オートガレージREN

原因不明で困っています。
考えられる対策を教えて頂けたら嬉しいです。

入庫時の症状
アイドリング不調
アイドリングで白煙排出
暖気後、再始動しても白煙排出

初期の処置
圧縮3番シリンダーのみ低下
ヘッド分解後、バルブ点検結果3番のインテーク側のコツタ脱落によるステムシールの損傷
ステムシールの交換、バルブ磨り合わせ
格ガスケット交換

処置後の症状
3番に大量のATFが入って白煙排出

処置 インテーク3番からATミッションに入っているダイヤフラム交換

症状 アイドリング安定ATF混入なし数時間放置しても白煙排出なし 停車時には7500rpm以上レーシングしても白煙の排出は無いが走行すると白煙が出だす。
白煙が出だして一旦走行をやめアイドリングにしてしばらくすると白煙は止まる。

この車両はディラーにてタービンを2回交換、中古にて交換との事なので念の為手持ちのタービンに交換しても症状はかわらず。
インタークーラーを外しても、ブリザーバルブを外しても同じ。スパークプラグの焼けもプラグホールからピストンのヘッドをみてもオイルの後は見られません。
エンジンオイルを10w-40 WAKO,Sフォアオイル添加しても同じです。
原因が分からず大変困っています。
可能性がありそうな所は全て対処したいと思っていますので
よろしくご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

原因になるのか可能性なのか、参考になるのか分かりませんが、私が経験した例



エブリー・ターボ
過去2回ターボが壊れスズキディーラーで交換、3回目のターボ破損で我が社に入庫。
1回目のターボ破損はズボラなオイル管理のための、ターボへのオイル通路詰まりでターボ軸が焼き付き破損との事。
その1年後、約5000kmごとにオイル交換をしてきたにも係わらず、1回目と同じ状態でターボ破損との事。

走行距離は5万キロ程なのに今回で3回目のターボ交換、しかも前回のターボ交換からまだ1年という事で慎重に原因を追究。
作業前にディーラーから
『ターボへのオイル通路にオイル管理がズボラだった頃に堆積したスラッジが、また詰まったのが原因かも知れないので各パイプ類の洗浄をよく行なうように』
との連絡があり、エンジン内部のスラッジ除去を兼ねてタペットカバーとオイルパンを外し内部洗浄を行い、同時にオイルストレーナーからオイルポンプを経てオイルエレメントへ繋がる油路、及びオイルクーラーとリリーフバルブ油路を洗浄。

ここで3回もターボが壊れた原因(らしき)ものが判明。
オイルパンの底とオイルクーラーとオイルエレメントとターボへの油路にあるユニオンボルト(ストレーナー内蔵式)とリリーフバルブ油路から、クランクケース製造時の鋳型(砂型)に使われたと思われる砂が出てきました。
その事をディーラーに伝えると、ターボとオイルクーラーとユニオンボルトと各パッキン類を無償で供給してくれました。
あれから3年経過、今は何事も無かったかの様にエブリーは快調そのものです。

例えエンジン内部に砂が混入してもオイルエレメントがあるから砂は除去される。と思うでしょうが、オイルエレメントが砂で詰まればリリーフバルブが開き、オイルは砂と共にオイルエレメントを通らずにエンジン各部に潤滑されます。
結果、オイルと共に運ばれた砂がターボの油路(ストレーナー内蔵のユニオンボルト)を詰まらせ、ターボ軸が油切れして破損。


という事で、私の推測
ターボからオイルパンへのオイルリターンパイプは詰まっていませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!解決できそうです!

お礼日時:2006/04/10 21:09

ハズレのタービンとの回答も有りますが、結構F6Aはステム・シールからのオイル下がりも多いですけど・・長いアイドル後に出ないなら「オイル下がり」ではないような気もしますけど?ステムシールの交換時に、EXバルブ・ガイドのガタは見ましたか?


