「マーケティングにおける消費者の必要性を説明せよ。」という問題があるのですが。
いったいどういうことなのでしょうか・・・。
どなたか助けてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずマーケティングの本質から考えてみましょう。



顧客志向
需要創造
競争戦略

この3つを総じてマーケティングミックスといいますが、この3つで消費者が関係ないものがあるでしょうか?
「顧客志向」
とはすなわち顧客が何を求めているか?流行や社会背景といったものを考察し、いま何が求められているかです。言い換えれば、消費者は何を欲しがっているかですね。
「需要創造」
とはすなわち「企業側がニーズを創造すること」です。例えば全く新しいものを作ってそれが社会的に認知されていくといったことや、マスコミなどを使い流行を意識的に作っていくこともその範疇にはいるでしょう。言い換えると「消費者の需要意識を変える」ということですね。
「競争戦略」
とは同業他社との差別化を図ることです。他社の動向を探ったり対抗商品を作ったり、価格を抑えたりということもあるでしょうが、ここでも消費者は無視できないですよね。「消費者に選ばれる商品」というのが他社との差別化を図る上で最重要だからです。
その他にもブランドイメージの確立や販売チャネルの整備、リアルタイムに近いマーケティングリサーチ、物流の改善といったこともマーケティングの重要課題ですが、これらは上記の3つを達成するための手段として重要なのです。

ところで、マーケティングというものがない時代というのはどういう時代だったでしょうか?そのことを理解するとマーケティングにおける消費者の重要性は、より鮮明になるかと思います。それは

マーケティングがない=必要ない=作ったものは全て売れる

という等式がほぼ成り立つ時代です。すなわち需要のほうが供給より大きい状態です。オイルショックのとき、ガソリンの価格はどうなったでしょうか?また近年でいえば数年前の米不足。価格や品質、販売方式は二の次だったでしょ?
すなわち、生産したものが全て売れるわけではなく、需要以上に流通しているものを「消費者が選ぶ」という場面においてのみ、マーケティングという考えは必要となってくるのです。


結論として
「マーケティングは消費者主体でなければありえない」
ということですね。
    • good
    • 0

>消費者の必要性を説明せよ


う~ん、必要性っていうよりも
消費者は前提条件みたいなもんだからねぇ~。
何か、問題がヘンな気もします。

生産者の視点・論理・都合で企業活動していると
消費者からそっぽを向かれてしまうかもしれないので
消費者の視点・論理・都合から企業活動を見直そう、というのが
マーケティングの基本姿勢です。

マーケティングというのは大量生産・大量販売の時代を迎えた
アメリカで生まれた考え方です。
それまではモノはつくることができれば売れた、つまり
供給不足が基本状態だったのが
大量生産・大量販売が可能になって
需要を上回る供給力を手に入れたことで
競合商品よりも魅力を感じてもらえないと売れない、とか
いい商品でも、つくりすぎると売れ残る、とか
といった問題が起こり
消費者視点でマーケットを見直さんとアカンな、と
そうして生まれたのがマーケティングなんです。

例えば、牛丼を、原価がいくらで、利益をいくら乗せて
で、結果、販売価格が360円になりました、というのを
ハンバーガーは80円で売っている(120円だかに戻りましたが)この時代に
牛丼は、今の品質なら300円を切らないと
消費者はなかなか選んでくれそうにない
じゃあ、280円にしたらどういうビジネス形態になるか?
260円にしたらどうか?ていうのは
マーケティング発想の価格設定です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【消費者金融を利用している現在進行形の割合が】大体、2、3%と4、5%の地域にくっきり分かれています

【消費者金融を利用している現在進行形の割合が】大体、2、3%と4、5%の地域にくっきり分かれていますが全国平均するとどの都道府県にも100人中3、4人が現に今も消費者金融からお金を借りている現実があるようです。


周りの100人に3、4人が消費者金融を利用している少額ローン持ちの現実をどう受け止めますか?


消費者金融を小額金融と言わるけど消費者金融は貸し出し上限が法律で決まっているんですか?

幾らでも無限に貸せるのなら消費者金融=少額金融って消費者金融が消費者を欺くためのレトリックにしか過ぎない表現として問題があると思います。

Aベストアンサー

消費者金融とは貸金業等取締等に関する法律の規定に基づき都道府県知事等に登録した貸金業者及び一般銀行等の貸付ける消費者への小口融資があります
貸付利率は利息制限法で最高年率2割以内と定められています
貸付限度額は金額では定めはありません
一部の貸金業者またこれ以外に闇金融業者から生活費の他ギャンブル費など借りた多重債務者が存在することが一番問題です

Q「資本主義経済のおける流通費用の主要項目をあげ説明せよ」なんですが添削お願いします。

明日(今日)テストなのですがまとめてはみたんですが
こんなかんじで良いのでしょうか??

