こんにちは。
暇な時でいいので教えてください。

私は今年ボードで入院してしまいました。
丁度会社に入って半年たっていたので、
有給休暇が10日ありそれをすべて使いました。

そこで質問なのですが、1年目・2年目になると1日ずつ増えると他の質問の回答をみてわかったのですが、
私はつぎの有給は1日しかもらえないのでしょうか?
それとも1年目に11日もらえるのでしょうか?

それと、半年で10日、1年で11日ともらえるのであれば、
10年も働いていれば、約100日も有給をもらえるのでしょうか?

暇な時でいいのでよろしくお願いします。

A 回答 (6件)

有給休暇に関する規定は、労働基準法の第39条以降に規定されています。



入社してから6ヶ月経過していれば最低でも10日の有給となります。
以後、
1年(入社から1年6ヶ月) 1労働日
2年(入社から2年6ヶ月) 2労働日
3年(入社から3年6ヶ月) 4労働日
4年(入社から4年6ヶ月) 6労働日
5年(入社から5年6ヶ月) 8労働日
6年以上(入社から6年6ヶ月)10労働日

が、最初の10日に付け加えられます。

ですから、入社後1年6ヶ月経過したら、新たに11日の有給がもらえることとなります。最高でも6年6ヵ月後の20日となります。
ただこれは、最低限の基準ですから、yukiyoさんの会社でこれ以上の待遇を定めている可能性はあります。

また、有給休暇は翌年への繰り越しが可能ですので7年6ヵ月後以降は最高40日(20+20)の有給休暇を取得できる可能性もあります。
なぜ、翌年だけかというと、有給休暇も消滅時効にかかってしまうからです。
ですから、2年前の有給を繰り越していいという会社は殆ど無いと思います。

さすがに100日の有給は無理です…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
とてもよくわかりました。

お礼日時:2002/02/05 16:43

最近、第1種衛生管理者の資格をとりました。


労働基準法の試験範囲に年次有給休暇の項目がありましたので、記載します。

権利の要件:(1)6ヶ月間継続勤務 (2)全労働日の8割以上出勤
付与日数 :最低付与日数は、継続勤務6ヶ月で 10労働日
      継続勤務期間2年6ヶ月目までは、1年ごとに1労働日を加算
      継続勤務期間3年6ヶ月目からは、1年ごとに2労働日ずつ加算
      最高付与日数は20労働日(ふつう繰り越しを入れても40日どまり)

 今年の4月に11日の有給休暇を付与された場合、再来年の3月まで有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/05 16:45

他の回答を比較することより会社に聞けば一発で分かることです。

入社時にそう言った説明をしてもらったか、規約集などもらいませんでしたか?年度又は年が変わった時に消化しなかった有給休暇がどのように繰り越されるか(場合によってはその年で切り捨て)は会社によって違います。

人事担当者に聞くのが一番確実な答えが返ってきます。ちゃんと聞きましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2002/02/05 16:44

 採用後半年を経過した段階で、全労働日の8割以上の出勤をした場合には、10日間の有給休暇、以後、1年経過するごとに1日づつ加算され、最高は6年以上の10日で終わっています。

(労働基準法第39条)

 したがって、次の有給休暇は11日もらえます。半年で10日ではなくて、半年を経過した段階から1年間で10日間、以後1年で1日、2年で2日、3年で4日、4年で6日、5年で8日、6年以上で10日を、それぞれ10日間に加算します。これは労働基準法による規定ですので、これ以上の有給休暇がある場合もあります。この法律をそのまま適用した場合は、6年以上の勤務で20日の有給休暇が与えられます。又、使い残した有給休暇は、20日を限度として翌年に繰越が出来ますので、たまれば最高40日の有給休暇がある事になります。

 その他詳細は、会社の就業規則を確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2002/02/05 16:44

来年は11日もらえます。


初年度の有給日数が、少しずつ増えてゆくということです。
が、残念ながら10年働けば100日ももらえるなんて事はないです。
一般企業であれば、20日が最高だと思います。
ただし、その年に使い切れなかった分は翌年に回してくれるはずですので、20日より多い有給休暇を得ることも可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
わかりました。