貴社の場合だと、マフラーを別の物に換えてテストしたい気がしますが・・・
ジムニーの白煙修理にはタービン交換、オイルリターン・パイプ(とその先の通路も掃除)ブローオフ・ホース、アクチュエーター・リターンホース、の掃除といたる所の掃除をさせられましたし、最終的には「バイパス道路」を、マフラー掃除の為に2時間程、あても無く走行と散々な目に会いました。
マフラーの「影響の無い部分」を、ガスバーナーで炙って、テールより煙が出るようでしたら、マフラーの残留オイルも疑ってみては?
走行させるとアイドルよりも、負圧もブーストも高く(より吸い込む)なる傾向ですから、各ホース内をキレイにしてからテストランしてみましょう。
案外、ブローバイが多いのかも・・・3000rpm固定で出だしたりするなら「オイル上がり」なら最悪、棚落ち?ですが、数回のフラッシングでオイルラインの掃除をして様子を見るのも「ワンチャンス」かな???
ps、私の場合は、ホーセンの激安!「DEオイル」でフラッシングですけど
    • good
    • 0

あ、それからこれは”ない”かもしれませんが・・・・。



漏れオイルが各部に行き渡ってしまっているため、
かなりな量の燃え残りオイルが残存している可能性・・・。

アイドリングや、レーシング時は触媒作用で追いついていて、
走行負荷がかかったときに、触媒で燃えきれない量のオイルが
白煙となっているのかもしれません。(単純すぎ??)

ステムシール交換等、ヘッド周りのリペアは終わられている
ようですので、さらなる「下がり」はないかと思います。

長めの「試運転」(残存オイル一掃目的)やってみましょう。

意外や意外、残りが燃え尽きてそれ以降”出なくなる”かも・・。

でも、やっぱ中古エンジンASSY載せ換えが吉でしょうか・・・。

過去に三菱3G83、タイミングベルト切れバルブクラッシュ、
いろいろする前に、早々と中古ASSY載せ換えしました。(笑

なにも悩まず、ラクチン・ポンッ!・・・でしたよ。
    • good
    • 2

過去に11年式ワゴンR F6Aシングルカムのターボ仕様で


しつこい白煙に悩まされた経験があります。
コスト削減のため、タービンASSYを中古で交換したのですが、
どうやら「ハズレ」を引いたらしく、なおも白煙出まくりで
泣いたことがあります。結局、リビルト品に交換したところ、
白煙は解消しました。(すぐにオークション出品売却 笑)

このことをふと思い出しました。お手持ちのタービンの状態は
いかがなものだったでしょうか???

その点だけ、過去の思い出からアドバイスさせていただきます。

なかなかこういったやっかいな症状が出てしまうと、泣けますね。
あまりにもいろいろやりすぎちゃうと「コスト倒れ」という最悪な
結果が待っていたりします・・・・。(苦笑

それから、いろいろ悩むより中古エンジンASSY載せ換えも
視野に入れたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 0

オイル上がり・オイル下がりじゃ無いですか?


http://www.skyline-r34.com/cgi-bin/soe/q-a/q-a.c …
ちょっと前に見かけたFAQにちょうど平成8年車のワゴンRが白煙を噴くとありましたので、参考に。
対処法としては、エンジン交換しかないようです。

参考URL:http://www.skyline-r34.com/cgi-bin/soe/q-a/q-a.c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オイル上がり下がり両方とも疑ってみたのですが
原因がわかりません。

お礼日時:2006/04/10 21:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白煙が出る→ターボ交換→まだ白煙が出る

先日平成8年のダイハツムーヴをオークションで落札したのですが
商品説明には『白煙が出たため昨年11月にリビルト品のターボに
交換しまして今は機関・ターボ含めて異常は有りません』との事でした。
ところが落札後のメールで『ターボが駄目になった時のオイルが
マフラ・エキマニパイプ等にかなり多く溜まっているらしく、
まだエンジンを始動すると多少白煙が燃えて出てます。
ターボを交換してまもなく車検が切れたので当方は一度も乗っていないので
納車時点でも影響が有ると思いますが交換したことは事実です。
保証書もあります。』というのです。
初めて聞いた内容だったので驚きました。

それで質問なのですが普通はターボ交換の後には
その様な現象になるものなのでしょうか?
それで、ある程度の期間使用しているうちにすべてオイルなどが
燃えて初めて正常に戻るという経緯をたどるのが普通なのでしょうか?