流通費用の主要項目として次の3つがあげられる。第一に純粋な
流通費と呼ばれるもの。資本家にとって売買とは主要な機能に
なるが、このことにより不生産機能が生産的機能に道理はなく、
資本の再生産過程そのものにかかる不生産的機能がふくまれて
いる、つまり、資本家が売買を担当する時にも、その労働は
価値を創造すること無く、ただ価値の形態変化を媒介するだけ
である、また、資本家は労働者の雇用により、収入から控除に
よる流通費を節約し、価値増殖に対する消極的な制限を少なく
することができる。そのため資本家による流通費用の支出が、
この場合には流通過程への追加的な資本投下となって表れる
のである。

第2に保管費と呼ばれるもので、主に生産過程に附随する
ものである。しかし保管費はそれに必要な労働力や資材が
直接生産のために用いられるものからの控除なのであって、
空費であるといえる、保管費を投じても生産物の使用価値の
量の減少や質の変化を防止するのに役立つだけである。

第3に運輸費と呼ばれるもの。運輸とは使用価値の増大をもた
らすものではないが、運輸費を物の使用価値の増加をもたらさ
ない社会的な空費としながら、他方では、生産と消費の結合で
ある社会的物質代謝に不可欠な費用として価値を形成するもの
としている。したがって運輸費とは、価値を形成し商品価値に
それが追加されるというものである。

いかがでしょうか?宜しくお願い致します。

明日(今日)テストなのですがまとめてはみたんですが
こんなかんじで良いのでしょうか??

流通費用の主要項目として次の3つがあげられる。第一に純粋な
流通費と呼ばれるもの。資本家にとって売買とは主要な機能に
なるが、このことにより不生産機能が生産的機能に道理はなく、
資本の再生産過程そのものにかかる不生産的機能がふくまれて
いる、つまり、資本家が売買を担当する時にも、その労働は
価値を創造すること無く、ただ価値の形態変化を媒介するだけ
である、また、資本家は労働者の雇用に...続きを読む

Aベストアンサー

頑張りましたね。
まるっきり専門外なのでアカデミックな部分は判りませんが、こんなのがありました。

何が正しいかは存じませんが、お書きの1点目が下記とは異なるようです。

http://radicals.tripod.co.jp/polec00/circulation.htm
上と関連して、
http://radicals.tripod.co.jp/polec00/credit.htm

Q消費者と業者の権利について。

今、食の安全について学んでいるのですが、
一つ疑問に思うことがあったので質問させてください。
消費者に関しては「消費者の8つの権利」というものがあり、消費者の権利が消費者基本法に明文化されてますが、逆に、業者の側にはきっちりと明文化された権利はあるのでしょうか?
そして、その中に消費者の権利に対抗してしまう様なものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

消費者の権利に対抗する形でのはっきりした業者側の権利というものは、ないというのが基本的な考え方だと思います。

この点、ご指摘の消費者基本法は理念的なもので、具体的にどのように権利行使ができるのかは別な法律で定められています。典型的には、消費者契約法や特定商取引法などがあります。

裏を返せば、消費者はこのような法律上の根拠に基づいて権利行使をすべきことになるので、その要件から外れた消費者側からの要求については、業者としても応ずべき法的義務はありません。

そういうことで、消費者に対抗できる一般的包括的な権利が業者にあるとはいえませんが、法律上の根拠に基づかない要求には従わなくても良いという利益は尊重されることになっていると考えて良いと思います。

Qマーケティングとは簡単にいうとどういうことですか?

マーケティングとは簡単にいうとどういうことですか?

最近沢山調べているのですが、よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

大学の経営学部ないし商学部で使われているマーケティングの教科書を参照するのがよいと思います。

マーケティングという用語は、人それぞれが自分なりの認識で使ったりするので、明確な回答・定義は難しいです。

強いて言えば
(1)市場戦略・市場対策(販売戦略のようなものですが、ただ「モノを売る」ということよりは広い意味で)
・(2)狭義では、販売戦略といった感じではないでしょうか。

似た用語の「マーケットリサーチ」と混同される場合がありますが、マーケット・リサーチはさらに狭義の「市場調査」という意味だと思います。

Q消費者立法?

