先ほども似たような質問をしたので申し訳ないのですが、ホウ酸、ホウ砂は人体に害を及ぼすことはありますか?よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ホウ酸は長期間の接触により皮膚炎を起こし、生殖機能に悪影響を与える可能性が指摘されていますし、ホウ砂(四ホウ酸ナトリウム)は気管、目、皮膚に対する刺激性と、胃腸や肝臓の機能を低下を起こさせる可能性があります。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホウ砂でスライムを作りましたが・・・

先ほど、子どもと一緒にホウ砂、洗濯のり、水を使ってスライム作りをして遊びました。

ホウ砂には、毒性があり、傷のある皮膚からは浸透しやすいので注意と書かれていたので、気をつけてはいたのですが、結局手全体にベトベトくっついてしまい、湿疹などの引っかき傷のあるところにもついてしまっていました。

触っていた時間は30分くらいです。

ただいま妊娠4ヶ月なのですが、影響がないか心配になってしまいました。

ホウ砂について詳しい方がいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

ホウ砂について特に詳しいわけではないですが,一応化学系出身です。

大丈夫ですよ。もし,触れただけで胎児に影響が出るような劇物だったら,一般人が手に入れることはできませんって。

ネットで色々見てみると,一日あたり5グラム食べても害が見られないという報告もあるそうです。食べる人なんて,いないと思いますが・・・。

Q~スライム作り~ホウ砂の「粉末」と「結晶」の違い

スライムを作ろうと思い薬局でホウ砂【結晶】を50g630円で
買ったのですが
別の薬局でホウ砂【粉末】を500g700円で売ってるのを見ました。

スライムの作りのHPをみても結晶や粉末など書いていなかったので
よくわからず結晶を買ってしまったのですがスライム作れますか?

一番気になるのは値段が違いすぎることです

50g630円の【結晶】
500g700円の【粉末】

これだけ違うと言う事は何かが違うと言うことですよね
なんだか間違って買ってしまったような気が・・・。
すごく損をした気分・・・。

もしかして「結局内容は同じ」なのですか?
10倍近く値段が違いますが飽和水溶液は結晶だと10分の一で作れるとか?

化学はよくわからないので教えて下さい

Aベストアンサー

粉末はただの粉であって、結晶は粉じゃないです。
ただの粒が粉末であるのに対して、結晶は原子や分子が3次元的に規則正しく並んだものです。なので、当然高価になると思われます。

ちなみに、自分でスライムを作るだけならいいのですが、誰かに見せるなら練習しておいた方がいいですよ!
ネットを調べてもいろいろな方法が書かれているし、ホウ砂と水の割合で硬さがかなりかわってきます。

Q少量の「ホウ砂」を売っている薬局

子供にせがまれて、スライムを作ろうと思っています。

スライムの作り方はネット上で調べられたのですが、作るには「ホウ砂」が必要となります。

ホウ砂は薬局で売っているとのことで、あちこちの薬局に行ってみたのですが、売っているのは500g入りの大きい箱単位での販売となっているとの事。

実際に必要なのは10gもあれば充分です。

ホウ砂は毒性もあるということで、余ってしまうと捨てるわけにも行かず・・・、かと言って、他の用途での活用も考えにくいようです。(教えてgooでの他の方への回答を見ました)


そこで質問ですが、神奈川県内か渋谷区近辺でホウ砂を少量(10g~50g程度)で販売している薬局はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 薬局では少量で販売しているところを探すのは難しそうですね。

 通販で科学実験セットを売っている会社でホウ砂50gで売っているところがありました。

 スライム時計工作セットの中あります。

 あと、もう一つですが、薬を版場しているサイトで洗眼用の50gの結晶で売っているところもありました。


 会社のサイトを貼っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.kenis.co.jp/store/index_res.html,http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/h511270h/

Qホウ砂の使い道、使い方

手作りクリームのためにホウ砂を買ってきてくれるよう主人に頼んだのですが、500g入りの箱でした。
これが一般的な量らしいので、自分で買いにいかなかったことを悔やんだのですが、
(自分だったら、量を見て、買うのを止めていました。)
実際に使う量は10gもいらないくらいです。

調べますと目の洗浄に使えるそうなのですが、具体的な洗浄液(溶液)の作り方は分かりませんでした。
水道水よりは精製水が良いと思うのですが、作り方がお分かりの方、よろしくお願いいたします。

また、購入時印鑑などは不要だそうで、劇薬扱いではないようですが、他に使い道はないでしょうか?
掃除に使えるとか、服の染み取りに使えるような感じでしたが、アドバイスお願いします。

どちらか片方でも嬉しいです。

Aベストアンサー

目の洗浄なら1%以下で使いましょう。ホウ砂1gで100mlの水に溶かしたのが1%。

ホウ砂は毒です。取り扱いには注意しましょう。
http://www.hirabaru.com/page008.html

ホウ砂は目の洗浄よりスライムづくりによく使いますね。
お子さんがいればスライムづくりはいかが?
http://www5.plala.or.jp/mkumagai/slime/slime.html

