ムヒってステロイド系??なんですか?

他に、よく使う薬にステロイド系ってありますか?
痔の薬って睫毛につけると伸びるって本当ですか?

A 回答 (2件)

ムヒソフトについては抗ヒスタミン剤であり,ステロイド系ではありませんネ。

炎症を抑える薬です。
けれども,それ以外のムヒにはデキサメタゾンが入っているはずですから,一応,ステロイド系ということになりますネ。

よく使う薬というのは‥一般向けに市販されているということを言われているのでしょうか?
ヒドロコルチゾン,プレトニゾロン,デキサメタゾン‥これらが配合されている薬は,ここに列挙できない程の数がありますヨ。

痔の薬を睫毛に‥ですか‥?
試したこともありませんし,そういう事例を聞いたこともないのですが‥
万が一目にはいってはいけないので,避けるべきだと思います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントが遅くなりまして申し訳ありませんでした。

詳しく説明してくださってありがとうございました。
突然痔の薬を出したのは痔の薬はステロイド系と言う話を聞いたことがあり
ステロイド系の薬は体につけると皮膚組織を作ってくれる働きがあると
聞いたことがあったからです。
すいません^^;;

素人考えなのですが。

お礼日時:2002/02/07 06:20

昨日別の方の質問でムヒについて回答しました。


参考URLをご覧ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=207123
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントが遅くなり申し訳ありませんでした。
参考にさせていただきます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/02/07 06:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボルタレン等の非ステロイド系鎮痛消炎剤 について

非ステロイド系鎮痛消炎剤は、頓服で長期服用するのと一度に規定量以上を飲んでしまうのはどちらが胃に負担をかけてしまうのでしょう?
お薬に詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 
 原則として、この場合、一度に規定量以上を飲むほうが胃に負担がかかることになります。

 非ステロイド系鎮痛消炎剤は、蓄積性の毒性がありませんので、奏功している時間内での量依存的作用・副作用のみが問題となります。服用後有効血中濃度は数時間ないし1日です。
 
 投与量が同じでも、9錠を一日で飲むのと3日で飲むのは副作用の出方(の可能性)に3倍分の違いが出ます。また、鎮痛効果のほうは飽和してしまえばそれ以上強くなりません。
 
 高用量ではその間、胃や腎臓の血流量の低下の可能際があります(薬剤のcox-2選択性の低い場合です:ほとんどのお薬はそれが低いです)。胃の血流量の低下は粘液の産生を弱め、胃炎や潰瘍発生の原因になります。胃酸分泌を促進するような食事(焼肉など)を多量に摂取したあと高用量の非ステロイド系鎮痛消炎剤を内服するのはきわめて胃に悪いことになります(胃食道逆流のあるかたは食道にも悪いです:強い胸焼け)。胃が酸にまけるのには半日かかりませんから、頓服の利いている時間内でも、過剰摂取なら、強い胃炎等を惹起すること十分があります。二日酔いで頭がいたいなどのときには要注意ですね。

 一方低い用量ではの長期服用も、副作用については量依存的に同じ問題がありますが、普通は生体の調整の範囲内で処理され、問題となることは少ないです。ただ、このような薬剤は個人の感受性差が大きく、長期服用のリスクは個人リスクX期間となりますのできちんとしたモニターが必要です。

 
 原則として、この場合、一度に規定量以上を飲むほうが胃に負担がかかることになります。

 非ステロイド系鎮痛消炎剤は、蓄積性の毒性がありませんので、奏功している時間内での量依存的作用・副作用のみが問題となります。服用後有効血中濃度は数時間ないし1日です。
 
 投与量が同じでも、9錠を一日で飲むのと3日で飲むのは副作用の出方(の可能性)に3倍分の違いが出ます。また、鎮痛効果のほうは飽和してしまえばそれ以上強くなりません。
 
