世間で語句の意味を引用する時に、『広辞苑』ばかりから引用されるのでしょうか?


他にも辞書、一杯あるのに・・・

ちょっと疑問に思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も今更『広辞苑』の時代ではないと思い講談社の日本語大辞典などを買ってみましたがミニ百科事典のようでもあり便利です。


しかしいざとなる別室に置いてある『広辞苑』頼みとなるのは旧世代の悲しさ、条件反射というものでしょう。。。

戦前はアカデミックな出版物は[岩波]以外では[中央公論社][改造社(現存せず)][平凡社][富山房][研究社][三省堂]など、
あとは各専門書の出版社だけで、小説などという世間に害毒を流すようなものを出版する[文芸春秋社][大日本雄弁会講談社]など
という会社はヤクザな本を発行する会社として終戦時まで(或いは戦後も)一段低い本屋としてしか、見られていなかったのです。

【岩波文庫的教養】という言葉があり、これは岩波文庫程度の本を読みこなし、我々から見るとかなりの教養人と思えるのですが
これはかなり相手を軽蔑した言い方で[岩波文庫のような薄い本]しか読まない輩(ヤカラ)、書斎で厚い本も読まずに薄い本を読み
[知識の宝庫]のように振舞う軽い百科全書派的ディレッタントを指していたようです。
昭和20年代後半に出来た角川文庫も同じような能書きを後付けに書いているのを見てもうなずけるでしょう。

余談ですが思えばそんな傾向が型に嵌まった教養を重く考え、今日に到るまで教育は[暗記]主体というような風潮を生み出した
のではないかと考えるのです。。。

そんな訳で辞書辞典というものは、先ず編集に携わる先生からも出版社が決っていて、古い殻を破ったのは受験者御用達の
[旺文社]だと言えるかも知れませんが、もちろん受験用語学としての辞書で普通の学者、社会人が手にするものではありません。

[広辞苑]は昭和28年初版で、40年が再版だったと思いますがその頃、匹敵する辞書がまだなかったことと、意外に一寸した
ことを調べるのに【小百科事典】的な機能を『広辞苑』が持っていたため、便利で何かというと引用文に使われるようになった
と考えられます。

その後、昭和30年代に平凡社が百科事典長者になり社員に100万以上ボーナスを払うと云うエピソードまであり40年代
に入ると各社とも辞書参入の火がつき、今我々が手にする[大辞典][国語辞典]などの下準備にかかり、たしか昭和50年代から
新しい辞典類がが登場したのだと思います。

辞書、辞典類は早くて10年以上準備期間のいる作業で、1冊の担当専門家では広辞苑、その他の協力者名簿を見ても
監修者3~4人、大項目で30~50人、中~小の協力者は500人位になるものを一冊にまとめるので莫大な時間が掛ります。
それでもこれは『広辞苑』以外に作れる力を持つ先生方がふえ、また出版社自身が成長した事の現われかと思います。


私自身は辞書辞典るいは好きなので、なるべく幅広く使いたいと思っていますが、最後に一言【辞書が完全無欠の記述でない】
場合があることも付け加えておきたいと思います...そのとき私たちは専門外の場合は併記しておくより他ないでしょう!!

*また内容について新旧、公正、偏向、正確かどうかなどは精査した文献を見たことがないので残念ながら判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか深い周辺知識も含めた御丁寧な回答どうもありがとうございました

最後の言葉は心に留めておきます

お礼日時:2002/01/30 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音声読み上げ機能を備えた電子辞書、と聞きますが、あれは広辞苑や百科事典

音声読み上げ機能を備えた電子辞書、と聞きますが、あれは広辞苑や百科事典なども読み上げてくれるのでしょうか?

