知っている方にはへんてこな質問でしょうが、教えてください。4月1日から3月31日とか1月1日から12月31日とかありますよね。有限会社はいつからいつまでなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

会計 期間」に関するQ&A: 会計期間の決め方

A 回答 (2件)

有限会社や株式会社などの法人の場合、会計期間(事業年度は)は任意に設定できます。


個人事業の場合は、1月1日から12月31日と決まっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。会計ソフトの設定画面を出すと4月から3月末までが基本ででてくるので、1月からにしていいものか悩んでました。一度設定すると替えられないそうなので。もう、確定申告が間近なのに一昨年の帳簿から起こして入力してます。あまりにずさんです。(T_T)
本当助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 00:21

既にお答えがあるので補足説明です。



会計期間は「定款」で決定します。
(定款とは、どんな名前で、どんな事業をして、などという会社のあり方の基本を規定する書面です。会社を作る場合定款を必ず作成します。)

決算の日を変更するためには、社員総会(株式会社の場合は株主総会)の決議で定款の変更をします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか。
それでは、決まっているのかもしれませんね。ずさんなもので、教えられず作っていました。そういうことなら明日聞いてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年賀欠礼 会社用の文章例

年賀欠礼 会社用の文章例などあれば教えて下さい。

探しているのですが、みあたらなくて。。。

個人用なら分かるのですが、会社用(社長や会長)が亡くなった場合はどのような文章で出せばよろしいのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。一例を…
--------------------------------------------------------------
 弊社 、社長(会長)儀、社葬に際しましてはご多忙中にもかかわらず遠路わざわざご会葬いただき、ご厚情のほど誠に有難うございます。
 誠に勝手ではございますが、弊社におきましては喪に服したく、年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げたく存じます。
 本年中に弊社に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに、明年も変わらぬご交撰誼のほどお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------
 使える部分がありましたら使ってやってください。(作成の際は、「、」「。」は省いてください。)

Q会社で11月3日に来た請求書。いつ支払うのが良いですか?選択肢・11月12日,22日,31日、12月31日

こんにちは、みなさん!!

【質問】会社で使った経費の請求を受けました。請求書が来た日が
11月5日。会社には得に【末締めの翌月払い】といったルールがない。
支払える日だけは決まっていて、11月12日、22日、31日、12月31日とある。さて、どの日で支払うのより良いでしょうか?

私は、12月31日に支払う方が資金を後々まで会社に残しておけるから
良いと考えます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら以下の順に考えますが

1.その請求書に「○○日までに支払ってください」旨の記述があればその日
2.1.の記載が無ければ会社で決めてある基準(末締め翌月末払い等)
3.1にも2にも該当しないならまず上司に確認をしてそれでも決めてなければ当月末(私の経験上だいたいの会社は経費関係は末締め翌月末払いと決めていますが)

Q会社での【部、課】は何といいますか?例、営業部、営業課

こんにちは、みなさん!!

会社で、部とか課ってありますが、これは英語では何と
いいますか?

調べると、department、division、sectionなどとあります。
どれが、正しいのですか?

例、営業部、営業課。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その企業の規模や組織構成によります。一概に課だからdivision
というふうには決められません。
>department、division、sectionなどとあります。
以下は一般例:
department
部門や事業部、大学の学部、官庁の省のようなカテゴリーで使います。
division
課、部、部門、事業部
section
部、課、係など一般のセクション

Q稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1

稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。それとも毎月稼働日数を数えた方がいいのでしょうか?前に、社労士さんに、1年の稼働日数を12か月で割った方が良いとアドバイスを受けた事もありましたが、以前に比べ、祝祭日が多くなり毎月の変動が大きくなったような気がします。実際のところ皆さんはどのようにしているのでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と
> 1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。
労務に関する処理に使うのであれば、御社の会計期間に合わせた方が良いです。
つまり、3月決算の企業であれば、4月1日~翌年3月31日の総稼働日数÷12=平均稼働日数

Q会社定款にある事業目的の例

会社定款の中にある事業目的について調べています。
後、日本法令からでている本でも参考にしますが、先にどんなものがあるのか知りたいので事業目的例としてどんなものがあるか、できるだけたくさん教えてください。

Aベストアンサー

まず、本を買って読んで下さい。

会社目的はあまりにも数が多すぎますので、きりがありません。

あえて上げるのであれば、日本標準産業分類の「小分類」「細分類」当たりがほぼ使用できます。
http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/

Q2015年12月末で退職、2016年1月1日入社の場合の離職した会社から源泉徴収票

2015年12月末で退職、2016年1月1日入社の場合、離職した会社から源泉徴収票は発行されますか?
もし源泉徴収票が発行されるとしたら、2015年度の給与所得は記載されないのでしょうか?
このケースでは、2015年度の年末調整は退職前の会社で実施されますか?