 高用量ではその間、胃や腎臓の血流量の低下の...続きを読む

Q花粉症に効く非ステロイドの薬教えて下さい。

この度はお世話になります。
現在、ヒノキの花粉症で眼科で目薬をもらっているのですが、リボスチンとフルメトロンの両方の目薬を差すように指示を受けています。
確かに効いているのですが、出来たら非ステロイド系の目薬で良いのがあればと思うのですが、、、
眼医者さんのほうでは、自分の知っている分で良い薬を知らないとの返事を頂くばかりです。
リボスチンの方は非ステロイドだと思うのですが、フルメトロンは抗炎症ステロイドと記載があります。
何か良い薬をご存知でしたら教えて下さい。
知り合いですが、皮膚の治療薬に、ステロイド系の点滴を続けた結果、白内障になってしまった人がおり、なるべくなら使いたくないと思っているのですが、、、
私の考えが間違っていることの指摘等でも頂ければありがたいです。
目薬以外でも、いい薬などがあれば教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

抗ヒスタミン薬の点眼はその場の痒み等をやわらげるのには適していますが、アレルギー反応を元から抑える事は出来ません。
自分勝手に乱用すればそのような心配もあるかもしれませんが、眼科医の指示に従って点眼していれば問題ありません。

Q市販の薬と病院でもらう薬ってどっちが強い?

私の友達は病院でもらう薬の方が強いに決まっているというのですが・・・。
だから処方箋をかいてもらうんだって。
私はよく鼻炎になるのですが、病院の薬よりも市販のほうが強い感じがするのですよね^^;
病院でもらう薬と市販の薬、一般的にどっちが強いのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

市販の薬の中には、強力な成分を含むものもあります。

しかし、個々の薬物の選択を薬剤師に委ねるつもりでも効能書きに書かれる容量を守ればある程度の安全性は確保できます。

ところが、医師の処方する医薬品の多くは、市販の許可が無く、その人の体重や状態により使用する量を変えます。場合によっては作用や持続時間を増やすためにかなりの量を使用するのです。

ただ、危険なものを使うにはリスクと安全性を考慮するので、それなりに穏やかに効く程度のものを使うのです。

製薬会社で研究していたので医薬品のことをよく知っていますが、市販される薬でも用量を守っていても危険はありますので、効果があまりないと思ったら、早めに診察を受け、適切な薬を処方してもらいましょう。そうすれば3割負担で済むし、売薬を購入するより安いです。

答えですが、本当に効果の高い薬は市販されません。安全性がある程度確認されたものだけ市販されていますが、新薬は基本的に医療の現場でのみ処方されます。ただし、医薬品の市販されているものは同程度効くので効能書きや取り扱いは慎重にしましょう。

市販の薬の中には、強力な成分を含むものもあります。

しかし、個々の薬物の選択を薬剤師に委ねるつもりでも効能書きに書かれる容量を守ればある程度の安全性は確保できます。

ところが、医師の処方する医薬品の多くは、市販の許可が無く、その人の体重や状態により使用する量を変えます。場合によっては作用や持続時間を増やすためにかなりの量を使用するのです。

ただ、危険なものを使うにはリスクと安全性を考慮するので、それなりに穏やかに効く程度のものを使うのです。

製薬会社で研究していた...続きを読む

Q『クローン人間』って『人間』なんですか???

『クローン人間』って『人間』なんですか???

『人権』って適用されるんでしょうか???

生まれて来た『クローン人間』って国籍や戸籍・住民票・相続…どうなるんですか???


ダレが育てるんでしょうか???
育てる人は『情』はどうなるんでしょうか???

『親』は元々、クローンの『元』になった人の親が『親』とされるんでしょうか???

『クローン人間』は必要なんでしょうか???

Aベストアンサー

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法では母体から胎児の体が一部でも露出した時、
民法では母体から胎児の体が完全に露出した時、と考えます。
すると、クローン人間も母体から摘出する以上、法律学的に人間であるといえそうです。
実際に、我々と同じ形をした生き物を人間と呼べないだなんて、
法律的に考えなくても、ちょっとは抵抗があるのではないでしょうか。

では、クローン人間を普通の人間と同様に扱っていいのでしょうか。
法律による人の扱いの前提には、「男女が性交を通じて」という前提があるような気がします。
つまり、以上の人と胎児を分ける議論は、男女の性交を通して生まれてきたとき、
というのが前提にあるような気がします。
原則的として、性交を通じて初めて父と母がこの世に存在するのですから(代理母などは除く)。
子供が生まれたとき、父と母が存在しているを前提に、色々な場合を想定して、
法律で相続などについて規定していると思うのです。
現に、民法上の相続の規定でも、それが前提になっていると思うのです。
そうであるとすれば、現段階の法律では、クローン人間を扱うのに適したものとはいえないはずです。
当たり前ですが、日本の法律立法者が法律を制定する際、クローン人間について考えていなかったのです。
ですから、クローン人間は日本の法律の枠組みを明らかに越えた存在であると思うのです。
そうであるとすれば、日本の法律を適用することができませんので、
普通の人間と同様に扱うのは、問題があると思います。
ですから、クローン人間をどう法律で扱うかは、法制度の整備を待つしかないでしょう。