例えばカシオの「エクスワード」シリーズで6言語の音声読み上げ機能と書いてましたが、外国語学習用として、英和や和英、中国語、その他の辞書のみの読み上げだけで、他の広辞苑などの付属辞書は読み上げてくれないのかな?と、、、、

また、私は広辞苑や百科事典を主に使っているので、その読み上げに適している電子辞書(もしくは他PDA)をご存知でしたら、そちらも教えてください。

Aベストアンサー

http://casio.jp/exword/feature/hardware_6.html
しゃべれるのはこれだけのようです。
広辞苑もしゃべります。

Q論文引用、引用文の中に参照があった場合...

こんにちは。

現在論文を書いているのですが、引用したい文に、例えば、

笑顔でいることは健康的だという考え方にも、人間は常に笑顔で得られない(鈴木 ibid.)や健康であるために必ず笑顔でいる必要はない(佐藤 ibid.)という指摘がなされている。

という風に参照(あるいは引用)があった場合、やはりカッコ内も引用するべきなのでしょうか。
その場合、参照先例えば鈴木や佐藤の著作もどこかに書くのでしょうか。
それともカッコ内は、この場合は例外的に、書かなくても良いのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ございませんが、お答え頂ければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が卒論を書いたときには、引用文の中のカッコ(引用・参照)も全て引用して書き出しました。
そして、そのカッコの中の参照先がはっきりしている場合には、巻末の参考資料のページに列記します。

例えば、Aという書籍の中で引用したい部分にBという論文が参照されていた場合、参考資料にはAの書籍情報とBの論文情報を明記します。Bの論文情報が不明な場合(あまりそんなことはありませんが)は、Aの書籍情報だけにします。


論文のフォーマットにも個人によって、あるいはカテゴリによって様々な様式がありますので、これが絶対ということはいえません。
ただ、「引用は改変せず。引用元は明確に。」というのは、どのような論文においても基本事項のはずですから、その原則に沿っていれば特に問題になることはないと思います。

質問者様がどのようなお立場にいるのかわかりませんが、学生さんなら指導されている先生に伺ってみたらいかがでしょうか。その方が的確なアドバイスがもらえると思います。

Q広辞苑を超える辞書は?

漢字検定(2級~1級)の勉強をしているのですが、知らない言葉がたくさん出てきます。

広辞苑にも他の国語辞典にも載っていない言葉が多々あります。
私の中では、知名度、掲載量共に広辞苑が最高峰だと思っていたので、次に何で調べればいいのか思い浮かびません


『広辞苑より、たくさんの言葉が載っている辞書』
『漢字検定向きの辞書』
を教えて下さい、よろしくお願いします。
ネット辞書でも書籍でも結構です。

すみませんが、「それぞれの辞書に特色があり比べられない」「『超える』の定義があいまいすぎる」といった回答は無しでお願いします。

Aベストアンサー

漢字を調べるのなら漢和辞典の方がいいでしょう。
個人的には、角川書店の『新字源』がおすすめです。
また、漢文の訓読くらいでしか見ない漢字も出題されるので、
新釈漢文大系などを読んでみるのもいいかもしれません。

Q学術論文の引用文献として、特許や企業の機関誌などは引用できるのでしょうか

博士課程1年に所属する者です。

現在、市販されている多孔質体について研究した成果を論文に投稿しようと考えております。この論文作成にあたって、背景として特許の詳細説明文および企業の出版物を引用したいと考えております。

こうした出版物は引用できるのでしょうか?
また引用できる場合、どのような書式で引用すればいいのでしょうか?

