結構肌が弱く、強い化粧品だとすぐに痛くなったり赤くなったりします。私が長年愛用していた無添加の化粧品に実は鉱物油が含まれていそうな予感が最近しています(防腐剤無添加とかかいているのにどこにも無鉱物油と書いていない)。
無添加化粧品とはどうやら指定成分が含まれていない化粧品のことのようですが、指定成分以外で体に悪そうなもの(鉱物油や界面活性剤もそうでしょうか?)を表示している成分表から見分けたいのですが、どういうものが鉱物油等なのか教えてください。そういうものが書かれているサイトでもよいですので。
あと、指定成分以外でも入っていない方が良いものにはどんな種類があるかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ここで「化粧品成分」と検索して下さい。

回答に、化粧品成分についての本を以前紹介してあります。毒性判別事典…というのが分かりやすいと思います。私は表示成分をすべてノートに書き出して、調べてみましたが、ほとんどの成分について毒性や安全性が分かりますよ。頑張ってみて下さいね。
    • good
    • 0

無添加化粧品のアスカという会社ですが、最初に注文したときに


その辺のことがとても詳しく書かれているものが送られてきて重宝しています。
今手元にありますが、多すぎて書ききれません。
直接問い合わせたら親切に対応してくれるとおもいます。
電話は0088ー222ー555です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高級化粧品と無添加化粧品で迷っています

つけている方がお肌がキレイになるという、美容液ファンデなるものの購入を検討中ですが、以前に本で読んだ〔ほとんどの化粧品は石油が成分に入っているので、長年使い続けるとお肌が黒ずんだり、しみができてしまう〕という記事をふっと思い出し、躊躇してます。
基礎化粧品は無添加のものを使っております。でも、ファンデーションも何時間もお肌につけているものなので、やはり無鉱物油のものがいいに決まっているのでしょうか?
購入を考えているファンデはちなみにお値段は2万円するクリームファンデ、コスデコAQミリ○○○ィで、成分には9万円のクリームがふんだんに使われているということです。
使い心地もよく(サンプル使用)確かにお肌もモチっとします。でも石油成分のことを考えると長い目でみるとよくないのでしょうか。
できたらその2万円のファンデが買いたいのですが、10年後のお肌のためにファンデも無添加のものにしたほうがよいでしょうか?
どなたか化粧品の成分に詳しい方のアドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鉱物油が肌に悪いというのは、誤りです。自然・無添加化粧品メーカーの一方的な宣伝です。

厳密には、鉱物油に含まれる不純物質が肌に悪いのであって、鉱物油そのものは、動植物油よりも化粧品に適した油です。どの程度不純物質を取り除くかは、化粧品メーカーの良心によります。中には超高純度に精製された鉱物油しか使っていないメーカーもあります。

又、自然・無添加化粧品であれば肌に優しく、安全かというとそうではありません。

実は自然・無添加化粧品の正体は、以下のいずれかです。


1.「合成樹脂の透明な水溶液」をそのまま、乳液と称するか、
2.「合成樹脂の水溶液」に「鉱物油と合成界面活性剤」を加えて白濁させる

この2点が無添加化粧品の基本的な構造です。

2の場合の鉱物油はほんの微量を使います。これらの合成樹脂の水溶液には独特の粘りけがあります。

1を少し薄めれば美容液にもなります。2を少し濃くすればクリームになります。

合成樹脂は、酸化も腐敗もすることはありません。だから酸化防止剤も防腐剤も必要ではないし、「無添加」と表示できるのです。自然のものを使って、酸化も腐敗もしない。そんなことは現実に存在する話しではありません。皮膚は親油性、脂の環境です。合成樹脂を基剤とした化粧品を連用することで、皮膚環境を破壊してしまいます。

最後に、シミ、シワ、の最大の原因は、メイク化粧品に含まれるタール色素、レーキ類が、洗顔フォーム、クレンジング類に使用されている合成界面活性剤の浸透作用で、皮内に浸透してしまうことから起こります。

乾燥肌の原因も、合成界面活性剤が持っている強い洗浄力とタンパク溶解性が、皮膚のバリアゾーン(角質層+顆粒層)を不健康にしてしまうことが最大の原因です。

化粧品選択にあたっては、宣伝広告やキャッチコピーなどに惑わされずに、肌の仕組みと、お肌と化粧品の関係を知ることが大切です。又化粧品の歴史と現状もぜひ知って頂きたいと思います。