クローン人間は必要かどうかとなると、難しいですね。
結論から言えば、僕は必要ない気がします。
クローン人間ができて利益を得ることもあれば、利益を失うこともあります。
そして、クローン人間ができたために得る利益と、それと同時に失う利益を天秤にかけると、
失う利益のほうが大きい感じがします。
失う利益とは、社会秩序です。
僕の考え方でいけば、現在の法律では絶対に間に合わない問題なのですから。
そうであれば、僕はクローン人間は必要かといわれれば、必要だとは断言できません。

こんにちは。
大学で法律を勉強しているnyahaです。
この問題について、僕も興味があり、自分なりの見解を答えることにします。
以下の回答は僕の考え方であり、間違いもあると思いますので、鵜呑みはしないで下さい。

結論から言えば、僕は現在の法制度の下では、クローン人間は人間であるが、人間として扱うには問題がある、という風に考えます。

この問題を考えるうえで大事なことは、まず、「人間」の定義だと思います。
そこで、従来の法律の枠組みの中で考えてみると、人と胎児の区別は、
刑法で...続きを読む

Q服用薬の他に、サプリメント飲んでいいの?

今服用している薬に、サプリメントを飲みたいのですが、いいのでしょうか?(一緒には飲みません。時間は空けます)教えてください。よろしくお願いします。

服用薬
 ビオフェルミン 1g粉(1日3回 1包)
 ユベラN 200mg(1日3回 1錠)
  アルファロール 0.25(1日1回 1錠)
 ワーファリン 0.5mg(1日1回 1錠) 
 チラージンS-50 0.05mg(1日1回 2錠)
 アルタット 75mg(1日1回 1錠)


サプリメント
 ■ハーバルビリリティの成分

3錠あたりの成分量
 Niacin 75mg
 Zinc (as Zinc Oxide) 40mg
 Yohimbe (bark) 700mg
 Maca (tuber) 500mg
 Catuaba (bark) 125mg
 Muira Puama (bark) 125mg
 Tribulus (herb) 100mg
 l-Arginine (HCI) 100mg
 Cola (seed) 75mg
 Oat Straw (grassy stalks) 75mg
 Stringing Nettle (leaf) 75mg
 Pumpkin (seed) 75mg
 Cayenne (25000HU)(fruit) 60mg
 Ginger (root) 60mg
 American Ginseng (root) 50mg
 Eleuthero(Siberian Ginseng)(root) 50mg
 Asian Ginseng (root) 50mg
 Sarsaparilla (root) 50mg
 Orchic Substance (bovine) 30mg
 Boron Citrate 10mg

今服用している薬に、サプリメントを飲みたいのですが、いいのでしょうか?(一緒には飲みません。時間は空けます)教えてください。よろしくお願いします。

服用薬
 ビオフェルミン 1g粉(1日3回 1包)
 ユベラN 200mg(1日3回 1錠)
  アルファロール 0.25(1日1回 1錠)
 ワーファリン 0.5mg(1日1回 1錠) 
 チラージンS-50 0.05mg(1日1回 2錠)
 アルタット 75mg(1日1回 1錠)


サプリメント
 ■ハーバルビリリティの成分

3錠あたりの成分量
 Niacin 75mg
 Zinc (as Zinc O...続きを読む

Aベストアンサー

止めた方がいいですね.潰瘍と甲状腺低下症でいろんな薬を飲んでおられます.
アルファロールとナイアシンがダブりますから過料摂取となります.
今はサプリメントの健康被害が急増していまして,都でもやたら飲まないよう警告を発しています.
こういうやたら入ったものはより問題が発生し易いです.添加剤なども安全性に問題あるようです.しかも薬と違って安全性等も確認されていません.
この手のものは広告ほど効きませんし,何か会っても(副作用など)何処も保証はしてくれません.
アルタットが不要になれば元気になりますよ.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報