12月にゴルフを始めたばかりの初心者です。
悩みは、練習最初の70球目くらいまでは球筋と方向性も安定し自分なりには満足!?なんですが、それくらいを超えると突然球に当たらなくなり、当たっても全然飛びません。
スイングが悪かったり、力が入っているのかもと思って
休憩するのですが全然ダメです。
今までスポーツが苦手ということもあり基礎体力がないのが原因かなとも思います。どうなんでしょうか?困ってます。(T_T)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

わたしも経験年数は多いけど、なかなか上達しないゴルファーですが、先輩としてアドバイスを..



やはり、70球っていったらプロでいうと1ラウンドの玉数ですよ!
疲れもあるでしょう。

それと、長く練習していると自然と自分が楽なようにスウィングが変わってしまう事があるのです。本で読んだり教えてもらったりしたことが頭で分かっていても、少しずつ変わってきて、しまいに全然違うスウィングになっちゃう

その繰り返しなんですよ。何回も分かった!って言っては
またおかしくなる。それがゴルフなのですよ。

とにかく、一時レッスンを受けてみっちり習うのが良いと思います。
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
すごく不安だったのですが少し元気がでました。
始めたばかりであせりもあって他の人は200,300
なんて平気で打ってるのになんで私は。。。。って思って
たんです。本当に一度きっちり習ってみます。(^^)
またよろしくおねがいします。

お礼日時:2002/01/30 08:44

まず6番アイアンで20代なら2000球30代なら3000球NO.3の方が薦めているショートスイングで打つことです。

それからゴルフのスイングが出来てくると思います。そして毎回の練習は、6番と得意なクラブ(打ちやすいクラブ)の2本からまず始めることをお勧めします。いろんな物をうつよりまず得意なクラブを作ることが上達の秘訣と思います。とにかく1年以内に100を切るならまず6番アイアン3000球です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今は7番アイアンで練習しています。
あっ、3000球とはどれくらいの割合ででしょうか?
1日?10日?
頑張ってみます。上手くなると信じて。。。

お礼日時:2002/01/31 08:47

ゴルフの楽しみが出来た事に「おめでとう」と


申し上げます
世間並のへぼゴルファー(周りの殆んどがそうです)
になるか
より楽しいゴルフを長く楽しむか
今が決断の時
ゴルフの真髄を簡単に知りたければ
ゴルフダイジェスト社から出ている
「坂田ゴルフ、ショートスイング」
から始まる数巻のビデオテープを見られることを
お奨めします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も「より楽しいゴルフを長く楽しむ」事をしたくて始めた訳ですから絶対に上手くなってやろうと思っています。
でも意欲とは逆に今は全然打てなくなりました。
最初は登り調子で打てるようになったのですが突然全く当たらなくなりました。
グリップの持ち方から疑問を感じるようになりどうやっても打てる気がしないのです。
力を抜いてって思うのですが何をやっても全然ダメでちょっとへこんでます。それではダメだと思ってがんばっているのですが不安ばかりが先にたってしまってちょっとつらいです。
あっ、 「坂田ゴルフ、ショートスイング」のビデオ探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/31 08:45

ゴルフ暦10年のヘボゴルファーですので、あくまで参考程度に読んでくださいね。



ゴルフは普段使わない部分の筋肉を使いますので、打ち込んでいくうちにやはり体が疲れてきます。

無意識に疲れた部分をかばうような打ち方になってしまい、そのまま練習を続けると、その間違ったスイングを体が覚えてしまったりします。

2年ほど個人レッスンを受けましたが、その人が言うには、「自分で練習する時には、打ち始めはまず軽くピッチングなどで肩慣らしし、次にアイアンを打ち込み、次はウッド、そして最後には又ピッチングなどでグリーン回りの練習をしなさい」とのことでした。

一度にとことん練習するより、まめにうちっぱなしに通い練習したほうがいいと思います。
頑張って、基礎体力もつけてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり
「無意識に疲れた部分をかばうような打ち方」
になるんですね。それはすごくよく分かる気がします。
そんな時はやはり切り上げて帰ったほうが体の為にも
スイングの為にもいいんですよね?
貴重なアドバイスありがとうございました。
またよろしくお願いします(^^)

お礼日時:2002/01/30 08:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェアウェイで本球OB宣言後、暫定球と見つかった本球をふたつ打っていった場合

ティーショットで本球がOBみたいだったので、いつものように暫定球を宣言して打った。
本球を探したが見当たらず、OB宣言した後、フェアウェイの暫定球を打った。ところが、本球がカート道に当たって、想像もつかないぐらい先にあった。規則がよく分からなかったので、本球と暫定球を打ち、二つのスコアを記入し、ホールアウトした。
ホールアウト後、競技委員会にそのホールの二つのスコアを話した結果、暫定球のスコアを提出することになった。
しかし、本人が全く本球に気付かずOB宣言をした後、本球を打っていいのか?
要するに、OB宣言後、本球があったからと言って、打つことは出来るのか、出来ないのか?
この場合の二つの処理が賢明なのか、それとも罰則があるのか、ないのか?あるとしたら、どんな罰則になるのか?今後の為に教えてください。