Qホウ酸、ホウ砂について

ホウ酸、ホウ砂についての化学成分を教えて下さい。お願いします

Aベストアンサー

一般的なホウ砂(Borax,Na2B4O7・10H2O)

汎用性を持たせて
ホウ酸(H3BO4)・・・・10~20%
塩化カリウム(KCl)・・・20~30%
塩化ナトリウム(NaCl)・・20~30%
フッ化カリウム(KF)・・・10~15%
うちの彫金用のフラックスにはこう書いてあるわ。

Qホウ砂球反応と炎色反応について

ホウ砂球反応と炎色反応について
(1)ホウ砂の粉末は白色だが、バーナーで熱して溶かすと透明になる。それは、そうしてだろうか?
(2)炎色反応で未知資料を調べるときに、判定を間違えないための重要な注意点は何だろうか?
(3)炎色反応は金属の種類に固有の色で、共存する陰イオンには全く影響を受けない。それはどうしてだろうか?

以上の考察について質問をしたいと思います。
文系の私にはまったくわかりませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

意味不明な出題ですが、私なりに回答してみます。
1、ガラスと同じ状態になるからです。
2、未知資料が混合物である可能性を調べる事。
3、金属イオンは陰イオンではないから。

Qホウ酸、ホウ砂

先ほども似たような質問をしたので申し訳ないのですが、ホウ酸、ホウ砂は人体に害を及ぼすことはありますか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

ホウ酸は長期間の接触により皮膚炎を起こし、生殖機能に悪影響を与える可能性が指摘されていますし、ホウ砂(四ホウ酸ナトリウム)は気管、目、皮膚に対する刺激性と、胃腸や肝臓の機能を低下を起こさせる可能性があります。

Qホウ砂が余っているんだけど消費するにはどうすれば?

小学校の化学工作クラブでスライムをつくるための実験で、
つかったホウ砂が余っています。
(使ったのも少量で、ほとんどの子が先生にもらっていたので)

何か良い使い方があったら、
もしくは適切な処理の方法をお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

またスライムを作って遊んでみてください。
近所の子供にあげると喜びます。

スライムは固体と液体の混ざった性質(粘弾性)を示しますので高校の化学、地学などでは教材として使うことができます。水で溶いた片栗粉の上を歩くというようなもったいないことをTVでやっている人がいますね。スライムの方が小規模で無駄が少ないです。
小学校の教材だけにしておくのはもったいないです。
マントル対流、大陸移動まで話を膨らませることができるかもしれません。

Qホウ砂球反応とはなんでしょうか?

教えて下さい。ホウ砂球反応とはなんでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

 googleで検索すればいろいろ出てきますけど・・・
 たとえば
 http://d-ribbon.main.jp/blue_stone/page014.html

Q鉛の経口摂取に伴う人体への害について

釣具の重りに使われている鉛のかけらなどを誤って飲み込んでしまった場合、体内に吸収されて鉛中毒になったりするのでしょうか?あるいは吸収されず便として排出されますか?

また、鉛のように日常生活で触れることのある身近な金属などで、他に人体に有害であるとされている危険なものはありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

化学物質の人体への影響や、使用に伴う注意は、MSDSというものに記されています(製造メーカーや販売会社が作成義務がある)

添付によると、飲みこんだ場合中毒の恐れがあるので医師に掛るとあります。

経口中毒量も低いので、鉛は身体に吸収されてしまえば中毒で障害が出る可能性が高いのではないでしょうか?

しかし、医や腸で溶けて吸収されるかは、個人差や、鉛の形状などにもよります(微粉であるほうが溶けやすいでしょう)

他にも有害である金属などは山ほどありますが、通常の生活で口にするかは、常識的な生活をしているか、によると思います。

製品の取り扱い説明書などを読んで、注意することが防御対策で、
取扱説明書がないような怪しいモノを買わないだとか、大手メーカーのモノを選ぶというのが、無難な方だと思います。

例をいうなら、冷凍食品や野菜であっても、毒物が含まれていた場合がありますね? 日常、何を信じ、何を避けるかという知識や判断力を付けるしかありません。

参考URL:http://www.furukawadenchi.co.jp/enviro/msds_pb.htm

化学物質の人体への影響や、使用に伴う注意は、MSDSというものに記されています(製造メーカーや販売会社が作成義務がある)

添付によると、飲みこんだ場合中毒の恐れがあるので医師に掛るとあります。

経口中毒量も低いので、鉛は身体に吸収されてしまえば中毒で障害が出る可能性が高いのではないでしょうか?

しかし、医や腸で溶けて吸収されるかは、個人差や、鉛の形状などにもよります(微粉であるほうが溶けやすいでしょう)

他にも有害である金属などは山ほどありますが、通常の生活で口に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報