木下是雄:「理科系の作文技術」(中央公論新社 2006)p.161-167
を参考にした限りでは、上述2つの出版物の引用の仕方は載ってませんでした。何か良い手引書があれば、それも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常特許は以下のようにします。
発明者名, USPatent 6,475,464 B1 (05, November, 2002).
日付はこの場合B1で「成立特許」なので成立日です。
日本の公開特許は、英文の場合、
発明者名, Japan Patent Kokai 2006-169063 (2006.06.29).
日付は公開日です。日付を(29, June, 2006)にしても構いません、前後で統一して下さい。
企業が雑誌をだしている事もあります。
例えばアルドリッチ社のAldrichimica Acta。
引用はごく普通の雑誌同様です。
企業の定期刊行物はそのまま書いて良いのですが、カタログなどは通常引用元としては不適切です。

Q辞書の「広辞苑」について

「広辞苑」という辞書がありますが、これはどう言った意味で付けられた名前なのでしょうか?
ご存じの方いらっしゃいましたら、その意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

広辞苑とは「辞苑」の「広いやつ」という意味なのは「新村出」の広辞苑初版の序章に書いてあることから確実です。

それでは、広辞苑第5版(電子版)をつかって、「辞」「苑」の意味を調べると、

辞:ことば。文章。

苑:物事の集まっている所

ということで、

辞苑=辞書

ということが分かります。
まあ、ネーミングってこんなものでしょ?

Qちょっと疑問に思ったんですが・・・

真空中である物体を動かすのに輪ゴムを使うとあくまで仮定した場合
例:回転力を原動車に与えてその運動を輪ゴムで従動車に伝えるとしたらと
  過程した場合・・etc
この上記の例に例えるなら
輪ゴムでも原動車からの回転力を従動車に
そのまま伝えることは可能なのでしょうか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

#1さんの指摘のように輪ゴムの摩擦力で回転力を原動車から従動車に伝える
ことはできます。しかし#2さんの指摘の逆で、真空がゆえに長続きしません。理由は簡単です。真空ということは熱の放散がありませんので、輪ゴムの摩擦熱による発熱が輪ゴム自身を溶かしてしまうからです。
実現のためには輪ゴムからいかに熱を放散させるかということかと思います。
以上 コメントまで

Q広辞苑と国語辞書のちがいは

普段、新聞やテレビを見ているときにちょっと言葉の意味を調べたいと思う場面で、リビング用に辞書を買おうと思っています。国語事典と広辞苑だったらどちらがいいか、教えてください。今は紙媒体で調べたいので、スマフォなどの利用は回答外にしてください。アドバイスどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 広辞苑は、百科事典的に作られたものです。しかも、でかいし重いです。国語辞典は、各社特徴のあるものが多いので、手にとっててご覧になられたらと思います。サンキュータツオ著「学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方」(角川学芸出版)なども面白い辞書選びの手引と思います。

Q紙の辞書と電子辞書のメリットデメリットについて

子供に言葉を教える時に、親でも言葉の意味が曖昧な時があるし、子供に自分で辞書を引く癖も付けさせたい事から、家族で使う目的で辞書を買おうと思います。

その場合、近年は数冊の辞書が入った電子辞書がよく売っていますが、紙の辞書に対してどのようなデメリットがあるのでしょうか?

僕は英会話用に電子辞書を使っていますが、持ち運びが便利だから、いつでも簡単に引けるメリットがあると思いますが、やはり紙じゃないと覚えが悪いとかありますかね?

Aベストアンサー

こんばんは。

私は、中学生の頃、国語辞典や漢和辞典、古語辞典が好きでした。響きのいい言葉とか、きれいな漢字の単語を読むのが好きでした。
国語の授業の時間などには上の空で時々辞書を読んでばっかりで聞いていなかったこともありました(^^;)

デメリットとしては、そのページなどの単語に興味を持つ機会がないということ、類似の単語を知るチャンスがないということだと思います。あまり興味関心が高まらないということかな?あんまり興味を持たない子だったら電子辞書でもいいと思いますけれど。でも学校などには持っていけないかもしれないので、本の方の辞書を買う必要に迫られるかもしれませんね。

親が使う分には便利で手軽でいいと思いますが、私は自分の子どもには本の方を使わせると思います。
ひくのに慣れると、手間は全く感じなくなります。私はどちらかというと、電子辞書の方がおっくうに感じてしまうので…(^^;ゞ頻繁に使えばいいけど、いざ使おうとすると電池が無くなってるし…。

Q最高の辞書は「広辞苑」?