クーリングオフ制度や、訪問販売法(特定商取引法)について授業で教えてもらいました。今、日本での消費者立法の問題点(消費者行政)についてレポートがあるのですが、消費者立法ってなんですか?消費者のための制度、授業中にならった
制度のことでいいんでしょうか?その問題点??
どなたか助けてください!

Aベストアンサー

消費者立法は消費者のための法律を作ることではないでしょうか。
本来民法上は自己責任が基本理念ですが、近年は企業体と一般消費者との間の情報格差が拡大し、この格差を利用した悪質な契約が取り交わされるケースも数多く見られます。
このような時間の不足からくる無知(ようするにいちいち調べる暇はない)を利用した悪質な契約から消費者を守るための法律を作ることあるいはその法律のことと考えていいと思います。
おそらく授業で習ったのもこんな感じの内容ではないでしょうか?
問題点もおそらく授業中にヒントがあったのではないかと思いますが、立法の不備により消費者を保護しきれていない部分を指摘するか、もしくは逆に過保護になってしまっている点を指摘してはどうでしょうか。
これらの情報はWeb上からでも教科書からでも収集できると思います。

Qミクロ経済学について教えてください。 2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費

ミクロ経済学について教えてください。
2期間モデルを用いて、消費者の消費・貯蓄配分問題を考える。消費者は第1期にも第2期にも働いて、それぞれY₁≥0、Y₂≥0の実質賃金を得るとする。実質利子率r>0とし、消費者は第1期に貯蓄及び借入を行えるとする。消費者は異時点間の予算制約のもとで、第2期に得られる効用の和U(C₁,C₂)=u(c₁)+u(c₂)が最大となるように第1期の消費、第2期の消費の最適な水準を決定している。各期の効用関数は対数関数(u(C)=logC)であるとする

この場合の予算制約の式はどういうやり方で求められるのでしょう?

Aベストアンサー

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予算制約は、この貯蓄Sを利子率rで運用するなら、第2期の期首には第2期の所得Y2のほかに、貯蓄を運用したときの元利合計(1+r)Sが第2期の消費にあてることができるので

C2 = Y2 + (1+r)S                          (**)

となる。(*)を(**)の右辺のSに代入し、整理するなら、求める式(一番上の式)を得る、ということです。

No1の回答を読んだのですか?それでもわからないのなら、どこがわからない?
とくに予算制約

C1 + C2/(1+r) = Y1 + Y2/(1+r)

どうしてこうなるのかわからないということでしょうか?もう少し詳しく書いてみましょう。
この消費者の第1期の予算制約は、貯蓄をSと書くと

S = Y1 - C1                            (*)                          
第2期の予...続きを読む

Q消費者金融とマイクロファイナンスの違いを教えてください

大学院でマイクロファイナンス(貧困者向けの小口金融)を勉強している社会人です。マイクロファイナンスについて文献を読んでいくと、日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのではと、考えるようになりました。消費者金融に対しては、上限貸出金利の問題などで、批判的な論点が多いのですが、日本の金融に果たして来た役割も多いのではないかと思うようになりました。私は消費者金融に詳しくないので、消費者金融に詳しい人から、消費者金融とマイクロファイナンスの違いを教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

【ビジネスのしくみ】

与信の低い顧客に数10パーセントの金利で少額を融資する、という点で消費者金融とマイクロファイナンスは同じ種類のビジネスです。

【相違点】

前者で融通される資金は使途不問です。多くは生活費の補填につかわれます。後者のは個人向けの事業性資金です。

【社会における機能】

>日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのでは
>日本の金融に果たして来た役割も多いのではないか

もっともです。

やむなく消費者金融で借り入れ、一時的にでも操業資金を確保して難局を乗り切った零細事業者はあったことでしょう。
また、マイクロファイナンスで事業資金を入手し、しばらくがんばってみたものの成功の糸口をつかむことができず、仲間に深刻な事態を知られる前に姿を消す債務者は確かにいるのです。

つまり、消費者金融とマイクロファイナンスの両者は、社会における機能がいくらか重なっています。

【違和感のポイント】

上記から、両者は共通する部分が少なくありません。
強い違和感を覚えるのは、新聞やテレビなどの報道、そしてアカデミアの現場でも

消費者金融→悪玉
マイクロファイナンス→善玉

と明確に色分けされて語られているからです。

マイクロファイナンス善玉論はノーベル賞騒動の延長にあって、ブームとも言うべきものですから、かねてから社会問題となっていた消費者金融と対比を浮き上がらせやすく、わかりやすい井戸端ネタになっているのです。

