あきこさんは、
きのうの よる、
おかあさんの かたを
たたいて あげました。
おかあさんから、
「いい きもち。あきこは いいこね。」
と ほめられました。
あきこさんは、
よかったなと おもいました。


(問) あきこさんは、なぜおかあさんのかたを、
   たたいてあげたのでしょうか。


という問題ですが、どう答えたら良いのでしょうか、むずかしい問題ではないのですが、こどもにハンデキャップがあるので、親である私が回答を操作してしまうような気がするので、第三者の方のご意見をお聞きしたいと思います。

A 回答 (7件)

夜分失礼いたします、もうお休みかな?



最初に。国語という教科を狭い意味でとらえたとき、これは、明らかに「悪問」です。
まず、この文から、あきこさんの動機を読み取ることは不可能です。
想像することはできます。しかし、先の方がお答えのとおり、それは「道徳」です。国語的な想像力が生まれてくる文とは、考えにくい。しいて言うならば、

たたいて「あげた」

というところから、自発的であることを読み取る程度か。

次に、「なぜ」という質問は、子供を学習嫌いにさせる危険性があると、時々私は思います。
理由を聞いているのか、状況を聞いているのか、直接的な原因なのか、深い真実を問いたいのか。

まあ、1年生ですから、きっと、多様な想像をさせようという問題なのでしょうが。これが国語の力にどれぐらい結びつくことになるのか、私にはさっぱりわかりません。お子さんには、自由に言わせればよいでしょう。ただし繰り返しますが、国語としての問題の価値はあまりないものですから、あまり気になさらないほうがよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは、ありがとうございま~す。
「悪問」「国語としての問題の価値はあまりない」とスッパリ書いていただいて、私の心が晴れました。ハッキリ言ってこの宿題を見たときに頭を抱えてしまいましたから、ここでの回答でいろいろなご意見をうかがう事ができ、「道徳」という観点からみることができるようになりました、すると腹立たしさもおさまり、今までも気を付けてはいたのですが、改めて「ひとの立場に立って物事を考える」「まわりの人を気づかう」ことを念頭に置き、そんな親の姿を見ることで、自然にやさしい気持ちを身につけた社会人になってもらいたいと願っています。

お礼日時:2002/01/29 23:13

arara777です・・・ごめんなさい漢字間違ってました



自身もって・・・・
  ↓
自信もって・・・・  です。

あらためて・・・・
自信もって、がんばってください(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
全然気がつきませんでした。また何かあったら質問しま~す。
その時はヨロシクお願いします。

お礼日時:2002/01/29 22:15

同じ777ですね(^^) こんにちは…



お子さんが、ハンデキャップをお持ちだということですが
「おかーさんこんな風に思うけど○○ちゃんは、どんな風に思う~?」
で、話しかけてあげても 問題は無いような気がするのは、
私だけでしょうか…?

子供は親の影響を受けて(背を見て育つ…何て言われてるし)
育って行くような気がします… お母さんが「この子には、
人の気持ちのわかる綺麗な心を持ってて欲しい」とか、
「素直に育って欲しい」とか 子供の個性を大切にした願いを
もって、教育してあげれば”操作”してしまうのでは…なんて心配は
しなくても いいような気が…
自身もって、がんばってください(^^)

あんまりアドバイスに、なってなかったかな~…??(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ここに質問をした時点では、「子供に答えられないような宿題を出してっ(怒)」だったのですが、皆さんのご意見を聞かせていただくうちに、ちよっと考えがかわりました。私自身が日頃からまわりの人を思いやる態度で接していれば、自ずと子供にも伝わっていってくれるでしょう、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 22:12

自分が親でこどもから聞かれたとして・・・


どう考えどう答えるか?
私は設問を考えた人間も、教師も別に道徳を押し売りしたかったわけではないと思います。
ただ単に『人の立場になってものを考える』訓練として、あるいは『人の気持ちを想像する』練習なのだと思います。そういう意味で、答えは『ない』とするho1004さんの意見と同じといっていいかもしれません。
そしてさらに私は『答えを教える必要もない』と思います。
答えをというか気持ちを考えるのが訓練の目的であって答えを知ることが目的ではないからです。親は子供の回答から自分の子育ての結果を垣間見る結果になるかもしれませんが、それもそれでひとつの副産物です。どんな答えでも『どうして~ちゃんはそう思ったの?』(中略)『そっかああ、そうだねえ・・・。』で終わりなんです。

