発電所とかにある燃料タンクでは、タンク上部にサンプル採取用のハッチが
あり、そこからロープ等を垂らしてサンプルを汲み上げるようなのですが、
タンク下部のサンプルを採取したい場合は、どのような方法で採取すれば
よいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは


例えばハイロート型採水機という装置があります。
これはガラス瓶のふたにメッセンジャー(金属製のひも状のもの)がつながっている採水機で、任意の深さで試料を採取することが出来ます。ひもにメジャーを付けることにより特定の深度で試料採取ができます。容量は1リットル程度のものが使われています。構造上ガラス瓶のふたが開いて試料を採取するので、瓶の高さより下部の試料採取はできません。
また、ベイラーという筒の先に弁が付いていて、弁がひもでつながついている採取装置もあります。これは一番底の試料も取ることは出来ますが、少量しか採取できません。
このように、ひもや筒を使った採取機や装置が色々販売されていますので購入するか、ポンプやホースを組み合わせてご自分で工夫して作っててはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。ハイロートとかベイラーで検索して該当ページが出てきました。

お礼日時:2002/01/30 11:54

 タンクの内容は燃料油でしょうか。

また、タンクは地下タンクでしょうか、それともサービスタンクなどの地上タンクでしょうか。サービスタンクなどの場合は水抜き用のドレーンバルブがついていると思います。

 地下タンクの場合は、まずポンプを作動させてサクションパイプからの油をくみ上げてみて、上がってきた油をくむということも考えられます。サクション管は、タンクの底から10~20cmほどのところから除水器を通じて抜きあげておりますので一番底というわけではありませんが。

 一番底から抜く方法ですが、専用の手動のポンプがあり、そのポンプに必要な長さの白管などをつけて検水口や油面計の取り付け口からくみ上げるという手段もあるかと思います。いろいろな場所で地下タンク設備の管理者のみなさんは、それぞれ工夫されていらっしゃるようです。

 何にせよ危機管理に関わる重大な結果を招く可能性が想定される場合は、専門の業者に依頼することが望ましいかと思います。専門の業者もいろいろですが。

 以下蛇足です。
 二重殻タンクでない限り、地下タンクの四隅には検知管があると思います。タンクの内容物の変質に関しての有用な情報が得られることもありますので、まずこの中に細い棒を入れて中身を見るなどの手段があります。

 タンクの内側は、コーティングできません。通気管があっても朝夕の気温や湿度の日格差によって結露を生じさびを発生させることがあります。タンク上部に自動車が通ったりして、そのさびが底にたまることがあり、そのさびがサクション管に詰まることもあります。

 軽油の場合は結露により、タンクの内側の油の届かないところに一種の苔が発生することもあります。油がはいったときにその体が落ちて底にたまり悪さをすることもあります。

 NTTなどの山間部や離島の中継器の非常用地下タンクの中の燃料を調べたことがあります。長期間使わないでいると、油自体が乳化して使えなくなっているところもありました。

 ウォーターレベルといった検水試薬が市販されています。検尺棒の下部に少量塗って水の侵入を確かめる方法があります。

 原則として一年に一回以上、指定数量以上の危険物を貯蔵する地下タンクの場合、漏洩検査をしなければならない法的義務があります。微減圧・微加圧検査の場合油は全部抜く必要はありませんが、この際ですので全部抜いて内部清掃と漏洩検査をするという考えもあります。

 肝心なところが不明ですので全くはずしているかもしれませんが、その時はなにとぞ御容赦を。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/30 11:55

発電所の燃料タンク(重油タンク)の場合に限って。


これはJISで採取器が決められていますね。

ここからはおぼろげな記憶ですが....。
500mlのペットボトルより若干細く長い感じのステ
ンレス製容器がありまして上には蓋が付いています。
で、こいつにヒモを付けて放り込んで、任意の深さで
蓋に結びつけたもう一本のヒモを引くと、蓋が開いて
重油が中に入るって仕組み。
(そのヒモをゆるめると、バネの力で蓋は閉まります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/30 11:53

タンクには下部に内容物抜出口があると思います。

基本的にはその部位にサンプリング用の枝管をつけて検体採取すると思います(化学工場の溶媒タンクなどの場合はそうです)。

タンクに攪拌装置が無い時は、必要に応じて内容物を「循環」させてからサンプリングすることもあります。このときは、タンク下部抜出口→ポンプ→タンク上部から再投入という形をとることが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/30 11:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエタノール水溶液を危険物非該当にするには?

工業用エタノール(少量のメタノールなどが入っている製品)は消防法危険物でアルコール類に分類されていて、エタノール60%以下の水溶液ではアルコール類ではなくなりますが、さらに希釈して消防法の危険物第4類にも該当しなくするには何%水溶液にすればよいのでしょうか。
各エタノール濃度の引火点と燃焼点がわかるようなサイトがあればよりよいのですが。

Aベストアンサー

医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。一方50%の場合この表示はありません。

http://www.city.nagoya.jp/dlform/shinsei/bun17_5/s50076.htm
このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。

正確には消防署に問い合わせるべきと思いますが、参考まで。


消防法
十三 アルコール類とは、一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコール(変性アルコールを含む。)をいい、組成等を勘案して総務省令で定めるものを除く。

危険物の規制に関する規則
第一条の三
4  法別表備考第十三号の組成等を勘案して総務省令で定めるものは、次のものとする。
 一  一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコールの含有量が六十パーセント未満の水溶液