Aベストアンサー

>離職した会社から源泉徴収票は発行…

いつ退職しようと、給与支払者は源泉徴収票を交付する義務があります。

>2015年度の給与所得は記載されないのでしょうか…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。
しかも、税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
1/1~12/31 に支払われた給与・賞与が載ります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-7.pdf

>年末調整は退職前の会社で実施されますか…

「扶養控除等異動申告書」を提出してあるかぎり、大晦日まで在籍したのなら、給与支払者は年末調整をする義務があります。

ただ、年末調整は翌年 1月末までにやればよいことになっていますので、会社によっては年が明けてから源泉徴収票を取りに来いと言われるところもあります。

Q会社の【共有フォルダの整理】で良い方法はありますか?例【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

こんにちは、みなさん!!

【質問】
会社の業務で使う【共有フォルダの整理】に良い方法はありますか?例:【無駄なファイルの削除。分りやすいファイル名を付ける。】

目的 :必要なファイルがすぐに見つかると、業務上効率が良いからです。

共有フォルダ:部署の共有フォルダ

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

部署の共有フォルダですが、差し支えなければ、共有フォルダの格納サイズ上限と利用ユーザのおおよその数を教えていただいても構いませんか。それによって、整理の方向性の見通しを立てられるのでは? と思ったからです。

例(1)定期的(例えば月毎に1つ)にファイル数が単調増加する。過去のファイルは蓄積目的で参照されることはほとんどない
例(2)利用ユーザの(ローカルディスク以外の)外部記憶装置
例(3)あるプロジェクトの開始から終了まで

ファイル毎にアクセスされる頻度やタイミング、ファイルの生存期間などの性格が例(1)~(3)によってずいぶん異なると思います。同時に無駄なファイルかどうかの判断基準なども異なると思います。

そのあたりを提示いただければ、より効果が期待できる提案を回答者はできるかもしれません。

Q12月31日の退職

つたない経理の者ですが、判断が迷うためお力添えをお願いします。

弊社は毎月20日締めの28日払いで給与の支払を行っています。
毎年12月の最後の支給日に年末調整で税金の過不足分を支払っています。
さて、今年は12月31日付けで退職される方がおります。
通常の12月分は支給日は12月28日で支払いますが、
12月21日~31日までの10日分は1月28日にて支払となります。 (その際、社会保険・住民税などを一括で控除する予定です。)

上記の場合の年末調整は10日分を含めて行うのでしょうか?
どなたか経験豊富な方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

  年末調整の対象となる給与は、その年の1月1日から12月31日までの間に”支払うことが確定”した給与です。御社の場合は、12月21日~31日までの10日分は1月28日に支払うわけですから、その10日分は年内に支払う給与ではないので、年末調整の対象となる給与ではありません。

Q九州で下記条件で働ける会社ってありますか。 転勤無し 給料平均並み 福利厚生平均並み 実態例でも構

九州で下記条件で働ける会社ってありますか。
転勤無し
給料平均並み
福利厚生平均並み

実態例でも構いません。どなたか自分はこうだ!こういう人もいるなどご存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

地方自治体職員を受けてみれば?
転勤なし、給与は平均、福利厚生もきちんとしています。

後は、あなたの年齢や受入条件があっていて、試験を受けて合格するだけです。
(^_^;)

Q12月31日退職の場合の年末調整

年末調整について教えてください。
平成23年12月31日にA社を退職しました。
平成24年1月1日から現在の会社B社に入社しました。

前職A社より、平成23年分と平成24年分の源泉徴収票をもらいました。
前職A社の給与の締めは、月末締めの翌月15日払いです。
平成24年1月15日に前職A社より最後の給与の支給があったのですが、これは平成24年の源泉徴収の対象になるので、現在の会社の給与等の併せて年末調整して問題ないですよね?

初歩的な質問ですみませんが、ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

前職の給与が今年度(1月)になって支給されたのであれば今年度の年末調整になります。
なぜ今年度になるのかと言うと1月に支給され控除された所得税は今年度に収められているからです。
1月支給される給料の所得税を前年の12月に物理的にも収めることはできないですよね。
なので、質問者さんのお考えの通りで間違いありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報