お礼日時:2002/01/30 16:26

有給休暇は


規定があって、最高20日・・積み立てても40日ではないかと思います。会社によって多少誤差があるかもしれません。
>10年も働いていれば、約100日も有給をもらえるのでしょうか
これはないと思います。

一年目に11日となっていれば、11日だと思われますが、前年の出勤日数がからんできますから、確実ではありません。

http://www.sokagakkai.or.jp/sokanet/Seikyo/Serie …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
わかりました

お礼日時:2002/01/30 16:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働基準法  有給休暇

労働基準法で有給休暇が雇用から半年務めたら10日もらえるとありますが、雇用から1年未満で自主退職が決まっている場合は、この有給休暇は使用できないのでしょうか?
取締役の一人から1年未満の退職だから有給休暇は使わせないと言われたのですが、これは正当なことでしょうか?

Aベストアンサー

>取締役の一人から1年未満の退職だから有給休暇は使わせないと言われたのですが、これは正当なことでしょうか?

すぐやめる人間には有給を使わせたくないという本音を述べただけのことです。法的根拠はありません。今後とも働き続ける場合は、法律を盾にして上の人間のいうことを無視した場合、いろいろと陰湿な嫌がらせもあり得ますが、もう辞めることが決まっているのですから、「出鱈目言うなこの野郎!」とまでは言わないまでも、それくらいの気迫で有給を取得しないと損しますよ。

こちらが厚生労働省の有給休暇に関するサイトです。その取締役のいうことに三分の理もないことがわかるでしょう。
    ↓
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kinrou/dl/040324-17a.pdf

Q有給休暇消化の為に退職日を延長してもらえるか。

会社都合により、6月末で解雇されます。
私の後任は現在選考中で、採用は6月初旬頃だと思います。引継ぎ作業を考えると、どうがんばっても6月中旬以降からしか私は休めません。また、今月中も仕事が残っているので休めません。

そこで質問です。私の有給休暇が現在30数日残っておりますが、解雇日を7月末に延長してもらい6月中旬以降まるまる休む事は可能でしょうか。それとも、消化できなかった有給は諦めるしかないのでしょうか。

希望としては、引継ぎを終えた6月中旬から7月末までできれいに有給消化したいです。かといって、私の仕事がまだ残っている今月から休むのは嫌なのです。

週5日制なので、1か月まるまる休んでも20日程度しか消化できません。解雇の宣告を受けたのが今月始めでしたので、徐々に消化する暇もありませんでした。

Aベストアンサー

わたしの友人が退職する時の送別会で言っていました。
「一番嫌いな言葉は『立つ鳥後を濁さず』、一番好きな言葉は『後は野となれ山となれ』。」
これは冗談だとしても、「解雇」されるのに残有給を使い切らないのは、人が良すぎます。解雇日にあわせて有給休暇を消化して、新しい門出までの安らぎの時間にしてはいかがでしょうか。解雇された後の会社がどうなろうと、あなたには関係がないのです。

※有給休暇を提出したら、その場で決済してもらいましょう。そして、その写しを取って置いてください。そういう会社ですから、欠勤としてしまう可能性があります。

Q年次有給休暇について(労働基準法第39条)

労働基準法39条で、「使用者は、その雇入れのひから起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない」とあります。

これを、「雇入れから6ヶ月間は有給休暇を与えなくてもよい」という解釈をしてもよろしいでしょうか。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

MONAKA2003さんは使用者側で、これから就業規則を作る、という前提でしょうか?
労働基準法第89条では、就業規則に「休日・休暇に関する事項」を定めなければならないこととされていますので、この就業規則において、どのように決められているかがポイントになります。同法第39条は、「6月継続勤務したときは、有給休暇を与えなければならない」規定で、「6月経過しなければ与えてはいけない」規定ではないからです。
普通、ある一定の規模の会社であれば、いわゆる「基準日方式」をとっているところが多いようです。基準日方式とは、中途採用者が多い場合、その採用の日を管理して、いちいち6ヶ月経過しているかどうかを判断すると煩雑になるため、毎年ある一定の日を基準日とし、この基準日を経過したときに有給休暇を付与するという方式です。
労働基準法上、6ヶ月以上経過した後に有給休暇を付与することはできないので、勤務一年目の場合、基準日と6ヶ月経過時点のどちらか早い時点で有給休暇を付与することになり、たとえば、採用日の日の翌日であっても、その日が就業規則に定められた有給休暇付与の基準日であれば、その日に付与しなければならないこととなります。