軽自動車の白煙には前の前に乗っていた車でかなり悩まされて
もうコリゴリなのでその様な状態と知っていれば
落札しなかったのに・・・と、今かなり不安になってます。
入金はまだしていませんがノークレームノーリターンということでした。
そのメールをもらってからは、まだ返信していません。
詳しい方になにかアドバイスをいただけたらと思って書かせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

先日平成8年のダイハツムーヴをオークションで落札したのですが
商品説明には『白煙が出たため昨年11月にリビルト品のターボに
交換しまして今は機関・ターボ含めて異常は有りません』との事でした。
ところが落札後のメールで『ターボが駄目になった時のオイルが
マフラ・エキマニパイプ等にかなり多く溜まっているらしく、
まだエンジンを始動すると多少白煙が燃えて出てます。
ターボを交換してまもなく車検が切れたので当方は一度も乗っていないので
納車時点でも影響が有ると思いますが交換したことは...続きを読む

Aベストアンサー

あまり詳しくないんですが
友人がターボ交換した時に付き添ったので・・・

ターボ交換直後はしばらく白煙出るみたいですよ。
新しいターボ自体にもオイル、防錆油が付着してるらしいです。
ターボに熱が加われば付着したオイルは燃えて白煙でなくなります。
ただ本当にそれが原因で白煙出てるのであれば良いんですが、
しばらく走行しても白煙出るのであれば原因は別の可能性が高いと思います。「オイル下がり」もしくは「オイル上がり」の可能性高いかと。

それにしてもターボ交換して一度も乗らず売却って変ですね^^;
ターボ交換で白煙止まったか、ちゃんとターボが掛かるか確認くらいすると思うんですが・・・
車検あるのわかってて車検前にタービン交換したんでしょうし、
リビルト品を使ってるにしろ、それなりに修理費かかりますし
私なら車検前に故障を直すんであれば車検通して乗ります。
もしくは車検通さないのであれば修理せず売却します。

今まで置いておいたのも???
車屋さんならわかりますが、そうだとしてもせっかく直したのに白煙まだ出る状態で売るとは思えませんし・・酷い店なら別でしょうが・・・

あまり詳しくないんですが
友人がターボ交換した時に付き添ったので・・・

ターボ交換直後はしばらく白煙出るみたいですよ。
新しいターボ自体にもオイル、防錆油が付着してるらしいです。
ターボに熱が加われば付着したオイルは燃えて白煙でなくなります。
ただ本当にそれが原因で白煙出てるのであれば良いんですが、
しばらく走行しても白煙出るのであれば原因は別の可能性が高いと思います。「オイル下がり」もしくは「オイル上がり」の可能性高いかと。

それにしてもターボ交換して一度も乗らず売...続きを読む

Qタービンを新しいタービンに取り替えたことありますか?

ステージアC系に乗っています。
最近昔の加速感が感じられず、タービンの性能が落ちたのかなぁ~と思います。
で、純正かHKSのタービンを新たに買って付け替えようかと思っているのですが、
このような改造をした方をした人がいたら経験談などを教えていただきたい。
車種が違っても関係ありませんので、色々話を聞かせて下さい。
また、タービンの性能はだんだんと落ちていく物なのでしょうか?
また、タービンの寿命ってどのくらいなのでしょうか?
回答待ってます。

Aベストアンサー

タービンその物の性能はスムーズに回転するか、しないか、だけです。

スムーズに回転しなければ軸受け部の潤滑不良による焼き付き等が考えられますが、「最近昔の加速感が感じられず~」の様な場合は、ウエイスト・ゲートの作動不良が考えられます。

一度ディーラーで点検してください。

Q車のCO2排出量と低排出ガス車について教えて下さい

車の燃費が良いとCO2排出量が少ないんでしょうか?それとも平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定車だと従来の車よりCO2排出量が75%少ないのでしょうか?平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定車とCO2排出量は別なんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

75%削減されているのは炭酸ガス(CO2)ではなく排気ガス中の有害物質です。

車のエンジンは、燃料を燃焼することにより、エネルギー(推進する力)を得ていますが、
燃焼する工程で、炭酸ガス(CO2)と水(H2O)と窒素酸化物(NOX)などの有害物質が発生します。

このうち、有害物質は触媒を使用して浄化されますが、炭酸ガスと水はそのまま排出されます。
1リットル(牛乳パック)のガソリンが燃焼すると約2.3kgの炭酸ガスが排出されます。

