深層地下水を汲み上げても、今問題になっている地下水位の低下に影響はない、という話を聞きました。
深層地下水ってなんですか?
どうして、汲み上げても地下水位の低下に影響がないのですか?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  参考URLは、愛知万博に関係しての地下工事で、深層地下水への影響から表層(浅層)地下水の水位にも影響が生じるのではないかという(多分住民)の疑問に対する工事施工者・計画者の見解文章だと思えますが、ここで述べられているように、かなり複雑な関係があります。
 
  地面を地下に掘って行くと、普通は、軟らかい土や砂の層などですが、硬い岩盤層に当たることもあります。しかし、この岩盤はどこまで地下へと続くのかと言うと、そういうことも稀にありますが、この岩盤をもっと掘って行くと、また軟らかい土に近い岩の層や、砂に近い砂岩層が出てきます。
 
  地面を掘ると、水を通しやすい「透水層」という地層部分と、丈夫な花崗岩の岩盤のような、普通では、水がなかなか通らない「難透水層」という部分が出てきます。これらは、普通、交互に重なり合っています。
 
  普通の地面だと、地下十メートルか、それより浅い処に、最初の難透水層があり、この上の土あるいは地層は、多くの水を含んでいます(何故なら、その下が、難透水層ですから、水はそれ以上深い処には、流れ落ちないで、この難透水層の上を流れているからです。この難透水層のところまで井戸を掘ると、井戸には、次第に水が流れ込んできます。この水は、最初の難透水層の上を流れている水なので、「表層水」と言います。
 
  地層の構造は、もっと複雑で、最初の難透水層を更に深く掘ると、また、水を通しやすい透水層が出現するのが普通です。地層は、普通、透水層と難透水層が、交互に重なり合ってできています。
 
  最初の難透水層の下を流れている水が、「深層地下水」と呼ばれているもので、これは、難透水層は普通、岩盤であることが多いので、かなり広大な範囲に渡っている場合があり、また、より深いレヴェルの深層地下水とも繋がっている場合があります。無論、表層地下水と繋がっている場合もあります。
 
  従って、正確には、深層地下水を汲み上げすぎると、地下水位(こういう場合、表層[浅層]地下水の水の流れている量を示します)に影響を及ぼす可能性があります。
 
  しかし、上で述べたように、また参考URLの「見解」が述べているように、深層地下水は、きわめて広い範囲に存在し、ゆっくりと長い時間をかけて流れるので、深層地下水を少々汲み上げすぎても、その影響は、直ちに、表層地下水(その水位)には出てこないと言うことがあります。
 
  >深層地下水ってなんですか?
 
  上に述べたように、最初の難透水層の下に流れている地下水で、一層ではなく、たくさんの層になっている可能性があります。普通、地下十メートルよりも深い処に流れています。
 
  >どうして、汲み上げても地下水位の低下に影響がないのですか?
 
  深層地下水は、上に述べたように規模が大きく、長時間をかけて流れるので、短期間の集中的な汲み上げでは、すぐには直接的影響が、一般に外部には出てこないということで、影響がない訳ではありません。やがて、表層地下水(地下水位)にも影響が出てきます(表層地下水と深層地下水が、完全に分離している場合は、影響がほとんどないと言えます。しかし、その場合でも、長期的には影響がでます。地層は結局連続しているからです)。
 
  時間の問題ということになります。深層地下水を大量に汲み上げ、地下水が枯渇しても、その影響が、表層地下水に出るのは、(場合によりますが)時間がかかり、また規模的に、深層地下水は、膨大な水を含んでいるので、影響が希釈されることがあるのです。
 
  また、No.1 の方の回答にあるように、「地下水位」というのは普通、表層地下水の含む水の量(井戸を造ると貯まる水の水位です)を指し、深層地下水の水位のことではないので、すぐに関係しないのです。しかし、長期的には影響が出るし、表層地下水が、実は、深層地下水の湧き出しで維持されている場合、深層地下水の規模が小さいと、深層地下水を汲み上げると、地下水位にすぐ影響が出てきます。
 