MONAKA2003さんは使用者側で、これから就業規則を作る、という前提でしょうか?
労働基準法第89条では、就業規則に「休日・休暇に関する事項」を定めなければならないこととされていますので、この就業規則において、どのように決められているかがポイントになります。同法第39条は、「6月継続勤務したときは、有給休暇を与えなければならない」規定で、「6月経過しなければ与えてはいけない」規定ではないからです。
普通、ある一定の規模の会社であれば、いわゆる「基準日方式」をとっているところが多いよ...続きを読む

Q別居半年、結婚10年目の主婦です。

夫が家を出てから半年経ちました。
先日婚費調停が終わり,しばらく顔も見てないと思いメールで、このままでは解決しませんから話し合いませんか?と送信した所
「この件については弁護士に任せていますので、具体的な希望などがあるなら弁護士に伝えてください。」と返信がありました。
別居中、弁護士を立てると会話もできないのでしょうか?
現在は婚費もちゃんと入れられていますし、調停中は相手方が離婚申し立てましたが不調で終わり離婚に際しての理由もありません。
詳しい方のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

弁護士を立てていたって相手にその気があれば会話はできる。
会話を禁止することはできないからね。

相手が直接の会話を望まないから弁護士を通せといっているのか、
弁護士から直接会話しないようにとアドバイスを受けているかだね。

あなたとしては会話を強制することもできない。

ただそれだけのことだよ。

Q年次有給休暇付与についてです。労働基準法では、6か月過ぎれば10日、1

年次有給休暇付与についてです。労働基準法では、6か月過ぎれば10日、1年後ごとに1日付与・・等とあります。会社の就業規程で、1年目15日、2年目以降20日と決めた場合、どちらが優先するのでしょうか?また、規程で日数を明記していない場合、労働基準法の通り行うのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1年目15日、2年目以降20日ということは、入社して即、15日の有給休暇が発生し、まる1年経った2年目からは20日になるということですよね。

労基法を上回った労働条件ですから、この就業規則の規定が優先します。

労基法を下回る条件を定めている場合は、その就業規則は無効ですし、労働基準監督署から認められません。

有給休暇日数は、通常、就業規則に書かれているべきことです。万が一、就業規則そのものがないとか、書かれていないということがあれば、おっしゃるとおり労基法に倣って取り扱われることになるでしょう。

Q有給休暇について 会社が有給休暇を取らせてくれません。 11月いっぱいで退職するのですが10日

有給休暇について



会社が有給休暇を取らせてくれません。
11月いっぱいで退職するのですが10日有給休暇が残っています。
全部消費するのは難しい、今までやめてった人たちも全部有給休暇を使ったわけじゃないと言われ労働基準局に相談しましたが
退職時に有給休暇を全部消費するのは権利だと言われました。
そのことを会社側に伝えたもののまったく応じません。
更にまた労働基準局のほうに相談したところ
強引なやり方ではありますが、いついつ休みますといって休んでください、もしそれでお金が入ってなかったらそれはまた違法なので。と言われました。
ですが同時に、

その有給休暇を申請したという証拠を残してください。
証拠がないと、もしお金が入ってなかったときに対処できなくなる。

と言われました。ですが証拠をどう残せばいいか分かりません。
シフト表にかいて会社側に提出しても捨てられたら証拠は無くなるし。
何か申請したという証拠が残るような方法はありますか?