Aベストアンサー

競技委員に聞いて正しく処理されているので、何が疑問かいまいち不明ですが、

ボールが見つけられる前に(さがそうと、探すまいと)、暫定球を打ったら、それがインプレーになります。OB宣言・・・というのはないので、ボールが見つかってしまえば、もとの球を打つことが義務になりますが、見つからなかったならOK。なのでこの場合競技委員の判断通りかと。

なお、ルールによる処置がわからない場合、通常は競技委員にきいいて対処すべきですが、月例などでは、人数の関係でそれは不可能。したがって、慣習的には、両方のボールをホールアウトし、あとで尋ねる・・・と、私のホームコースでは指導されています。この措置の合理性について、ルール上どうなのかは、わかりません。

Q体力がない 年齢の為?スイングの為?両方?

小生、事情により、まる3年間ほど、GOLFを全く休止していたのですが、最近、復活しようと練習を再開しました。
最初は、アイアンのスチールシャフト(PRGR M40)が非常に重く感じられ(5Iで約400gで普通の重さなのに)、カーボンシャフトの別アイアンを入手して変えてみたり、少し物足りなくなって、スチールに戻したりして練習しています。
相談ですが、練習場で、70~80球ほど打ち込んだ後、急に飛距離が落ちて、まともに飛ばなくなります。具体的には、8Iで、120~130ヤードの飛距離が、100ヤードくらいに落ちます。
これは、筋肉が疲れてきて、振れなくなってきているように感じます。その時、カーボンシャフトのアイアンに持ち変えても(軽くしてもということですが)、同じように、飛距離が大きく減少しています。(疲労感はそうないのですが)
これって筋肉疲労でしょうか?スイングが悪いために、こんなにおちるのでしょうか?いつからそうなったのかわかりませんが、10年前、一生懸命練習していたときは、150球ぐらい打ってもそう落ちた記憶がありません。
週末に1~2回の練習を始めて、この症状は、少しずつ回復しているような気もしていますが、今のままの練習を続けて良いものか、もう一度、プロに見てもらってスイングを直してもらったら良いのか、アドバイスをいただけたらと思います(たぶん、若い人はこの感じはわからないと思うので、できれば、同年代の方の)。
小生の概要ですが
----------------------------------------------------------------------------------------------
年齢:58才、HS:4年前Golfshop測定で40~42m/s、HC13(オフィシャル)、身長:約170Cm、体重:74Kg、4年前は72Kg位と記憶、ややメタボ気味、
運動神経 そう良くもないが、普通、大きな病気なし
HSは、もともとそう早いほうではなく、40m/s位で、月例会でも人並みと自負していましたが、今は、もう少し落ちていると思います(練習場のネット200ヤードが厳しい)、HCは更新していませんが、今のショットレベルは、恥ずかしながら、HC30~40位の超初心者レベルです。
----------------------------------------------------------------------------------------------

小生、事情により、まる3年間ほど、GOLFを全く休止していたのですが、最近、復活しようと練習を再開しました。
最初は、アイアンのスチールシャフト(PRGR M40)が非常に重く感じられ(5Iで約400gで普通の重さなのに)、カーボンシャフトの別アイアンを入手して変えてみたり、少し物足りなくなって、スチールに戻したりして練習しています。
相談ですが、練習場で、70~80球ほど打ち込んだ後、急に飛距離が落ちて、まともに飛ばなくなります。具体的には、8Iで、120~130ヤードの飛距離が、100...続きを読む

Aベストアンサー

そうですか、3ヶ月になりますか
週末だけの練習だと1年あるいはそれ以上掛かるかもしれませんね

球は飛ばなくても、飛ばそうとしないで
ひたすら基本スイングを繰り返される事をお勧めします
距離にばかり意識が入ってしまうと、スイングが小さくなったり
小手先の操作が入りがちでかえって復帰が遅くなる可能性も有ります
ゆったりと構えてください
それから、いつもこのコーナーで申し上げてきたのですが
人間の筋肉の記憶期間は3日間だそうで、これを過ぎると
最初からやり直しに近くなるそうです
練習のインターバルの参考にして下さい

坂田プロの「ショートスイング」はスイングのエッセンス
と言われるだけあっていつもこの点に戻っております
頑張って下さいね

追記まで

Qスイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツ

どうしても、インやアウトに上げ過ぎてしまい、プレーンを外す事が多いです。結果ダウンで調整しようとしてもかえって駄目になることが多いです。スイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教えてくれます。
何も考えないで、ビュンビュンと振ってみると、
トップはおさまるところにちゃんと収まってます。

その自然なトップの位置が体に染み込むまで素振りを繰り返すと、コントロールしようとしてはいけないということがわかると思います。

自分にとって一番自然で、オンプレーンなテークバックは素振りが教えてくれます。

ま、私の場合ですが、テークバックを気にするとトップで完全に軸がなくなってることが多く、ちゃんと当たりません。だから「体の軸がキープできる範囲で、気持ちよく上がるところまで」が私のテークバックです。

