痔になりやすい生活習慣とは?

 タイトルどおりです。化学反応式などを教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。解説もしていただければ助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「フェノール成分と酵素的褐変の食品学、生化学及び分子生物学」
鉄イオンとの反応ではなく、ポリフェノールオキシダーゼによるレタスのポリフェノールの酸化物質によるもののようです(リンゴ等でも同様!)。

http://www.food.ocha.ac.jp/chozo/shorei.htm
(酵素的褐変の解析と制御)
このページの参照文献には詳細に記載があるかもしれませんが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.food.ocha.ac.jp/chozo/chozo.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。質問の補足の鉄イオンについては、何かの文献で「レタスの変色はポリフェノールと鉄イオンの関係がある」と見かけたことがあったような気がしましたので・・・。大変参考になりました。感謝いたします。

お礼日時:2002/01/30 16:02

 ポリフェノ-ルも扱った事のある天然物化学研究者の rei00 と申します。



 褐変については MiJun さんの回答にあるようにポリフェノ-ルの酸化物質によりますので,ポリフェノ-ルと鉄イオンとの反応について御紹介いたします。

 天然物研究でフェノ-ル性化合物の存在を薄相クロマト上で検出する場合,塩化鉄(FeCl3)水溶液を検出試薬として用います。この場合,鉄イオンがフェノ-ル基と錯体を形成して青色を呈します。これはある種の花が青色を呈する機構(↓)と同様です。

 つまり,褐変に鉄イオンは直接は関係ありません。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kaska/qa/qa-color.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご返答ありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。
鉄イオンは私の勘違いだったようです。

お礼日時:2002/03/19 12:49

ポリフェノールと言っても沢山ありますが、どのようなもののポリフェノールでしょうか・・・?


アルコール性OH基と鉄イオンとの錯形成(?)反応での一般論の話しでしょうか・・・?

補足お願いします。

この回答への補足

 レタスのポリフェノールです。レタスを収穫する時に鉄の包丁で根本を切ると、褐色に変色するのですが、どのような反応であのような変色をするかお聞きしたかったのです。野菜売り場でレタスの切り口が変色しているのをご覧になったことありませんか?
 酸化か鉄イオンとの反応か、または両方が関係するのか分からないです。(もしかすると、別の要因があるのかもしれませんが・・・)
 >一般論の話でしょうか・・・?
一般論もあまり分かりません。解説していただければありがたいです。よろしくお願いします。

 

補足日時:2002/01/30 14:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリフェノールの鉄反応を防ぐ方法

紅芋の粉でパウンドケーキを作ると
ポリフェノールと鉄が反応して緑色なものができました
食べられて味をそこなわない方法で何かありませんか?
紅芋粉の量は減らせません

材料は
紅芋粉、ばたー、薄力粉、卵、砂糖、ベーキングパウダーです

Aベストアンサー

原料の中に成分として鉄分があるなら、余りやりたくないが、
EDTA2Na塩とかトリポリリン酸塩を加えます。
大した違いではありませんが、後者の方が気分は良い、だが
薬店にあるかどうか分からない、ピロ燐酸塩でも良い。

一方#1のお答えは焼き型の鉄のことしか考えて居られないが、
それなら最近は耐熱性プラスティック製の焼き型もあるし、
クッキングペーパーを敷くのが王道。クッキングペーパーの
隙間から外へ出た分は変色するが、クッキングペーパーごと
客の前へ出す人は少ないから、問題無い。

Qポリフェノール

フェノール性水酸基が鉄と定量的に反応して錯体を形成し、青色を呈しますが、その錯体の構造式を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB
の検出の反応式の内容かしら。

[Fe(OC6H5)6]3-
と6配位だから、鉄原子の赤道上の4点、北と南の先の各1点、が6配意のはいいしの来る位置です。
この位置に、フェノールのOが来ます。

ベンゼン環があるぶしつが、3はいいで結合している場合には、ベンゼン環のπ電子が金属に配意していることが考えられますが、6はいいですと、ベンゼン環は立体障害等で結合で来ません。したがって、骨格のもっとも端に有る、そくさが結合していると考えられ、そくさで配意結合ができる不対電子は、酸素原子だけです。したがって、酸素原子が配意結合していると考えられます。

Qなぜ多糖類の加水分解は酸性溶液中?

