どなたか、はなたけ(鼻竹!?)という、鼻の病気ご存知のかたいらっしゃいましたら、
何か、情報をください。
お願いします!

A 回答 (5件)

私は今年1月に20年間患っていた「鼻茸(ポリープ)」の切除手術を受けました。

慢性副鼻腔炎が原因で左上顎洞(頬骨の内側)から鼻腔~のどのあたりまでに達するポリープがありました。症状はこんなのが鼻の中にある訳ですから当然呼吸が苦しかったり、匂いが分からなかったり。私の手術は全身麻酔下で約2時間(個人の症状によって差があるそうです)。内視鏡で鼻からと、とり切れない部分は歯茎の上を約1センチ程切開し、そこに6ミリの孔を空け、そこから取りました。術後の痛みはほとんど無く、8日後に退院。今は再発しないよう定期的に診察を受けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な体験談をありがとうございます。
術後、経過はいかがですか?
息は随分楽になられたのでしょうか?
また、再発の危険性は何%くらいなのでしょうか?
それから、においは感じるようになられましたか?
よろしければ、お聞かせ下さい。

お礼日時:2002/05/04 10:23

症状は私と似てるような気がします。


もう、鼻茸だけじゃなく慢性副鼻腔炎になっているのではないでしょうか?
そこまで酷いのなら早目に一度CTを撮って検査してもらった方がいいと思います。
私も鼻の通りが悪く、耳鼻科に行ったら鼻茸と診断され、
鼻茸だけだったら近くの耳鼻科でも日帰りで取ってもらえるそうです。
ただ、私の場合アスピリン喘息を持っていたので手術するにしても入院してなければいけないと言われました。
最初の診察では鼻茸は出来てるけど、生活してて支障がないのなら急いで取ることもないと言われ薬で様子を見ていました。
でも、だんだん寝てても鼻が詰まって苦しいいし、周りがわかる臭いも全くわからなくなり、それが辛くて先生に「手術して下さい 」とお願いして、一年後に鼻茸の手術をしました。
CTを撮ったらかなり悪かったみたいです。
鼻茸と言うのは鼻の粘膜にポリープが出来る事なんですが、それのせいで空気の通りを塞ぐから苦しく鼻の通りも悪くなり汚いものが外に出なくて、私は慢性副鼻腔炎(蓄膿)なっていたみたいです。
それも両鼻。
2週間の入院で2回の手術。(普通は分けて入院して手術するみたいですけど私は時間がなかったので一度にしてとお願いしました)
私の病院は局所麻酔で内視鏡手術だったので、鼻の穴から内視鏡を入れて鼻茸を取り軟骨を削って膿を出してたと思います。手術終わっても鼻の穴に綿を詰めて止血してるだけで見た感じは普段と変わりませんでした。
臭いの神経がやられてなければ、手術が終わってすぐ臭いがわかるそうですが、臭いの神経がやられてしまうと治すのは大変みたいです。
神経は使ってあげないと駄目になっていってしまうと言われました。
だから、今臭いがわからないようなら早目に対処した方がいいとお思います。
それから鼻茸は人によって違いますが再発するらしく、アスピリン喘息をもっているとなりやすいそうですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか・・・。大変だったんですね?貴重な体験談をありがとうございました。
で、もう十年以上の畜膿です。たぶん・・・。ずっと匂いなんか全くわからない
みたいです。もう、神経やられちゃってるかもしれませんね・・・。
とにかくありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2002/04/17 10:24

子供のころ手術しました。


鼻の中に麻酔をし長いはさみを鼻の穴に入れて切り取って終わりました。
一日経過入院をし2週間くらい通院したような記憶があります。
鼻の穴を覗くと鼻茸はみえます。鼻の穴をふさぐように肉の出っ張りがあり。
空気の通りを邪魔しているのが分かります。
口の中から開けて手術というと、それは鼻茸ではなく蓄膿症の手術ではないのでしょうか?
鼻茸の手術ならば20分程度で終わるので、そんなに大掛かりな事をするとは聞いたことがありません。

参考URL:http://www.google.com/search?q=%95@%91%F9&hl=ja& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鼻茸が原因かどうかは知りませんが、長年の畜膿のようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/17 10:20

私も聞いた事があります  切って取ってもらうとキノコみたいなのが取れるってやつですよね  友達が耳鼻科で働いていた時に  先生がハ

ナの中のキノコだって言って  取ったやつを見せてくれたそうですよ   ハナの中のポリープ?みたいなものだって言ってたそうです        
    • good
    • 0

baliusさん こんにちは。



正確には鼻茸です。
鼻茸とは簡単に言えば鼻腔内にできる腫れ物です。感染症、慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの炎症による副産物です。投薬などで縮小、消失することがありますが大きくなると手術で摘出します。手術といっても大したものではありませんので心配しないように。

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
切るのは簡単な手術だと聞いているのですが、その簡単な手術の方では、
“根”が取り除けず、本当に植物のようにまたはえてくるとききました。
それで、“根”ごと取るには口の中の上顎から切開して、大変な手術だと
きいたのですが。。。
それでも、取り残しがあれば再生の可能性もあるとききました。。
僕、本人ではないもので、余計に心配で。。。
もう、何年も鼻が苦しくてにおいも全くわからず、寝るのもいびきが凄いし
くるしそうです。
なんとかならないものなのでしょうか?

お礼日時:2002/01/30 15:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