一番避けなければいけない化粧品は、鉱物油を使用している化粧品ではなくて、皮膚のバリアゾーン(角質層+顆粒層)を不健康にする合成界面活性剤、皮膚環境を悪化させる合成樹脂(合成ポリマー)を乱用している化粧品です。

鉱物油が肌に悪いというのは、誤りです。自然・無添加化粧品メーカーの一方的な宣伝です。

厳密には、鉱物油に含まれる不純物質が肌に悪いのであって、鉱物油そのものは、動植物油よりも化粧品に適した油です。どの程度不純物質を取り除くかは、化粧品メーカーの良心によります。中には超高純度に精製された鉱物油しか使っていないメーカーもあります。

又、自然・無添加化粧品であれば肌に優しく、安全かというとそうではありません。

実は自然・無添加化粧品の正体は、以下のいずれかです。


1....続きを読む

Q美白化粧品に発ガン性の疑いのある成分が含まれてる?

友達から市販されている美白化粧品の多くに、発ガン性の疑いのあるコウジ酸が,含まれているから、気をつけたほうがいいと、聞いたのですが、本当ですか?でも、コウジって、体に、いい感じが、するのですが…。

Aベストアンサー

先月厚生労働省から「コウジ酸に発ガンの疑い」との発表がありましたね。
詳しくは下記URLをどうぞ。

さらに厚生労働省のHPでは「コウジ酸を含有する医薬部外品一覧」が載っています。

参考URL:http://www.maleave.co.jp/import/kojiacid.htm,http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kouji/list.html

Qスキンケア以外の無添加化粧品

・・・ご存知の方・または使っていらっしゃる方、商品名を教えてください(スキンケアは入手済みなので)。
よろしければ、使った感想・他のブランドと比べてどんな感じかぜひお聞かせください。

Aベストアンサー

「無添加」の定義が人によって違うので参考にならないかもしれませんが…^^;

私はファンケルのものをいくつか使っています。
チークやアイシャドウは、無添加ではないものとそれほど使用感が変わらないのでオススメです。
タール色素なしできれいな発色で、使うのが楽しくなりますよ。

徹底的に無添加にこだわるのであれば、「ロゴナ」というブランドがよさそうな感じがしますね。
楽天等で取り扱っているので入手も割としやすいですし。
興味があったら検索してみて下さい。
@cosmeで調べてみるのもイイと思います。

参考URL:http://www.fancl.co.jp/index.html

Q化粧品・無添加・オーガニック

合成化学成分の入っていないオーガニック派の化粧品を使っている方
UV、下地は何をつかってますか?
私は成分が気になり、オーガニック化粧品を使用しているのですが、下地だけあうものが見つかりません。
オススメは何でしょうか?

にきびができやすいので化粧品の油分については結構気になってしまいます。
例えばヴェレダ、ハウシュカはベタつくのに抵抗を感じ、パックスは重圧感がありました。

Aベストアンサー

全部が全部オーガニック系を使っているわけではないですが、
日焼け止めはかなり悩んで、いまはMIMCのミネラルパウダーサンスクリーンを使っています。

 自分もヴェレダを試して、質感と匂いが苦手だったので、変えました。
 粉系なので、化粧水などは馴染んでからでないとよれます。
ファンデーションはパウダー系のほうが下地の効果が出てよいです。
 その代わり、サラサラして、その後の油分が気になりにくいです。

 自分は色々調べて、結局オーガニック系でも、合成系でも体に悪いものが入っている商品を、消費者は目で見て判断できないので、自分で使って、合う合わない、気に入る気に入らないを決めているので、
気に入ればどちらでも使っちゃいます。

http://www.hositu.com/qu5.html
http://www.vc-lab.com/s67.html

参考URL:http://www.mimc.co.jp/products/basic/ssc.html

Q【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験を

【化粧品の動物実験】化粧品の発売前に兎の目に化粧品を垂らしてウサギの目に異常が起こらないか動物実験をしてから販売していた化粧品メーカーってどこですか?

Aベストアンサー

そのような時代もあったという認識です。ある意味その事は各社タブーになっています。今は動物愛護の観点から、そのようなことはないと信じたいですが、もしまだそのようなメーカーが存在するとしたら、そのメーカーの化粧品は買いたくありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報