Aベストアンサー

貴方に対して、労働基準監督署で対処したのは、労働相談員か若くて経験不足の労働基準監督官だと思います。使用者(社長、事業所所長、店長等)は、貴方に有給休暇を、取得させて残っている有給休暇を消化させなければ、労働基準法第39条違反になります。請求のしかたですが、貴方の事業所に有給休暇の請求用紙がある場合には、請求用紙に記載すること。請求用紙が無い場合には、使用者に対して、有給休暇の請求の申し入れ日、有給休暇を消化したい10日間の指定日、そして有給休暇の消化日数を記載した請求書を作成します。そして、この請求書をコピーします。コピーした請求書は貴方が証拠として、保管します。請求用紙がある場合にも、コピーして保管します。そして使用者に、有給休暇の請求書を提出します。使用者に貴方の請求書を捨てられた状況でも、貴方が有給休暇の請求をした証拠は確保されます。また使用者が、有給休暇の請求書の受け取りを拒否しても、貴方が有給休暇の請求権を行使された証拠は確立します。使用者が、貴方の有給休暇の請求書の受け取りを拒否すると、完全に労働基準法第39条違反が成立します。また使用者が貴方に有給休暇は消化させないという状況に出た場合には、貴方が相談されたのは、所轄の労働基準監督署でしょうから、上部組織の労働局基準部監督課の主任監察官及び監察官に労働基準法第39条違反で、所轄の労働基準監督署の対処の悪さを相談されて、対処をを求めると宜しいと思います。貴方が有給休暇消化日に、強引に欠勤して、使用者から、賃金の不払いを受けた場合には、労働基準法第24条違反になりますが、退職時に使用者と凝りが残ってしまうと思いますので、労働局監督課に先ず電話で宜しいですから、対処を求めることです。そうすれば、所轄の労働基準監督署を指導することになりますからね。また労働局監督課の対処が電話で悪い場合には、労働局監督課に行かれると、確りとした対処を執ることになりますからね。ですから、早急に対処されることです。状況に応じては、有給休暇の消化日に、欠勤されても良いことになると思いますからね。

貴方に対して、労働基準監督署で対処したのは、労働相談員か若くて経験不足の労働基準監督官だと思います。使用者(社長、事業所所長、店長等)は、貴方に有給休暇を、取得させて残っている有給休暇を消化させなければ、労働基準法第39条違反になります。請求のしかたですが、貴方の事業所に有給休暇の請求用紙がある場合には、請求用紙に記載すること。請求用紙が無い場合には、使用者に対して、有給休暇の請求の申し入れ日、有給休暇を消化したい10日間の指定日、そして有給休暇の消化日数を記載した請求書を作...続きを読む

Q労働基準法 有給休暇について

お世話になります。

例えば、入社後6月で有給休暇が10日発生したとします。
この10日の有給休暇は入社後2.5年まで有効だと認識しています。
そして、入社後1.5年経過後に11日の有給休暇が発生し、合計で21日の有給休暇になると認識しています。
(その他の条件をクリアしていて、一日も有給を使用していない場合)

2000年 4月1日 入社
2000年10月1日 有給10日発生
2001年10月1日 有給11日発生(合計21日)

このとき、もし2002年3月31日(4月1日)(有給発生後半年後)に退職した場合、
2001年10月1日に発生した有給は11×0.5年=5.5日
となるのでしょうか。
それとも、2001年10月1日に発生した有給は退職日のいかんに関わらず、全日取得可能なのでしょうか。

詳しい方、労働基準法に照らし合わせてどうなのか教えてください。

Aベストアンサー

>例えば、入社後6月で有給休暇が10日発生したとします。
>この10日の有給休暇は入社後2.5年まで有効だと認識しています。
はい。年休は付与されたときから2年間有効ですからそのようになります。

>それとも、2001年10月1日に発生した有給は退職日のいかんに関わらず、全日取得可能なのでしょうか。

可能になります。

というのも、そもそも年休は「年休付与日」に「付与」するものなので、一度「付与」されたものを取り消すということは出来ません。
それは2年の時効にかかるか、あるいは退職した時点で消えるものです。