子供さんがハンデを抱えているということですが、人の気持ちを推し量ることの重要さにはなんらハンデの有無は関係ありませんし、小1のこどもの感受性なら相応の答えが(たとえゆっくりであっても)かえって来るでしょうから、それを噛締めればいいのではないかと思います。下手に親の意見を強く言えば『回答を操作する』とか『洗脳する』というのはあながちありえないことではないと思うのは私も同じですが、それは全てのお子さんに当てはまることだと思います。そこにおいてハンデの有無にあまりにも強くこだわるのもどうかと危惧しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。相手やまわりの人の気持ちを察する事のできる人になる事はとても素晴らしい事だと思います。ある意味ではただ単に勉強が出来る事よりも重要な事だと思います。ハンデがあるということで、自由にのびのびと元気でいてくれる事を何よりも望んでいましたが、ちょっとワガママな自己中心的なところもありますので、今後気を付けたいと思います。ここに質問させていただく事でいろいろなご意見を聞く事ができ大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 22:01

こういう問題は、答えをひとつと思わないで、できるだけいろいろな場合を考え、たくさんの答えを出してみたらいいのではないかと思うのですが。


そして、どうしてそう考えたのか、とか、もし自分だったらどうするか、とか、自由にいろいろ話し合うことが、勉強になるのでは、と思います。
子どもさんの答えがちょっと変だったとしても、ものすごく道徳的に間違ってる時以外は否定しないで、それに対するそれぞれの考えを話し合うことが、創造性を育てることにもなると思います。
こういう問題に、突拍子もない答えをする子どもが、将来、楽しみだってこともあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。健常な子であれば、その子の感じた事、考えた事でいいと思います。が今回の場合、前の方のお礼にも書いたように、素人の私が見ても明らかに問題と学力があっていない気がしたので、戸惑ってしまいました、でも社会生活をしていく為には必要な事ですから、ゆっくりと理解させ、まわりの人を思いやる気持ちを育てたいと思います。大変参考になりました。

お礼日時:2002/01/29 21:26

ひねくれたものでなければどれも正解だと思うのですが・・・。



1.おかあさんが肩がこっているみたいだったので、楽にしてあげたかったから。
2.おかあさんが喜ぶ顔を見たかったから。
3.おかあさんにほめられたかったから。
4.肩をたたくのは親孝行になり、良いことだと学校などで教わったから。

道徳の問題で出たとしたら、1の答えが文部省からすれば正解なのでしょうか。ほめられて「よかったな」と思っているので、お小遣い目当てではないように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。1~4まで、どれも正解だと思います。親として把握してる現状は「ごく簡単な文章の読解ができる程度」の学力です。文章を読んで答える問題でも、何とか問題の答えとなるものを文章の中から見つけだすのがやっとなのです。宿題として持たせてくれることは構わないのですが、子供の力に見合った内容にしてもらえるようお願いしようと思います。

お礼日時:2002/01/29 21:08

「あきこさんが、たたきたかったから」じゃあ不正解ですか?


「ほめられたかったから」これも不正解かな?

ものすごく難しい問題のような気がするんですけど、
子どもの純粋な気持ちで見れば、簡単なのかなぁ…。
でも、採点者は大人でしょ。
どういう意図で、この問題を出しているんでしょうかね。
問題だから、「正解」「不正解」の判定基準があるはずですよね。
なんかそれって、「道徳の押し付け」見たいな感じで、
すごい、怖いですね。
そういう子どもを作っていこうっていう
「マインドコントロール」のようじゃないですか。

