見た目からしてデブ!というほどでもないのですが
このごろウエストからうわっぱらの皮がパンパンに張ってくるし、
走ると古傷のひざと足首がなんだか痛むので
これ以上太ってはいけないな、と思いダイエットはじめました。

といっても
○間食しない
○甘いものできるだけ食べない
○脂肪分もできるだけ食べないで野菜を多く取る
○夜中に食べない
○だらだら歩かず早く歩くようにする
位で、そんなに過激なものではありませんので体重もそんなに減ってません。
1週間強で172cmで68→66、体脂肪率22%→20%。
これも誤差かもしれないです。

相談なのですが
だんだん体の動きが良くなってきたのはうれしいのですが、
なんだかこのごろ妙に手先が冷えるのです。
また時々冷えすぎてビリビリと痺れが来ることがあります。
それにここ一週間でなんだか寒さに弱くなったような。

これって体重を減らしたことと関係するのか、
もっとほかの事を疑うべきなのかどっちなんでしょう?

あと自分的にはキムチとかに多そうなカプサイシンに興味がありますが、
体が温まって冷え性に効きますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちわ



多いに関係ありますよ。
人間にはもともと基礎代謝といって何もしないでも、生きていくだけの代謝があります、成人女性で1200Kcalは消費されてしまいます。

今、ダイエットをされていて、食事制限をなさってるので、代謝も落ちてるため、手足が冷えてしまうという状態になってるのかもしれないです。

この代謝はリバウンドにも関係していきます。
まず、ダイエットをはじめると、入ってくる熱量(Kcal)が減るため、体は脂肪を燃焼させて代用します。

人間の体は適応力があるため、入ってくる熱量が少なければ、少ない熱量でまかなうようになってしまいます
(代謝が落ちる=筋肉がなくなる)
これがいわゆるリバウンド現象なのです。

今度普通の食生活に戻したときに、代謝が落ちてるので当然あまった熱量は体重増加につながってしまいます。

代謝をあげるには、カプサイシンやガルシニアなどがいいといわれてます。
キムチや辛いものを食べると、汗がでて、代謝が活発になるというものです。

冷え性を防ぐ、代謝をあげる・・・
そのためには、高蛋白質をとる事だと思います。
代謝をつかさどる、筋肉はおとさず、脂肪を落とすように心がけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

脂肪が多いのに代謝を減らさないでほしいなぁ(苦笑)
ま、これ以上筋肉が落ちてしまってはダイエットする意味がないですね。
やせても貧弱ではどうにもならない。ちなみに男なので・・。
一度激務のために10kg以上劇痩せしてしまってそこからリバウンドしているので、
おそらく代謝自体は低いんでは、と思います。

ちなみに高たんぱくといえば卵とか魚とかでしょうか?
肉だと「脂肪の塊」って気がしますし・・・。

キムチは好きなのでこれから毎日食べようかな。
周りが嫌がるけど。

お礼日時:2002/01/30 12:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹周りの脂肪が落ちて見える体脂肪率は?

体重65キロ、体脂肪率15パーセント、30代前半の男性です。
鏡で見ると、腹直筋がうっすら浮き出て見える状態です。

見た目の脂肪が思うように落ちません。特に、横腹~腰あたりの脂肪が気になります
個人差はあると思いますが、体脂肪率を幾らくらいに落とせば、脂肪が目立たなくなる
でしょうか。(脂肪のせいで腹回りがドーナツ状に見える状態を解消したい。)

現在、食事制限に加え、ジョギングやクランチをはじめとした全身のエクササイズを
3か月ほど継続しており、一日の消費カロリーが摂取カロリーを500kcalほど上回っています。

Aベストアンサー

>個人差はあると思いますが、体脂肪率を幾らくらいに落とせば、脂肪が目立たなくなる
でしょうか。

個人差次第が全てなので体脂肪率では判断できません。
もともと体脂肪率自体もジムや家庭では正確に計ることはできませんしね。私は体脂肪率18%以上ありますが、腹筋割れています。170cmで体重は70kgあります。65kgまで絞ると、バキバキになります。それでも平均体重より2kgも重いですが。