参考URL:http://www.expo2005.or.jp/jp/study/ass_1104_b_7. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、有難う御座います。
大変よく分かりました。
深層地下水を汲み上げても地下水位の低下に関係ないわけではなく、もっと奥の深い(地下水だから当たり前?)話だという事が分かりました。
知らない単語を出されると、つい納得してしまう悪い癖は直さないといけない、とつくづく思いました。有難う御座いました。

お礼日時:2002/02/06 09:25

表層水は地表の最初の不とう層の上の水です。


深層地下水はその下の水です。

地下水の低下は.表層水に限って測定しています。従って.測定していない深層水がいくらかれあがっても.測定していませんので影響が出ません。

なお.深層水を吸い上げ過ぎで枯らしてしまったところは.深い温泉.特に枯れかけて沸かし温泉となっているところを探せばいくらでもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

お礼日時:2002/02/06 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工業用水のボイラーへの利用について

私の勤める会社では一般水道水をボイラー(7KL/H)で
利用していますが、水道料金が月額20~40万円と高く
できれば工業用水に切り替えたいと考えています。
現在、会社で利用している工業用水は、PH、濁度ともに良質な水ですが、単純に切り替えるのは不可能だとは考えています。
沈殿槽等の設備、場合によってはボイラーの買い替え(現行機種は耐用年数をかなり過ぎているため、もともと買い替えの必要有り)も視野に入れていますが、工業用水利用のために必要と思われる設備・ボイラー機種等アドバイスお願いします。
経験談(成功例、失敗例)もありましたらお教えください。

Aベストアンサー

No.3です。  返事が送れて申訳ありません。

通常は薬剤槽から自動的に必要量を缶水供給管に送るのではないでしょうか。  仰る沈殿槽については良くわかりません。

因みに、毎日電導度とphは測定されていますか。

Q濃尾平野の面積は日本2位か?それとも5位か?

これらのサイトでは、濃尾平野は日本2位の面積の平野とされております。

http://tabigaku.net/minoakasaka.html
http://www.maff.go.jp/tokai/seibi/kouhoushiichiran/pdf/noubi_no2.pdf
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kobayasi/cha/cha_2/aiti/aiti-maind.html

しかし、こちらのサイトではhttp://tabigaku.net/minoakasaka.html
5位と記載されておりますが、実際、正しいのは2位か5位かどちらなのでしょう?

そしてなぜ、2位と言う人と5位という人がいるのでしょう?

推測では、2位と言う人は、岡崎平野なども濃尾平野としてしまっており、
5位の人は、岡崎平野などは含めていないのだと思います。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

私は現在の濃尾平野の5位だと考えています。

日本の平野は沖積平野が多く、
地形や災害などの影響を受けやすく、
平野の面積は大きく変わっていますので、
下記サイトの方が現状近いからです。

http://tabigaku.net/minoakasaka.html

濃尾平野が2位とされている情報源の多くは、
1位 関東平野、2位 濃尾平野、3位 大阪平野の順位であり、
石狩、十勝、新潟などの客土、開拓、乾田化によって
急成長した平野の情報が反映されていません。

>そしてなぜ、2位と言う人と5位という人がいるのでしょう?