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教...続きを読む

Qハーフスイングとフルスイングの動きの違いについて

ハーフスイングとフルスイングの、主にビジネスゾーンでの動きの違いについて教えてください。

ハーフスイングの延長がフルスイングだとよく聞くのですが、それを頭に入れて実践すると、ハーフスイングではいい確率でうまく打てているのですが、フルスイングになった途端そのようにはなりません。

普通にハーフスイングを大きくする感覚だけでフルスイングをするのは間違いなのでしょうか?
ビジネスゾーンでの各部位の動きはハーフとフルとでは別物なのでしょうか?
それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

お教えください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フルスイングに比べて8,90%までテイクバックした場合の俗称です。
・ ハーフスイングの延長がフルスイングです。
・ ビジネスゾーンの動きは、当然どんなスイングでもまったく同じになるのが理想です。

しかし、言うは易く行なうは難し。多くのひとは、テイクバックが緩んで、手でクラブをあげ、トップからの反動で上半身でクラブを振り下ろす人が多い。だから、フルはいいけど、ハーフはだめとか、アプローチは苦手だとか、アプローチだけ得意とか色々です。

本来、緩まないトップから、下半身を左に踏み込むと、背筋を通じて、手をなにもしなくても、クラブは腰のあたりまで降りてきます。プロのタメは、ここで出来ます。その後は、ビジネスゾーンで右手を上にしながらクラブを素直にローテーションし、右腰を押しながら、リリースされたクラブを運びます。

この動きができれば、あとは、踏み込むタイミングを変えるだけで、いつでもダウンが開始できる。ところが、反動を使う人は、アプローチ、クオーター、ハーフ、フルと、そのスイングの持っているイメージごとに、さまざななきっかけで、手でクラブを下ろさないと、クラブが降りてこない。したがって、とくに緩みのフルスイングでクラブを戻しきれずに玉が曲がるようになります。

もし、ハーフで玉が安定しているなら、フルスイングを一切やめることですね。ハーフで振っているつもりが、反動がついてフルになったぐらいのイメージで、ビデオでも撮れば、そのうち自然にフルスイングになっているはずです。

私自身のイメージで言えば、ダウンをどこで開始するかをイメージするだけで、意識の違いはありませんが、あえてビデオで見てみると、ハーフスイングで出来たトップの形から、若干方が深く入るまで、踏み込みのタイミングが遅くなるスイング・・・と見えます。

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フ...続きを読む

Qゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょ

ゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょうか?

よくビハインドザ・ボールで、ボールの斜後方を見ながら打てだとか、
ボールの先を見ながらスイングしろだとか、
ボールだと思わずにぼんやり見ながら打てだとか、
ボールの真上から打ち込むように打てだとか色々ありますが、

僕の場合、スイングができていないせいかもしれませんが、ボールの先(左)の芝を見ながら打つと
いい玉がでます。アイアンだとボール1個分くらいで、UTやFW・DRだと2個~2.5個分くらい
ボールの左を見て長くヘッドを出すような感覚で打っています。

このやり方はいいのかが自分でわかりません。
ただボール自体を見て打つと、どうしても打ちにいってしまい、よくダフるのは確かです。

どうかアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方がいいと思います。それが固まれば、そこからインテンショナルに高い球低い球を打つ時にどうするかという応用編にも挑戦できます。(あれ、アドレスでどうボールを見るかという事も重要な要素の一つですから)

例えば、デヴィッド・デュバルというUSPGAのプロのスイングをご存知でしょうか?多分彼のスイングはヘッドアップに見えると思います。しかしスイングの回転と軸を同じにした体全体の回転の中で首も回転させています。つまりヘッドビハインドザボールはヘッドアップしていても保たれているということになります。(そのために彼の場合はルックアップであるという言葉まで生まれました)例外的なスイングですが、これもゴルフスイングは許してしまうという例で出してみましたので、「基準」と言う意味で参考にしてみてください。このスイングで一時期世界の五本の指の順位にいた選手でもあるんですよ。

ヘッドビハインドザボールは基本ですが、そのための手法は各人が自分で決める「基準」が必要です。ゴルフスイングはこの「基準」の方が数が多いんです。中には自分が基本からどれだけズレているかの把握を求めてそれを自分の基準と化さなければならない場合すらあります。(いい例がグリップですね。スクエアグリップが基本ですが、ストロング(フック)グリップでも構いません。ただ、自分がどれだけストロング化しているかは把握しておくべきであると思います)ゴルフは「自己責任」のスポーツだと思います。スイングも基本とはスイング作りのガイド役と考えてそれ以上は自己責任で作っていくと考えた方がいいでしょうね。その基準には具体性を求めるべきでしょう。つまり自分が今どんなスイングをしているのかを把握すると言う事です。初心者の間はそのガイドすらないですから、体型の良く似たレッスンプロに教わった方がいいという事もいつも思ってもいますけどね。

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報