あなたの身長はどのぐらいですか?体重というのは身長とセットで書くから初めて意味があるのであり、片方だけ書いても何も意味しません。


ちなみに、体脂肪率の下げ方というのも勉強し直したほうが良いと思います。


>現在、食事制限に加え、ジョギングやクランチをはじめとした全身のエクササイズを
>3か月ほど継続しており、

体脂肪率を下げるには、全身を鍛えているかどうかというより強い負荷で鍛えているかどうかが大事。

腹筋を早く割りたい、体脂肪率を下げたいということであれば、ウェイトトレーニングや短距離走など、無酸素運動中心のトレーニング内容をメインに据えるのが適切。運動量は少なくて構いません。量より質なので。

ジョギングなどの有酸素運動がメインでは、筋肉も落ちて行ってしまうのでなかなか体脂肪率は下がらず、腹の脂肪も残ります。過去の質問を見ても似たようなことで困っている人はたくさんいます。

自重のトレーニングでもやらないよりはマシでしょうけれど、ほんとうに、やらなければマシという程度でしかない。負荷が足りず無酸素運動の領域まで運動負荷を確保できないため、どうしてもそれなりの結果にしか落ち着かない。

短距離走選手
https://www.google.co.jp/search?client=badoo&biw=1544&bih=1040&tbm=isch&sa=1&q=%E7%9F%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E8%B5%B0%E9%81%B8%E6%89%8B&oq=%E7%9F%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E8%B5%B0%E9%81%B8%E6%89%8B&gs_l=img.3..0i24l2.270988.270988.0.271149.1.1.0.0.0.0.70.70.1.1.0....0...1c.1.53.img..0.1.68.knw0nxPehnA

マラソン選手
https://www.google.co.jp/search?client=badoo&biw=1544&bih=1040&tbm=isch&sa=1&q=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%89%8B&oq=%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E9%81%B8%E6%89%8B&gs_l=img.3..0l9j0i5.13027.13027.0.13183.1.1.0.0.0.0.71.71.1.1.0....0...1c.1.53.img..0.1.70.u1g99kORWdY

上に、Google画像検索結果をリンクしました。

短距離選手は、筋肉の凹凸がはっきりしており、メリハリのある体型なのがわかると思います。軽い体重まで行かなくても、体脂肪率は10%以下です。女子選手でも腹筋は割れています。無酸素運動では脂肪が落ちないなんて思っている人がいますが、無駄な脂肪などついていません。ちなみに食事量は多い割に、運動量は長距離の選手より少ない。

一方、マラソン選手のほうも見てください。みんなとても細いですが、あまりメリハリの無い、骨ばった体型なのがわかると思います。実は脂肪が少ないのではなく筋肉が少ないため、痩せているのに体脂肪率も男性だと平均15%ぐらいです。長距離走というのは脂肪をエネルギーとして走るため、体脂肪率がある程度高く無いとできません。そのため、一定量の体脂肪率を確保する体質になります。逆に強い力を発揮しないので筋力は不要なうえ、筋肉は重くて長距離に邪魔なので、どんどん落ちていきます。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、トレーニングの入門としてはかなり良いものですが、本気でボディメイクしたいと考えた場合は甚だ効率の悪いメニュー。もともとマラソンなどの痩せる効果に関しても、1時間も2時間もいっぱい走るから彼らはやせているわけであり、もっと爆発的な運動のほうが少量の運動時間で済むし、足りないカロリー消費は食事制限で補えばOKなんですよ。


>3か月ほど継続しており、一日の消費カロリーが摂取カロリーを500kcalほど上回っています。


継続するのは大事ですが、これはあたりまえのことであって、それでは体型を維持することしかできません。

トレーニングの法則のひとつですが、「漸進性の法則」と言うのがありまして、負荷を上げ続けるから、体型や筋力もトレーニングに合わせてついてきます。体型を徐々に変えていきたいなら、当然ながらトレーニング内容も強化していかなければいけません。ただ継続していく以上、今の体型が継続されます。