一般の方は情報源が古い事やサイトを更新していない事が
主な原因と思われますが、
自治体や観光業界などは、平野の成長に人工的な要素が
大きい事や濃尾平野のアピールの観点を考慮して、
諸説の中から好ましいものを選択している方もいるのでは
ないかと思います。

Q工業用水の定義

工業用水、工水とは、普通、井戸水のことでしょうか?
再生水のことだと思ってましたが、井戸水といわれて、疑問に感じています。

Aベストアンサー

工業用水は、各工場において工業生産を行うために必要な用水です。
H16年度の工業用水量は534億m3、内訳は淡水補給量が111億m3、回収水量が423億m3です。ここで言っている回収水は、工場内で繰り返し使っている水のことであり、下水処理における再生水のことではありません。
淡水補給量111億m3の内、地下水を水源としているのが35.5億m3、残りの75.5億m3は河川から取水した水(河川水)です。
↓の第3編の第2~3章を参考にされると良いでしょう。
http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/mizsei/hakusyo/H19/index.html

>大企業は、自分のところで出た水を処理できる設備をもっているものでしょうか?

水質汚濁防止法で規制が掛けられています。

Q航空路線の世界1位は羽田-千歳ですが、2位以下はどこですか?

航空路線の乗降客数の世界1位と言えば、羽田-千歳だという事は割と
有名ですが、2位以下はどこなんでしょうか?

羽田-千歳が1位になる以前はニューヨーク-ボストンが1位で、
この区間に「特急アセラ」という新型列車の運行が始まったのが
きっかけで同路線の乗客が航空から鉄道へ流れたため、
羽田-千歳が繰り上げ的に1位になった経緯があると聞きました。
現在の2位はやはりニューヨーク-ボストンなんでしょうか?

2位以下を知ってみたいんですが、何か統計のようなサイトは
ご存じでしょうか?

予測としては、[ローマ-ミラノ] [ローマ-パリ] [ローマ-ロンドン]
[ロサンゼルス-サンフランシスコ] [ロサンゼルス-ラスベガス]
[ロサンゼルス-ホノルル] [ニューヨーク-マイアミ]
[ニューヨーク-シカゴ] [羽田-福岡]

このあたりが上位かとなんとなく思いますが、どうでしょう??

Aベストアンサー

ウェブサイトは知りませんが、月間エアライン2007年4月号に、「世界の路線別旅客輸送量トップテン(2005年)」というデータが掲載されていたので、引用しておきます。

1位 東京~札幌
2位 東京~大阪
3位 東京~福岡
4位 リオデジャネイロ~サンパウロ
5位 ソウル~チェジュ
6位 メルボルン~シドニー
7位 東京~沖縄
8位 台北~香港
9位 マドリッド~バルセロナ
10位 ニューヨーク~フォートローダデール

昔はニューヨーク~ボストンが1位だったのは初めて知りました。

QUSJの工業用水の飲料水への誤使用は法的に罰せられないのでしょうか?

USJの工業用水の飲料水への誤使用は法的に罰せられないのでしょうか?

水道法は適用されないのでしょうか?
行政指導だけで良いのでしょうか?
また、公表しなかったことも大問題だと思います。

私もおなかが弱い方で、すぐに下痢になります。
外出先での冷水器からの水に対し、不信感がいっぱいです。
腹立たしくてなりません。

みなさんのご意見をお聞かせください。
また、このことを考察している記事がありましたら、教えていただきたいです。


「工業用水誤用でUSJに抗議殺到 腹痛訴える声も」
http://www.asahi.com/national/update/0726/003.html

「水飲み器誤配管のUSJ社長が謝罪」
http://www.asahi.com/national/update/0724/041.html

「USJ、水飲み器に工業用水 配管間違え9カ月」
http://www.asahi.com/national/update/0723/003.html


遊園地には弁当と水筒を持ちこまなくてはなりませんね。

「USJ開業時 余剰食材5000万円分 使い切れずに賞味期限延長」
http://www.asahi.com/life/food/020711b.html

USJの工業用水の飲料水への誤使用は法的に罰せられないのでしょうか?

