしょうか。

 質問が多すぎて申し訳ありません。質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ビジネス文書は常に会社を代表した遣り取りです。
会社としての意志の遣り取りです。
「当社」又は「弊社」が一般的です。
「当社」は特定多数の人を相手にした社外報などで使われます。
経営者側が従業員に対して方針や業績を告知する際には「当社」が使われます。

「弊社」は明確に相手が特定できる場合に使われます。
「弊社」の方が丁寧な表現です。
この場合には相手に対しては「貴社」又は「御社(おんしゃ)}が使われます。
ただし、不特定多数が相手であっても、消費者向けの謝罪広告のような場合には、「弊社」が使われます。
銀行の場合には「当行」「弊行」が使われます。
商店の場合には「当店」「弊店」が使われます。

正式な交渉の前段階として、担当者どうしが遣り取りする場合には「こちら」「当方」が使われます。
会社としての意思表示ではなく、担当者同志の意志の表示として使われます。
「当方として異存はありませんが、社内で調整したうえで再度御返事いたします」というような使い方をします。
あくまでも、業務上の遣り取りですので「私は」などという私人としての言葉は使われません。
正式な企業体としての意志表示の際に「こちら」「当方」を使うと尊大な印象を与えます。
場合によっては、会社としての意志表示なのか否かを確認されることがあります。
担当者どうしであっても丁寧に表現する場合には「私ども」「手前ども」が使われます。
ビジネス文書では「そちら」は使われません。
個人対会社などの時には「そちら」「そちら様」「お宅」「お宅様」などがつかわれますが、あくまでも私信扱いです。
会社が個人に対して、正式な遣り取りをする場合は個人の苗字に様を付けて使います。

ビジネス文書では「むこう」は使われません。
あくまでも「先方」が使われます。
三者間での遣り取りなどの際に使われます。
「先方の意向は○○○と伺っておりますが、貴社のご意見は如何でしょうか」という使い方をします。
上司が部下に対して「先方の意見を確認してこい!」という言い方をします。
問題となっている相手先の意見を確認してこい、という意味です。
丁寧に言う場合には「向こう様」「先様(さきさま)」が使われます。
二者間での遣り取りには使われません。
「貴方」という表記は「あなた」と読まれてしまいますので、誤解を避けるために使われません。

但し、最近はこの使い分けが不徹底な企業が散見されます。
慣れない場合は「弊社」「御社」「先方」を使うのが無難です。

ビジネス文書は常に会社を代表した遣り取りです。
会社としての意志の遣り取りです。
「当社」又は「弊社」が一般的です。
「当社」は特定多数の人を相手にした社外報などで使われます。
経営者側が従業員に対して方針や業績を告知する際には「当社」が使われます。

「弊社」は明確に相手が特定できる場合に使われます。
「弊社」の方が丁寧な表現です。
この場合には相手に対しては「貴社」又は「御社(おんしゃ)}が使われます。
ただし、不特定多数が相手であっても、消費者向けの謝罪広告のような場合には、...続きを読む

Q問題なければ、の敬語を教えて

(1)問題ございませんでしたら、
(2)問題ありませんでしたら、
(3)問題がありませんでしたら、

等、考えてみましたが、どれもしっくりしません。

ビジネスメールとして相応しい文がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さしつかえなければ、・・・

もし、よろしければ、・・・・

できましたら、・・・・

Q「お送り下さいまして」?「お送り頂きまして」?

 手紙を書いていて迷ってしまいました。
 目上の人に、○○を送ってもらってありがとう、と感謝したいときは、「お送り下さいましてありがとうございました」? 「お送り頂きましてありがとうございました」? どちらを使うのが良いでしょうか。
 自分では後者なのかなーと思っているのですが・・。

Aベストアンサー

「くださる」と「いただく」には、
A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる
B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる
という違いがあります。
したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。

これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。

A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」
B:「(相手が手紙を)送ってもらい、ありがとう」

さて、どちらが正しい日本語だと感じますか?

では、次の文章を見てください。
A:「あの人が道を教えてくれた」
B:「あの人に道を教えてもらった」

それぞれ敬語にします。
A:「あの人が道を教えてくださった」
B:「あの人に道を教えていただいた」

もう一つ。
A:「あの人が指示をくれたから、順調に作業が進んだ」
B:「あの人に指示をもらってから、作業を始めろ」

それぞれ敬語にします。
A:「あの方がご指示をくださったから、順調に作業が進んだ」
B:「あの方にご指示をいただいてから、作業を始めろ」

さて、「くれる」も「もらう」も、どちらも物理的なモノの移動という視点から見れば同じですが、主体が違います。
例えば、XからYにモノが移動するとします。
これはそれぞれ次のように表現できます。

A:XがYにモノをくれる(X→[モノ]→Y)
B:YがXからモノをもらう(Y←[モノ]←X)

つまり
A:「くれる」はXが主体(X→[モノ]→Y)
B:「もらう」はYが主体(Y←[モノ]←X)

になります。
敬語では
A:「くださる」はXが主体(X→[モノ]→Y)
B:「いただく」はYさんが主体(Y←[モノ]←X)

になります。
なんだか数学の公式みたいになってきましたが(笑)、次にこれを手紙に置き換えてみましょう。

A:相手がsanbanmeさんに手紙をくれる
B:sanbanmeさんが相手から手紙をもらう

では「ありがとう」は、どちらの行為に対して述べているでしょう?
もちろん、「相手がsanbanmeさんに手紙をくれた」ということに対して述べています。
「sanbanmeさんが相手から手紙をもらう」ことに対してお礼を述べるのは変な感じがしませんか?

ここまでくれば、もうおわかりでしょう。
※ちなみにこの一文も「ここまでくれば、おわかりいただけると思います」と表現することができます。
「わかる」という行為の主体は読み手になりますが、「わかってもらう」という行為の主体は、私(書き手)です。
したがってここでは、「おわかりいただく」になります。

単純に
A:くれる→くださる
B:もらう→いただく

という風に考えても良いと思いますが、これは便宜上です。
「くださる」と「いただく」の使い分けは、あくまで「その動作の主体が誰にあるか」がポイントになります。

「くださる」と「いただく」には、
A:「くださる」のは読み手や聞き手側の行為に用いる
B:「いただく」のは書き手や話し手側の行為に用いる
という違いがあります。
したがって、お尋ねのケースでは、送る行為をしたのは相手(読み手または聞き手)ですから、ここでは「お送りくださいまして」がふさわしいです。

これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。

A:「(相手が手紙を)送ってくれて、ありがとう」
B:「(相手が手紙を)送っても...続きを読む

Q自分が相手に相談したい時は「相談」or「ご相談」?

ビジネスの場において
自分が相手に相談したい時に
「ご相談なのですが、、、」

「相談なのですか、、、」
とどちらが敬語として正しいですか?

相手から相談された場合なら
「ご相談いただきありがとうございます。」などと言うので
自分が相手にした時に
「ご相談」だと自分の動作を丁寧にしてる気がするので
なんとなく不自然な感じがします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談する人が相手なら、ご相談お受けいたします。

自分が相談するなら、相談させていただいてもよろしいでしょうか。

自分のする行為には御をつけないでOKだと思います。

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較