最新閲覧日:

わたしの目の横には少し目立つシミのようなものがあります。

某化粧品メーカーのカウンセリングで「このシミは消したほうがいいですね」と言われ、シミを消す美容液を買いました。
教えられた通り、たたきこむようにして使い続けましたがまったく効果なし。高いし効果もないのでやめてしまいました。
ところが、最近ふと思い出したのですが、シミだとばかり思っていたこれはニキビ跡だったのです。
昔はニキビができるといじってしまう癖があり、かさぶたになったのをさらにいじって傷になってしまった跡でした。

そこで、「シミを消す美容液はニキビ跡も消せるのか?」というのが質問です。消せないのなら意味なかったわけですよね。
この美容液が合ってなかったことも考えられますが、基本的にシミ消しの美容液はニキビ跡も消せるのかどうか教えてください。

A 回答 (2件)

シミとニキビ跡は、なかなか美容液では治りませんよね。


私は、けがをした時の傷がシミになってしまい、いろいろなものを試しましたが、効果はなかったです。(まったくしないよりは、まし?)やはり、外から栄養を与えることも大切ですが、内側からも与えないと。サプリメントを服用しながらのほうが、効果は見られると思います。私は、レーザー治療をしましたが、サプリメントも薬も美容クリームも併用しています。徐々にめだたなくはなってきています。 ニキビ跡が気になるならビタミンBは、おすすめです。シミは、消すことはできません。薄くすることは可能です。と、皮膚科の先生はおっしゃってました。シミを消すという言葉は信じない方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、やっぱり消えないのですね。
店員さんに「使い続ければ消えます」と言われ、ころっと信じちゃったんですよねぇ。(使い続けるほどお金なくてやめたけど)
そう考えると、化粧品業界も詐欺すれすれってことも時々ありますよね。不安感をあおってくる人もいるし。(暴言かしら)
今はニベアビサージュのモイストホワイトを使っていて、あとはハイチオールCを飲んでいます。
ニキビ跡はあまり変わりませんが、肌の調子はかつてないほどいいので、これからも続けようと思っています。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 17:48

消せるものと消せないものがある。

というのがいいと思います。
というのも、こういった化粧液、クリームの類には、
「予防還元美白」を主な目的にしたもの
(例:ファンケルのホワイトエッセンス)、
つまり、浴びてしまった紫外線のために作られようとするメラニンの生成過程に
働き、さらに、シミができにくい肌に肌のコンディションを整える
(←予防。ここがポイント。)
ものと、「還元美白」、つまり浴びてしまった紫外線のために作られようとするメラニンの生成過程に働たらき、メラニン要素を排出するものがあるといいます。
(例:ソフィーナ、資生堂の美白クリーム類)
それぞれ、この「メラニン要素を排出する」過程で、ある程度は、
ニキビなどのシミも改善されると言います。

実際、アラミスの「ラボシリーズ」から出た美白化粧水は
「ニキビ跡などのシミも・・・・・」とうたっています。
こちらも、基本は「メラニン排出型」のようです。
男性用ですが、オイルフリー、無香料なので、一度サンプルをもらってみては
いかがでしょうか?(50ml、7000円だったかな?)
あとは、ファンケルから出ている「ホワイトエッセンスクリーム」でしょうか?
こちらが他の化粧品と違うところは、「紫外線を浴びてしまって、傷ついたDNA組織も回復してくれる」というところです。
ここ(DNA組織まで回復してくれるという点)は普通の美白化粧品と
違うところらしいです。


 しかし、「ニキビ跡」というのは、肌内部のDNA組織が破壊されてしまっているのため、かなり直りにくいと言います。
根気よく続けることが一番!だと思います。
がんばってください!
そういえば、知り合いの皮膚科医の持論は「食べて(サプリも含む)直せ!」です。
いろいろ塗るより、食べ物も気をつけた方が効果は段違いに上がるそうです。
一応ここは化粧水の話ですので、詳しいことは書きませんが・・・・・!
ファイト!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても勉強になりました。どうもありがとうございます。
わたしが使っていたのは、クリニークのものでできてしまったシミを集中的にケアするスポットタイプのものでした。
クリニークをやめたあと、ニベアビサージュの「モイストホワイト」を使っているのですが、これが効くんです。
数日で焼きすぎ、できかけていたしみ・そばかすがすっとなくなり、肌の色も全体的に明るくなりました。
それでもこのニキビ跡だけは変わりません。化粧品だけで直そうと考えることに無理があるのかもしれませんね。
あまり気にせず、これからは食生活などトータルで気を付けていきたいと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 17:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