医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。一方50%の場合この表示はありません。

http://www.city.nagoya.jp/dlform/shinsei/bun17_5/s50076.htm
このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。

正確には消防署に問い合わせるべきと思います...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q軽油、特A重油の経年劣化について

マンションの非常用発電機の燃料の補充、交換を検討しています。タンクの容量は1980リットルで、やがて10年になりますがこれまでの消費量が3分の1くらいで、タンクには3分の2程の特A重油が残っています。消費分だけ補充すればよいのか、劣化を考慮して残量を抜き取って補充する必要があるのか教えて下さい。ちなみにタンクは直射日光が当たらず、温度変化も少ない地下に設置されています。
今回初めての補充・交換になりますので劣化の程度も検査して頂き、次回以降の補充要領を定めたいと考えています。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

結論から言うと、抜き取って補充した方がよいと思います。
特A重油について何年で劣化するから交換しなさいという基準はありませんが、一般に石油製品は時間とともに劣化します。直射日光が当たらず、温度変化も少ないという地下の条件は確かに石油製品の保管には理想的な環境ですが、やはり10年も経つと劣化している可能性があります。
生産された製油所の状況にもよりますが、A重油には分解系の基材が使われていることがあり、分解系は一般に不安定で酸化や重合などの化学反応を起こして劣化やすくなっています。劣化すると固形物が浮遊したり、底部に溜まったりして、フィルター詰まりや、エンジンやボイラーの故障の原因になります。非常時に故障すると何のための発電機か分からなくなります。
なお、A重油の劣化の程度は、製油所での作り方によっても違います。劣化の程度を測定して目安にすることは良いことですが、それで劣化していなかったとしても安心せず、定期的に交換することをお勧めします。

Q少量危険物貯蔵庫の防油堤について

屋内にて少量危険物貯蔵庫を作り、そこに灯油や塗料など指定数量以下の危険物を保管しようと考えて某大手ゼネコンに建築依頼をしたところ、消防の指導により防油堤を作らなければならないので入口に20cmほどの壁を作りましたと言われました。

貯蔵庫は7m×3mの部屋で自動閉防火扉2か所、床はコンクリートで防爆蛍光灯に防爆換気扇、ためます等作りました、壁も耐火性です、しかし灯油を入れたドラム缶(200L)をカートで運んでも20cmの防油堤で中に入れません。

ゼネコンに言っても消防法での決まりだからと言われます。

すでに防油堤のついた貯蔵庫は完成しており、手に持てる塗料しか中に入れられない状態です。

本当にこんな法律があるのでしょうか?
ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

直接、地元消防に話を聞く前にご意見をいただければ助かります。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらいたいと言った所、やはり防油堤が必要という事で油脂庫の床はそのままで工場内だけカサ増ししました。

私の所はまたぐ形でなく、1段低くなっているだけなのでドラムは床を板などで養生して落とし入れています、出す時にはドラムは空になるので思ったほど不便ではありませんでした。


>ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

防油堤は何で出来ているのでしょうか、ブロック等であれば一度そこにのせての移動も可能だと思いますが、頻繁にだと大変ですよね。

貯蔵庫入口はスロープにして、倉庫内は防油堤と同じ高さにグレーチングを敷くとか、四方に隙間を空けて鉄板を敷くとかして、防油槽を床下にするという形ではどうでしょう、もちろん消防に確認してからだとは思いますが。

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらい...続きを読む

Q電流値の計算方法

よく電気室や機械室等の動力盤に電流計が盤の扉に付いていますが、電流値は定格電流の値が正常だと思うんですが計算方法がわかりません。たとえば200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか?素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>200Vの三相三線式モーター5.5kwではどうなりますでしょうか…

少々専門的になりますが、これだけの情報では定格電流までは分からないのです。
「5.5kW」というのは、モーターから出る力の大きさです。「出力」なのです。

電気エネルギーを機械エネルギーや運動エネルギーに変換するとき、必ず損失があります。
「出力」に「損失」を加えたものが「入力」で、入力と出力の比が「効率」です。

その上、交流の電気には「力率」というものも影響してきます。
したがって、出力のほかに効率と力率が分からないと、電流の計算はできません。

これらが分かれば、
【電流】=【出力】÷【効率】÷【力率】÷【電圧】÷【√3】
で計算できます。

概数でよければ、5.5kWの効率は 0.8~0.85、 力率は 0.75~0.8、定格電流が 24A程度です。

Q【危険物法令】灯油は何リットルから取扱所になるのですか?

危険物法令に関して、灯油は何リットルから取扱所になるのでしょうか?

またそのあたりの事が分かりやすく記載されているサイトがあれば教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

灯油は危険物第4類第二石油類非水溶性なので、指定数量は1000Lです。

消防法では1000L以上で危険物取扱所になります。
またこれより少なくても、各自治体の条例で少量危険物取扱所として申請しなければなりません。一般的には指定数量の1/5なので200Lです。

Q風速から風量の計算方法

風速から風量の計算方法

風速10m/sでダクトの表面積が500平方cmだとしたら、どういった計算方式で風量(m3/min)が出るのでしょうか?

Aベストアンサー

10m/s×500cm^2=10m/s×0.05m^2=0.5m^3/s=0.5×60m^3/min=30m^3/min

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。


人気Q&Aランキング