ノンフィクションでもフィクションでもどちらでもいいです。
いつの時代のどこの国のものでもいいです(しかし特に現代の日本であればそれ
を知りたいです)。
教えてください。

A 回答 (6件)

ちょいとベタですが、


金城 一紀 氏の「GO」。思いっきり青春の痛切 してます。
差別についてばかり話題になるのですが、一高校生の青春ものとしても読み応えアリです。
「ん~青い!でもそこがタマラナイ!」といった感じかしら?直情型主人公の言動、カワイイです。大人になってどこかに置いてきちゃった気持ちがムクムクします。
お試しあれ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読んでみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/29 14:00

武者小路実篤の「友情」はどうでしょうか。


今の時代にはこんな主人公やその周りの登場人物のような若者は稀有な存在かもしれませんが、新鮮な感動があると思います。胸が痛くなる・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読ませていただきます
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/04 12:22

直截に、「本」でないので、申し訳ないのですが、宮沢賢治の詩、「春と修羅」の「俺は一人の修羅なのだ」(二ヶ所ありますが)の前後の部分、高村光太郎の詩集、「智恵子抄」の序「いやなんです あなたのいってしまうのが」の部分が私にとっては、青春の痛切です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
詩も小説同様哀切ですよね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 21:05

原田宗典『何者でもない』(新潮社文庫)です。



劇団の下っ端で「奴隷」のシンイチが主人公。
もう、このタイトルの通り、名もない若者の物語です。
劇団に入っているのに役はつかない、アルバイトばかりで時間もない・・・でも夢はある、というお話。
リアルさが痛いです。
ミステリーっぽくもあり、ラブストーリーっぽくもあって、原田宗典さんの小説の中でも私の一押しです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読んでみます。
御紹介ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/29 15:46

島崎藤村「桜の実の熟する時」


ジョン・ゴールズワージー「林檎の木」

今になって思うのは暇があっても、本って読めるもんじゃないわ。
年齢的な物もあるし、例えばロランやヘッセは今の私じゃムリだわ。感受性の問題で。
あとこっちが歳取ってくると、主人公が年下になっちゃうのよね。これもつらいわ、しらけるのよね。maruhaseさんが10代20代なら今しか読めない本ってあるからそれを読んだ方がいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/29 15:09

こんにちわ



やっぱり、青春ということでは
村上春樹の
「ノルウェーの森」でしょう・・・

何度読んでもいつも毎回違った感想をもちます。
私は女性だけど、青春期の男性の考え方、行動、理解できない部分があって・・・

私が大好きな一冊です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは読んだことあります。
今度機会があったら再読してみます。
御回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/29 14:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本のタイトルが思い出せません。人の後をつけるノンフィクションモノ。

10年くらい前に友達が「おもしろいよ」と貸してくれた本です。
当時新刊だったのかはわかりません。

内容は作者が街で見かけた気になる人の後をつけてその人物が
どこに住んでいてとか、どんな人物かとか、事実と共に色々思いをめぐらせる。
みたいな内容でした。
例えば渋谷の浮浪者とか・・・電車の中の酔っぱらいとか・・・

確かタイトルは「一度でいいから人の後をつけてみたかった」
とか言う感じでもっとテンポがいい語呂だったと思います。

また読んでみたいんだけど誰が書いたのか、タイトル・・・全く思い出せません。
お願いします。

Aベストアンサー

『一度尾行をしてみたかった』桝田武宗

じゃないですか?

Qカミュ「異邦人」の主人公ムルソーは現代日本の裁判でも重罪でしょうか?

ふと疑問に思いましたので質問させていただきます。もしも現代日本の裁判でムルソーが裁かれるとしたら・・? 興味のある方どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

 普通に読めば、ムルソーは生命の危険を感じていたとしても何の不思議もない状況でしょう。凶器を手にした男が近づいて襲うそぶりを見せれば、そりゃ普通はビビリます (^^;)。
 まあ、うまく行けば正当防衛、悪くても過剰防衛程度の罪でしょう。母が死んだという事に衝撃を受けて、精神的に不安定だったと言うことも考慮されるでしょうから、どう考えてもたいした罪には問われないものと思われます。
 「太陽がまぶしかったから」というのは、あくまでも正当防衛が全く認められない疎外状況の文学的比喩であって、殺人の動機でも何でもないですしね。

Q講談社や岩波の新書本(それ以外でも可)読んでみるといいもの(高1)

某県立校に通う高1です。参考までに私は法学・人文系を志望しているのですが・・・
最近、大学の2次の事もありますし、それ以上に今後のためにいろいろな本を読んでいこうと思っているのですが、国語の先生からは岩波や講談社などの新書本を薦められました。主にその辺りを中心にして(もちろんそれ以外でも)お勧めのもの、読んでみるといいものを紹介して頂きたいです(特に志望学部に拘る必要もないですが、志望学部の関連の本も読んでみるといい、とは言われました)。
ではお願いします。

Aベストアンサー

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わず苦笑しながら買ってしまいました。
日本近代直伝の教養主義が瓦解した現在、知性なるものに、どうアプローチしてゆくか。

◆『西洋音楽史』岡田暁生著・中公新書2005年
クラシックという世界最強の「民族音楽」の、前史(中世)から現代までの流れを一望し、
独断ではないかと問われかねない領域にまであえて踏みこんで語られた、熱く頼もしい一冊。

◆『ウェブ進化論』梅田望夫著・ちくま新書2006年
また新たなウェブの大変化を予感させる、今まさにここでの動き。グーグルの発想と戦略。
これらはきわめてアメリカナイズな、行動主義の産物なのかもしれません。

◆『ルノワールは無邪気に微笑む』千住博著・朝日新書2006年
アーティストたろうとすることへの心意気が小気味よく伝わってきました。
芸術一家のカナメに位置するご母堂がある真剣な問いかけをしていることに対しての、ひそかな解答が内包されているようです。

最後に、ことに印象深かったものとして記憶に残る、
◆『寝ながら学べる構造主義』内田樹著・文春新書2002年
を挙げておきます。

文系で。新書に絞りました。
去年たまたま目にしたものを中心にいくつか。

◆『高校生のための評論文キーワード100』中山元著・ちくま新書2005年
一般のニュースやニュース解説より、子供向けのニュースのほうがはるかによくわかる、ちょうどあれと同じ役割でしょうか。
語句の説明に留まらず、切り口から展開までを視野に入れた、高校生はもとより、社会人にとっても基本的な一書と感じます。

◆『グロテスクな教養』黒田里惠子著・ちくま新書2005年
オビに「知的マゾヒズム宣言」と惹句してあって、思わ...続きを読む

Q時代背景が明治時代の小説

明治が舞台になっているものならなんでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

#5です。

randybassさん
書き損じると鬼の首を取ったかの如く突っ込みを入れてくる事の多い掲示板という世界において、
やんわりと、こちらの面目を保ちつつフォローして頂き有難う御座います。


明治が舞台という事で最初に『翔ぶが如く』を思いついたのですが、『坂の上の雲』の方が読むには面白いかと思って変えようとしたら、ごっちゃになってました。



司馬遼太郎
『翔ぶが如く』西郷隆盛が西南戦争で散るまでを書いた作品です。

『坂の上の雲』日清、日露の戦争で活躍した軍人の兄弟が主人公です。

改めて両方おすすめします。

Qフィクション小説について

フィクションの歴史小説を作るとき、架空の人物や実際に無かった事件などを登場させることは出来ますか?

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

歴史創作小説 とすれば可能です。
まあ歴史小説なんてみんな創作ですけどね。
みんなやってますよ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報