【だからね、】

あなたが質問を投稿した動機って、そういう微妙なところが極端に喧伝されているんじゃ、、って懸念があったからですよね。。
わたしも、「なんかヘンだな」って思いました。

私は消費者金融各社が悪玉だと素直に信じています。あれは無茶苦茶です。グラミン銀行が特別な善意に満ちているとも思いません。普通程度か、またはそれ未満ではないですか。企業より高尚な存在なら、あんなに儲かりません。ただの会社でしょう。

ただし、ノーベル賞は悪くなかったと思います。暴力的な金融さえはびこる第三世界に、新しいコンセプトの金融を提唱実行して小規模事業開拓の可能性を示したのはすばらしい仕事だし、ビジネスの世界に賞を授けたノーベル賞委員会はもっといい仕事をしたと思います。

今後、ノーベル賞騒動がおさまるにつれて、賞賛記事に飽きた報道各社はいつかマイクロファイナンスのアラ探しを始めるでしょう。そして、いくらか評判を落とすようなネタをひととおり開陳するのです。そしてそれらの記事も飽きられたころ、社会はようやく冷静にマイクロファイナンスの評価を定めるでしょう。

【その他】

困窮者に金利数10パーセントで生活費を貸し出す産業は世界各国に定着しています。その産業をサラ金と呼ぶなら、日本は政府がサラ金を規制するだけ、まだマシな部類に入ります。

【ビジネスのしくみ】

与信の低い顧客に数10パーセントの金利で少額を融資する、という点で消費者金融とマイクロファイナンスは同じ種類のビジネスです。

【相違点】

前者で融通される資金は使途不問です。多くは生活費の補填につかわれます。後者のは個人向けの事業性資金です。

【社会における機能】

>日本では消費者金融がマイクロファイナンスの役割を果たしていたのでは
>日本の金融に果たして来た役割も多いのではないか

もっともです。

やむなく消費者金融で借り入れ、一時的にでも...続きを読む

Qマーケティングとは?

マーケティングについてわかる方いたら教えてください。

また、経営学部には経営管理や会計などがあるのですが、マーケティングにしかない特徴って何があるかわかりますか??

なんでもいいので回答お願いします!!!

Aベストアンサー

先ず、[教えて!goo]内には別に"マーケティング"のカテがあるので、そちらで、再質問されるのも一法かと思います。http://oshiete1.goo.ne.jp/c272.html

で、私個人としては、"対象となる、財(サービス)の市場調査等に基き、(潜在的)利用者に買いたい気を起させる一連の手法並びにこの手法を対象とする学問分野"位の位置付けますが、捉え方の正確さの面で難がありそうですから、矢張り(国外なら)P、コトラーやT、レビット更には(取分けブランドマーケティング分野では)D、アーカー、M、ポーターそして、国内なら村田昭治、諸氏辺りの文献に当られるのが無難だと思うのです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa656393.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa697900.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1050428.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1500131.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3034712.html

そして、具体的書籍名の一部のURLは下記の通利ですが如何でしょうか?
http://www.bk1.jp/product/01911196
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0247850265
http://www.books-sanseido.co.jp/reserve/zaikoDetail.do?pageNo=1&action=%8D%DD%8C%C9&isbn=4478502412
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/476581517X.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822242455/qid=1068261550/sr=1-6/ref=sr_1_2_6/250-1407797-5865056

先ず、[教えて!goo]内には別に"マーケティング"のカテがあるので、そちらで、再質問されるのも一法かと思います。http://oshiete1.goo.ne.jp/c272.html

で、私個人としては、"対象となる、財(サービス)の市場調査等に基き、(潜在的)利用者に買いたい気を起させる一連の手法並びにこの手法を対象とする学問分野"位の位置付けますが、捉え方の正確さの面で難がありそうですから、矢張り(国外なら)P、コトラーやT、レビット更には(取分けブランドマーケティング分野では)D、アーカー、M、ポーターそして、国内な...続きを読む

Q日本の消費者は、厳しいのですか?

日本の消費者は、世界で一番厳しいと聞いた事があります。一番かどうかはともかく、日本の消費者は、他国の消費者に比べて厳しいのでしょうか?
だとして、どうして日本の消費者は厳しいのでしょうか?
だからメイドインジャパンが売れるのでしょうか?