多糖類の加水分解は希硫酸等の酸性溶液中でおこなう
ことになっていますが、どうして酸性なのでしょうか?
H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
いったいなぜなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

rei00 です。お礼拝見しました。

> いつもお世話になっております。
 そう言われると,お恥ずかしいです(お世話なんて・・・)。実はこの質問,大学生の方のつもりで回答したのですが,回答歴を拝見すると社会人の方のようですね。それでしたら,チョット不親切だったかと思いますので,以下補足致します。

> 環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが脱水縮合して
> 多糖類を形成する
 これで良いのですが,脱水縮合する時の2つの OH 基の一方は,環状構造をとった時に出きるヘミアセタ-ルの OH です。そのため,この部分はアセタ-ルになります。具体的には,下1番目ののペ-ジ(高等学校_化学_テキスト)の「化学 II」の「Chapter 3 天然高分子化合物」の「3.2 糖類」をご覧下さい。

> 酸性溶液中でおこなうことになっていますが、
> どうして酸性なのでしょうか?
  まず参考のために,下の2番目のペ-ジ(おもしろ有機化学ワ-ルド)の「基礎有機化学講座」の「13.反応6 求核付加反応(カルボニル化合物)」の図24と説明24をご覧下さい。図24に糖の環状構造の生成について出ています。
 今,糖の環状構造を R-O(環)-CRH-OH と書くとすると,糖と糖の結合の形成反応は次の様になります(判り難くて済みません)。

 R-O(環)-CRH-OH + H+ ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)H2 ⇔
 [ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]+ H2O
 R-O(環)-C(+)RH + R'-OH ⇔ R-O(環)-CRH-O(+)HR ⇔
 R-O(環)-CRH-OR' + H+
 ⇔:平衡反応,←→:共鳴混成体

 ここで,途中に出きる[ R-O(環)-C(+)RH ←→ R-O(環)(+)=CRH ]が共鳴によって安定化されるため,酸触媒によるこの反応はどちらの方向へも容易に進行します。

 一方,塩基触媒で加水分解が進行するとすれば,その機構は,OH- イオンによる求核置換反応になり,脱離基はアルコキシド(R'O-)になります。アルコキシドは非常に脱離しにくいですので,この反応は非常に起こりにくい反応になります。なお,酸触媒の場合は,酸が付加することで,悪い脱離基の RO- を良い脱離基の R-OH に変えています。

> H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら
> いったいなぜなのでしょうか?
 上に示したように,酸触媒での反応が進行するには,H+ が付加して良い脱離基を持った R-O(環)-CRH-O(+)HR が出きる必要があります。この構造は H+ イオン濃度が高い程出来やすいですから,H+ イオン濃度が高い程反応速度は速くなります。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。

参考URL:http://www.ed.kanazawa-u.ac.jp/~kashida/, http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/

rei00 です。お礼拝見しました。

> いつもお世話になっております。
 そう言われると,お恥ずかしいです(お世話なんて・・・)。実はこの質問,大学生の方のつもりで回答したのですが,回答歴を拝見すると社会人の方のようですね。それでしたら,チョット不親切だったかと思いますので,以下補足致します。

> 環状構造をとる単糖類どうし-OH基からH2Oが脱水縮合して
> 多糖類を形成する
 これで良いのですが,脱水縮合する時の2つの OH 基の一方は,環状構造をとった時に出きるヘミアセタ-ルの OH ...続きを読む

Q酸度(%)とpHの関係を教えてください

pHが2.8から3.1くらいのものでも酸度が6.3%だったり0.07%だったりするのはなぜでしょう?
対象はほぼ酢酸です。

Aベストアンサー

yumityanさん#3の土壌分析の事例は私にはわかりませんが、
単に酢酸の水溶液にKClやNaClを加えてもpHは動きません。

yogorozaさんは「酸度」をどのように測定(あるいは定義)して
おいででしょう? 例えば、被験サンプルをNaOHで滴定して、
中和に要したNaOHの mol数を酢酸 60 g/mol に換算している
のでしょうか? 仮にそうなら、酢酸より解離定数の大きい酸
(安息香酸とか)が含まれればpHは低めになり、解離定数の
小さい酸(フェノールとか)が含まれればpHは高めになります。

塩類のうち確実に影響するのは酢酸ナトリウム等です。酸度を
上記のように測定(定義)するなら、酢酸ナトリウムの有無は
酸度に影響を与えませんが、#1に書いた酢酸の解離平衡の式
Ka = [H+]・[CH3COO-]/[CH3COOH]
の[CH3COO-]が増加するため、pHは高くなります。

一方、CaCl2等が共存すると、酢酸の一部が
2 CH3COOH + CaCl2 → (CH3COO)2Ca↓ + 2 HCl
のように塩酸(ほぼ完全解離)に置き換わっていて、酸度の割に
pHは低くなるでしょう。

いずれにせよ、酸度だけではpHは決まらないのです。

yumityanさん#3の土壌分析の事例は私にはわかりませんが、
単に酢酸の水溶液にKClやNaClを加えてもpHは動きません。

yogorozaさんは「酸度」をどのように測定(あるいは定義)して
おいででしょう? 例えば、被験サンプルをNaOHで滴定して、
中和に要したNaOHの mol数を酢酸 60 g/mol に換算している
のでしょうか? 仮にそうなら、酢酸より解離定数の大きい酸
(安息香酸とか)が含まれればpHは低めになり、解離定数の
小さい酸(フェノールとか)が含まれればpHは高めになります。

塩類のうち確...続きを読む

Q過酸化物価の計算式

過酸化物価の計算式(滴定法)で、POVmeg/kg=滴定値*F*10/試料量の10の意味がわかりません。10はなんの意味でかけるのか?後単位のmegも分からないのですが、どなたか教えていただけますか? 