ゴメンナサイ!
そんな事いわれても、pikarin777さんは知りませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ご意見をいただきまして、ありがとうございます。
私も「あきこさんが、たたきたかったから」「ほめられたかったから」ということは頭の隅をよぎりました。が、小学生の「国語」ということを考えますとちょっと…と思い、「家事などで疲れているお母さんを思いやるやさしい気持ちが、かたたたきをしてあげるという行為につながった」と解釈しました。小1程度の国語力しかない児童にこの問題を出す事が疑問になってしまいました。でもとっても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 20:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンデのある子への教育方法

1年前に自閉傾向の息子(3歳)のことで質問させていただき、大変お世話になりました。皆様のご回答、励ましに妻も大変勇気付けられました。
さて、あれから1年が経ち、言葉もだんだんと出るようになって4歳になりました。
実は先日保育園の懇談があり、保母さんと一戦交えたようです。
というのも、加配の手続きをほのめかすようなことを言ってきたらしいんですね。しかし、そこの保育園は田舎の公立保育園ということもあり職員と園児の人数が少ないため、年長・年中以外はひとまとめで対応している現状なのです。
確かに家でできることが保育園ではできてない面もあるようです。大人数でのゲーム時などは参加していない様子です。
妻から話を聞いてみると、本心は園の効率化ばかり考えてハンデのある子に対しては「手間がかかるから人手を増やして対応したい」のが見え見えでした。
しかし加配をお願いしたからといって、付きっ切りで対応してはくれません。現在来年卒園予定の年長さんの加配の方がいますが、まったく加配の役割をしておらず、職員が一人増えたようなものでしかありません。
こちらとしては療育手帳の手続きをとると普通学級に行けなくなるはのわかってるし、もう2年経ってから判断をしてほしかったのです。
どうしてもうちょっと教育的な接し方をするなどの改善を努力をしないのでしょうか。どうしようもない状態ではありません。この1年間で会話ができるようになったのですから。
「その時はどうするんですか?」の質問に妻はキレてしまい、「その時はここには来ません!と大タンカ切った妻をほめてやりました。
皆様にお願いがあるのですが、広島県内でちょっと遅れ気味の子供たちの教育の施設ってご存じないでしょうか。いろいろ探しましたが小さなところまでは探しきれていません。
乱文をお許しいただき、どうかよろしくお願いします。

1年前に自閉傾向の息子(3歳)のことで質問させていただき、大変お世話になりました。皆様のご回答、励ましに妻も大変勇気付けられました。
さて、あれから1年が経ち、言葉もだんだんと出るようになって4歳になりました。
実は先日保育園の懇談があり、保母さんと一戦交えたようです。
というのも、加配の手続きをほのめかすようなことを言ってきたらしいんですね。しかし、そこの保育園は田舎の公立保育園ということもあり職員と園児の人数が少ないため、年長・年中以外はひとまとめで対応している現状な...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
不勉強ながら、養護学校の教員をしています。
学校の先生という立場ではなく、あくまで私的な意見として。参考になれば幸いです。

基本的に、ハンデを抱えた子にはそれを補う周囲のサポートが必要なわけで、サポートの大きなものは人的環境的な配慮になるかと思います。質問者の方もおっしゃるように、十分なサポートがあれば、やれることが増えるわけですよね。

ただ、乳幼児期や学齢期といった、成長過程でサポートの仕方を間違えると、必要な力を身につける前に、「おんぶに抱っこ」で済ませることを学んだり、自分の気持ちを伝える手段を誤学習(声をかけるのではなく、叩けばこっちを向いてくれる、など。)してしまう可能性があります。また、周囲のお子さんの学習目標と、ハンデを持ったお子さんの学習目標が大きく異なる場合、「お客さん状態」になったり、パニックを頻発したりして、お互いに不幸な関係を築くことも高確率で起こりえます。


お子さんが「自分で分かった上で」、「自分のペースで」やれる環境を作ってあげるのが、とても大事なのだと思います。


お子さんの発達段階について、「言葉もだんだんと出るようになって4歳になりました」という記述があります。どの程度の言葉なのか(1語文?2語?抽象概念は?オウム返しになっていない?言葉と伝えたい意味は合致している?)は分かりませんが…今後の成長を考えてみると、今後の対策が見えてくるかと思います。


>こちらとしては療育手帳の手続きをとると普通学級に
>行けなくなるはのわかってるし、もう2年経ってから
>判断をしてほしかったのです。

療育手帳を申請して、すんなり交付されるようなお子さんだったら、普通学級に行く教育的な必要性が低いと思うのですが…。

一年生になると、いきなり教科書で文字の読み書きが始まります。算数でも、足し算や文章問題を解くような勉強があります。二年生になると、長い物語や掛け算を勉強します。
お子さんの言語理解や概念形成の発達スピードをイメージして、学級内でどの程度までついていけるでしょうか?