お世話になります。

少し前に部屋を借りて一人住まいを始めたのですが、自分チには国語辞典がまだないことに最近気づきました。買おうかどうか、迷っています。

どうせ買うなら、収録語句数が最高で権威も最高で解説の精度も場所の取りぐあいも最高の、「完全無欠な」辞書がゼヒ欲しい。「これが日本語のスタンダードだ」と呼べるような、所有欲を不必要なくらい過度に満たしてくれるような辞書が欲しいと思います。

もしも値段を度外視できるなら、「最高の国語辞典=広辞苑」という認識でよろしいのでしょうか?
文を書くことを生業としてらっしゃる方がたの中には、違う出版社の辞書を何冊も、コレクションのように買い集めている方もいるそうだ、という話を聞いたことがありますが、これはどんな辞書でもひとつだけでは不足がある、てことなのでしょうか?

どう思われますでしょうかー

Aベストアンサー

私の持っている本に、広辞苑と他の同程度の辞書を比較した内容の本があります。
仮に、ある辞書で「キス」を引くと「口づけ・接吻」になり、「口づけ」を引くと「キス・接吻」、「接吻」を引くと「キス・口づけ」。こうなるといつまでたっても意味は分かりませんよね。
こういった、それぞれの辞書の親切度を総合的に比較した内容のものです。

書かれてある内容を一つを紹介しますと、広辞苑で「へんずつう」を引くと「偏頭痛」、大辞林・大辞泉・日本語大辞典では、それぞれ「偏頭痛・片頭痛」とされているそうです。
どういう事かというと、「偏頭痛」で間違いではないが、現在、医学会では「片頭痛」と表記する事を決定しており、新聞もこれを採用しているということです。
広辞苑だけを見た人は、「片頭痛」の表記を見たときに、これは間違いだと思ってしまいますよね。
事実、手元に広辞苑の第5版がありますが、そのように書かれてあります。もう一冊、大修館書店の携帯版の国語辞典がありますが、これには「偏頭痛」とされ、表記例として「新聞では、片頭痛と書く」とされています。
こういったことから、言葉にこだわりのある方や専門家の方は、各出版社の辞書を揃えているのでしょう。広辞苑だけでなくどの出版社もそれぞれの特色、こだわりはあると思います。

私的には、内容はともかく広辞苑のようなサイズの辞書は重い。日常、分からない漢字や意味を調べる程度であれば、携帯版の小型辞書で十分だと思います。そうなるとネットのgoo辞書などで事は足りてしまうかもしれません。

この本の著者によるベストランクは、本人の偏見も入っていますが、三省堂国語辞典、大辞林、大辞泉、広辞苑の順です。

私の持っている本に、広辞苑と他の同程度の辞書を比較した内容の本があります。
仮に、ある辞書で「キス」を引くと「口づけ・接吻」になり、「口づけ」を引くと「キス・接吻」、「接吻」を引くと「キス・口づけ」。こうなるといつまでたっても意味は分かりませんよね。
こういった、それぞれの辞書の親切度を総合的に比較した内容のものです。

書かれてある内容を一つを紹介しますと、広辞苑で「へんずつう」を引くと「偏頭痛」、大辞林・大辞泉・日本語大辞典では、それぞれ「偏頭痛・片頭痛」とされている...続きを読む

Q辞書持込可の試験、書き込みのある辞書

とある辞書持込可の試験を受けようと思っているのですが、私の持っている辞書には書き込みがしてあります。
横にチョコチョコと書いてあるレベルではなく、最初の白紙のページにギッシリと動詞の変換だとか、よく間違える単語の意味だとかが書き込んであります。
このような辞書は試験に持ち込んではいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

持ち込みはできません。


人気Q&Aランキング