水道法は適用されないのでしょうか?
行政指導だけで良いのでしょうか?
また、公表しなかったことも大問題だと思います。

私もおなかが弱い方で、すぐに下痢になります。
外出先での冷水器からの水に対し、不信感がいっぱいです。
腹立たしくてなりません。

みなさんのご意見をお聞かせください。
また、このことを考察している記事がありましたら、教えていただきたいです。


「工業用水誤用でUSJに抗議殺到 腹痛訴え...続きを読む

Aベストアンサー

もう一つ.参考になる判例が一つあります。
リーダースダイジェスト日本社の名誉毀損訴訟で.リ社の敗訴がほぼ確定的になったときに.リ社は解散しました。その結果.損害賠償請求の対象となる会社が日本国内に存在しなくなったので.原告敗訴となりました。
国外に本社のある会社の場合に.損害賠償額が大きくなった場合には.日本社を解散することで損害賠償を免れることが可能です。

米国系会社ですから.損害賠償関係で敗訴が確定的になったときには.解散することにより損害賠償を逃れられることを示した画期的判決です。
したがって.欧米各社の日本での犯罪的行為はしたい放題にできることが示されています。
被害者が増えて係争が始まっても.解散することで外国資本系会社(得た利益は外国本社に理由をつけて送金済み)は損害賠償を逃れることができます。

Q潮も満ち引きが生物に及ぼす影響って?

うる覚えなのですが、潮の満ち引きが無かったら、(つまり月がなかったら)
生物が生きていられないかなにか、とにかく、月が生物に多大な影響を与えていていると聞いた気がします。誰か詳しいこと教えてください。
(満ち引きがなかったら生物が進化しなかった、ということではなく、今生物に与えている影響について教えてください)

Aベストアンサー

今、生物に与えている影響…これが直接証明された事例を存じないのですが、少なくとも(一部の)『生物は月の満ち欠けを感じ取ることができる』または『月の満ち欠けと関連した生活を送っている』ということはできると思います。

それは、魚やかにの産卵周期などに例を見ることができます。(詳しくは参考URLへ)

一時期、満月の夜は交通事故が多い…なんていわれましたが、警察関連の研究では否定されていましたね(蛇足)

参考URL:http://cr.physics.ed.ynu.ac.jp/labs/theory2/shirasaki/kityou.html

Q工業用水の取水施設

友達と川に向けてロケット花火を飛ばしていたら、監視カメラが僕らの方を見ていました。 そこは、工業用水の取水施設だったらしく、監視するカメラがあったのです。 これはまずいでしょうか? 学校に通報する可能性があると思いますか?

Aベストアンサー

水道施設の運用を妨げるようなことを行えば、即 警察を呼ばれます
というか、呼びます

カメラは悪さをしていないか監視していただけでしょうから大丈夫ですよ
取水口や取水施設に向かって飛ばしたなら警察を呼ばれるところですが、
警察が呼ばれていないと言うことのようですので、安心してOK

そんなわけで、水道施設に向かってロケット花火は飛ばさないようにしましょう
あと、夜中の外出は保護者同伴でね

Q大阪市の地下水・井戸水の水源について

ジャンルが違うかもしれませんが、大阪市の地下水・井戸水の水源ってどこからきているのですか?生駒の伏流水と聞いた事がありますが…知っている方教えてください。また大阪市の地下水・井戸に関して何でもかまわないので知っていることがあれば、教えてください。幅広い質問ですいません…

Aベストアンサー

生駒の伏流水が水源となってるのは、大東市や東大阪市なんかの生駒山麓と
中心部でも深井戸(数10m以上)だけでしょう。
河川の周辺で比較的浅い井戸の場合は河川の浸透水の影響が強いので、
淀川や大和川なんかの河川水が水源になってます。