Aベストアンサー

商社に勤めた経験から一言。

日本人は「細かいことにこだわる」傾向があると思います。職人気質も健在。

輸入する前に、外国に対して色々と商品品質のリクエストをするのですが、先進国と言われる国でもなかなかすぐには理解してもらえません。(もちろん言葉が通じないのではなく)どうしてそんな細かいことを言うのかと意図が分からないらしいのです。ここは何ミリに揃えてとか。工業製品でないのに、規格が細かく分かれ、こちらで買い取るのは何g-何gまでとか、売る側(主に小売店の要求)の基準を押しつけます。

その意味では日本は厳しい方かと。その要求をクリアしたらめでたく商談成立です。


本当に消費者が望んでいるとは思わないのですが・・。神経質な日本人が多いのかなーと(個人的にはおおざっぱな性格なので)思いますよ。
最近は規格外品でもスーパーに並ぶこともありますが。

とにかく品質を一律に保つ事が好き。画一的だと安心する。職人気質で、誠実にハイクオリティを目指す。

工業製品には良い形で力が発揮されていると思います。世界の市場で信頼を勝ち得ていますから。


・・・商品に限らず、ファッションでも「皆同じ」が求められていますよね。あと、団体行動が好きとか。だからそれをはずれる人は虐められるのかな。。多様性を認められない人が多いのかも。ある意味、了見が狭いとも言えます。

商社に勤めた経験から一言。

日本人は「細かいことにこだわる」傾向があると思います。職人気質も健在。

輸入する前に、外国に対して色々と商品品質のリクエストをするのですが、先進国と言われる国でもなかなかすぐには理解してもらえません。(もちろん言葉が通じないのではなく)どうしてそんな細かいことを言うのかと意図が分からないらしいのです。ここは何ミリに揃えてとか。工業製品でないのに、規格が細かく分かれ、こちらで買い取るのは何g-何gまでとか、売る側(主に小売店の要求)の基準を押...続きを読む

Qなぜマーケティングを勉強するのか

なぜマーケティングを勉強するのか
経営学を学ぶ大学生です。なぜ、マーケティングを勉強するのですか。モノが売れない時代に、そんなことを勉強する必要があるのですか。そんなことをするより、政府がおカネを大量に印刷して、多くの人に配ることが大切じゃないでしょうか?なんとなく、企業が売上を増やすように努力するのは、自分では納得できないです。結局、貧乏人からも、おカネを少しでも多くかき集めようとしているようにも感じませんか?消費者からみた経済というのは、貯金vs消費ですよね。人は、必ず弱くなる。老後の資金を貯めようとする。一方、企業(マーケティング)は、そのカネを少しでも消費に回させようと、人間の欲望を駆りたたせようとする。つまり、この不景気の世の中に生きることは、(自分の弱くなる未来に対する守り)vs(現在の欲望)と戦うことなんですよね?                               ……日本は福祉がすくなすぎる。(結論)

Aベストアンサー

経営学を学んでると「政府がおカネを大量に印刷して、多くの人に配ることが大切」という発想に至るのですか??
すると不景気の原因は「紙幣が足りないから」ですか??
ショックのパァー。

マーケティングは景気が良くても悪くても必要ですよ。
見えざるニーズを見出して、新たな商品を送り出す。
売れるものって必ずそういう過程を経て世に出てるけど、その過程が見えないから勢い「マーケティングなんて必要ない」と思えてしまう。という部分はあるのかもしれない。
別に分からなくったって普通は構わないけど「経営学を学ぶ大学生」がそれだとちょっと恥ずかしいかな。

世の中の金の流れって、要は「他人に損させる」ことで成り立ってるんでしょう?
「何か得るためにお金を払う」ことで必ず損失はあるんです。
しかし「ラーメンうまかった」「映画おもしろかった」「お肌スベスベ」といった、お金を払うことでのみ得られる満足感があることで、損してるとは感じないわけです。
これが「ラーメン食って腹がふくれた」だけではダメなんです。
「うまかった」という満足感に持っていく方法を見出すのが、つまりマーケティングです。

経営学を学んでると「政府がおカネを大量に印刷して、多くの人に配ることが大切」という発想に至るのですか??
すると不景気の原因は「紙幣が足りないから」ですか??
ショックのパァー。

マーケティングは景気が良くても悪くても必要ですよ。
見えざるニーズを見出して、新たな商品を送り出す。
売れるものって必ずそういう過程を経て世に出てるけど、その過程が見えないから勢い「マーケティングなんて必要ない」と思えてしまう。という部分はあるのかもしれない。
別に分からなくったって普通は構わないけど「...続きを読む


人気Q&Aランキング