同じ負荷の運動を続けている限りやがて停滞し、体型や体脂肪率も同じままです。これは当たり前ですね。時速8kmで走る練習を1年続けようと5年続けようと、それ以上脚が速くなったりしませんよね。筋力もそれ以上早く走れる筋力にはなりません。
自重のクランチを50回やろうと100回やろうと、5年続けようと10年続けようと、その腹筋の筋肉は自分の体重を支えられる程度の腹筋でしかないし、形もそのままです。

いろいろ情報収集すれば、トレーニング負荷を上げる方法はいくらでもありますので、挑戦して行ってみてください。HIITとか、坂ダッシュとか、傾斜をつけてクランチとか、ダンベルやバーベルを背負ってスクワットとか。

>個人差はあると思いますが、体脂肪率を幾らくらいに落とせば、脂肪が目立たなくなる
でしょうか。

個人差次第が全てなので体脂肪率では判断できません。
もともと体脂肪率自体もジムや家庭では正確に計ることはできませんしね。私は体脂肪率18%以上ありますが、腹筋割れています。170cmで体重は70kgあります。65kgまで絞ると、バキバキになります。それでも平均体重より2kgも重いですが。

あなたの身長はどのぐらいですか?体重というのは身長とセットで書くから初めて意味があるのであり、片方だけ書いても何...続きを読む

Q○顔やせ○下っ腹やせ○

あたしは身長154cmで体重53.5kgと,ぽっちゃり体型です;; そこで何度かダイエットをして成功も時々したんですが顔と下っ腹だけは痩せません。。
顔は本当にぷっくりしててお肉がたくさんついてます(´^`;)
お腹は風船が入ってるみたいに膨らんでいて随分前から悩んでます。あたしは高校生なのですが,まるで中年太りの様な太り方です。

この2つの部分どちらかでも全然イイのでオススメのダイエット法を教えてください。お願いします!!!

Aベストアンサー

ダイエットをした時に適度に運動されましたか?

よく、ただ食べなければ、痩せると思っている人がいますが、それだけでは、痩せてもきれいな体型にはなりませんよ。
お腹がプックリ出ているとのことですが(もちろん体質もありますが)、腹筋が足らないのではないでしょうか。
出来たら、ジムに通うか、フィットネスの本を買って適度に運動することをオススメします。素人判断で安易に腹筋運動をすると、腰を痛めたりすることもあるので、正しい方法で行って下さいね。

また、胸の筋肉も適度に鍛えることによってバストアップも出来るそうですよ。

普段から、なるべく歩く、エスカレーター、エレベーターも出来るだけ使わない、なども心がけると良いと思います。

時々、筋トレをすると筋肉が付くからイヤ、なんて女性がいますが、女性の場合、よほど激しく鍛えない限り、ボディビルダーのような体型になることはありませんのでご心配なく。むしろ引き締まったキレイな体型になります。そして、筋トレは無理をしないことも、長く続け、身体を壊さないコツです。

顔もプックリしているそうですが、十代は、ホルモンバランスのせいで、(ある程度、体質もありますが)誰でもふっくらしているものです。二十歳を過ぎると自然に顔、体型共にスリムになってきますよ。
今、痩せているモデルさんや、女優さんも十代の頃の写真を見ると(痩せていても)顔がふっくらしているのを見たことがあるでしょう?!だから、あまり気にしないことです。

尚、ダイエット食品、サプリメント等には、女性の心理につけ込んだ、悪徳商品が多いので気をつけて下さいね。ほとんどの製品は、効果がないか、ひどい物になると健康を害する物もあるそうですよ。
昨日の日本テレビ「報道特捜プロジェクト」でもサプリメントを取り上げていましたが、かなり悪質な製品が多いようです。

http://www.ntv.co.jp/tokuso/
(昨日の内容は、まだアップされていないようですが、数日後には掲載されると思います。)

それから、今の体重からすると心配はなさそうですが、あまりにも痩せたい願望に囚われすぎると、摂取障害、拒食症になることもありますので、程ほどにしましょうね。

以下は、ご参考まで。

http://katei.health.yahoo.co.jp/katei/bin/detail?sc=ST140100&dn=2

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/eat0.html

http://allabout.co.jp/health/mentalillness/closeup/CU20040210A/

ダイエットをした時に適度に運動されましたか?