例えば、普通学級の子の半分くらいが、小学校入学前に文字を書く練習を始めていたとして、お子さんはあと2~3年でどの程度ついていけると思われるでしょうか?

普通学級で本人がどれだけ学習内容を理解できるかを見極められると良いと思います。それを見極めるためには、他の同年齢の子がどの程度成長しているかを比べることも一つの手段ですし、発達検査的なものを取り入れるのも一つです。
早期に教育相談を受けられて、専門家に話を聞いてみてはいかがでしょう。

また、家庭で簡単にできる発達の検査として、のぞみ発達クリニックというところで開発された、認知・言語促進プログラム(略称 NC-プログラム)を紹介させていただきます。簡易的な発達アセスメントなんですが、発達段階に応じた学習プログラムが用意されていて、家庭でもできそうな内容もたくさんあります。
書籍として販売もされていますし、年に1回使い方のワークショップがあり、先日受講してきたのですが、分かりやすくて同僚や保護者などにも、お勧めしたい内容です(余談ですが、東京の教育委員会でも、都内の養護学校の発達アセスメントとして広く使っていこうという話になってきている、と講師が話していました)。
http://www.nozomic.org/

まずは、お子さんの発達段階や今後の成長スピードを見極めて、本当にお子さんにとって「学び」が保障される環境を準備してあげていただければと思います。集団にもまれる以前に、その子にとって必要な力を育てる方が大事なお子さんも、特に自閉の子には少なくありませんから。


蛇足ですが…最近感じていることを。
親の立場としては、お子さんの成長に関することが、とても重大に感じていらっしゃることは、よく分かります。言語面や認知面の成長を願い、普通学級へ、という意識が高いことも、よく分かります。
ですが、普通学級に行ったあと、いじめの対象になって、人格にゆがみを生じるくらいまで追い詰められて、養護学校に来るお子さんも、少しばかりいます。親子間(母子間?)の愛着形成がうまく行かなくて、問題行動を頻発するようになったお子さんも、(障害の種別・重さに関係なく)少なくありません。

親御さんが愛情をかけてあげること、ゆったりしたペースで過ごす環境を作ってあげることで、学習環境に関わらず、生きやすい人格が形成されていくのかな、と感じることが多くあります。生きていくのに必要なのは、必要最小限の能力と周囲と調和できる人柄なのかも知れないな、と思うことがあります。
どうか、お子さんが主体となって活動できるように、家族全員で取り組んでいただければ幸いです。

あと、上岡一世さんの本は、将来の自立を目指すために、とても良い本です。
アマゾンで検索してみると、結構ありました。1冊でも読まれることをお勧めします。

長くなりました。
失礼します。

はじめまして。
不勉強ながら、養護学校の教員をしています。
学校の先生という立場ではなく、あくまで私的な意見として。参考になれば幸いです。

基本的に、ハンデを抱えた子にはそれを補う周囲のサポートが必要なわけで、サポートの大きなものは人的環境的な配慮になるかと思います。質問者の方もおっしゃるように、十分なサポートがあれば、やれることが増えるわけですよね。

ただ、乳幼児期や学齢期といった、成長過程でサポートの仕方を間違えると、必要な力を身につける前に、「おんぶに抱っこ」で...続きを読む

Q生徒のほめ方

塾でバイトをはじめました!
といっても教えるわけではなく生徒にプリントをやってもらい私は生徒が持ってきたプリントの点数を採点したりパソコンに入力していくのです。
上司の先生からはとにかく生徒を褒めてやる気にさせてやってくれ!バリエーション豊かに!と言われましたがそれがなかなか難しいのです…
いい言葉が思いつきません…
満点だった子には「すごいね!満点じゃん!」「よくできてるよー!」って言ってあげれるのですがいまのとこ引き出しはそんなもんで困っています
うーん、なんとか生徒たちをやる気にしてあげたい!!!!
いい褒め文句知ってる方がいたら私に力をかしてください~!