ホントに浅い場合(数m程度)は、ただ単に地表からの雨水の場合もあります。

Q工業用水の凝集沈殿水質改善

職場が変更になり工場のユーティリティー関係の仕事になりました。
そこで自分の担当が水処理設備になったのですが、改善活動として処理水の水質改善を行うことになりました。
まだ移動して間もないため勉強しながら水質改善に取り組んでいます。
工業用水は工場で使用した水(洗浄機、ガラス研削時の冷却水)を再生させ循環しています。補給には上水を使用しています。
前置きが長くなりましたが質問内容は、次のとおりです。
1,目標が処理水のFI値(SDI試験)を2.0に設定をしています。
現在処理水のFI値は6.67 これは測定上限値だったと思います。
処理方法としては凝集沈殿+砂ろ過です。現在の設備のまま目標値をたっせいすることは可能なのでしょうか?
また、近づけさせるためにはどんなことをしていけばよろしいのでしょうか?
使用薬剤はPACとアニオン高分子凝集剤です。
必要な情報言っていただければ追記します。何が必要なのか私がわからないためよろしくお願いします

Aベストアンサー

現在具体的にどのくらいの規模の設備で運用されているのか不明ですが、とりあえず水処理ということなのでアドバイスします。

PACはともかく、アニオン高分子凝集剤を使用しているということですから処理水のpH管理は正しく行われていないと悲しい結果しか返ってきませんよ。
アニオン高分子凝集剤を6.8pHくらいの処理水に使っていたら笑うしかありません。
(たぶん上司からきつく叱られると思います)

・・・本題・・・
凝集沈殿+砂ろ過ということですので、沈殿池の上澄水を採取するまでの沈殿池通過時間を長くするか、傾斜管を設けてフロックの沈殿を促すなどの処理が必要になる。
これが十分でないことから不純物がフロックにならず砂を透過していると考えるのが妥当。
または凝集剤がその水温で効率よく働くpHになるようにpHを調整してから凝集剤を投入する。(酸性に傾いてたら苛性ソーダを先にぶち込めということ)
PACやアニオン高分子凝集剤が効率よく働くpHの範囲を水温ごとに把握しておこう。

・・・本音・・・
上司や職場の先輩に相談することを強く勧める。
自分一人で何とかできると考えないほうが良い。

現在具体的にどのくらいの規模の設備で運用されているのか不明ですが、とりあえず水処理ということなのでアドバイスします。

PACはともかく、アニオン高分子凝集剤を使用しているということですから処理水のpH管理は正しく行われていないと悲しい結果しか返ってきませんよ。
アニオン高分子凝集剤を6.8pHくらいの処理水に使っていたら笑うしかありません。
(たぶん上司からきつく叱られると思います)

・・・本題・・・
凝集沈殿+砂ろ過ということですので、沈殿池の上澄水を採取するまでの沈殿池通過時間を長...続きを読む

Q地下水は何年経過したものが湧くのですか

テレビで富士山の地下水は、100年くらい経過したものが、周辺の地域で湧いていると聞いたことがあります。私の家でも井戸水が自噴していますが、雨の降水量に比例して1日後くらいには自噴し、雨が上がると自噴も止まります。これはその場その場で地下の水脈が違うからでしょうか。また、富士山の場合は、どうして100年も経過していることが実証されるのでしょうか。水質で解るとは思えません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地下水にも種類があって.
表面付近にある(名称忘却)水.
粘度層等の下にありる(名称忘却)水.
の2種類に大きく分かれます。

前者は.雨が降るとすぐに水量が増えて.すぐに枯れます。後者は比較的豊富な推量がありますが.場合によっては簡単に枯れます(原子力発電所等で深層地下水をくみ上げるから地盤沈下には関係ないなんて宣伝しています。関連質問がどこかにあったので探してください)。
しかし.後者の水が閉ざされた水の場合には.くみ上げることで簡単に刈れあがります(中央アジアのどこかで.ソ連の援助で井戸を掘って2-3年麦作できたが.その後は塩の山になり作付け不能になった地区があった筈)。

後者については.既に回答があるので.前者について。
最近は.放射線汚染の問題があるので行われません。かって.沖縄で放射線同位元素(何を使ったか不明)を撒いて.井戸水からどの程度検出されるかを測定し.地下水の流れを測定した学者がいました。


人気Q&Aランキング