Aベストアンサー

 過酸化物価の単位は、通常相当する酸素濃度で表す事が多いのですが、この質問の場合は、「ミリグラム当量/kg」だと思います。
 普通は「meq」と書きますが、「ミリグラム当量」と言う様に、「milli-equivalent gram = meg」でもそんなに変ではないと思います。
 で、計算式ですが、
 滴定値[ml]
 滴定に用いたチオ硫酸Naの規定度=N
 滴定液の力価=f
 試料採取量=S[g]、とすると、
 過酸化物価=滴定値×N×f×1000/S、です。
 (1000は、試料のkg当たりに直すため)
 御質問の測定マニュアルでは、チオ硫酸Naの規定度が0.01であり、1000を掛けた後の省略型なのではないでしょうか?

Qごぼうの変色を防ぐには?

ごぼうをナムルにする予定でゆでて、裂いて冷蔵庫に保存して、次の日に調味料と和えようと思って出したら一部が「青緑色」に変色していました。変な臭いもしませんし、食べてみても食感も味もおかしくはないので大丈夫かな~。とは思ったのですが、見た目的に気持ちのいい色では無いため、今後は変色しないように注意したいのですが、何故なったのかわかりません。
何故このような色に変色してしまったのか、青緑色への変色を防ぐにはどうしたらよいか教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ゴボウにはクロロゲン酸というものが含まれていて、それがアルカリと反応すると緑色になるのだそうです。
http://www.cfqlcs.famic.go.jp/technical_information/consumer_consultation_case/yasai.htm

また、鉄鍋を使ったときにも反応するようです。
http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/kuirejo/yacon_a.htm

緑色になるのを防ぐには水にさらすということのようですが、クロロゲン酸は体にいいそうですよ。
http://www.iwate.info.maff.go.jp/syouhsya/yasai_2.htm#17

Qフルクトースはアルコール発酵をするのですか?

よろしくお願いします。

なんとなくアルコール発酵をするものはグルコースという印象が
あるのですが、果実酒はフルクトースからの発酵ですよね。

化学式が同じですしフルクトースも問題なく発酵するということで
良いでしょうか?

Aベストアンサー

もともとグルコース自体
グルコース→グルコース-6-リン酸→フルクトース-6-リン酸→フルクトース-1,6-二リン酸
と変わって解糖系に入るので, フルクトースからでも解糖系に入ることはできます.

QpHジャンプについて教えてください

「pHジャンプ」ってそもそもどのような現象を指すのですか?
急激にpHが上がることなのか、滴定したときにグラフに生じるブレのことなのか...
そしてpHジャンプはなぜ起こるのかを教えてください。

Aベストアンサー

pHジャンプは中和点付近で急にpHが大きく変化することをいいます。なぜ起こるかというと、例として強酸(HCl 0.1mol/L 10mL)を強塩基(NaOH 0.1mol/L)で中和することを考えてください。

中和滴定では、1滴ずつ落としながら指示薬の変化を見て判断しますよね。今、1滴が0.1mLだとしましょう。最初HClだけであれば[H+]=0.1=1.0×10(-1)mol/Lつまり、pH=1となります。そこに、NaOHが3滴入ると少しだけ中和して
[H+]=(H+の物質量-OH-の物質量)÷体積で求まるので、
[H+]=(0.1×10/1000-0.1×0.3/1000)÷10.3/1000=0.094mo/LとなりpHは1.03となります。H+の物質量に比べてOH-の物質量は3/100ですし、体積もほとんど増えないため[H+]は入れる前の0.1mol/Lと大して変わりません。

しかし、中和点ギリギリまでOH-を加えていくとpHは徐々に上がり始め、今ここまでにおよそ9.8mLのNaOHを加え終わり、pHは3まであがったとします。つまり、[H+]=0.001mol/Lまで減っています。ここに同じように3滴たらすと
[H+]=(0.001×19.8/1000-0.1×0.3/1000)÷21.1/1000=-0.00048mol/Lとなり、pHは10.7となります。少なくてもH+よりOH-の方が多くなるので、pHは7以上になりますよね。たった、3滴=0.3mLでです。このため、横軸を10mL単位や5mL単位でとると0.3mLでpHは3から11に跳ね上がるように見えるのです。

pHジャンプは中和点付近で急にpHが大きく変化することをいいます。なぜ起こるかというと、例として強酸(HCl 0.1mol/L 10mL)を強塩基(NaOH 0.1mol/L)で中和することを考えてください。

中和滴定では、1滴ずつ落としながら指示薬の変化を見て判断しますよね。今、1滴が0.1mLだとしましょう。最初HClだけであれば[H+]=0.1=1.0×10(-1)mol/Lつまり、pH=1となります。そこに、NaOHが3滴入ると少しだけ中和して
[H+]=(H+の物質量-OH-の物質量)÷体積で求まるので、
[H+]=(0.1×10/1000-0.1×0.3/1000)÷10....続きを読む


人気Q&Aランキング