Aベストアンサー

満点じゃなくても『回答』はしているハズなので、答えに至るまでの過程を見てあげる事が出来れば褒める事も出来ると思います。
「惜しかったネ」や「ここまでは合ってたんだけどなぁ」等、生徒達が『やった事』を褒めて揚げて下さい。
また、伸びてる子には「この前より良くなってるネ」等、しっかり見てるぞぉと言う所をアピールするのも良いと思います。

Q「むずかしい」 と 「2個ずつ」

「むずかしい」と「むづかしい」はどちらが正しいのですか?
むずかしいは難しいと変換できますが、むつかしいとおっしゃる方もいますよね。

「2個ずつ」と「2個づつ」はどちらが正しいのでしょうか?
以前お世話になっていたバイト先では、
ほとんどの方が「ずつ」と書いていましたが一部の方が「づつ」でした。

ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 簡単に。
 ◇難しい=むずかしい。確かにむつかしいも国語辞書にはあります。一般にはむずかしいですが、標準用字用語に関する書物でも両方正しいと解釈できます。
 ◇~ずつ=これが正しい。

Q中学受験する子供へのしかり方・ほめ方について困っています。

中学受験を来年に予定している現在小学校5年生(新6年)の男の子がいる父親です。

家内(子供の母親)が中学受験に非常に積極的で、中学受験専門の塾に通わせており、毎月(隔週くらい)のように行われる模擬テスト結果に一喜一憂をしておりますが、そのテスト結果が良くないと、激しく子供を理詰で責めて(叱って)おります。

ここ最近はそのしかり方が度を越しているように感じられ、効果的でないような気がしています。叱っている内容は正論なのですが、長いときは30分以上も叱り続け、テンションが上がっているため言葉遣いも悪く、聞いているこちら側が胸が痛くなる感じがあります。

アメとムチで褒めるところでしっかり褒めてあげるべきだと思いますが、みなさんのいいアイデアや体験談等をお聞かせ願えないでしょうか。教育者のかたや受験経験者(親御さんご本人とも)など、さまざまな観点でご意見やアイデアをぜひご教授ください。

ぜひとも宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

中受を経て一貫校に通う子を持つ、塾講師・家庭教師経験者です。
テスト結果は点数のみで叱ってはいけません。
何点であったかより、どこをどういう風に間違えたかを一緒にみるべきです。
模擬テストはあくまで模擬テスト。
大切なのは1年後の本番です。
そういう意味では模擬テストで間違えることは決して無駄にはなりません。
でも点数のみでガミガミ叱ることはそれを無駄にすることです。
親御さんが感情的になりすぎ、点数のみで一喜一憂する親を持つ生徒の中には、ある日突然子供に反旗を翻され、受験すらできなかったご家庭もあります。
何とか合格をもらっても、中学の反抗期で中受時代の恨みつらみを言われ、口すら聞いてくれなくなったご家庭も知っています。
お子さんだってテスト結果が悪ければショックですし、手を抜いていれば自分が一番わかっているはずです。
このままではお子さんはつぶれてしまいますよ。
それに受験まで1年を切っているのに、叱る時間がもったいないです。
一度お子さんがいないときに、奥様と良く話し合ってみてください。

Q童謡 手をたたきましょう の振り付け

こんにちは。

童謡の手をたたきましょうの振り付けで

「笑いましょう アッハッハ」 のところと

「怒りましょう うんうんうん」の部分の振り付けを
教えてください!!!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

適当だけど・・・

>笑いましょう
両手をパーにして顔の横に

>アッハッハ
そのまま上体を左右に倒す

>怒りましょう
両手グーにして腰に当てる
>うんうんうん
腕組みをしてうなずく

指導する人によって微妙に違っていたりするから面白い。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報