したがって燃費の良い車は同じ距離を走行しても、消費するガソリンが少ないので、排出される炭酸ガス(CO2)は少なくなります。

75%低減というのは排気ガス中に含まれる有害物質の量を示した数字です。
炭酸ガスが75%も削減されればガソリンの消費量も75%削減されます。
4分の1のガソリンで同じ距離が走れることになり、1リトルあたり20km走る車は80kmまで燃費が伸びることになります。プリウス等の商品価値がなくなります。

詳しくは下記URLを参照ください。
各メーカー、各車種のCO2排出量が詳しく記載されています。
(大きなPDFファイルでです)

http://www.mlit.go.jp/jidosha/nenpi/nenpilist/nenpilist0403.pdf

75%削減されているのは炭酸ガス(CO2)ではなく排気ガス中の有害物質です。

車のエンジンは、燃料を燃焼することにより、エネルギー(推進する力)を得ていますが、
燃焼する工程で、炭酸ガス(CO2)と水(H2O)と窒素酸化物(NOX)などの有害物質が発生します。

このうち、有害物質は触媒を使用して浄化されますが、炭酸ガスと水はそのまま排出されます。
1リットル(牛乳パック)のガソリンが燃焼すると約2.3kgの炭酸ガスが排出されます。

したがって燃費の良い車は同じ距離を走行しても、消費するガソリンが少...続きを読む

QATF交換

最近、発進の時にアクセルを踏み込んだ時、少々フケが悪く、車を購入してからATFを一度も交換していない為、交換しようと考えています
車種は、H12年式セレナ・走行距離 59000Km
距離も走っているし、CVTの為ディーラーで純正のオイルに交換するか料金の安いカーショップなどで交換するか迷っています。
カーショップで交換しても問題ないでしょうか?
また、フケが悪いのもATFを交換していないからでしょうか?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは、
CVTですとメーカーごとに、専用のATFが定められています。
純正以外のものを入れるのは、やめたほうがいいですね。
フケが悪いのは、他にもエアクリーナーのつまりとか、プラグの消耗なんかも原因です。
車検は、どの様なお店で受けられているかわかりませんが、ディーラーですとその様な消耗品について、アドバイスをしてくれますよ。
お近くの日産で仲良くなって、料金もおまけしてもらって、きちんとメンテナンスするのが調子よく長く乗る秘訣かと。

QATFの交換

よろしくお願いします。 H19/7購入のアクセラ15cです。仕事で使用しているため1年10ヶ月で走行距離51,000kmになります。以前カペラワゴンに乗っていたときATF無交換5年目で180,000km走行自にATの故障で修理に\250,000程かかるといわれアクセラを購入しました。この車非常に気に入っており出きるだけ長く乗りたいと思い、本日いきつけのディーラーに行き整備士の方にATFの交換を依頼し、ATFの交換はぎりぎりの距離ですねといわれ引き受けられましたが、友人の店長がきてやめとき、交換せんでもええで、この距離で交換したらATのフィーリング悪なんで、ATFなんか交換せんでもいま調子ええんやろうといわれ、僕なんか交換した事ないでそれでも何万kmでもはしりよる。交換しても、しなくてもこわれる時期は同じやといわれそうでっかとうなずき帰ってきました。これ信用していいんですかね? 以前ギャランでGSの薦めで交換して不具合がおき、三菱の整備士にボンネットにATF無交換と記入してあるのにとぼやかれました。

Aベストアンサー

ま~ATFなんてのは換えても換えなくてもすぐにどうこうなるって性質の物でもないんである意味一つの『賭け』ですよね。定期的に交換していても壊れる時は壊れるし、無交換でも壊れない事もある。でも壊れなかったからと言ってそれが無交換のお陰かと言うとそうとも断言出来ない。無交換で壊れたからといって交換していたら壊れなかったかと言えばそれもそうとは断言できない。結局『あなたがどうするか』の問題にしかなり様がない訳で。何にしてもATその物も消耗品ですのでいずれはダメになります。それを『壊れた』といって廃車にするか『消耗品が限界』という事で交換するか、考え方の違いかと。

取り敢えず私の場合は適当な間隔でATF交換して、それでもATが不調になったら(まだ乗るつもりなら)リビルトATに載せ換えます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報