なので退職日までは有効ですから、退職日までは存在しており、付与された年休は退職日まで取得可能です。

これに反する規定は労働基準法違反になります。法律で定めているのは最低基準なのでこの最低基準を守っていないのは全部違法です。

ただ、たとえば、入社日に20日年休を付与したとします。
その人が7ヵ月後に退職するとします。
この退職前に年休を取得するとした場合、望ましくは20日の年休が取れることが求められますが、労働基準法の最低基準では、入社6ヵ月後に10日あればよいので、退職する場合には取得できるのは10日まで、それ以上はだめよといっても、労働基準法の最低基準は守っているので、一概に違法とはいえません。

労働基準法の最低基準とはそのようにして考えます。

>例えば、入社後6月で有給休暇が10日発生したとします。
>この10日の有給休暇は入社後2.5年まで有効だと認識しています。
はい。年休は付与されたときから2年間有効ですからそのようになります。

>それとも、2001年10月1日に発生した有給は退職日のいかんに関わらず、全日取得可能なのでしょうか。

可能になります。

というのも、そもそも年休は「年休付与日」に「付与」するものなので、一度「付与」されたものを取り消すということは出来ません。
それは2年の時効にかかるか、ある...続きを読む

Q先日生命保険に加入したのですが丁度8日目に連絡が来て健康診断の数値で引っかかり割り増しなるといわれま

先日生命保険に加入したのですが丁度8日目に連絡が来て健康診断の数値で引っかかり割り増しなるといわれました。
ク-リングオフが適用できないのですが辞める場合料金は戻って来るのですか?
一回目はクレジットカードで落としました、割り増しは見積もり時に一回発生したので計2回割り増しになります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

既に、契約が成立しており、カードでの支払いが完了しているのでクーリングオフの適用は難しいでしょう。
また、この生命保険の契約の状況で、最初からクーリングオフの対象になるかも変わってきます。

Q労働基準法 37条 有給休暇について

労働基準法37条についての質問です。

3項に、割増賃金を支払うべき労働者に対して、通常の労働時間の賃金の支払われる休暇を厚生労働省令で定めるところにより与えることを定めた場合において、当該労働者が当該休暇を取得したときは、当該労働者の同項但し書きに規定した時間の労働のうち当該取得した休暇に対応するものとして厚生労働省令で定める時間の労働にてついては、同項但し書きの規定による割増賃金を支払うことを要しない

とあります。

明日、残業代の請求をしようとしていますが、私の会社にはこれに該当する有給休暇の定めがあり、残業代請求期間の有給休暇は全て利用しました。

ということは、残業代の請求は割り増しで計算できないということなのでしょうか?
それとも、残業代の請求自体ができないということでしょうか?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

H22.4施行改正労働基準法で取り入れられた、月間60時間超の残業をした場合の、代替休暇(法39条の年次有給休暇でない)の定めです。


時間外労働に対する割増賃金125%のところ、月間60時間超えると、150%の残業代を支払わなければならないのです。給与支払期間2か月までのあいだに、「代替休暇」をとりたいと労働者が言えば、使用者は150-125=25%に相当する部分の支払いを免れます。1日代替休暇取れるのは、月間92時間残業した場合でしょう。

(92時間-60時間)×0.25=8時間

ですので、この代替休暇をとったなら、のこり125%部分の残業代が支払われることになります。(ここでいう125%は、たとえば45時間超えの設定があれば数値はかわる)。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2008/12/dl/tp1216-1l.pdf

Q有給発生は6カ月勤務?それとも7ヶ月目?

有給休暇について質問です。
半年間契約社員として勤続しましたが退職することとなりました。

そこで「最終給与で、以前の3日分の有給前借分を差し引かせてもらいます」

と言われました。

一応6カ月勤務することになるのですが、有給は7ヶ月目まで働くことによって発生するのでしょうか?

または6カ月勤続した時点で発生するのでしょうか?

会社には末まで働かなくていいといわれ、年末直前での退勤という扱いにされそうなのですが、これはどう対処すればいいでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

6カ月勤続した時点で発生するのだから,7ヶ月目以降に有給休暇の権利が行使できる。
半年間の契約で働いているのだったら,働いている途中では有給休暇の権利は発生しません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報