よく、ただ食べなければ、痩せると思っている人がいますが、それだけでは、痩せてもきれいな体型にはなりませんよ。
お腹がプックリ出ているとのことですが(もちろん体質もありますが)、腹筋が足らないのではないでしょうか。
出来たら、ジムに通うか、フィットネスの本を買って適度に運動することをオススメします。素人判断で安易に腹筋運動をすると、腰を痛めたりすることもあるので、正しい方法で行って下さいね。

また、胸の筋肉も適度に鍛えること...続きを読む

Qダイエットと体脂肪

こんにちわ。はじめまして。
体脂肪について教えてください。

私は23歳女で、身長166cm 体重50kgです。
太ってはいませんが、腹がでています。
お尻も大きく、太ももも太いです。

体脂肪を朝(朝食後7時頃)計ると、20.5%程度。
会社から帰ってから(夕食前18時半頃)計ると、18.5%程度。体重は0.5kg~1kg増しです。
これって、どちらが正しいのでしょうか?
体脂肪率って、朝と夜でこんなに違うものだと思わなかったので、いつ計るのが一番正確なのでしょうか?
計るときはいつも裸で計っています。

Aベストアンサー

全身の体脂肪を完全に測定することは、現在の科学でもできません。重水素やDEXAで全身をスキャンしてかなり正確に測定することはできますが、一般的ではありません。chiriさんは、生体インピーダンスを利用した測定をしているのだと思われますが、これは身体に流れる電気抵抗を測っているため、体脂肪率を正確に測れるものではありません。体重が増加して体脂肪が減ったように見えるのは、体水分量が増加して少しだけ電気抵抗が小さくなったための結果と思われます。体重1kgの脂肪を燃やすのに約7,000キロカロリーのエネルギーを消費する必要があり、朝から夕までに脂肪が減少したとは考えられません。測定値はもっとアバウトに捉え、参考程度にすると良いでしょう。

Qダイエットと体脂肪

ダイエットと体脂肪

こんにちは。
ジョギングダイエットをしています。
4kgの減量に成功してはいるんですが、
体脂肪率と骨格筋率がダイエット開始時と変わりません・・
なにが落ちたのでしょうか?

食事制限もしており、野菜や繊維質、ビタミンをしっかり採りながら、
1日700kcal以内に抑えています。

Aベストアンサー

痩せたい時は摂取カロリーを抑えたり、動いて消費カロリーを増やしたりして、エネルギー収支をマイナスにするのが基本ですね。

しかし、それだけを心がけても脂肪はそんなに落ちません。皮下脂肪と同じで筋肉も毎日分解と合成を繰り返していいて、エネルギー不足になると筋肉も脂肪も同じぐらい減っていきます。

上手く脂肪を落とすには、選択的に脂肪を減らす工夫も必要です。
それが運動です。まず、強い負荷を掛けて力を出すとその刺激が神経を経て内分泌系に届きます。そして筋肉が減るのを防いだり、脂質を強力に分解して代謝させようとするホルモンの分泌が上がります。その効果を利用してはじめて、効率的に体脂肪が減っていきます。
効果は運動の激しさによるので、日常では使わないような過負荷をかけるのが原則。
軽い運動で、時間や回数を重ねることでカバーすることはできません。運動強度に応じた体脂肪率に落ち着いていきます。

軽い運動と食事制限という減量は、無理なく、健康でいることを目的とした最低限の方法です。適度に痩せれば満足だという人には十分でも、早く痩せたいとか見た目を良くしたい人にとっては効率はよくありません。
以上を踏まえて、筋トレを足すのが手っ取り早い。特にジムで器具まで使ってウェイトトレーニング。負荷が高くて短時間しかできないワークアウトを取り入れるほど、脂肪の分解と代謝が進みます。
有酸素運動するにしても、ウォーキングよりは坂を上るウォーキング、ジョギング、ジョギングよりはランニング、ランニングよりもインターバル走。強度を上げるほど体脂肪は落ちやすくなります。標準以下まで体重を落としても、少しぽっちゃりした感じになります。激しい運動では脂肪が落ちないというのはまあウソで、実際は軽い運動ほど皮下脂肪はあまり減らず、筋肉が落ちます。

質問者さんは短期間で減量しようとしているので、なるべくジムなんかで本格的にやるのが望ましい。無理なら、せめて本屋でトレーニング本を探して、なるべく質の高い筋トレをしたほうがいいです。筋肉を失えば顔が異常に老けて弛み、体のメリハリも失われていきます。けっこう酷いものですよ。
体脂肪率計は、体脂肪率が下がってないのに下がったり骨格筋率が上がっていると表示される場合もあるので注意してください。正確にはやはり体重だけです。脂肪が落ちてるかどうかは、手で腹の肉を摘んだり、鏡でスタイルを確認するほうが正確です。

それから食事ですが、700Kcalにまで減らすのはやめたほうがいいです。
カロリーが低い時点で、たんぱく質、炭水化物、脂質という一番大事な三大栄養素のバランスが崩れています。たんぱく質摂取量が1日に体重×0.1gになるように肉や魚や卵を食べます。そして主食や脂、油を減らす。しかしゼロにはならないようにします。それに気をつけた上でビタミンやミネラルも摂ると、最低でも1200Kcalは食べることになります。
筋トレで代謝を上げたり筋量低下が食い止められるとは言っても、栄養バランスの崩れた状態では限界があります。最低限のカロリーを摂るからこそ効果的に運動できますし、代謝回路や内分泌系も順調に働きます。炭水化物が足りない場合、基礎代謝が半分近く下がったりもします。

広い視野で見れば、減らしすぎないほうが摂取カロリー<消費カロリーの状態を保ちやすい場合もあるのです。

痩せたい時は摂取カロリーを抑えたり、動いて消費カロリーを増やしたりして、エネルギー収支をマイナスにするのが基本ですね。

しかし、それだけを心がけても脂肪はそんなに落ちません。皮下脂肪と同じで筋肉も毎日分解と合成を繰り返していいて、エネルギー不足になると筋肉も脂肪も同じぐらい減っていきます。

上手く脂肪を落とすには、選択的に脂肪を減らす工夫も必要です。
それが運動です。まず、強い負荷を掛けて力を出すとその刺激が神経を経て内分泌系に届きます。そして筋肉が減るのを防いだり、脂質を...続きを読む

Q体脂肪率・・・

こんばんは。
体脂肪率についての質問です。

朝と夕方とでは、朝計る方が
ずっと高くて
運動したとは、低いみたいですが、
これはどうしてでしょうか?

体重計と併用のタイプですが
これって
信用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

別に、体脂肪率計メーカに恨みがあるわけではありません。
体脂肪率計の原理は、
(1)人間の体は脂肪がたまると、電気が通りにくくなる。
ということを利用しています。
でも、単に抵抗値を測るだけでは、体格の違いによる誤差が出すぎます。
そこで、
(2)身長と体重から、その人の体格を統計的に推定し、測定した電気抵抗値
を用いて体脂肪率を計算しています。
(3)抵抗測定は右足と左足の間で行ないます。

これらの事から、真の体脂肪率はなかなか測定できない事がわかります。
(1)足が長くて細い人は体脂肪率が高く出る。
(2)水分の摂取量によって電気の伝わり具合が違う。
(3)汗をかいたりすると電気の伝わり方が良くなる。

ただ、ある一定の条件のもとで、継続的に測定を続ければ、自分の体脂肪率の「変化」が把握できる事はまちがいないでしょう。

くれぐれも、体脂肪率計を過信しないようにしましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報